●Kazさんのページ

#23.Indian

#23-1〜10・11〜20
21〜3031〜40

23-11 Alligator's teeth
 A
tourist was admiring a necklace worn by a young Indian man.
"What is it made of?" she asked.
"Alligator's teeth," answered the Indian.
"I suppose alligator's teeth are to you as pearls are to us," the tourist commented, a little kno wingly.
"Oh no," the Indian replied. "Anyone can open an oyster."

 ワニの歯
 旅行者が、若いインディアン青年が着けているネックレスを褒めていた。
「それは何で出来ているの?」と、彼女は尋ねた。
「ワニの歯」と、インディアンは答えた。
「ワニの歯は、あなた達にとって、私達にとっての真珠のようなものなんでしょうね」と、旅行者は物知り顔でコメントした。
「違うね」と、若いインディアンは答えた。「牡蠣は誰でも開けられるよ」

牡蠣の貝を開けて中の真珠を取り出すことは誰でも出来るが、
ワニの口を開けて歯を取り出すのは命懸けだよ、と
インディアンは、したり顔の女性旅行者を非難しているのです。

23-12 Fried egg
 C
olonel Sanders and the devil had an argument.
The devil said that no one had a perfect memory, while the colonel insisted that there was an Indian who never forgot anything.
The colonel agreed to give up his soul to the devil if the Indian ever did forget anything.
They went out to the reservation to meet the Indian.
The devil went up to him and said, "Do you like eggs?"
The Indian replied, "Yes." The devil then went away.
20 years later the Colonel Sanders died.
"Here's my chance to get his soul!" the devil thought and went back to the reservation and found that Indian.
Rising his hand, he gave the tribal greeting, "How!"
Quick as a wink, the Indian replied, "Fried."

 目玉焼き
 サンダース大佐(ケンタッキーフライドチキン創始者)と悪魔が議論をしていた。
悪魔は完全な記憶を持つ人間なんて有り得ないと行ったが、サンダース大佐は決して物事を忘れないインディアンが一人居ると主張した。
そしてもしこのインディアンが、物忘れをするならば自分の魂を悪魔に渡してもよいとまで言った。
二人はインディアン居留区へ行って、そのインディアンに会った。
悪魔が「君は卵が好きかい?」と聞くと、インディアンは「好きだ」と答えた。
悪魔はその場を立ち去ったが、20年後にサンダース大佐が亡くなったので、「よしよし、大佐の魂を手に入れるチャンスがやってきた」と悪魔は考え、再びそのインディアンが住む居留区を訪れ、絶対に物忘れしないというインディアンの姿を見つけた。
悪魔が片手を挙げて「ハウ!」とインディアン部族流の挨拶 をすると、そのインディアンは「目玉 焼きで」と答えた。

「ハウ(How)」を「どうやって?」と解釈したインディアンは、
この悪魔に二十年前に「卵は好きか?」と聞かれたことを思い出し、
「どうやって食べるか?と聞かれれば『目玉焼き』だな」という意味で、「目玉 焼きで」と答えました。
つまりこのインディアンは絶対に物忘れをしないというサンダース大佐が言った通 りだったのです。

23-13 Posse
 A
bunch of Indians capture a cowboy and bring him back to their camp to meet the chief.
The chief says to the cowboy, "You going to die. But we are sorry for you, so give you one wish a day for three days. On sundown of third day, you die. What is first wish?"
The cowboy says, "I want to see my horse." The Indians get his horse.
The cowboy grabs the horse's ear and whispers something, then slaps the horse on the back. The horse takes off.
Two hours later, the horse comes back with a naked blonde.
She jumps off the horse and goes into the te epee with the cowboy.
The Indians look at each other, figuring, "Typical white man - can only think of one thing."
The second day, the chief says, "What's your wish today?"
 The cowboy says, "I want to see my horse again."
The Indians bring him his horse.
The cowboy leans over to the horse and whispers something in the horse's ear, then slaps it on the back.
Two hours later, the horse comes back with a naked redhead.
She gets off and goes in the teepee with the cow boy.
The Indians shake their heads, figuring, "Typical white man - going to die tomorrow and can only think of one thing."
 The last day comes, and the chief says, "This your last wish, white man. What you want?"
The cowboy says, "I want to see my horse again."
The Indians bring him his horse.
The cowboy grabs the horse by both ears, twists them hard and yells, "Read my lips! POSSE, damn it! P-O-S-S-E!"

