●Kazさんのページ

#25.Jewish

#25-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜5051〜6061〜70

25-31 Jewish sex
 A
modern Orthodox Jewish couple, preparing for a religious wedding, meet with their rabbi to counsel.
The rabbi asks if they have any last questions before they leave.
The man asks, "Rabbi, we realize it's tradition for men to dance with men, and women to dance with women at the reception. But, we'd like your permission to dance together, like the rest of the world."
"Absolutely not," says the rabbi. "It's immodest. Men and women always dance separately."
"So after the ceremony I can't even dance with my own wife?"
"No," answered the rabbi. "It's forbidden."
"Well, okay," says the man, "What about sex? Can we finally have sex?"
"Of course!" replies the rabbi. "Sex is a mitzvah a good thing within marriage, to have children!"
"What about different positions?" asks the man.
"No problem," says the rabbi "It's a mitzvah!"
"Woman on top?" the man asks.
"Sure," says the rabbi. "Go for it! It's a mitzvah!"
"Doggy style?"
"Sure! A nother mitzvah!"
"On the kitchen table?"
"Yes, yes! A mitzvah!"
"Can we do it on rubber sheets with a bottle of hot oil, a couple of vibrators, a leather ha rness, a bucket of honey and a porno video?"
"You may indeed. It's all a mitzvah!"
"Can we do it standing up?"
"No." says the rabbi."
"Why not?" asks the man.
"Could lead to dancing!"
 ユダヤのセックス
 ユダヤ正教徒である若いカップルが結婚することになり、ユダヤ教に則った結婚式を挙げるために、ラビ(ユダヤ教指導者)の所へ相談にやって来た。
一通りの相談が終わって帰りかけた二人にラビが「他に聞いておくことはないかね?」と念のため尋ねると、男性が「ラビ、ユダヤ教の結婚披露宴では男は男、女は女と組んでダンスをするというのが伝統だということはわかっているんですけど、世界中どこでも結婚披露宴のダンスは男女が組んで行われていますよね?僕達も、このやり方でやってはいけませんか?」と聞いた。
「それは絶対にいかんぞ」、とラビは即座に拒絶した。「男と女が組んで踊るというのは、はしたないことだ。男と女は別々になって踊る、それがユダヤ教の決まりだ 」
「じゃ、披露宴の後でも僕は自分の妻とは踊れないのですか?」と男が食い下がった。
「駄目じゃ。それはユダヤ教の教えでは禁じられている」とラビは答えた。
「わ、わかりましたよ」と男性は言った後に、「じゃ、セックスについてですけど、結婚すれば僕達はセックスをしても構わないんですよね?」
「もちろんじゃ、セックスは結婚の中でも、子供を造るために必要なことと、ユダヤ教の戒律書(mitzvah)に書かれておる」とラビは答えた。
「正常位以外の体位でも、構わないですか?」と男性が尋ねる。
「問題ない。戒律で禁じられておらん」とラビは即答する。
「女性上位でも?」と男が具体的に聞くと、「そうじゃ。遠慮せずにするがよい。戒律で禁じてはおらん」とラビが答える。
「じゃ、後背位でセックスしても良いんですか?」と男が聞くと、「もちろんじゃ、それもユダヤ教の戒律では構わぬ」とラビは断言する。
「台所のテーブルの上でセックスしても構わないですか?」
「よい、よい、それも戒律で禁じられておらん」
「ゴムシートを敷いて、その上にオイルをたっぷりたらして、バイブレーターを複数個使って、革製の縛り道具で縛って、バケツ一杯の蜂蜜を塗ってべとべとになりながら、ポルノビデオを見ながらセックスしても、構わないですか?」と男が聞くと、「やりたければやるがよい。特に戒律で禁じているわけではない」とラビが答える。
「じゃ、二人で立ったままセックスしてもいいですよね?」と男がいうと、「それは駄目じゃ」とラビは否定した。
「え、どうしてなんですか?」と男が聞くと、ラビは「それは、ダンスになる可能性があるじゃろう」と言うのである。
ポルノ映画みたいな過激なセックスは構わないと言っておきながら、
男女で踊るダン スは絶対行けないというのが、どうも理解できませんね?(笑)

