●Kazさんのページ

#24.Irish
Irish Jokeと言えば「飲んべえ」と相場が決まっています。

#24-1〜1011〜2021〜30・31〜40

24-31 London Olympics
 A
Scotsman, an Englishman and an Irishman want to get into the London Olympics in 2012, but they haven't got tickets.
The Scotsman picks up a manhole-cover, tucks it under his arm and walks to the gate.
"McTavish, Scotland" he says, "Discus", and in he walks.
The Englishman picks up a length of scaffolding and slings it over his shoulder.
"Smith, England," he says, "Pole vault," and in he walks.
The Irishman looks around, picks up a roll of barbed wire and tucks it under his arm.
"O'Malley, Ireland," he says, "Fencing."
 ロンドンオリンピック
 スコットランド人、イギリス人、アイルランド人が2012年ロンドンオリンピックを見に行ったが、入場券を持っていなかった。
スコットランド人はマンホールの蓋を腕に抱え、会場の入口に進むなり「円盤投げスコットランド代表のマクタビッシュだ」、と言って中に入った。
イギリス人は足場用のパイプを一本掴んで肩から紐で吊して、「槍投げイギリス代表のスミスだ」、と言って中に入った。
アイルランド人は辺りを見回し、巻いてあった鉄条網を拾うと脇の下にはさみこんで、「アイルランド代表のオマーリーだ。種目はフェンシング」と言った。
フェンシング選手なら使う用具はサーベルですが、フェンスに使われる鉄条網を持ってきて
「フェンシング」と主張しているアイルランド人の阿呆ぶりが、おかしいのです。

24-32 My wallet
 A
guy was walking down the street and saw an Irishman frantically searching every pub.
He went up to the Irishman and asked, "Sean, what's the problem?"
"I lost my wallet," was the reply.
"Ah, so you're looking for it."
"No, no, my brother found it." The guy was puzzled.
"I see. Then what are you looking for now?"
"My brother!" Sean shouted.
 僕の財布
 ある男が町を歩いていると、あちこちのパブに狂ったような勢いで走り込んでは出て来るアイルランド人が目についたので、声をかけた。
「ショーン、一体どうしたっていうんだ?」
「財布をなくしてしてしまったんだ」とショーンが答えた。
「あぁ、だから君はあちこちのパブを探しているんだね」と男が言うと、「違う、違うんだってば。僕の弟が財布は見つけたんだけどさ」とショーンが言うので、この男は理解出来ずに「へぇ、そうなの。じゃどうして君はあちこちのパブに出たり入ったりして、何を探しているんだね?」と尋ねた。
「僕の弟に決まっているだろう!」とショーンが怒鳴り返した。
なくした財布は弟が発見したけれど、弟はその財布を持って飲みに行ってしまった。
俺の金を使われてたまるものか、と兄貴のショーンは弟を捜して町中のパブを訪れているのです。

24-33 Air Ireland
 A
ir Ireland Flight 101 was flying from Heathrow to Dublin one night, with Paddy the pilot and Gerry the co-pilot.
As they approached Dublin Airport, they looked out of the front window.
"Jesus," said Paddy, "will you look at how fuckin' short that runway is."
"Ya not fuckin' kiddin, Paddy," replied Gerry.
"This is going to be one of the trickiest landings you are ever gonna see," said Paddy.
"Ya not fuckin' kiddin, Paddy," replied Gerry.
"Roit Gerry, when I give the signal, you put to engines in reverse," said Paddy.

"Roit, I'll be doing dat," replied Gerry.
"And den you put the flaps down straight away," said Paddy.
"Roit, I'll be doing dat," replied Gerry.
"And den you stamp on tern brakes as hard as you can," said Paddy.
"Roit, I'll be doing dat," replied Gerry.
"And den you pray to Mother Mary with alla you soul," said Paddy.
"Roit, I'll be doing dat," replied Gerry.

So they approached the runway with Paddy and Gerry full of nerves and sweaty palms.
As soon as the wheels hit the ground, Gerry put the engines in reverse, put the flaps down, rammed the brakes and prayed to Mother Mary with all of his soul.
Amid roaring engines, squealing of tires and lots of smoke, the plane screeched to a halt 2 cm from the end of the runway, much to the relief of Paddy and Gerry and everyone on board.
As they sat in the cockpit regaining theircomposure, Paddy looked out the front window and said to Gerry, "Dat has gotta be to shortest fuckin' runway I have ever seen in my whole life."
Gerry looked out the side window and replied, "Yeah Paddy, and the fuckin' widest too."