 民兵隊
 インデアンの一団が一人のカウボーイを捕まえて、部落の酋長の前に引きずり出した。
酋長はカウボーイに向かって、「お前は死ぬ運命にある。しかしお情けとして、これから三日の間、一日に一つずつお前の望みを聞いてやることにする。三日目に太陽が西に沈む時、お前の命はなくなるのだ。さて、お前の最初の望みは何だ?」と言った。
カウボーイは「僕の馬に会いたい」と言った。
インデアン達がカウボーイの馬を連れて来た。
カウボーイは自分の馬の耳を掴んで何事か囁き、馬の尻をピシャリと叩いた。馬はその場から走り去り、二時間後に全裸のブロンド女を乗せて戻ってきた。
彼女は馬から降りるとカウボーイと一緒に、インデアンのテントの中に消えていった。
インデアン達はお互いの顔を見合わせて、「全く白人という奴は、そのことしか考えないのか」と思った。
 二日目に酋長がカウボーイに尋ねた。「今日のお前の望みは何だ?」カウボーイは、「僕の馬にもう一度会いたい」と言った。
インデアン達がカウボーイの馬を連れて来ると、カウボーイは自分の馬に身を傾けると、その耳を掴んで何事か囁き、馬の尻をピシャリと叩いた。
馬はその場から走り去り、二時間後に全裸の赤毛女を乗せて戻ってきた。
彼女は馬から降りるとカウボーイと一緒に、インデアンのテントの中に消えていった。
インデアン達は首を振りながら「全く白人という奴は明日死ぬというのに、他のことは考えられないのか?」と思った。
 最後の三日目になり酋長はカウボーイに言った。「白人よ、これがお前の最後の望みとなる。何がしたい?」
カウボーイは「もう一度僕の馬に会いたい」と答えた。
インデアンが彼の馬を連れてくると、カウボーイは両手で馬の両耳をギュっときつく掴んで怒鳴った。
「この馬鹿野郎、しっかり俺の口元を見ろ!POSSEと言っているんだってば、P-O-S-S-E!」

この愛馬はPOSSE(民兵隊)を PUSSY(女性器)と聞き間違えて、毎回裸の女性を運んで来たので、
カウボーイは最後に馬の両耳を引っ張って「この馬鹿野郎、しっかり俺 の口元を見ろ!
POSSEと言っているんだってば、P-O-S-S-E!(民兵隊を早く呼んで助けに来てくれ!)」と叫んだのです。

23-14 Hippopotamus
 T
here were three Indian squaws.
One slept on a deer skin, one slept on an elk skin, and the third slept on a hippopotamus skin.
All three became pregnant, and the first two each had a baby boy.
The one who slept on the hippopotamus skin had twin boys.
This goes to prove that the squaw of the hippopotamus is equal to the sons of the squaws of the other two hides.

 カバ
 三人のインディアンの妻がいた。
一人は鹿の毛皮の上で眠り、もう一人は大鹿の毛皮の上で眠り、三番目はカバの皮の上で眠った。
三人の妻達は同時に妊娠し、最初の二人の 妻はそれぞれ男の子を産んだ。
カバの皮の上で眠った妻は双子の男の子を産んだ。
このことから次のことが明らかになった。つまり「カバの上で寝た妻の産んだ子は他の二つの皮で寝た妻の子と数が等しい」

英語で読んでこのオチがわかる人は、数学の知識と英語力が相当な方だと思います。
これはピタゴラスの定理(Pythagorean Theorem)の言葉遊びなのです。
即ち「斜辺の二乗は、他の二辺の二乗の和に等しい」
(= The square on the hypotenuse is equal to the sum of the squares on the other two sides.)を
" The squaw of the hippopotam us is equal to the sons of the squaws of the other two hides."と言い換えているのです。

23-15 Push over the outhouse
 A
n Indian man was violently whipping one of his young sons.
A man passing by said, "Why are you whipping that boy?"
"He lied to me. He pushed over the outhouse and then told me he didn't do it."
"That is no reason to whip him. George Washington cut down a cherry tree and his father did not whip him to get to the truth," the man said to the Indian man.
"Yeah, but George Washington's father was not in that cherry tree when his son cut it down."

