●Kazさんのページ

#25.Jewish

#25-1〜10 ・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜70

25-11 Jewish wedding
 W
hy is it so important for the groom at a Jewish wedding to stomp on a wine glass?
Because it's the last time he'll put his foot down.
 ユダヤ教結婚式
 ユダヤ教の結婚式において、花婿がワイングラスを踏みつけて粉々にする儀式が尊ばれるのはなぜでしょうか?
それは花婿が断固たる態度を取れる最後の機会だからです。
ユダヤ教の結婚式では「人生の最も幸せな時にでも世界を流浪させられた先祖の苦労を忘れない」ために、
花婿がワイングラスをわざわざ靴で踏みつけて粉々にする儀式が執り行われます。
上記の様な歴史的・宗教的意味合いが有るのですが、
ジョークの世界ではPut his foot down =断固たる態度を取るという慣用句を
文字通り"グラスを踏みつけるために足を踏み下ろす"と読ませて、
今後は(わがままユダヤ娘JAPとなりやがてやかましやのユダヤ人母親になるであろう)
奥さんの尻に敷かれるであろうユダヤ人男性の最後のあがきである、と解釈させているのです。

25-12 Two suitcases
 A
custom agent stopped an old Jewish man who had just emigrated to Israel and asked him to open his two suitcases.
In the first one he found over a million dollars in one-dollar bills.
"Excuse me, sir," he asked the old gentleman, "Where did you get all this money?"
"Well, I'll tell you," the old man began.
"For many years, I traveled all around America and I stopped at all of the public rest rooms in all the major cities; New York, Chicago, San Francisco, Los Angels, and so on. I went into the stalls where men were defecating and I said, ' Give me a dollar for Israel or I'll cut your testicles with a knife."
"That's quite a story," the custom agent said.
"What's in the second suitcase?"
"Well , you should know," the old Jewish man said, shaking his head, "not everybody likes to give."
 二つのスーツケース
 空港の税関職員が、イスラエルの国に移住するためやって来た年取ったユダヤ人の抱えていた二つのスーツケースを開いて中身を見せるように命じた。
最初のスーツケースに は1ドル札ばかりで100万ドルが入っていた。
「失礼ですが、」と税関職員は老人に尋ねた。「このお札はどうやって手に入れたのですか?」
「それはだな、」と老人が説明を始めた。「わしはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、ロスアンジェルスなどアメリカの大都会の公衆便所を、長年に渡り歩いて来たんじゃ。
公衆便所で座って排便している男の入っている扉を開けて、『1ドルよこせ!よこさないならこのナイフで、お前の睾丸を切り取ってしまうぞ!』と脅かして、取り上げてきたのが、積もり積もってこれだけになったんじゃよ」
驚いた税務職員が、「それは、全くたまげた話だな!だがもう一つのスーツケースには何が入っているんだ?」と尋ねた。
老人は首を振りながら言った。「脅された誰もが1ドルを渡したわけではなかったのでね…」
もう一つのスーツケースには、お金を渡すことを拒んだ男達ので切り取られた睾丸が入っているのです。

25-13 Sandwiches
 T
wo Jewish attorneys went into a diner and ordered two drinks.
Then they produced sandwiches from their briefcases and started to eat.
The owner became quite concerned and marched over and told them, "You can't eat your own sandwiches in here!"
The attorneys looked at each other, shrugged their shoulders and then exchanged sandwiches.
 サンドイッチ
 二人のユダヤ人弁護士が食堂に入って飲み物を二つ注文した。
それから自分達の書類かばんからサンドイッチを取り出すと、それを食べ始めた。
食堂のオーナーは驚いてこの二人の席に走り寄ると、「持ち込んだ自分のサンドイッチをここで食べないで下さい!」と言った。
二人の弁護士は顔を見合わせてから肩をすくめ、お互いのサンドイッチを交換した。
このユダヤ人弁護士達は
「自分のサンドイッチじゃなければ食べてもいいだろう」と 、飲み物しか頼まないのです。

