●Kazさんのページ

#25.Jewish

#25-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜5051〜6061〜70

25-41 Donation
 R
abbi Schwartz answers his phone.
"Hello, is this Rabbi Schwartz?"
"It is."
"This is the IRS. Can you help us?"
"I can."
"Do you know a Sam Cohen?"
"I do."
"Is he a member of your congregation?"
"He is."
"Did he donate $10,000?"
"He will."
 寄付
 ラビ(=ユダヤ教律法者)のシュワーツに電話がかかってきた。
「もしもし、そちらはラビのシュワーツさんですか?」
「そうです」
「こちらは国税局ですが、力になっていただけますか?」
「どうぞ」
「サム・コーエン氏をご存じですか?」
「ええ、知っていますよ」
「コーエン氏は、あなたの地区の信徒ですか?」
「そうです」
「彼があなたの教会に1万ドル寄付したでしょうか?」
「そういうことになるでしょうなぁ」
国税局はコーエン氏の税務調査で「教会への寄付1万ドル」と仕訳された、使途不明金を追及しているのですが、
ラビが「そうなることになるでしょうなぁ」と言っているのは、
実際には受け取っていないけれど、受け取ったと認めてやって後から作った受領証を国税局に提出するのだから、
当然コーエン氏は受領書金額分のお金を本当に教会へ寄付してくれることになるだろう、とほのめかしているからです。

25-42 Witch doctor
 H
er anthropologist daughter has been off in the darkest jungle in Africa for 14 months and she has just informed her mother of her engagement to the man of her dream.
So the Jewish mother is almost beside herself with excitement that they are arriving home in time for the holidays.
But at the airport, she is struck speechless when she sees her daughter comes through the gate accompanied by a tall man with a bone through his nose clad only in a grass skirt and beadnecklace.
Then she sobs, "Oh, Rachel, I wanted for you a rich doctor, not a witch doctor!"
 祈祷師
 人類学者になった娘がアフリカの暗黒のジャングルで14ヶ月過ごし、理想の男性を見つけて婚約したと母親に便りを寄越した。
この知らせを聞き、娘達が休暇でまもなく戻って来るということを知ったユダヤ人の母親は、嬉しさに我を忘れてしまった。
しかし二人の姿を飛行場で出迎えた時、この母親はショックで口が聞けなくなってしまった。
到着口から出てきた娘に付き添っている背が高い男性は、腰みのひとつを身につけただけで、鼻には動物の骨を突き刺し、ビーズのネックレスをしていた。
母親は涙にむせびながら娘に言った。「あぁ、レイチェル、あなたにはこんな祈祷師(witch doctor)じゃなくて、お金持ちの医者(rich doctor)と結婚してほしかったのに…」

25-43 Ethics
 G
oldberg was a co-owner of the local dry cleaners.
One day, during dinner, his9-year-old son Sam asked, "Dad, what's ethics?"
Goldberg thought for a while and replied, "Okay, let's suppose someone comes into my shop and gives me his business suit to dry clean. Then suppose I find a $20 note in his trouser pocket."
Sam looked expectantly at his father.
"So," the father said, "Sam, do I tell my partner that I found the money? That's ethics."
 倫理観
 ゴールドバーグは、友人と共同で町のクリーニング店を経営していた。
ある日夕食を食べている時、彼の9歳になる息子が「パパ、倫理観ってどういうこと?」と質問した。
ゴールドバーグは少し考えてから答えた。「そうだね、お客がパパの店に背広をクリーニングに持って来たと考えてごらん。パパがクリーニングしようとしたら、その背広のポケットに20ドル札が入っていたとしよう」
サムはどんな答が戻って来るのかと、期待した目付きで父親を見つめた。
「そこでだね」、と父親は結論へ向かった。「サム、私はこのお金を見つけたことを共同経営者にも言うべきか、それとも黙っているべきか、それを決めるのが倫理観というものさ」
ゴールドバーグの「倫理観」には、最初からお客にお金を返すという気持ちはなく、
共同経営者とそのお金を分けるか、それとも黙って自分のポケットに入れてしまうか、
それを考えるが「倫理観」だと、息子に説明しているのです。