25-32 Quarter back
 W
hat is a popular cheer at a Jewish football game?
Get that quarter-back!
 クオーターバック
 ユダヤ人のフットボール試合で人気のある声援とは?
「クオータバックを掴まえろ!」
Quarterbackはアメリカンフットボールの攻撃選手ですが、
Quarter を「25セント硬貨 」と解釈すると「25セント金を戻せ!」とも聞こえます。

25-33 $150 I owe you
 G
oldberg and Ginsberg are in a bank, when, suddenly, armed robbers burst in.
While several of the robbers take the money from the tellers, others line the customers, including these Jewish gentlemen, up against a wall, and proceed to take their wallets, watches, etc.
While this is going on Goldberg jams somethi ng in Ginsberg's hand.
Without looking down, Ginsberg whispers, "What is this? " to which Goldberg replies, "it's that $150 I owe you."
 150ドル借りていたよね
 ゴールドバーグとギンスバーグが用事で銀行に来ていた時、突如武装した強盗団が銀行をおそった。
強盗のある者は窓口係を脅して金を出させ、ある者は銀行内にいた客を壁際に一列に並ばせて財布や腕時計を片っ端から奪っていた。
その列の中にはもちろん二人のユダヤ人紳士、ゴールドバーグとギンスバーグも入っていた。
強盗が次々と壁際の客から収奪していくのを見ていたゴールドバーグはギンスバーグの手に、さっと何かを掴ませた。中身を確かめずに、ギンスバーグは小声で「これは何のつもりだ?」とゴールドバーグに尋ねた。
「ほら、君に借りていた150ドルだよ。返したからね」と返事が戻ってきた。
ゴールドバーグはどうせ自分のお金も強盗に巻き上げられるのだから、
その前にギン スバーグに借りていた分だけ彼に返しておけば、
後々ギンスバーグから請求されずに済 むと考えたのです。
返された金はどっちみち強盗に巻き上げられるのですから、ギンスバーグは踏んだり蹴ったりです。

25-34 Feb. 29
 W
hy did the Jewish guy marry a girl born on Feb. 29?
So he'd only have to buy her a present every four year.
 2月29日生まれ
 なぜそのユダヤ人の男性は2月29日生まれの女性と結婚したのですか?
彼女への誕生プレゼントは4年に一度で済むからです。
わざわざ誕生日を確かめてから結婚を決意するかなぁ? (爆笑)

25-35 A nice surprise
 A
Jewish gentleman went to a department store and said to the shop assistant,
"I want to buy a really nice fountain pen for my wife's birthday."
"Ah, that'll be a nice surprise," said the assistant.
"It certainly will. She is expecting a mink coat."

 びっくりするような贈り物
 ユダヤ人紳士がデパートにやって来て店員に「自分の妻の誕生プレゼントとして、すてきな万年筆を探しているんだ」、と言った。
店員は「それは、それは。奥様はさぞびっくりなさることでしょうね」、と返事をした。
ユダヤ人紳士が答える。「そうだと思うよ。何しろ彼女は誕生日プレゼントとしてミンクの毛皮を期待しているみたいなんでね」
このけちん坊なユダヤ人紳士の奥方は、誕生プレゼントの万年筆を見たら
びっくりするどころか逆上するんじゃないでしょうか?

25-36 Who buys retail?
 A
n old Jewish beggar was out on the street, begging with his tin cup.
A man passed by and the beggar said to the man, "Sir, could you spare 3 cents for a cup of coffee?"
And the man said, "Where do you get coffee for 3 cents?"
The beggar said, "Who buys retail?"

