●Kazさんのページ

#25.Jewish

#25-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜6061〜70

25-51 Successor
 R
abbi Morris has just resigned and Issy, the synagogue president, goes to visit him.
"Rabbi," Issy says, "I've just heard the news. I'm really sorry that you've decided to leave us."
"Don't worry," says Rabbi Morris, "you'll have nothing to worry about. I'm going to recommend a successor whom I believe will be better than me."
"But that's exactly what's worrying me," says Issy, "your predecessor told me exactly the same thing."
 後任者
 ラビ(ユダヤ教戒律師)のモーリスが職を辞すことになったので、シナゴーグ(ユダヤ教会)理事長であるイッシーは、彼を訪れた。
「ラビ、あなたがお辞めになるという話を聞いたばかりですが、あなたがいなくなることを信徒達は大変心配しています」とイッシーが述べると、「そのことを心配することはありません。私は自分よりもっと優秀と思われる後任者を推薦していくつもりですから」と、モーリスが答えた。
「まさに、そのことを心配しているのですよ」とイッシーが言った。
「あなたの前任者も、あなたと全く同じ事を言って辞めていったのですからね」

25-52 A cool girl
 S
adie is so cool and cynical that she always criticizes her boyfriends' behavior.
A guitarist boasts about his guitar, "This guitar cost more than $10,000 and I had to sell my car to buy it."
"So what? Is that guitar more useful than a car?"

 An epicurean boyfriend passionately talks about his favorite French restaurant.
"A full-course dinner at the restaurant costs as much as my whole monthly wage, but it is worth eating."
Sadie replies, "I see. That's the reason why you always eat hamburgers."

 Another boyfriend is crazy about remodeling his car.
"My hot rod is quite a light vehicle. I had to pay $5,000 to save on the weight of the car."
"That's great. But isn't it far easier to save on the driver's weight rather than to save on the weight of chassis?"

 When one religious guy preaches down to Sadie, "God is always with you," she quickly talks back
to him, "Is this the reason why God isn't with you?"

 冷めた女
 サディはいつも冷めて皮肉たっぷりな女だったので、ボーイフレンド達をいつもやり込めていた。
ギタリストが「このギターを買うために、車を売ったんだ」とギターを自慢すると、彼女は「ギターって、車以上に役立つの?」と言った。

 グルメのボーイフレンドが「あのレストランのフルコース料理は、給料ひと月払っても食べる価値があるよ」と情熱たっぷりに語ると、「だから、他の日はハンバーガーだけで済ませているのね」と言った。

 もう一人のボーイフレンドは自動車改造狂だった。
「この車体を軽量化するために、5,000ドルかかったんだ」と言うと、「それは凄い。でもドライバーの体重を落とす方が、車体(シャーシ)を軽くするより簡単じゃないの?」と皮肉る。

 信心深いボーイフレンドが「神はあなたと共にいます」というと、「あー、そうなんだ。だからあなたのところには神は来ないわけだ」と答えた。


25-53 Sir Benjy takes a holiday
 B
enjy had done very well in business and become a multi-millionaire.
He was knighted by the Queen.
One day he decided the spur-of-the-moment to take his wife Sadie to Israel.
He asked his secretary Carol to make the arrangements.
Carol rang the Tel Aviv Dan hotel and asked to speak to the manager.
"I am happy to inform you that Sir Benjy and his wife have chosen to stay at the Dan next week. But as they are very wealthy and require total privacy, they would need to book the entire hotel for their stay. Money is not a problem. Can you set this up?"
The manager didn't hesitate.
"Yes, I can move all guests to a sister hotel."
Carol then asked, "Is there a private beach?"
"Yes, of course."
"What color is the sand?" asked Carol.
"Silver," came the reply.
"Well, that will be a problem as Sir Benjy always insists on golden sand."
"OK. I can get round it," said the manager.
"There's a quarry nearby and I will arrange for golden sand to be laid on the beach."
"And finally," said Carol, "Sir Benjy prefers a blue sky without a cloud in it. Is the weather going to be perfect next week?"
No problem," said the manager, "I will get the Israeli Air Force to disperse clouds above the hotel."

 The following week, Benjy and Sadie were sunbathing on the wide expanse of the private beach of the Dan hotel.
Benjy looked all around him and said, "Sadie, just look how beautiful everything is. We have privacy, there is not a sound coming from the hotel, the sand is beautifully clean and golden and the sky is so blue without a cloud in sight. Sadie, with all ofthis, who needs money?"

