●Kazさんのページ

#25.Jewish

#25-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜70

25-21 Discreet Six
 J
ewish gentlemen are playing poker in the Condo clubhouse when Meyerowitz loses $500 on a single hand, clutches his chest and drops dead at the table.
Showing respect for their fallen comrade, the other five complete their playing time standing up.
Finkelstein looks around and asks, "Now, who is going to tell his wife?"
They draw straws.
Goldberg, who is always a loser, picks the short one.
They tell him to be discreet, be gentle, don't make a bad situation any worse than it is.
"Gentlemen! Discreet? I'm the most discreet mensch you will ever meet. Discretion is my middle name, leave it to me."
Goldberg goes over to the Meyerowitz apartment, knocks on the door, the wife answers, asks what he wants.
Goldberg declares "Your husband just lost $500, and is afraid to come home."
She hollers, "TELL HIM HE SHOULD DROP DEAD!"
Goldberg says, "I'll tell him."
 分別がある
 6人のユダヤ人紳士が居住マンションのクラブハウスでポーカーを楽しんでいた時、メンバーの一人であるメイェロビッツが、一回の勝負で500ドル負けたものだからショックで胸をかきむしってバタリとカードテーブルの上に倒れ、息を引き取ってしまった。
死んだ仲間に敬意を表して、残りの5人は起立したままゲームを続けて終了させた。
フィンケルステインが仲間を見回しながら、「誰が奴の奥さんに伝えるんだ?」と尋ねた。
5人はその使者の役目をストローのクジで決めることにした。
いつも負けるゴールドバーグが今回も一人だけ短いストローを引いた。
残りの4人は彼に「分別のある、優しい言い方で奥さんに伝えろよ。亡くなった状況が状況だからこれ以上問題を大きくするなよ」と言った。
「紳士諸君、分別だって?君らがこれから会うかも知れない人物の中で、私こそ一番分別 がある高潔な男だと自負しているよ。大体僕のミドルネームは Discretion(分別 )というくらいなんだ。まぁ、僕に任せておきたまえ」と、ゴールドバーグは自信たっぷりだった。
彼はメイェロビッツのアパートを訪れ、ドアをノックした 。
奥さんが出てきて何か用事かと尋ねたので、ゴールドバーグはこう言った。「お宅の旦那が勝負で500ドル失ってしまい、家に帰ってもいいかどうか、ビクビクしているんですが…」
奥方は怒り声でわめいた。「うちのボンクラ野郎に言っておくれ。トッととその場で死んじまえ!って」
ゴールドバーグが短く答えた。
「わかりました。その通りお伝えします。」
これならばメイェロビッツが死んだのは、奥さんのせいということになります。

25-22 Crime
 W
hy is there so little crime in Israel?
They know crime doesn't pay.
 犯罪
 なぜイスラエルでは犯罪が殆どないのでしょうか?
ユダヤ人達は犯罪を犯しても儲からないことを知っているからです。
Crime doesn't pay.は「犯罪を犯しても結局は捕まる。決して得にならない」という意味の警句です。
損得勘定がハッキリしているユダヤ人は、得にならない犯罪はするわけがない、と言っています。

25-23 Divorce his wife and get a dog
 W
hy did a Jewish divorced his wife and get a dog?
Because the license was cheaper and it didn't have a mother. Moreover, it already had a fur coat.
 妻と離婚して犬を飼う
 なぜそのユダヤ人は妻と離婚して、犬を飼ったのでしょうか?
犬の飼育許可証の方が人間の女性との結婚許可証より安いし、犬はその母親を連れて来ないし、それに第一最初から毛皮のコートを身に付けているじゃありませんか。