25-14 Cathouse
 E
very Friday night, a little old lady placed $1,000 in the donation box in the church.
This went on for weeks until the Rabbi, overcome with curiosity, approached her.
"Mrs. Ginzburg, I couldn't help but notice that you put $1,000 a week in the donation box," he stated.
"Why yes," she replied, "every week my son sends me money, and what I don't need I give to the church."
"That's wonderful, how much does he send you?"
"Oh, $2,000 a week."
"Your son is very successful, what does he do for a living?"
"I believe he is a veterinarian," she answered.
"That is a very honorable profession. Where does he practice?"
"Well, he has one cathouse in Chicago, and another in Dallas."
 猫の家(売春宿)
 小柄な老婦人は、毎週金曜日の夜ユダヤ教会の献金箱へ1000ドルずつ献金していた。
この行いが数週間続くので、ラビは好奇心を抑えきれず彼女に近づいて言った。
ラビ :「ギンスバークさん、私はあなたが毎週献金箱に1000ドルずつ入れるのに気付いておりました。」
老婦人:「えぇ、そうよ。毎週息子が私にお金を送ってくるのだけれど、私が必要な分以外は教会に寄付しているのよ」
ラビ :「ご厚意は大変有難いことです。息子さんは毎週いくら送金してくるのですか? 」
老婦人:「あぁ、毎週2000ドルよ」
ラビ :「息子さんは大成功をおさめているようですが、一体何のお仕事をなさっているのですか?」
老婦人:「確か獣医だったと思うけど」
ラビ :「それは立派な職業ですね。で、息子さんはどちらでお仕事をなさっていますか ?」
老婦人:「猫の家を、シカゴに一軒とダラスに一軒持っているのよ」
猫の家(cat house)とは売春宿のことです。
老婦人は「息子は(猫の面倒を看る」獣医よ」と口を濁していますが、
本当は「息子はシカゴとダラスにある(売春婦を使っている)売春宿の主人よ」ということです。

25-15 Pussycats
 A
lovely Jewish lady was sitting on a beach towel at Boynton Beach, Florida.
She looked up and noticed that a good-looking man at her age had walked up, placed his blanket on the sand nearby and began reading a book.
Smiling, she attempted to strike up a conversation with him. "Hello, sir, how are you?"
"Fine, thank you," he responded, and turned back to his book. "I love the beach. Do you come here often?" she asked.
"First time since my wife passed away last year," he replied, and again turned back to his book.
"Do you live around here?" she asked.
"Yes, I live over in Ponte Vecchio," he answered, and then resumed reading.
Trying to find a topic of common interest, she persisted. "Do you like pussycats?"
With that, the man threw his book down, jumped off his blanket onto hers, tore off both their swimsuits and gave her the most passionate ride of her life!
As the cloud of sand began to settle, she gasped and asked the man, "How did you know that was what I wanted?"
The man replied, "How did you know my name was Katz?"
 子猫
 可愛らしいユダヤ人女性がフロリダ・ボイントン海岸の砂の上にビーチタオルを敷いて座っていた。
ふと目を上げると彼女と同年代のハンサムな男が歩いてきて、彼女の近くの砂浜の上に毛布を敷いて、そこに座って本を読み始めたことに気付いた。
彼女は彼に微笑みながら言葉を投げかけた。「こんにちは。ご機嫌いかがですか?」
「元気ですよ」、と答えると男は読書に戻った。
「私、海辺が大好きですの。あなたもこちらにはよく来られます?」と女が聞くと、「昨年妻を亡くしてから初めてのことです」と男は答え、再び読書を始めた。
「あなたは、この辺りにお住まいですか?」と女が続けて尋ねると、男は「えぇ、ポント・ベッキーノの先に住んでいますよ」と答えて読書を止めようとしなかった。
何か共通の話題を探して会話を続けようと試みる女は、「あなたは、子猫(pussycats)はお好き?」と聞いた。
その途端男は読んでいた本を投げ捨てると、自分が座っていた毛布から飛び跳ねて女性に躍りかかると、お互いの水着を剥ぎ取り、いきなり彼女とセックスを始めた。それは彼女が今まで経験したことのないほど激しく情熱的なセックスだった。
激しい営みで雲のように辺り一面に舞い散った砂が収まった時、女は喘ぎ声で男に尋ねた。
「ど、どうして…。私がして欲しいことがわかったのかしら?」
男が答える。「どうして僕の名前がカッツ(Katz)だとわかったの?」
女はDo you like pussycats?(子猫がお好き?)と聞いたのですが、
男は Do you like pussy, Katz?(カッツ、女性器はお好き?)と聞き違えて、
この女はセックスがしたいのだと理解して躍りかかったのです。
営みの後で「どうして僕の名前がカッツ(Katz) だとわかったの?」と聞いていますが、
女の方は名前なんてどうでもよかったのです。