 屋外トイレを倒した
 インディアンがまだ子供である息子を鞭で思い切り叩いていたので、通りかかった男が「なぜ、男の子を鞭で叩いているのか?」と尋ねた。
「こいつは私に嘘をついたからだ。こいつは屋外トイレを倒したのに、自分では絶対やっていないと言い張るからだ」
「そんなことで思い切り鞭打ちの罰を与えるなんておかしい。ジョージワシントンが桜の木を切り倒した時、彼の父親はワシントンに正直に白状させるために鞭なんか使わなかっただろう?」と、通りかかった男はインディアンを諭した。
「それはそうだけど、ジ ョージワシントンの父親は、ワシントンが桜の木を切り倒した時、その樹木の中に居たわけじゃないだろう?」

俺は用便中にトイレを倒されたので、糞まみれになったんだ。

23-16 No deer
 B
arbara was doing a documentary on the customs of American Indians.
After a tour of their reservation, she asked why there was a difference in the number of feathers in their head-dresses.
A brave who only had one feather in his head-dress said, "Me have only one squaw, me only have one feather."
She asked another brave who had four feathers.
"Ugh, me have four feathers because me sleep with four squaws."
Still not convinced that the number of feathers indicated the number of squaws, Barbara decided to interview the Chief.
Now the Chief had a head-dress full of feathers, which needless to say, amused her.
"Why do you have so many feathers?" she asked.
The Chief proudly pounded his chest and said, "Me Chief. Me fuck'em all-big, small, fat, tall-Me fuck'em all."
Horrified Barbara stated, "You ought to be hung!"
The Chief replied, "You demanded right. Me hang. Big like buffalo, long like snake. Me hang!!"
Barbara cried, "You don't have to be so damned hostile!"
The Chief replied, "Horse-style, dog-style, wolf-style, any style. Me fuck'em all!"
Tears in her eyes, Barbara cried , "Oh, dear!"
The Chief said, "No deer...asshole too high and fuckers run too fast. No fucking deer."

 鹿とは無理だね
 バーバラはアメリカインディアンの習慣についての調査研究を行っていた。
インディアン居留地を訪れて、インディアンの頭の羽根飾りの数がそれぞれ違うのはどういう理由かと尋ねた。
羽根飾りが一枚の勇士が答えた。「私、妻が一人だけ。だから羽根も一枚 」
バーバラは羽根飾りが四枚の勇士に同じ質問をした。「アー、私、羽根飾り四枚。それ、四人の妻と寝ているからだ」
バーバラは羽根の数が妻の数を表すということが、未だに信じられないので、インディアンの酋長に直接インタビューすることにした。
酋長が着けている羽根飾りは数えられない位の羽根がついていたので、当然のことだがバーバラはいたく興味を示した。
「なぜ、そんなに沢山の羽根を着けているのですか?」と彼女が質問すると、酋長は誇らしげに自分の胸を叩いて言った。
「私、酋長。だからどの女とでもセックスする。大きな女、小さな女、太った女、背の高い女、私誰とでもセックスする」
この言葉に嫌悪感を覚えたバーバラは、「なんて男なの!あんたなんて絞首刑(to be hung)にでもなればいいのよ!」と毒づいた。
酋長はhungという単語を聞いてこう言った。「あんたは正しい。私の性器、垂れ下がる(hang)程大きい。野牛みたいに大きくて、ヘビみたいに長い持ち物ね!」
バーバラは耐えられなくなって泣き叫んだ。「どうして私にそんな意地悪な言い方(hostile)をするの!」
酋長はhostileという単語を聞いてこう言った。「馬の交尾スタイル(horse-style)、犬の交尾スタイル(dog-style)、狼の交尾スタイル(wolf-style)、どんな体型でもセックス、オッケーね」
目に涙を浮かべながらバーバラは抗議した。「なんて人なの!Oh, dear!)」
酋長はdearという単語を聞いてこう言った。「鹿(Deer)とは無理だね。私とセックスするには、鹿のお尻は位置が高すぎる。それに足が速くてすぐ逃げ出す。私、鹿とはセックス出来ないね。」


23-17 The Great River
 T
here were three Indians traveling through the woods when they came upon a great river.
Needing to get to the other side, they each in turn said a prayer.
The first Indian said "oh Great Father give me the strength to cross the great river!" and he was given strong arms and legs so he could swim the distance with ease, which he did in a matter of hours.
The second Native prayed, "Oh great grandfather, please give tools so that I can cross this river!"
To which he was given sharp rocks, stout sticks and lashing vines which he used to make a small canoe and paddled across the river, taking many hours.
The third Indian exclaimed, "Oh wise and powerful spirit, please make me wise!"
To which the spirit turned this native Indian into a woman.
She crossed the river by using the bridge that was about 100 feet upriver, walking in a couple minutes.