25-44 Tiny diamond
 B
ernie buys his girlfriend Suzie a ring for her birthday and asks the salesman to put it in a nice box.
Later that day, Bernie goes over to Suzie's house, wishes her a happy birthday, kisses her, and gives her the box.
"So go on Suzie," he says excitedly, "open the box, open the box. "
Suzie opens the box and is dismayed to see inside a very tiny diamond mounted on a very thin gold ring.
"Oh, No! What a stingy present," she says to herself.
Bernie can see that she's not very excited with her present, so he says to her, "I know it looks very small, Suzie, but I promise you the diamond is a very pure one. It hasn't got any flaws in it at all."
"I can believe that," says Suzie.
"There's no room inside such a diamond for any flaws!"
 ちっぽけなダイアモンド
 バーニーはガールフレンドのスージーの誕生祝いに指輪を買って、店の販売員に素敵なプレゼント箱にその指輪を入れるように頼んだ。
その日の午後、バーニーはスージーの家を訪れ「お誕生日おめでとう」と言って、彼女にキスしてプレゼントを渡した。
「さぁ、スージー、この箱を開けてごらんよ。開けてってば」と、バーニーは興奮気味に促した。
スージーが箱を開けると、その中にはとても小さいダイアモンドが薄い金箔の上に置かれた指輪が入っていたので、がっかりした彼女は「何よ、これはないでしょ。こんなしみったれたプレゼントなんて!」と、本当の気持ちを口には出さずに胸に仕舞いこんだ。
バーニーはスージーがプレゼントを余り喜んでいないことに気付き、「この指輪が小さいのはわかっているけど、上に乗っているダイアモンドは本物だよ。傷だってひとつもないんだから」と彼女に言った。
「それはよくわかるわ」、とスージーが答えた。
「こんなちっぽけなダイアモンドだったら、傷が入る隙間なんてないものね」

25-45 Usual check
 A
priest and a rabbi were sitting next to each other on an airplane when the captain announced a little engine trouble and a little rough weather....And finally suggested that anyone on board who is religiously inclined say their last prayers.
The priest fell to his knees in the aisle and as he crossed himself he noticed the rabbi doing the same thing(!)
So when the plane leveled off and things began to look more hopeful, he turned to the rabbi and said smugly, "So when you truly faced feared death, you turned to Almighty Jesus for solace."
"Not at all." The rabbi smiled, repeating his gestures.
"The usual check; spectacles, testicles, money and cigars!"
 いつもの確認動作
 キリスト教の神父とユダヤ教のラビが、飛行機でたまたま隣り合わせの席に座った。
機長から小さなエンジントラブルがあり、この先の気象条件は悪いというアナウンスがあった。
飛行情況は次第に悪化し遂に機長が、「神様にお仕えしてる方がこの機内にいらっしゃいましたら、どうぞ神のお助けをいただけるよう祈って下さるようお願いします」と促した。
神父は通路にひざまずき、身体の前でキリスト教の祈りの動作である十字を切った。
すると隣にいるラビも、神父と同じ動作をしていることに気付いた。
ようやく飛行機が水平飛行状態を取り戻し情況が少し好転した時に、神父はラビに向かって揶揄するような口調で言った。
「君は本気で死に直面すると、(ユダヤ教の教えでなく)キリスト教の全能のイエスにすがりつくんだね。」
「全く違うよ」、とラビは微笑んで先ほどの動作をもう一度やってみせた。
「いつもの確認動作さ。眼鏡OK(上)、オチンチンOK(下)、お財布OK(右)、煙草OK(左)と」

25-46 A local shul
 R
abbi Gold is leaving a small town Hendon shul to become rabbi of a shul in Manchester.
So today's service is the last he's leading at Hendon. br> Immediately the service ends, he goes over to the exit and starts to shake hands with the congregation as they leave the shul.
Freda, an elderly lady, is one of the last to leave and as she shakes Rabbi Gold's hand, she says to him, "We'll miss you Rabbi Gold. Your successor just won't be as good as you."
Feeling rather flattered, Rabbi Gold replies, "Oh don't be silly. I'm sure he will be just as good as me."
"No, no, Rabbi Gold. What I really mean is that," says Freda. "since I've been a member of Hendon shul, I've been under the leadership of four different rabbis and I can honestly tell you that each new rabbi, including your self, has always been much worse than the previous one."
 田舎の教会
 ユダヤ教指導者(ラビ)のゴールドは、ヘンドンという小さな町の教会を離任して、マンチェスターの教会に勤めることになった。
そこで今日はヘンドンの教会で彼の最後の説教となった。
彼は説教を終えるとすぐに教会の出口に立って、信徒達一人一人と別れの握手を交わし始めた。
教会から出て行く信徒の最後の集団にいたフレダという年配の女性が、彼と握手をする時、「ラビ・ゴールド、あなたが行かれてしまうのは寂しいわ。あなたの後任の方は、あなたほど優れていないでしょうからね」と言った。
誉めてもらったと思ったラビ・ゴールドは、「そんなことはありませんよ。私の後任者は私と同じような力量を持っていますよ」と謙遜して答えた。
するとフレダは「ラビ・ゴールド、私の言いたかったことを勘違いされては困るわ。私はこのヘンドン教会で長いこと信徒として礼拝しているので、あなたを始めここで司祭を勤めたラビを色々知っているけれど、決まっていつも前任者よりレベルが低くなるよのねぇ…」