25-16 Whip lash
 U
naware of each other's presence, an Arab in his tank and an Israeli in his are motoring up opposite sides of the same hill.
The two tanks reach the top of the hill at precisely the same instant, and there is a tremendous crash.
The Arab soldier climbs hastily through the hatch of his tank, his arms raised in a gesture of surrender.
Just as quickly, the Israeli leaps from his tank screaming, "WHIPLASH!!"
 ムチウチ症
 アラブの戦車とイスラエルの戦車がお互いの存在に気が付かずに、反対側から小さな丘に向かって進んでいた。
二台の戦車は丘の頂上にピタリと同じタイミングで登ったので、ガッシャーンともろに衝突してしまった。
アラブ人兵士は入口のハッチを開けると両手を挙げて降参の格好で戦車を降りて来た。
イスラエル人兵士はピョンと素早く戦車から飛び降りると叫んだ。
「ムチウチになっちゃったじゃないか!(治療費払えよ!)」

25-17 First Female U.S. President
 T
he year is 2012 and the United States of America has recently elected the first woman as well as the first Jewish President, Susan Vineberg.
So the President-Elect calls up her mother a few weeks after election day; "So Mom, I assume you will be coming to my inauguration?"
"I don't think so. It's a 10- hour drive, and your father isn't as young as he used to be, and my gout is acting up again."
"Don't worry about it, Mom, I'll send Air Force One to pick you up and take you home. And a limousine will pick you up at your door."
"I don't know . Everybody will be so fancy, I don't know what on Earth I would wear."
"Oh, Mom," replies Susan, "don't worry about it. I'll make sure you have a wonderful gown by Christian Dior."
"Honey," Mom complains, "you know I can't eat those rich foods you and your friends like to eat"
The President-to-be responds, "Don't worry Mom. The entire affair is going to be handled by the best caterer in New York, kosher all the way. Mom, I want you to come."
So Mom agrees and so on January 21, 2013, Susan Vineberg is being sworn in as President of the United States of America.
In the front row sits the new President's mother, who leans over to a Senator sitting next to her; "You see that woman over there with her hand on the Bible, becoming President of the United States?"
The Senator whispers back, "Yes I do."
The Mother says, "Her brother's a doctor."
 初代アメリカ女性大統領
 時は2012年。アメリカ合衆国で初めて女性大統領に選ばれたスーザン・ヴィンバーグは最初のユダヤ人大統領でもあった。
大統領選挙に勝利して数週間後のある日、スーザン は母親に電話をかけた。「ママ、私の大統領就任式に出席してくれるわよね?」
「ごめんだね。10時間も車に乗って出かけるなんて。それにお前のお父さんも昔ほど若くないし、私の通 風がまた再発してね・・・」
「大丈夫よ、ママ、大統領専用機(エアフォー スワン)を使って往復すればいいんだから、心配しないで。空港から自宅のドアまではリムジン車で送迎しますから。」
「どうしようかねぇ、他の出席者は着飾ってくるんだろうから、一体全体私は何を着たらよいかわからないし・・・」
「ああ、そのことならね、ママ、心配しないで。クリスチャン・ディオールの素晴らしい洋服を手配しておくから、大丈夫よ」とスーザンが答える。
「ねぇ、お前、私はお前の友人達が食べるようなカロリーの高いぜいたくな食事は食べられないんだよ」と、ママはぶつくさ不平を言う。
「心配ないってば、ママ。ニユーヨークで一番良い、ユダヤ料理専門のパーティ料理店が宴会を仕切るのですからね。どうしてもママに出席してもらいたいの!」と、大統領就任予定の女性は辛抱強く母親を説得した。
ようやくママは同意し、2013年1月21 日、スーザン・ヴィンバーグが合衆国大統領就任を宣誓する晴れの席に参列した。
新任大統領の母親として最前列に座ったママは、隣に座っていた上院議員に身体を向けて、「ねぇ、聖書の上に手を置いている女性、次期アメリカ大統領があそこにいるでしょ」と話しかけた。
上院議員は声をひそめて、「えぇ、わかっていますよ」と答えた。
大統領のお母さんが続けた。「あの子の弟は医者なんですよ・・・」
頑固で他人に文句ばかり言うくせに、自分の子供は自慢するユダヤ人母親気質がよく表れています。