 小売りでなんか買いませんよ
 路上に錫で出来たカップを置いている年取ったユダヤ人の乞食が、通りかかった男にお金をせがんだ。
「コーヒーが飲みたいので3セントもらえませんか?」
「一体どこで、3セントでコーヒーを手に入れることが出来るんだね?」と男が聞くと、乞食が答えた。
「誰が小売りでコーヒーを買うなんて言いました?」
さすがユダヤ人の乞食です。
小売りでなくまとめて卸値段で買うのでコーヒー一杯は3セントで飲める、と言っています。

25-37 The Mezuzah
 A
Jewish man who has finally made it in business treats himself to a new Lamborghini.
After buying it, he feels guilty so he goes to the Orthodox Rabbi and asks for a mezuzah for the Lamborghini.
"You want a mezuzah for what?" the Rabbi asks.
"It's a Lamborghini,"
"What's a Lamborghini?" asks the Rabbi.
"A sports car."
"What? That's blasphemy!" the Rabbi shouts. "You want a mezuzah for a sports car? Go to the Conservatives!"

 Well, the man is disappointed, but goes to the Conservative Rabbi and asks for a mezuzah.
"You want a mezuzah for what?" the Rabbi asks.
"For my Lamborghini", the man replies.
"What's a Lamborghini?" asks the Rabbi.
"A car, a sports car."
"What kind of sports car?" asks the Rabbi.
"Italian."
"What? That is blasphemy!" the Rabbi shouts.
"You want a mezuzah for an Italian car? Go to the Reform!"

 Again, the man feels guilty and disappointed, but goes to the Reform Rabbi.
"Rabbi," he asks, "I'd like a mezuzah for my Lamborghini."
"You have a Lamborghini?" asks the Rabbi.
"You know what it is?" says the man.
"Of course! It's a fantastic Italian sports car. What's a mezuzah?"

 メズーザー(ユダヤ教の厄除護り)
 事業で成功したユダヤ人の男が、自分へのご褒美にランボルギーニの新車を一台買った。
贅沢な買い物をして少し後ろめたくなったので、男は正統派ユダヤ教会律法師(ラビ)の所へ行って、彼のランボルギーニにメズーザーを着けてくれないかと頼んだ。
「何にメズーザーを着けるって言ったかね?」とラビが聞き返したので、男は「ランボルギーニにです」と答えた。
「ランボルギーニって何かね?」とラビが尋ねるので、「スポーツカーです」と答えると、「スポーツカー?それは神への冒涜だ!そんな願いは保守派ユダヤ教会で頼みなさい!」とラビは怒って男を追い返した

 ガッカリした男はその足で、保守派ユダヤ教会のラビにメズーザーを頼んだ。
「何にメズーザーを着けたいのかね?」とラビが尋ねるので、男は「ランボルギーニです」と答え、「ランボルギーニって何かね?」と尋ねられたので、「車です、スポーツカータイプの」と男は答えた。
「どんなタイプのスポーツカーかね?」とラビが聞いたので、「イタリア製の車です」と男は答えた。
「何だって?それは神への冒涜だ!メズーザーをイタリアの車に着けようなんて、とんでもない!そんな願いは改革派ユダヤ教会で頼めばいいだろう!」とラビは怒鳴った。

 再び男は打ちひしがれたが、改革派ユダヤ教会にやって来て、「ラビ、僕のランボルギーニにメズーザーを着けたいんです」と言った。
「君はランボルギーニを持っているのかね?」とラビが聞いたので、「え、あなたはランボルギーニのことを知っているんですか?」と男が聞き返した。
「もちろんですとも。イタリア製の格好いいスポーツカーでしょ?ところで、そのメズーザーとか言うのは何のことなんですか?」

メズーザーはヘブライ語でトーラー(ユダヤ律法書)のミツヴァー(戒律)によって
ヘブライ語の銘刻文を記した羊皮紙とそれを入れた箱で、厄除護りのようなものです。
正統派と保守派ユダヤ教会のラビは、イタリア製スポーツカー「ランボルギーニ」の事は全く知りませんでしたので
そんな俗っぽいものに神聖な厄除護りを貼るなんてとんでもない、と拒みました。
ところが俗っぽい改革派ユダヤ教会のラビは、「ランボルギーニ」のことは知っているのに
「メズーザー」を知らない、というのがこのジョークのおかしさです。