 ベンジー卿の休暇
 ベンジーは事業で大成功し億万長者となり、女王陛下からサー(卿)の称号を賜った。
ある日彼は突然思い立って、妻のサディをイスラエルに連れて行こうと決めた。
彼は秘書のキャロルに、二人の旅行手配をするように依頼した。
キャロルは、テルアビブにあるダンホテルの支配人に電話をかけて、「来週ベンジー卿とその奥様が、ダンホテルで休暇を過ごしたいと仰っています。お二人は大金持ちですし、完全なプライバシーを保ちたいので、金額がいくらかかっても構わないから、ホテルをまるまる二人で貸し切りたいと申しております。可能でしょうか?」と尋ねた。
ホテルマネージャーは躊躇することなく、「はい、可能です。他の宿泊客は当社の姉妹ホテルへ移します」と、その申し出を受け入れた。
キャロルが「プライベートビーチはありますよね?」と聞くと、「もちろんですとも」とマネージャーは答えた。
「砂浜の色は?」と聞かれて「銀色の砂です」と答えると、キャロルは「あぁ、それはちょっと問題ですね。ベンジー卿はいつも金色の砂浜のビーチしか選びません」と言った。
マネージャーは「わかりました、何とかしましょう」と言って、「このホテルの近くに石切場があります。そこから金色の砂を運ばせてプライベートビーチに敷くことにします」と提案した。
「それから最後のリクエストですが」、とキャロルは続けた。
「ベンジー卿は一点の雲もない青空がお好みです。来週そちらの天気は快晴でしょうか?」
「問題ありません。当ホテル上空の雲を吹き散らすように、イスラエル空軍に私からお願いします」と、マネージャーは答えた。

 その翌週、ベンジーとサディは、ダンホテルの広いプライベートビーチで日光浴をしていた。
ベンジーはあたりを見回し、「サディ、すべて完璧な美しさだ。二人きりで誰もいないし、ホテルから何の音も聞こえてこないし、黄金の砂浜は清潔で美しく、空は見渡す限り雲ひとつない青空だ。サディ、これさえあれば、お金なんて要らないな」

「これさえあれば、お金なんて要らないな」と、いう環境を作り出すために、
とてつもない金額を払っているのにねぇ・・・・。

25-54 Rent
 A
despondent man visited the rabbi's house.
"Rabbi," he said in a broken voice, "I wish to draw your attention to the terrible plight of a poor family in this district. The father is dead, the mother is too ill to work, and the nine children are starving. They are about to be turned into the cold, empty streets unless someone pays their rent, which amounts to $400."
"How terrible!" exclaimed the rabbi.
"May I ask who you are?"
The visitor applied his handkerchief to his eyes.
"I'm the landlord," he sobbed.

 家賃
 ガックリ落ち込んだ様子の男がラビ(ユダヤ教指導者)の家を訪れ、かすれた声で訴えた。
「ラビ、この界隈で貧困に打ちひしがれている一家の、気の毒な話を聞いて下さい。父親は死んで、母親は病気で働けません。9人の子供は食べるものもなく餓死しそうです。しかも400ドルの家賃が払えないため、彼等は寒くて何もない路上に放り出されようとしているのです」
「それは、ひどい!」とラビは声を上げた。
「それで、あなたは、どなたなんですか?」と聞くと、訪問者はハンカチを目に当てながら応えた。
「私はその家の大家なんですけど」

家賃が払えない可哀想な一家の代わりに、ラビに家賃を払ってくれと言っている強欲な大家です。
まさしく「ワニの空涙」ですね。。。

25-55 Texas brag
 A
Jewish Texan buys a round of drinks for all in the bar because his wife had just produced "a typical Texas baby boy weighing twenty pounds."
Congratulations shower him from all around, and many exclamations of "Wow!" are heard.

 Two weeks later, he returns to the bar.
The bartender says, "Say, you're the father of the typical Texas baby that weighed twenty pounds at birth. How much does he weigh now?"
The proud father answers, "Ten pounds."
The bartender is puzzled and concerned.
"Why? What happened? He already weighed twenty pounds at birth."
The Texas father takes a slow swig from his mug his lips on his shirtsleeve, leans into the bartender, and proudly says, "I had him circumcised."