25-18 Italian Jew
 A
n elderly Italian Jewish man wanted to unburden his guilty conscience by talking to his Rabbi.
"Rabbi, during World War II when the Germans entered Italy, I pretended to be a Catholic and changed my name from Levy to Spamoni, and now sixty years later I am alive because of it."
"Self preservation is allowable, and the fact that you never forgot that you are a Jew and now come to me is a dmirable," said the Rabbi.
"Rabbi, during the war, a beautiful Jewish woman knocked on my door and asked me to hide her from the Germans. I hid her in my attic and they never found her."
"That was a wonderful thing you did and you have no need to feel guilty."
"It's worse Rabbi. I was weak and told her she must repay me with sexual favors, which she did, repeatedly."
"You were both in great danger and would have suffered terribly if the Germans ever found her. There is a favorable balance between good and evil, and you will be judged kindly . Give up your feelings of guilt."
"Thank you, Rabbi. That's a great load off my mind. But I have one more question."
"And what is that?"
"When should I tel l her the war is over?"
 イタリアのユダヤ人
 イタリアで年老いたユダヤ人が、罪の意識から逃れるために自らが犯した罪を懺悔するため、ラビ(=ユダヤ教の宗教指導者)のもとにやって来た。
「ラビ、第二次世界大戦中にドイツ軍がイタリアに入ってきた時、私は(ユダヤ教徒でなく)キリスト教徒のふりをするため、名前をレヴィー(ユダヤ人姓)からスパモーニ(イタリア人姓)に変えました。60年経った現在生きていられるのはそのおかげなんです」と男が告白すると、ラビは答えた。
「それは自らの身を守るためだったのだから許されます。あなたは自分がユダヤ人であることを忘れておらず、そしてその事実を今日こうやって私に告白しました。素晴らしいことです」
男の懺悔は続く。「ラビ、その戦争中美しいユダヤ人女性が私の家の扉を叩いて、ドイツ軍に追われているのでかくまって欲しいと頼まれたことがありました。私はその女性を屋根裏部屋に隠したので、彼女はドイツ軍の目から逃れることが出来たのです」
「それは大変立派な行為です。あなたが罪の意識を持つ必要なんてまるでありません」とラビは言った。
「そうじゃないんです。私はもっと罪深く弱い人間なんです。私はその女性に『かくまってやるんだから、そのお礼にあんたの身体を私に提供しなさい』とセックスを強要し、彼女はそれに従わざるをえなかったのです」と男が真実を語ったので、ラビは「もしドイツ軍がその女性を見つけたら、あなた達二人共ひどい運命が待ち受けていたに違いありません。そのことを考えたら彼女の肉体を要求したことは善と悪とのバランスを考えれば、許せる範囲内だと言えましょう。そのことで必要以上に罪の意識に呵(さいな)まれることはありません」と言った。
「ラビ、感謝します。その言葉でどれだけ気が楽になったことか。でも、もう一つだけ質問があります」と男が言うので、「それは何ですか?」とラビが聞いた。
「屋根裏部屋にいる彼女に、もう戦争は終わったんだよと、いつ言えば良いでしょうか?」
この男は「まだ戦争が終わっていないので外に出ると危ない」と、
60年間も女性を屋根裏部屋に閉じこめて、セックスを強要していたのです。
最後のひと言で「とんでもない野郎」だということがバレてしまいました。