 アイルランド航空
 ある夜、アイルランド航空101便がロンドンのヒースロー空港からアイルランドのダブリンに向け飛行中だった。
機長はパディ、副操縦士はゲリーだった。
101便がダブリン空港に近づき、二人の操縦士が操縦席の窓から下を覗いた。
「なんてこった!」と機長のパディがうめいた。
「あんな短い滑走路ってありかよ!ちょっと見てみろよ」
副操縦士のゲリーが下を見て言い返す。「パディ、僕をからかっているのかい?」
機長が続ける。「ゲリー、こいつは君が今まで体験した中で一番難しい着陸になりそうだぞ」
副操縦士は同じ疑問をぶつける。「パディ、僕をからかっているんでしょ?」
「ゲリー、復唱しろ。私が合図したらエンジンを逆噴射させる」と機長が促す。

副操縦士:「復唱、機長の合図でエンジン逆噴射!」
機長:「続いて翼のフラップをまっすぐに立てる」
副操縦士:「復唱、続いて翼のフラップをまっすぐに立てる!」
機長:「続いて三つのブレーキを思いっきり踏む」
副操縦士:「復唱、続いて三つのブレーキを思いっきり踏む!」
機長:「続いて全霊を込めて聖母マリアに幸運を祈る」
副操縦士:「復唱、続いて全霊を込めて聖母マリアに幸運を祈る!」

 機長と操縦士が手に汗を握り、全神経を集中させて滑走路に進入し、車輪が地面に触れるや否や、副操縦士がエンジンを逆噴射させ、翼のフラップを立て、ブレーキを思い切り踏んで、聖母マリアに全霊を込めて祈った。
エンジンがもの凄い音を立て、車輪はキキキキーと悲鳴を上げながら煙を上げ、飛行機は滑走路の端2cmのところで急停止した。
パディもゲリーも、乗客もホっと安堵のため息をついた。操縦席で落ち着きを取り戻した機長が窓から前方を見て、「全く、ここの滑走路は信じられない位短い。俺の一生でこんな短い滑走路見たことがなかったな」と副操縦士に言った。
副操縦士は横の窓を見ながら答えた。「そうだね、パディ。それにこの滑走路の横幅はめちゃくちゃ広いぜ」

つまり、この飛行機は滑走路の縦と横を間違えて着陸したのです。まっさかぁ・・・

24-34 O'Malley Twins
 A
man stumbles up to the only other patron in a bar and asks if he could buy him a drink.
"Why of course," comes the reply.
The first man then asks: "Where are you from?"
"I'm from Ireland," replies the second man.
The first man responds: "You don't say, I'm from Ireland too! Let's have another round to Ireland."
"Of Course," replies the second man.
The first man then asks curiously, "Where in Ireland are you from?"
"Dublin," comes the reply.
"I can't believe it,"says the first man.
"I'm from Dublin too! Let's have another drink to Dublin."
"Of course," replies the second man.
Curiosity again strikes and the first man asks: "What school did you go to?"
"Saint Mary's," replies the second man.
"I graduated in '62."
"This is unbelievable!," the first man says.
"I went to Saint Mary's and I graduated in '62, too!"
About that time in comes one of the regulars and sits down at the bar.
"What's been going on?," he asks the bartender.
"Nothing much," replies the bartender.
"The O'Malley twins are drunk again."

 双子のオマーリー
 男がよろつく足取りでバーに入って来ると、そこにいた唯一の客に「一杯おごろうか?」と話しかけた。
「本当かよ?もちろんご馳走になるぜ」という答が返ってきた。
最初の男は「あんたはどこの国から来たんだ?」と、客に聞くと二番目の男が「アイルランドさ」と答えた。
「え、嘘じゃないだろうね?僕もアイルランド人さ。それじゃアイルランドのために、もう一杯飲もうぜ!」と最初の男が言った。
「もちろんさ!」と二番目の男が答える。
最初の男が興味深そうに「で、あんたアイルランドのどこの出身かい?」と聞くと、二番目の男は「ダブリンさ」と答える。
「信じられない!僕もダブリン出身なんだよ。じゃダブリンのために、もう一杯飲もうぜ!」と最初の男が提案する。
「もちろん!」と二番目の男が答える。
ますます好奇心にかられた最初の男が「ダブリンのどの学校に通っていた?」と尋ねると、二番目の男は「聖マリア学校さ。卒業年度は1962年だよ」と答える。
「全くもって信じられんなぁ!実は僕も聖マリア学校に通って、卒業年度は同じく1962年だよ」と最初の男。
そこにこのバーの常連客の一人が入ってきて、バーの椅子に腰掛けるとバーテンに「いったい、あそこで何やってんだ?」と尋ねた。
「どうってことないですよ」、とバーテンが答える。
「双子のオマーリー兄弟が、またいつものように酔っ払っているだけですよ」