25-24 Leftover
 A
t the end of the tax year the Tax Office sent an inspector to audit the books of a synagogue.
While he was checking the books he turned to the Rabbi and said, "I notice you buy a lot of candles. What do you do with the candle drippings?"
"Good question," noted the Rabbi. "We save them up and send them back to the candle makers, and every now and then they send us a free box of candles."
"Oh," replied the auditor, somewhat disappointed that his unusual question had a practical answer.
But on he went, in his obnoxious way: "What about all these matzo purchases? What do you do with the crumbs?"
"Ah, yes," replied the Rabbi, realizing that the inspector was trying to trap him with an unanswerable question.
"We collect them and send them back to the manufacturers, and every now and then they send a free box of matzos."
"I see," replied the auditor, thinking hard about how he could fluster the know-it-all Rabbi.
"Well, Rabbi," he went on, "what do you do with all the leftover foreskins from the circumcisions you perform?"
"Here, too, we do not waste," answered the Rabbi.
"What we do is save up all the foreskins and send them to the Tax Office, and about once a year they send us a complete dick like you."
 残り物
 納税の時期となったので、税務署はユダヤ教会の帳簿を調査するために税務官を派遣した。
帳簿を調べながら税務官はラビ(ユダヤ教司祭)に尋ねた。「ロウソクをずいぶん購入されていますね。こぼれた蝋はどうされていますか?」
ラビが答える。「良い質問だ。私達はこぼれた蝋を集めてロウソク製造会社に送り返す。そうするとその会社はそれで作ったローソクを一箱分無料で教会に寄付してくれるのじゃ」
「あー、そうなんですか」、とせっかくの奇抜な質問でボロを出させようとしたのに、うまくラビにかわされてしまったので少々がっかりした税務官が相槌を打つ。
こんなことでは税務官はひるまない。もっと露骨な言い方で追及する。「この穴あきパン(matzo)の購入に関してはどうですか?多すぎませんか?パン屑はどうされてるんですか?」
「あー、そのことかね」、とラビはこの税務官が答えられないような質問で、罠にかけようとしていることを充分承知しながら答えた。
「パン屑は集めてパンの製造メーカーに送り返す。そうするとそのメーカーから時々無料の穴あきパンを一箱送ってくれるんじゃよ」
「そういうことですか」、と答えながら税務官はどうやったらこの知ったかぶりのラビの尻尾を捕まえられるか、必死に考えた。
「それじゃ、いいですか、ラビ、ユダヤ教では男子に割礼をしますがその時切り取った包皮はどうされているんですかね?」と税務官が尋ねると、「こいつも無駄 にはしておらんぞ」、とラビは答える。
「残り物の包皮を集めてまとめて税務署に送るんじゃ。そうすると向こうから年に一回、完全な陰茎(dick)、ちょうど君みたいな奴をだな、送り返してくるんじゃよ」
割礼はユダヤ人男性の陰茎先端の包皮を切り取る宗教的習慣です。
ロウソクやパン屑のようにその切り取った包皮をまとめて一個分の陰茎(dick)にするというのですが、
dickには"馬鹿野郎"という意味も有ります。
つまりラビは皮下税務署はあんたみたいな馬鹿野郎を年に一回こっちに送って来るんだよ」、と
ネチネチ質問をしてくる税務官に嫌みを言っているのです。

25-25 So did my arthritis
 T
he Doctor called Mrs. Cohen saying, "Mrs. Cohen, your check came back."
Mrs. Cohen answered, "So did my arthritis!"
 私の神経痛も戻ってきたわ
 医者がコーエン夫人に文句を言った。「コーエンさん、あなたの支払った小切手が不渡りで戻ってきましたよ」
コーエン夫人が答えた。「私の神経痛も戻ってきたわよ」
コーエン夫人は「医者の治療もいい加減なのだから、お互い様でしょ」と言いたいのです。

25-26 Huge diamond
 T
he new neighbor joined the bridge group for the first time and all the ladies gasped at the huge diamond she wore.
"It's the third most famous diamond in the world," she explained.
"First is the Cullian diamond and the Hope diamond, and then this one, the Schumulowitz diamond."
"It's so beautiful!" said one of the ladies.
"You're so lucky."
"Not so lucky," sighed the newcomer.
"Unfortunately with the famous Schumulowitz diamond, I am afflicted with the famous Schumulowitz curse."
"What's that?" the other lady asked.
"Mr. Schumulowitz," said the newcomer.
 巨大なダイアモンド
 新しく引っ越してきた一家の奥さんが、近所の奥さん達と初めてブリッジ(=トランプのゲーム)の会に参加した。
彼女が身につけているダイアモンドの大きさに、近所の奥さん達は圧倒された。
「あ、これって世界で三番目に大きいダイアモンドなんざますの」と、その奥さんは話を始めた。
「一番大きいダイアモンドは、キュリアンダイアざます。その次が希望ダイアと呼ばれるものざましょ。その次に大きいのがこれざます。シュマルヴィッツのダイヤモンドと言われているものざます」
ブリッジ仲間の奥様の一人が羨んで「あなたは幸せな方ね」と言うと、大きなダイアを身につけた奥様はこう答えた。
「幸せなんて、とんでもないざますの。有名なシュマルヴィッツのダイヤモンドのせいで、私は不幸にもシュマルヴィッツの災いを受けているんざますの」
「え、それってどういうこと?」とその場にいた別の女性が尋ねた。
「うちの旦那がそのシュマルヴィッツざますの…」