 テキサス大法螺吹き
 ユダヤ系のテキサス人が、自分の細君が「20ポンド(9kg)もある典型的なテキサス男性」を出産したばかりなので、と喜んでバーのお客全員に酒を奢っていた。
奢ってもらった客は次々に彼のそばにやって来て「おめでとう」と祝福した。
「うわぁ、凄い大きな子だね!」と驚きの声もあちこちで聞かれた。

 二週間後にこの男が再びバーにやって来た。
バーテンが「あぁ、生まれた時に20ポンドもあった典型的なテキサス新生児のお父さんですね。お坊ちゃんは今どれくらいの体重になりましたか?」と聞いた。
このユダヤ人が自慢そうに「10ポンドだよ」と答えたので、バーテンは首をひねって質問した。
「えー、何が起こったのですか?確かお子さんは生まれた時、既に20ポンド有ったんですよね?」
テキサス人の父親はゆっくりと、ジョッキのビールを飲み干すと唇のまわりをシャツの袖で拭いながら、バーテンの耳に口を近づけ、得意そうにささやいた。
「割礼を施してやったのさ」

割礼とはユダヤ人の男の子の性器のまわりの皮を取る宗教的行事ですが、この男はテキサス大法螺吹きらしく、
自分の子供は10ポンドも皮をむき取ったため、体重は20-10=10ポンドになったのだ、と自慢しているのです。

25-56 62 more votes
 A
n old Jewish couple is sitting around one evening and the man says to his wife, "We are about to celebrate our 50th wedding anniversary. We've had a wonderful life together, full of contentment and blessings. But there's something I've always wondered about: tell me, have you ever been unfaithful to me?"
She hesitates a while and then says, "Yes, 3 times."
"Three times? How did it happen?" the man asks.
The wife begins slowly, "Well, do you remember right after we were married and we were broke and the bank was going to foreclose on our little house?"
"Yes, that was really a terrible time," replies the man.
The wife continues, "And remember when I went to see the bank manager one night and the next day the bank extended our loan?"
"It is hard to take," the man says, "but I guess it really was for us and I can forgive you. What was the second time?"
"Well," she continues, "Do you remember years later when you almost died from the heart problem because we couldn't afford the operation?"
"Yes, I do." the man replies.
"Then you remember that right after I went to see the doctor he did your operation at no cost?" the wife continues.
"Yes," says the husband.
"That shocks me too, but I understand you did it because of your love for me and I forgive you. But what was the third time?"
The wife lowers her head and says, "Remember when you ran for the President of the Temple Univ. and needed 62 more votes?"

 もう62票必要だったから
 ある晩居間でくつろいでいた年老いたユダヤ人夫婦の夫が、妻に言った。
「もうすぐ結婚五十周年を迎えるけれど、本当に充実した満足すべき、祝福された結婚生活を二人で過ごせたと思っているよ。けれど一つだけずっと心に引っ掛かっていたことがあるんだ。正直に言っておくれ。お前は私を裏切って他の男と寝たことがなかったかね?」
妻はしばし気まずそうにモジモジしていたが、やがて答えた。「えぇ、三度ほどあったわ。」
「三度だって?どうしてそういうことになったんだ?」と夫が詰め寄る。
妻はゆっくりと語り始める。「結婚直後に破産して銀行から私達の小さな家を差し押さえられそうになったことを、覚えていらっしゃる?」
「あぁ、あの時はひどい目に遭ったね」と夫が答えると、妻は「その時、私がある晩その銀行支店長に会いに行って、その翌日銀行は融資返済期限を延期してくれたことも覚えていらっしゃる?」と、妻は続ける。
「そ、そういうことだったのか。銀行支店長との不倫事実を受け入れるのは辛いが、我々二人のために君がやむを得ずやったことだ、許そう」と夫が言う。
「だが二度目の不倫はなぜなんだ?」
「それはね、こういうことなの。それから数年後にあなたが心臓発作で倒れ、お金がなくて手術が受けられず死にそうになったことを覚えている?」と妻が話を続ける。
「あぁ、そうだったね」と夫が応える。「そして、私がお医者さんに会いに行った直後、彼から無料で手術を施してもらったことも覚えているでしょう?」
「そうだった。そういうことだったのか。いやはやショックだけれど、君が僕を愛してくれていたから故のことだったんだね。許そう」と夫は言った。
「でも三度目の不倫の理由は?」と夫が尋ねると、妻は頭を深くうなだれてこう答えた。
「あなたがテンプル大学の学長選挙に立候補した時のこと、覚えていらっしゃる?あの時はあと62票必要だったわよね・・・・」

すべて夫のためとは言いつつ、三度目の不倫時には、
妻は62人の投票権を持つ男性と関係したのですね。。

25-57 Convert to Christianity
 T
wo Jewish guys are walking when one notices a sign on a Catholic church that says "Convert to Christianity and we'll give you $100."
The one says to the other, "Should we do it?"
The other says "NO!! Are you crazy?"
The first guy replies "Hey, a hundred dollars is a hundred dollars... I'm gonna do it."
So he walks in to the church and little while later, he walks back out.
The friend says "Well, did you get the money?"
He replies "Oh that's all you people think about, isn't it?"