 大きな河
 三人のアメリカインディアンが旅をしていた。
森を通り抜け大きな河にぶつかると、対岸に渡るために、三人は知恵を授けてもらうべく祈りを始めた。
一番目のインディアンは「偉大なる父よ、大きな河を横切る力を授けたまえ!」と声に出すと、彼の両手両足の筋肉が膨れあがり、数時間かかったがその河を泳いで渡ることが出来た。
二番目のインディアンが「偉大なる祖父よ、この河を渡るための道具を与えたまえ!」と祈ると、 鋭い石と、頑丈な木材と、ブドウの蔓が彼の掌に与えられた。
彼は与えられた物質を使い何時間もかけて小さなカヌーを作り、そのカヌーで河を渡った。
三番目のインディアンは「畏くも力を持てる精霊よ、私に知恵を与えたまえ」と叫んだ。
この叫びに応えて精霊はこのインディアンの男を女に代えた。
女になった三番目のインディアンはこの河の100フィート上流に架けられていた橋を渡って、問題なく大きな河を渡った。
歩いて数分のことで済んだのであった。

つまり、女性の方が男性よりよほど賢いと言いたいのです。

23-18 Ten Bobs
 A
Native American Indian woman went to the school to register her boys.
"How many children do you have?" asked the secretary.
"Ten" she said.
"And what are their names?" she was asked.
"Bob, Bob, Bob, Bob, Bob, Bob, Bob, Bob, Bob, and Bob" she said.
"They're ALL named Bob?" the secretary asked.
"What if you want them to come in from playing?'
"That's easy" she explained. "I just call Bob and they all come running."
"And what if you want them to come and eat?" the secretary asked.
"I just say Bob, come eat your dinner, and they do," she said.
"But what if you want just ONE Bob to do something?" asked the secretary
"Oh that's easy," she said. "I just use their last names."

 10人のボブ
 インディアンの母親が、子供達を学校に入れるための手続きにやってきた。
「子供さんは何人居るのですか?」と学校の事務員が聞いた。
「10人よ」とインディアンは答えた 。
「で、その十人の名前は?」と事務員が聞くと、「ボブ、ボブ、ボブ・・・・ボブよ」とインディアンが答えた。
「え、皆ボブって同じ名前なんですか?」と事務員は驚いた。
「遊んでいる子供達に、家に戻って来るように呼ぶ時はどうするんですか?」と尋ねると、インディアンの母親は「簡単よ。『ボブ』って呼べば皆走って戻って来るわよ」と答えた。
「食事が準備出来たので食べるようにと言う時は?」と事務員が尋ねると、「『ボブ、夕食を食べなさい』と言えば、皆食事を始めるわよ」とインディアンの母親は説明する。
「でも、その中の特定の一人のボブに、何か仕事をさせる時、こういう場合はどうするんですか?」と事務員が尋ねると、「あぁ、それは簡単よ。それぞれのボブの父親の姓を呼べばよいだけのことだから」とインディアンが答えた。

つまり10人のボブの父親は、すべて別人ということです。

23-19 Collateral
 A
n old Native American wanted a loan for $500.
He approached his local banker.
The banker pulled out the loan application, asking, "What are you going to do with the money?"
"Take jewelry to city and sell it," said the old man.
"What have you got for collateral?" queried the banker, going strictly by the book.
"Don't know of collateral."
"Well that's something of value that would cover the cost of the loan. Have you got any vehicles?"
"Yes, I have a 1949 Chevy pickup."
The banker shook his head, "How about livestock?"
"Yes, I have a horse."
"How old is it?"
"I don't know; it has no teeth."
Finally the banker decided to make the $500 loan.
Several weeks later the old man was back in the bank.
He pulled out a roll of bills, "Here's the money to pay loan," he said, handing the entire amount including interest.
"What are you going to do with the rest of that money?"
"Put it in my pocket."
"Why don't you deposit it in my bank?" he asked.
"I don't know of deposit."
"Well, you put the money in our bank and we take care of it for you. When you want to use it you can withdraw it."
The old Indian leaned across the desk, looking suspiciously at the banker, and asked, "What you got for collateral?"