25-47 Learn how to live under water
 A
s a result of global warming, a new flood is being predicted by all the world's top scientists.
They predict that it will happen without fail and it will be horrendous, wiping out maybe 70% of the world's population.
Not only that, the flood could be here in 3 to 4 days' time.
Many religious leaders start to appear on television giving advice.

 One such program has the Pope, the Dalai Lama and the Chief Rabbi appearing together.
The Pope says, "It's still not too late to accept Jesus as your Savior."
The Dalai Lama says something similar, "I appeal to all of humanity to follow Buddhist teachings. If you do, you can find nirvana in the wake of the disaster."
But the Chief Rabbi has a totally different kind of message.
He looks straight at the camera and says, "My people, we have just two or three days to learn how to live under water!"

 水面下で生き延びるには
 地球温暖化の結果、大洪水が起こるであろうことが世界一流の科学者達によって予測されている。
科学者達によれば大洪水は100%間違いなく起こり、その被害は世界の人口70%が溺死してしまうという悲惨な状況だという。
もっと困ったことにその大洪水はあと3,4日のうちに地球を襲うだろうとみられていることだ。
大勢の宗教指導者がテレビに出演して、この避けられそうもない悲劇に対処すべく、視聴者に助言を与えた。

 ローマ法皇、ダライラマ、ユダヤ教最高指導者が一同にそろった番組で、ローマ法皇は「キリストを私達の救世主として受入れれば、手遅れにならない」と語り、ダライラマも同様な内容で「仏陀の教えに従えば、悲劇の後に涅槃の世界に到達出来るということを、すべての人々に伝えたい」と語った。
しかしユダヤ教最高指導者は、この二人とは全く違うメッセージを送った。
彼はカメラを見据えてこう叫んだ。「我が民よ、水面下で生き延びる方法を学ぶにはあと2,3日しか残されていない!急いで学ぼう!」


25-48 Meaning of the dream
 A
t 8 a.m. in the morning, Miriam finally awakens from a deep sleep.
She immediately turns to her husband Jonathan, nudges him, and says, "Darling, what a lovely dream I've just had!"
"So tell me what dream did you have this morning?" asks Jonathan.
"I dreamed that you gave me a beautiful 1 carat diamond ring for our wedding anniversary. What do you think such a dream means? After all, it's our anniversary tomorrow," replies Miriam.
"Be patient," says Jonathan. "Wait until tonight when I get back from work and then you'll know what it means."

 All day long, Miriam can't think of anything other than the diamond ring.
Finally, Jonathan returns home.
As soon as he takes off his coat, he hands Miriam a gold paper wrapped small package.
Excited, Miriam immediately opens it and inside finds a book titled, 'The Meanings of All Your Dreams.'

 夢判断
 午前8時、ミリアムは深い眠りから目覚めた。
彼女は隣に寝ている夫のジョナサンを突いて起こし、「ダーリン、素晴らしい夢を見たのよ」と言った。
「今朝、どんな夢を見たのか話しておくれよ」とジョナサンに聞かれたミリアムは、「あなたが私に見事な1カラットのダイアモンドの指輪を、結婚記念日にくれたのよ。明日が私達の結婚記念日なんだけど、今日見たこの夢の意味はどういうことだと思う?」と答えた。
「慌てないで、今晩僕が仕事から戻って来れば、その夢がどういうことだか君もわかるからね」と、ジョナサンは言った。

 その日一日中ミリアムはダイヤの指輪以外は何も考えられなかった。
ようやくジョナサンが家に戻って来ると、夫は金色の紙で包まれた小さな箱をミリアムに手渡したので、ミリアムは興奮して、すぐにその包み紙を開いて箱の中味を確かめた。
そこには「夢判断のすべて」と書かれた一冊の本が入っていただけだった。


25-49 The Smiling Jew
 A
well-known Anti-Semite walks into a bar and is about to order a drink when he sees a guy wearing a traditional Jewish cap and a prayer shawl.
"Drinks for everyone in here, bartender, but not for that Jew over there!" he shouts over to the bartender loudly so that everyone can hear.