25-38 Sabbath
 A
Rabbi dies. After some time has passed, his congregation decides that his wife Sarah should marry again.
Since it is a small village, the only available candidate is Moishe the butcher.
Although very reluctant, because she was used to living with a scholar, Sarah accepts and they are soon married.
On her first Friday afternoon as a new wife, just after she had taken a bath, Moishe tells Sarah, "My mother always said that before the start of Sabbath, it is a mitzvah to make love before going to the synagogue."
They do it.
When they come back from shul, Moishe tells Sarah, "According to my father, it is a mitzvah to make love as soon as you come back from shul."
They do it again.
Later that night, when it was time to go to sleep, Moishe tells Sarah, "My grandfather told me that one should always make love late on Sabbath night."
So they do. Finally, they go to sleep.
As soon as they awake the next morning, Moishe tells Sarah, "My aunt says that a religious Jew always starts the Sabbath day by making love. So let's do it."
And once again they do.
Next day, Sunday, Sarah goes out to the market and meets a friend who asks her, " Sarah, so how is the new husband?"
"Well, an intellectual he isn't, but Moishe comes from a wonderful family!"

 安息日
 ラビ(ユダヤ教律法師)が死んで少し経ってから、彼の教会信徒達はラビの妻であるサラに再婚を勧めた。
そこは小さな村だったので、サラの再婚相手に相応しい男性は肉屋のモイシェしかいなかった。
本当は学者のような知識人と再婚して暮らしたかったサラは、不承不承モイシェとの再婚を受け入れた。
再婚後初めての金曜日の午後、サラが入浴して身を清めていると、モイシェはサラに「僕のママは、安息日の前日教会(synagogue)に出かける前に、セックスをするのがユダヤ教の戒律(mitzvah:ミツヴァー)だ、といつも言っていたよ」と言った。
二人は交わった。
二人が小さな教会(shul)から戻ると、モイシェはサラに「僕のパパは教会から戻ってきたら、すぐにセックスをするのがユダヤ教の戒律だと言っていたよ」と言った。
二人は再び交わった。
その晩遅く就寝時間になるとモイシェはサラに「僕のお祖父さんは、安息日の前夜遅くなったらセックスすべきだと言っていたよ」と言った。
二人はまた交わり、ようやく眠りに落ちた。
翌朝目が覚めるなりモイシェはサラに「僕の叔母さんはいつもこう言っていたよ。『信心深いユダヤ人は、安息日になったら、何をおいてもまずセックスをすべきだ』と。さぁ、始めようか」と言った。
ということで、二人は交わることになった。
翌日の日曜日サラは市場に買い物に出かけ、そこで出会った友人に「サラ、新しい旦那さんはどう?」と、聞かれて答えた。
「そうね、教養があるわけじゃないけど、モイシェは素晴らしい家族の出身だということは確かね」

教養はないが精力は有り溢れる再婚相手に、サラは満足しているようです。

25-39 A Question that I can't answer
 R
abbi Bloom gets on a train on his way to Glasgow.
As soon as he sits on the seat, a priest in the compartment talks to the rabbi, "Good morning rabbi. I have a question to ask you. Why is it that everybody thinks Jews are smarter than Gentiles?"
Rabbi Bloom, who is not up for an argument, says, "I'm sorry, but I am just a simple rabbi and I'm not really able to participate in such a discussion."
But the priest insists.
"Look, no harm is meant rabbi, but I have a theory and I need to test it out in the form of a bet. I'll pay you £100 if you can ask me a question that I can't answer. But if I can ask you a question that you can't answer, you must pay me £100."
Rabbi Bloom replies, "But I'm a poor rabbi - I only have £10 on me."
The priest hesitates but he is adamant and says, "OK, rabbi, it's my £100 against your £10."
Rabbi Bloom realizes he can't get out of this so he agrees, but on condition that he asks the first question.
The priest agrees.
"OK," says Rabbi Bloom, "what animal has scaly skin, the body of a cat, the face of a squirrel, the ears of a mouse, webbed toes and swims under water?"
Surprised, the priest admits that he doesn't know and asks the rabbi for a few more minutes to think about it.
The rabbi agrees.
Four minutes later, the priest takes £100 from his wallet and gives it to the rabbi.
The priest then asks the rabbi, "So what animal was it?" Rabbi Bloom replies, "How should I know?" and gives the priest £10.