 担保物件
 年老いたインディアンが500ドルの借金が必要となって、彼が住んでいる地域の銀行に出向いた。
銀行家はローンの申込用紙を渡すと、「当行が貸し出したこのお金で何をなさるつもりですか?」とインディアンに訊ねた。
「宝石を手に入れて町で売りさばこうと考えてるんだ」と彼は答えた。
「ローンの担保物件はお持ちですか?」と銀行家が、帳簿に記録しながら聞いた。
「担保物件って何のことだね?」とインディアンが聞き返すと、「貸し出した金額を保証するようなあなたの財産のことです。あなた、自動車は持っていますか?」と銀行家が言うので、「あぁ、1949年型のシェビーのトラックを持っているよ」とインディアンは答えた。
銀行家はダメダメと言うように首をふりながら、「家畜は持っているでしょ?」と聞いた。
「馬を一匹持っているよ」とインディアンが答えると、「その馬の年齢は?」と銀行家が聞き返した。
「さぁ、何歳になるかなぁ?とにかく歯は無くなっているけど」とインディアンが言った。
紆余曲折の結果銀行家はこのインディアンに500ドルを貸すことにした。
数週間後この年老いたインディアンが銀行にやって来て丸まった紙幣の束を取り出すと、「これが借りていたお金の分だ」と、利息も含めた全額分を銀行家に手渡した。
「その残りのお金はどうされるつもりですか?」と銀行家が聞くと、インディアンは「ポケットにしまっておくけど」と答えたので、「そのお金は当行に預金されたらいかがでしょう」と銀行家は勧めた。
「預金って何のことだね?」とインディアンが聞くので、「あなた様がお金を当銀行にお預け頂ければ、当行が責任を持って管理します。それを銀行預金というのです。あなた様が必要な時はいつでも引き出して使えますよ」、と銀行家は説明した。
年老いたインディアンは机に覆い被さりながら疑わしそうな目付きで銀行家を見つめて、こう言った。
「その場合、あんたは『担保物件』として何を出してくれるんだ?」


23-20 It depends on what is really important to you
 A
Native American and his friend were in downtown New York City, walking near Times Square in Manhattan.
It was during the noon lunch hour and the streets were filled with people.
Cars were honking their horns, taxicabs were squealing around corners, sirens were wailing, and the sounds of the city were almost deafening.
Suddenly, the Native American said, "I hear a cricket."
His friend said, "What? You must be crazy. You couldn't possibly hear a cricket in all of this noise!"
"No, I'm sure of it," the Native American said, "I heard a cricket."
"That's crazy," said the friend.
The Native American listened carefully for a moment, and then walked across the street to a big cement planter where so me shrubs were growing.
He looked into the bushes, beneath the branches, and sure enough, he located a small cricket.
His friend was utterly amazed. "That's incredible," said his friend. "You must have super-human ears!"
"No," said the Native American. "My ears are not different from yours. It all depends on what you want to listen to."
"But that can't be!" said the friend. "I could never hear a cricket in this noise."
"Yes, it's true," came the reply. "It depends on what is really important to you. Here, let me show you."
He reached into his pocket, pulled out a few coins, and discreetly dropped them on the sidewalk.
And then, with the noise of the crowded street still blaring in their ears, they noticed every head within twenty feet turn and look to see if the money that tinkled on the pavement was theirs.
"See what I mean?" asked the Native Am erican. "It all depends on what's important to you."

 あなたにとって何が重要か?による
 アメリカインディアンと彼の友人がニューヨーク市街を、タイムズ広場からマンハッタンに向かって歩いていた。
ちょうど昼食時で歩道の上は人々が大勢行き来し、車道では車がクラクションをガンガン鳴らし、タクシーがキキキッと交差点を曲がり、パトカーのサイレンはファンファン聞こえて来るわで、町中が耳をつんざくばかりの騒音で包まれていた。
突然アメリカインディアンが「コオロギが鳴いている!」と言い出した。
一緒に歩いていた友人が「何だって?君はおかしくないか?こんな騒音の中でコオロギの鳴き声なんて聞こえるわけはないだろう?」と訝しんだ。
インディアンはもう一度注意深く耳を澄ますと、道路を一本横切り、背の低い木が植えられているセメント製の鉢に近づいた。
木をじっと見つめていたインディアンは枝の下に小さなコオロギがいるのを見つけた。
一緒にいた友人は飛び上がるほど驚いてしまった。
「信じられないなぁ〜!君は超人的な耳を持っているんだ!」と言うと、インディアンは「いや、僕の耳は君と同じく普通の耳さ。
自分にとって重要なことは聞き分けられるということなのさ」と答えた。
「そんなこと、無理に決まっているじゃないか。僕はこんな雑踏の中でコオロギの鳴き声なんか聞き分けられないよ」と友人が言い張るので、「いや、出来るってば。それはあなたにとって何が重要か、ということに尽きるんだよ。いいかい、じゃ実験してみようか?」とインディアンが言った。
彼はポケットの中から硬貨を数枚取り出すと、そっと歩道の上に落とした。すると耳をつんざく雑音の中で、そこから20フィート以内のあらゆる方向で歩いていた人達が、こちらを振り返り歩道に落ちた硬貨は自分が落としたのではないかと、こちらを見ているではないか!
「ね、僕が言った通りだろう?あなたにとって何が重要か?によるんだよ」と、インディアンは言った。


#23-1〜10・11〜2021〜3031〜40


*  
*