 Soon after the drinks have been handed out, he notices that the Jewish guy is smiling and waving to him and says "Thank You" in an equally loud voice so that everyone can hear.
This infuriates the Anti-Semite and in a loud voice, he once again orders drinks for everyone except the Jew.

 But this does not seem to worry the Jewish guy who continues to smile at him, and says, "Thank you, again."
So the guy asks the bartender, "What's the hell is the matter with that Jew? I've ordered two rounds of drinks for everyone in the bar except for him, but all that silly bugger does is to smile and thank me in such a loud voice. Is he crazy?"

 "Nope," replies the bartender, "He owns this place."

 微笑むユダヤ人
 ユダヤ人嫌いで有名な男が、バーに歩いて入って来た。
飲物を注文しようとしたら、彼のそばに伝統的なユダヤ帽と、ユダヤ教の祈りにつかうショールを着けた男が居ることに気付いた。
ユダヤ人嫌いな男は「バーテンダー、ここにいる全員に俺のおごりで飲ませてやってくれ。だがあそこに居るユダヤ人だけは別だぞ」、と誰でも聞こえるような大声でバーテンダーに叫んだ。

 酒がユダヤ人の除いた客全員に配られると、そのユダヤ人はこの男に向かって笑顔で「どうも有難う!」と、これまた誰でも聞こえるような大声で男に叫んだ。 このひと言で頭に血が上ったユダヤ人嫌いな男は、もう一度ユダヤ人以外の客全員にもう一杯酒をおごるようにと、再び大声でバーテンダーに命じた。

 しかしそれでもユダヤ人は気にせず、微笑みをこの男に向けつつ「重ねてどうも有難う!」と大声で叫んだ。
男はバーテンダーに、「一体全体、あのユダヤ人は何を考えているんだ?俺は店の客全員に無料で二杯酒をおごったけど、あいつにはやらなかったんだぜ?それなのにあの馬鹿野郎はニコニコ笑いながら、俺に『どうも有難う』って言うんだ。あいつは気違いか?」と行った。

 「違いますよ」とバーテンダーが答えた。「あの人はこの店のオーナーなんですよ」


25-50 Cheque
 J
onathan had worked hard all his life and had saved most of his earnings.
He was a real miser when it came to his money, which he loved more than just about anything.
Just before he died, Jonathan said to his wife, "Now listen, Mary, when I die, I want you to take all my money and place it in the coffin with me. Please do this, because I want to take my money with me to the afterlife. Pr
omise me."
She promised she would.
Finally the day came when Jonathan died.
At his funeral, Mary was with her best friend Rebecca.
After they buried him, Rebecca said to Mary, "I hope you weren't stupid to put all that money in there with Jonathan."
Mary replied, "Well, I promised him - I'm a good Jew and I can't lie. I promised him that I would put that money in with him."
"You have put every penny of his money in the coffin with him?" said Rebecca.
"I sure did," said Mary, "I got it all together, put it into my bank account and wrote him out a cheque."
 小切手
 ジョナサンは働きずくめの一生を過ごし、こと金に関しては世の中で一番大切なものとみなし、本人が非常にケチだったので、稼いだ金の殆どを蓄えて使わなかった。
死の直前にジョナサンは妻に向かって、「メアリ、よく聞いてくれ。私が死んだら残っている金をすべて私の棺に入れて葬ってほしい。私がこの世で貯めた金はすべてあの世に持って行きたいから、どうか私の言うことを聞いてほしい」と言った。
妻は夫の言った通りにすると約束した。
ジョナサンが息を引き取り、葬式でメアリは彼女の親友であるレベッカに介添えをしてもらった。
埋葬後にレベッカがメアリに「まさか、あなた彼の残したお金も一緒に埋めてしまうような馬鹿じゃないでしょ?」と聞くと、「いいえ、私、残ったお金は一緒に埋めると夫と約束したのよ。私は良きユダヤ人だから嘘をつくことは出来ないの」とメアリは答えた。
「え?1ペニー残らずジョナサンの棺に入れてしまったというの?」とレベッカは驚いて尋ねた。
「えぇ、1ペニー残らずね。残ったお金全てを集めてそれを私の銀行口座に入れ、その金額の小切手を作成してもらって、その小切手を彼の棺の中に入れたのよ」
さすが「嘘をつかない良きユダヤ人、それでいて決して損をしない賢きユダヤ人」です。

#25-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50 51〜6061〜70


*  
*