双子のオマーリー兄弟は、酔っ払うとこの「初対面ごっこ」遊びをするのですね。

24-35 Don't ye believe me?
 L
ate one Friday night the policeman spotted a man driving very erratically through the streets of Dublin.
He pulled the man over and asked him if he had been drinking that evening.
"Aye, so I have. It's Friday, you know, so me and the lads stopped by the pub where I had six or seven pints. And then there was something called "Happy Hour" and they served these margaritas which are quite good. I had four or five o' those. Then I had to drive my friend Mike home and of course I had to go in for a couple of Guiness - couldn't be rude, you know. Then I stopped on the way home to get another bottle for later."
And the man fumbled around in his coat until he located his bottle of whiskey, which he held up for inspection.

 The officer sighed, and said, "Sir, I'm afraid I'll need you to step out of the car and take a breathalyzer test."
Indignantly, the man said, "Why? Don't ye believe me? I'm drunk!"

 僕の言うことが信じられないのかい?
 金曜日の夜遅く、ダブリンの道路上をジグザグ運転する車を見とがめた警官が、車を停めさせて運転していた男に「今晩酒を飲みましたか?」と訊問した。
「飲みましたかだって?当たり前でしょ、君、今日は金曜日じゃないの!僕は仲間と一緒にパブでビールを6〜7杯ジョッキで飲んだよ。そうしたら『ハッピーアワー』になって、そのパブでは料金半額でおいしいマルガリータを出してくれたから、そうだなぁ、4〜5杯そいつを飲んだね。それから仲間のマイクを車に乗せて、奴の家まで送ってやったんだ。そうしたら奴の家で『まぁ、飲んでいけよ』と言われたら、断るなんて、そんな失礼なことできないだろ?だからそこでギネスビールを2〜3杯飲んだよ。そこから自分の家に戻る途中で、もう一軒立ち寄って、ウイスキーを一本買ったというわけさ」と、言いながら男は震える手で自分のオーバーコートの中からウイスキーのボトルを取り出すと、警官によく見えるように持ち上げた。

 警官はため息をついて、「車の外に出て下さい。酒気帯びテストをさせてもらいます」と言った。
男は憤然として警官に言った。
「なぜ?僕の言うことが信じられないのか?僕は酔っ払っているって、さっきから言っているじゃないか!」


24-36 Catholic
 T
wo Irishmen were sitting in a pub having beer and watching the brothel across the street.
They saw a Baptist minister walk into the brothel, and one of them said, "Aye, it's a shame to see a man of the cloth going bad."
Then they saw a rabbi enter the brothel, and the other Irishman said, "Aye, it's a shame to see that the Jews are falling victim to temptation."
Then they saw a catholic priest enter the brothel, and one of the Irishmen said, "What a terrible pity... One of the girls must be quite ill."

 カトリック信徒
 二人のアイルランド人がパブでビールを飲みながら、パブと道路を隔てて建っている売春宿の入り口を眺めていた。
バプテスト派の神父がこっそり入り口から中に入って行くのを見て、一人のアイルランド人が憤懣やるかたない口調で言った。
「あぁぁ、聖職の地位に在る身でありながら、売春宿に行くなんて恥知らずな奴だ!」
さらにユダヤ教指導者が売春宿に入るところを目撃したもう一人のアイルランド人が嘆いた。
「あぁぁ、ユダヤ人も肉体の誘惑には勝てないらしい」
なんとカトリック神父が売春宿に入るのを見つけて、二人のうちのどちらかがポツリと言った。
「可哀想に。。。売春婦の一人が病気で死にそうなのに違いあるまい。(だからカトリック神父が最後を看取るために中に入って行ったんだ)」


24-37 On an airplane
 A
n Arab and an Irishman was flying in an airplane, when it was caught in a violent turbulence and lost all control.
So, the Arab promptly jumped out of the plane WITHOUT a parachute, and shouted "ALLAH!! SAVE ME!!".
Then a massive hand reached down from the sky above, picked the Arab up, and set him gently down on the ground.
Having seen this example, the Irishman promptly followed suit, and shouted "ALLAH!! SAVE ME!!", and was promptly rescued by the same big hand.
When he was safely on the ground, the Irishman said 'Well, better than God for that!" and then a massive foot came down on the Irishman and stomped him.