 キリスト教に改宗する
 二人のユダヤ人が歩いていた時、キリスト教教会に「キリスト教に改宗せよ。さすれば100ドルを与えよう」という看板が掲げてあるのに気付いた。
一人のユダヤ人がもう一人のユダヤ人に「これ、やってみようか?」と言うと、話しかけられた男は「冗談じゃない。お前、気は確かか?」と答えた。
最初の男は「100ドルもらえるんだぜ。100ドルは100ドルじゃないか。俺、やってみるよ」と教会に入っていった。
しばらくして彼が中から出てきたので、外で待っていたもう一人のユダヤ人は「おい、金は手に入れたか?」と聞いた。
中に入ったユダヤ人が「まったく、お前達は金のことしか考えないんだな」と答えた。

ユダヤ教からキリスト教に改宗したユダヤ人は、
もはや「金に執着する」ユダヤ人ではなくなっていた、というのがオチです。

25-58 Jewish mother
Q1: Why do Jewish mothers make great parole officers?
A1: They never let anyone finish a sentence.
Q2: What did a Jewish mother reply when a bum walked up to her on thestreet and said, "Lady I haven't eaten in three days."?
A2: She replied, "Force yourself."
Q3:What did an old Jewish woman reply when the doctor called her to tell her that her check came back?
A3:She replied, "So did my arthritis."

 ユダヤ人の母親
1.ユダヤ人の母親は仮釈放観察官として優秀なのでしょうか?
(答)彼女達はどんな人に対しても仮釈放中に罪を重ねて、刑期を勤めるようなことを決してさせないから。
2.ユダヤ人の母親が路上で彼女に近づき、「奥さん、私は3日間物を食べていないんです」と物乞いした乞食に、何と言ったでしょうか?
(答)「じゃ、そのまま我慢を続けなさい」
3.年取ったユダヤ人女性がかかりつけの医者から彼女の小切手が不渡りになって戻って来たと電話で文句を言われた時、なんと答えたでしょうか?
(答)私のリューマチの痛みも戻って来たからね。これでおあいこさ。

(1) Finish a sentence =1.懲役期間服役する 2.話を最後までさせる、というダブルミーニングで、
人に話を最後までさせずに割り込んで自分の主張をするユダヤ人の母親だから、
刑期を勤め上げる(finish a sentence)させるなんてことは決してさせない。
つまり仮釈放中に罪を重ねさせない優秀な仮釈放監察官になれるに違いない、ということです。

25-59 No golf courses
Q: Why are there no golf courses in Israel?
A: Because Israel is a small country and a long drive could easily become a major international incident with neighboring Arab nations.

 ゴルフコースはない
Q:なぜイスラエルには、ゴルフコースがないのでしょうか?
A:イスラエルは小さな国なので、ゴルフでロングドライブを打つとボールが近隣アラブ諸国に届いてしまい、国際紛争のタネとなるからです。


25-60 False teeth
 T
he air-raid siren went off in Tel Aviv
The citizens were in for Iraqi missile attacks.
A woman rushed down toward the basement and suddenly noticed her husband had not followed her.
"Come on, darling, Hurry up!" she yelled.
"I've forgotten my false teeth in the kitchen." the husband mumbled.
"Forget it! What do you think they are dropping? Pastrami sandwiches?"

 入れ歯
 テルアビブ(イスラエルの首都)に空襲警報のサイレンが鳴り響いた。
イラクからのミサイル攻撃が市民の真上に迫っていた。
ある女性が地下室に避難するため走って降りた時に、自分の旦那が後からついて来ていないことに気付いた。
「あんた、何やってるの、急いで!」と彼女は大声で叫んだ。
「台所に入れ歯を忘れてきちまったんでね。。。」と旦那が口をもぐもぐさせながら答えた。
「放っときなさいってば!敵がパストラミサンドイッチでも落としてくれると思っているの!」

ミサイルが落ちてくるというのに、入れ歯のことを気にしているなんて、バカか!と奥方に一喝されたのですが、
こんな緊急時にもジョークを言えるユダヤ人って凄いですね。

#25-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜6061〜70


*  
*