25-19 Matzo
 A
Jewish man took his Passover lunch to eat outside in the park.
He sat down on a bench and began eating.
Since Jews do not eat leavened bread during the eight day holiday, he was eating Matzo, flat crunchy unleavened bread that has dozens of perforations.
A little while later a blind man came by and sat down next to him.
Feeling neighborly, the Jewish man passed a sheet of matzo to the blind man.
The blind man handled the matzo for a few minutes, looked puzzled, and finally exclaimed, "Who wrote this Junk?"
 マッツオ
 ユダヤ人の男が過越(すぎこし)の祭り【注1】の昼食を、外の公園で食べることにして、公園のベンチに腰を掛けて食事を始めた。
ユダヤ人はこの8日間の祭りの期間はパン種で発酵させたパンを食べてはいけないので、パン種を使わずに焼いた平らで穴ぼこだらけのパサパサしたパンであるマッツオ【注2】を食べていた。
しばらくすると盲目の男が一人、歩いてきて、ベンチの彼の横に座った。
これもの何かの縁と思ったユダヤ人は、この盲目の男にマッツォを一枚手渡した。
盲目の男はマッツオを手で触って、首をひねりながら暫く考え込んでいたが、最後にこう叫んだ。
「この訳のわからん点字は誰が書いたんだ?」

盲目の男はマッツォの穴ぼこを点字と勘違いしたのです。

【注1】過越(すぎこし)の祭りとは、旧約聖書の中で神はエジプトに対して十の災いを与えました。
その十番目の災いとは、エジプトの「すべての最初に生まれた子供を殺す」というものでした。神は戸口に印のない家の子には、その災いを与えることをモーゼに伝えたので、モーゼに率いられたエジプトに住んでいたユダヤ人は、自分の家の戸に羊の血で印をつけて災いを逃れました。つまり戸口に印のあった家にはその災厄が臨まなかった(過ぎ越された)ことから、ユダヤ人はこの神の救いを「主の過越(すぎこし)」として感謝し、現代でもこの期間一週間はパン種の入っていない粗末なパンを食べます。
【注2】マッツオはユダヤ教の過越の祭りの時に食べる発酵させていない、パサパサのクラッカー状のパンです。旧約聖書の出エジプト記(Exodus 12:39)によれば、エジプトで困難な目に合っていたイスラエルの民はモーゼに引き連れられて、聖地を求めてエジプトから逃れます。この時パンが発酵して焼き上がるまで待てる時間がなかったので、彼等は発酵していない状態でパサパサのパン、即ちマッツォを携えて、脱出をしたと記されています。


25-20 Meet on a train
 T
wo Jewish men met on a train.
The young one asked the other if he had the time.
No answer.
Again he asked and again no answer.
Eventually he tapped him hard on the knee and almost shouted, "Sir, will you tell me what time it is now?"
At last the older man told him the time. "Why did it take you so long to tell me the time?"
"Boy, it's like this. Listen," the man started.
"If I answer the question, we'll start conversation and become friendly. Then I'll ask you to come home with me and you'll see my daughter at my house. She's beautiful and you'll fall in love with her. Finally, you'll get married. Frankly speaking, Boy, I don't want a son-in-law who doesn't have even a watch."
 列車での出会い
 二人の見ず知らずのユダヤ人が列車で向かい合って座っていた。
若いユダヤ人が年配のユダヤ人に今何時か、と聞いた。
年配のユダヤ人は答えなかったので、若いユダヤ人はもう一度時刻を聞いたが、同じように開いては何も答えなかった。
若いユダヤ人は年配のユダヤ人の膝を手で叩いて大声で叫んだ。
「あの、今何時でしょうか?」ようやく年配のユダヤ人は時刻を教えてくれた。
「なぜ、あなたは直ぐに時刻を教えてくれるなかったんですか?」と若者が尋ねると年配の男は答えた。
「それは、お若いの、こういうことじゃ。つまりわしがあんたの質問に答えれば、そこで会話が始まるわな。それでまぁお互い仲良くなって、わしが、『どうだい、わしの家に遊びに来んかね?』とあんたを誘うことになるって。それで我が家に来たお前さんは、わしの美人の娘を見て一目惚れする。そうなるとつまるところ、お前さんとわしの娘は結婚することになるわな。だけどな、お若いの、わしは腕時計も持たない男を娘の婿にはしたくないからのぉ…。 (だからあんたの質問に答えなかったのさ)」

時刻を聞かれたくらいで、そこまで勝手に想像しますかねぇ…。


#25-1〜10 ・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70


*  
*