 飛行中に
 アラブ人とアイルランド人が乗っていた旅客機が、飛行中に乱気流に巻き込まれ操縦不能となって下降していった。
アラブ人は即座にパラシュートもつけずに、「アラーの神よ!我を救い給え」、と叫びながら飛行機から飛び降りた。
すると天から大きな手が伸びてきて、空中でこのアラブ人を掴むと、そのまま、そっと地上に置いてくれた。
アラーの神の奇跡の目の当たりにしたアイルランド人も、「アラーの神よ!我を救い給え」、と叫びながらアラブ人の後に続いた。
そして彼も大きな手によって命を救われた。
アイルランド人が無事地上に降り立つと、彼は「私達が信じている天の神より、アラーの神の方が良さそうだな」と言った。
すると突然天から大きな足が伸びてきて、このアイルランド人をペシャンコに踏みつぶしてしまった。


24-38 Irish Mother Superior
 T
he 98 year old Mother Superior from Ireland was dying.
The nuns gathered around her bed trying to make her last journey comfortable.
They gave her some warm milk to drink but she refused.
Then one of the nuns took the glass back to the kitchen.
Remembering a bottle of Irish whiskey received as a gift the previous Christmas, she opened and poured a generous amount into the warm milk.
Back at Mother Superior's bed, she held the glass to her lips.
Mother drank a little, then a little more and before they knew it, she had drunk the whole glassdown to the last drop.
"Mother," the nuns asked with earnest, "please give us some wisdom before you die."
She raised herself up in bed and with a pious look on her face said, "Don't sell that cow."

 アイルランド人の女子修道院長
 98歳になるアイルランド人の女子修道院長が死の床についていた。
修道院の尼僧が彼女の回りに集まり、修道院長の天国へ向かう旅を静かに送ろうとしていた。
尼僧達が修道院長に暖かいミルクを与えると、院長は首を振った。
一人の尼僧がそのミルクのグラスを台所に戻しに行く途中で、去年のクリスマスにプレゼントとしてもらったアイリッシュ・ウイスキーが有ったことを思い出し、彼女はそのウイスキーの壜を開けて、中味をたっぷりと暖かいミルクの入ったグラスに注いだ。
元の部屋にもどりベッドに横たわっている修道院長の唇にグラスを押し当てた。
すると修道院長は一口、そしてまた一口とこの飲み物を飲み続け、回りの尼僧達が気が付かないうちに最後の一滴まで飲み干してしまった。
「修道院長様、」と驚いた尼僧達が真剣な眼差しで尋ねた。
「どうぞお亡くなりになる前に、何か私達に対するアドバイスをいただきたいのです」
修道院長はベッドから起き上がり、信心深い表情を顔に浮かべてこう言った。
「このミルクを出した牛を他人に売ってはなりませんぞ」

死の床に伏せながらウイスキー入りの牛乳を飲んで現気になったアイルランドの女子修道院長は、
「このウイスキー味のする牛乳を出す雌牛を他人に渡すな!」と遺言したのです。

24-39 145 years old
 O
ne late night, Paddy, Sean and Shamus were stumbling home from the pub and walked through a graveyard.
"Hey, have a look at this grave! It's my uncle Michael O'Grady's grave. He lived to the ripe old age of 87. God bless his soul," said Paddy.
"That's nothing, " said Sean, pointing at the grave next to Paddy's uncle.
"Here lies Patrick O'Toole. He was 95 when he died."
Just then, Shamusyelled out.
"But here's a fellow who died when he was 145 years old!"
"Wow! What's his name?" asked Sean.
Shamus lit a match to see what else was written on the stone marker.
"Miles, from Dublin."

 145歳
 ある晩遅くパディ、ショーン、シェーマスがパブから千鳥足で家に向かっていた。
途中墓場を通った時、パディが「この墓石を見ろ!僕の叔父さんマイケル・オグラーディの墓だ。伯父さんは87歳で亡くなったんだが、神のご加護でここで眠っている」と言った。
「そんなの大したことないさ」と、ショーンはパディの伯父さんの隣の墓を指差して、「ここにパトリック・オトゥール眠る。享年95歳」と読み上げた。
突然シェーマスが大声を上げた。
「こいつは驚いた!145歳まで生きていたんだ」
「凄い!そいつの名前は?」とショーンが尋ねた。
ショーンはマッチを擦って、その石の目印に書かれてあることを読み上げた。
「マイルズ、ダブリン出身」

シェーマスが読んでいるのは石の目印(stone marker)で、墓(grave)ではありません。
つまり145 Miles from Dublin(ダブリンから145マイル)という、道しるべなのです。

24-40 Sand wedge? Sandwich?
 W
hat did the golfer get when he asked his Irish caddie for a sand wedge?
Corn beef in brown bread.

 サンドウエッジ?サンドイッチ?
 ゴルファーがアイルランド人のキャディに、「サンドウエッジを」と言った時、キャディは何を出してきたか?
コーンビーフと胚芽パン。

アイルランド人キャディは、サンドウエッジとサンドイッチを間違えたのですね。

#24-1〜1011〜2021〜30・31〜40


*  
*