25-27 Cranky family
 A
little Jewish girl was puzzled as to her origin.
"How did I get here, Mommy? "
Her mommy said, using a well-worn phrase, "God sent you."
"And did God send you too, Mommy?"
"Yes, dear, he did."
"And Grandma and great grandma and daddy , too?" asked the little girl.
Again the answer was "yes."
The child shook her head in disbelief.
"Then you mean to tell me there has been no sex in this fa mily for 200 years? No wonder everyone is so cranky!"
 ちょっとおかしい一家
 ユダヤ人の少女が、自分の出生について知りたがっていた。
「ママ、私はどうやってこの世に生まれたの?」
彼女の母親は、言い古されて言い方を使って「神様があなたをこの世に使わしたのよ」とこたえた。
「じゃ、ママも神様によってこの世に使わされたの?」と少女が尋ねるので、「そうよ、神様のおかげよ」と母親は答えた。
「お祖母ちゃんも、曾お祖母ちゃんも、それからパパもそうだったの?」と少女は質問を続けた。
「そうよ」と母親が答えると、少女は信じられないといった表情で首を振った。
「という ことは我が家では200年に渡ってセックスをしなかったってこと?ねえ、我が家ってちょっとおかしい一家じゃない?

25-28 One sunny afternoon in New York
 O
ne sunny afternoon in New York, a priest was out shopping and he met, quite by chance, a vicar walking towards him.
Naturally, they stopped to make polite conversation.
As they were parting, the priest said to the vicar, "by the way, Vicar, before you go, my parishioners often say I look the image of Jesus Christ.... do you agree?" to which the Vicar scoffed "You.... look like our Lord? I can assure you, my parishioners have all agreed that I am the image of Jesus Christ."
 Before they came to blows, a rabbi was walking towards them, and naturally stopped to speak to them.
They explained their predicament, asking "which of us, do you think, Rabbi, is the image of Jesus Christ?" to which the Rabbi burst into shrieks of laughter.
"You?..... You?..... Neither of you" and continued to belly laugh.
"As a matter of fact" he replied, "I KNOW I am the image of Jesus Christ.... and I can prove it!"
The priest and the vicar looked a t each other in stunned silence.
"Go on, then, prove it!" The rabbi said, "Follow me."
And away the three men went, walking through the main thoroughfare, down the backstreets and eventually arrived at a pretty seedy area.
Approaching one dingy property with a notice in the window offering "French Lessons on the Fourth Floor" the rabbi said, "Here we are, follow me."
And up the rickety stairs the three men eventually arrived at a door with a little red light overhead.
The rabbi proudly thumped on the door and after a scuffle from inside, the door was opened by a blonde lady in a negligee to which she stared at the rabbi and proclaimed "Jesus Christ.... it's not you again!!!"
 ニューヨークの昼下がり
 ある天気の良い昼下がり、ニューヨークの街にキリスト教の神父が買い物に来て、偶然道を歩いていた英国国教会の牧師と出逢った。
至極当然のように、二人は立ち話をした。
話が終わって別れ際に神父が牧師に、「ところで牧師さん、お別れする前にひと言。実は私の教区の信者達は私のことをイエス・キリストのイメージそのものだ、とよく言うんですが、あなたもそう思います?」
「あなたが、私達の信ずる神みたいだって?ご冗談を!私の教区の信者達は私のことをイエス・キリストそっくりだ、と言っているんですよ」と、牧師は反論した。
 二人が危うく殴り合いの喧嘩になりそうになったところへ、ユダヤ教指導者であるラビがこれまた偶然歩いて来て、当然のことながら二人に話しかけた。
神父と牧師はラビに向かってこれまでの話の経緯を説明し、「ラビ、私達二人のどちらがイエス・キリストに近いと思いますか?」と尋ねた。
ラビはプーっと吹き出して、「あなたと、あなたがキリスト似だって?どちらも全然似ていませんよ!」と、腹を抱えて大笑いした。
「いや、実の話をすると、私が一番イエス・キリスト(Jesus Christ)のイメージに近いんですよ。それを証明してみせましょうか?」とラビは言った。
神父と牧師はお互いの顔を見合わせた後に、黙りこくってしまった。
「信じない って?じゃ本当に証明してみせましょう。
私に付いて来て下さい」とラビは言うと、二人を連れて大通りを歩き渡り、裏通りに連れて行くといかがわしい地域に足を運んだ。
窓に「フランス語教えます(4F)」と書かれた薄汚れたビルの前で立ち止まると、ラビは「さ、着きましたよ。ここです。私と一緒に中に入りましょう」と言った。
ギシギシ音がする階段を上がって、小さな赤い電球がついたドアの部屋の前に立った。
ラビは誇らしげにドアをドンドンと叩くと、中で言い争う声が聞こえてからネグリジェ姿のブロンド女性がドアを開けて、顔を出した。
彼女はラビの顔を見るなりこう言った。「なんてことなの(Jesus Christ)!次はあなたの番じゃないでしょ!」