 私が答えられないような質問
 ラビ(ユダヤ教戒律師)のブルームがグラスゴー行きの列車に乗って、席に座るやいなや同じ客車内に居たキリスト教神父が、話しかけてきた。
「ラビ、お早うございます。私はあなたに一つ質問したいことがあります。なぜユダヤ人は他の民族に比べて賢いと、誰もが考えていることについてです」と言われたラビ・ブルームは、議論をしたくなかったので「申し訳ないが、私はありきたりのラビで、そういった込み入った話が出来る程の能力はありません」と答えた。
しかし神父は「別にあなたに難癖をつけるということではないのです、ラビ。でも私には私なりの理論がありますので、それを『賭け』という形式であなたと戦わせて、論証してみたいのですよ。もしあなたが私に答えられない質問をぶつけてきたら、私は100ポンド支払います。でも逆に私がぶつけた質問にあなたが答えられなかったら、あなたが私に100ポンド払う、そういうルールでいかがですか?」と、しつこく迫ってきた。
ラビ・ブルームは「でも、私は貧しいラビなので、今持ち金は10ポンドしか持っていないのです」
神父は一瞬たじろいだが、依然として論争開始に対しては強硬で、「わかりました、ラビ。私の掛け金は100ポンド、あなたの掛け金は10ポンドで結構です」とまで言った。
ラビ・ブルームはもはやこの論争を避けられないと覚悟して、彼が最初に質問することを条件にこの賭を受けた。
この申し出も神父は了承した。
「OK」とラビが言うと、質問を口にした。「鱗状の皮膚を持ち、猫の身体を持って、顔はリスと同じで、耳は鼠と同じ、水かきの付いた足を持っていて、水面下を泳ぐ動物とは何か?」
この質問に度肝を抜かれた神父は即答出来ず、「ちょっと考えさせてほしい」とラビに時間の猶予を申し出た。
4分間考えた末に答えが見つからなかった神父は財布から100ポンドを取り出し、ラビに渡して答えを急かせた。
「で、その動物というのは、一体何なのかね?」
ラビ・ブルームは、「そんなの私だって知らないよ」と言うと、神父に10ポンドを渡した。

やはりユダヤ人の方が一枚上手ですね。

25-40 Stopped going to synagogue
 A
pious man who had reached the age of 105 suddenly stopped going to synagogue.
Alarmed by the old fellow's absence after so many years of faithful attendance, the Rabbi went to see him.
He found him in excellent health, so the Rabbi asked, "How come after all these years we don't see you at services anymore?"
The old man looked around and lowered his voice.
"I'll tell you, Rabbi," he whispered.
"When I got to be 90, I expected God to take me any day. But then I got to be 95, then 100, then 105. So I figured that God is very busy and must've forgotten about me, and I don't want to remind Him!"

 ユダヤ教会堂へ行かなくなる
 信心深い男が105歳になってユダヤ教礼拝堂へ行かなくなった。
長年忠実な信徒であった老人が急に来なくなったことを心配したラビ(=ユダヤ教指導者)が、この老人に会いに行った。
老人は健康そうだったのでラビが「どうして長年通って来た礼拝堂に、やって来なくなったのか?」と尋ねた。
老人は辺りを見回して小声で「ラビ、その訳をお話しましょう」と囁いた。
「私が90歳になった時、私は神に召されると期待していました。ところがそうではなく95歳になり、100歳になり、そして105歳を迎えました。神は非常に忙しくて私のことを忘れてしまったのだろうと思いました。だから神が私のことを思い出さないように、私は礼拝堂に行かないことにしたのです」

#25-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜5051〜6061〜70


*  
*