25-29 Deducting
 T
he Jewish businessman is being audited by the IRS.
The tax man says, "You're deducting $3,000 for the birth of your baby. You can't do that, because she was born in January this year."
"True," says the Jewish guy, "but the work was done last year."
 税額控除
 ユダヤ人のビジネスマンがIRS(税務署)による租税申告調査を受けていた。
税務官が「あなたは3,000ドルをあなたの赤ん坊の養育扶助として控除していますが、これは出来ません。あなたの赤ちゃんが生まれたのは今年の1月で、去年の申告には適用できません。」
「確かに赤ん坊は今年生まれました」、とユダヤ人は言った。「でも赤ん坊を仕込んだのは去年のことですよ。」

25-30 Religious haircut
 A
priest goes into a barbershop, gets a haircut, thanks the barber, and asks how much he owes him.
The barber says, "Father, you're a holy man, a man of the cloth, I couldn't charge you, it's on the house."
The priest says, "Thank you very much" and leaves.
The next day, magically appearing on the doorstep of the barbershop are 12 gold coins.
A few days later, a Buddhist monk goes in for a shave and a shine, and when the time comes to pay the barber says, "No money, please, you're a spiritual leader, a man of the people, it's on the house."
The next day, magically appearing on the doorstep are 12 rubies.
The following week a rabbi comes in, gets a haircut, goes to pay, and the barber says, "No, Rabbi, you are a learned man, a wise man, I can't take any money from you, go in peace."
And the next day, magically appearing on the doorstep of the barbershop are 12 rabbis.
 敬虔な散髪
 床屋で散髪を終えたカトリック神父が代金はいくらかと尋ねると、床屋は「神父様、あなたは聖なる衣服を身につけられた方ですので、お代をいただくわけには行きません。これはお店からのサービスです」と答えた。
「それはどうも有難う」と言って神父は床屋を去った。
翌日驚いたことに、床屋の店先には12枚の金貨が置かれていた。
数日後仏教の僧侶が剃髪して頭を磨いてもらうために床屋を訪れた。支払いの時床屋は、「お金は要りません。あなたは崇高な民衆の指導者です。うちの店は料金を取りません」と言った。
翌日驚いたことに、床屋の店先には12個のルビー宝石が置かれていた。
さてその翌週にユダヤ教のラビが床屋を訪れて散髪をしてもらった。
ラビが代金を支払おうとすると、床屋は「お代は結構です、ラビ。貴方は学識高き賢者だからです。あなたからはお金をいただけません。どうぞ心安らかにお引き取り下さい」と言った。
翌日驚いたことに床屋の店先に12人のラビがやって来た。
この手の宗教指導者比較のジョークは、決まってと言って良いほど
ユダヤ教のラビがヤリ玉に上がります。
神父もお坊さんも感謝の気持ちを表したのに、
ラビは図々しくも仲間のラビも連れて無料散髪してもらおうとしているのです。

#25-1〜1011〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜70


*  
*