●Kazさんのページ

#25.Jewish
Jewish(ユダヤ人) jokeは示唆に富んでいるものが実に多い。
長く迫害された民族の歴史と シェークスピアの「ベニスの商人」で描かれた貪欲さ、
そして世界のビジネスを実質支配しているというスマートさ、などジョークのネタには事欠かない。

#25-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜70

25-61 Jewish Sayings
1. Genius is 10% inspiration and 50% capital gains.
2. It is not money, it is the principal and the interest.
3. Where there's a will, there's an inheritance tax.
4. Don't worry about senility. When it hits you, you won't know it.
5. Be nice to your children. After all, they are going to choose your nursing home.

 ユダヤの諺
1.天才とは10%の閃きと、50%の値上がり益である。
2.問題なのはお金ではなく、資本と利息である。
3.遺書があるところには必ず相続税がある。
4.老いぼれることを恐れるな。その時になったらあなたは何もわからなくなるから。
5.子供達には優しく接しなさい。結局あなたの老人ホームを選ぶのは、彼等なのだから。


25-62 Witty Rabbi
 E
lizabeth, a very attractive young lady, is on a flight from London to Tel Aviv.
She has been worrying a lot ever since they took off and now decides to speak to the man sitting next to her whom she heard addressed by one of the cabincrew as "Rabbi."
"Excuse me Rabbi," she says to him, "would you mind if I ask you for a very big favor?"
"Of course not," he replies, "but I can't guarantee I'll be able to help. What is this favor?"
"Well rabbi, my mother lives in Tel Aviv and tomorrow is her 60th birthday. I bought her an expensive hair dryer in London before I left. It's in the overhead locker above us and it's unopened. But unfortunately, it's well over the Customs' limits and I'm afraid they'll confiscate it from me. Is there any way you could carry the hairdryer through customs for me? Maybe you could put it in your hand luggage. With you being a Rabbi, no one in Customs would question you."
"I would love to help you," replies the Rabbi, but I must warn you, I will not lie."
"Thank you Rabbi," she says.

 When they get to Customs, she lets the Rabbi go first.
The official looks at his passport and says to him, "Do you have anything to declare, Rabbi?"
"From the top of my head down to my waist, I must admit that I have nothing to declare."
This was such a strange answer to receive from a Rabbi that the official has to ask him a further question.
"So what, if anything, do you have to declare below your waist, Rabbi?"
"I have a marvelous instrument," replies the Rabbi, "that was designed to be used on a woman, but which is unfortunately unused so far."
"That's very funny Rabbi," says the official laughing out loud, "You may now go through. Next," he calls out.

 ウイットに富んだラビ(ユダヤ教指導者)
 非常に魅力的な若い女性であるエリザベスは、ロンドンからテルアビブへ向けて飛ぶ旅客機の中で、離陸してからずっとあることを気にし続けていた。
隣の席の男性が乗務員から「ラビ」と呼ばれていたので、彼女はこの人に相談しようと決意した。
「失礼ですけど、ラビ、お願いしたいことがあるのですが、よろしいですか?」と話しかけると、ラビは「もちろん構いませんよ。でも叶えてあげられるかどうか、保証の限りではありませんけど。で、一体どんなご用件ですか?」と答えた。
「私の母はテルアビブ在住で、明日60歳の誕生日を迎えます。私はロンドンを発つ前に高価なヘヤードライヤーを母の誕生日プレゼントに買ったんです。品物は頭上の棚に包装も解かずに置いてあります。でも残念ながらこれは税関の限度を超える品物なので、見つかったら没収される恐れがあるんです。ラビ、このヘアードライアーをあなたに持っていただき、税関を通過していただくことは、出来ないでしょうか?あなたの荷物の中に隠していただくとか、何とかして。あなたはラビですから、税関の誰も疑わないでしょうからね」
「喜んでお手伝いしましょう。でもひとつ忠告しておきますが、私は嘘をつくことはできませんからね」とラビは答えた
「有難うございます、ラビ」と彼女は礼を言った。

 二人は空港の税関に入ると、エリザベスは彼女の前にラビを立たせた。
税関職員がラビのパスポートを見て、「ラビ、何か申告するものをお持ちですか?」と尋ねた。
「私の頭のてっぺんから腰までは、申告するものは何もありません」と、ラビが奇妙な答え方をしたので、税関職員は、もう少し突っ込んで質問してきた。
「ということは、あなたの腰から下に、何か申告すべきものがあるのですか、ラビ?」
「私はとてつもない道具を持っているんですよ。それは通常女性のために使うものですが、残念ながら未だに使ったことがないんですけど」とラビが答えたので、職員は大笑いして、「それは面白いですねぇ。問題有りません、お通りください。はい、次の人どうぞ!」


25-63 Please help me
 B
enny Levy is on holiday in Israel and is staying at a 7 star Hotel.
On his second morning, his bedroom phone rings.
Benny picks it up and the hotel operator says to him, "Mr Levy, I have a Melvyn Elstein on the line who says he's your brother-in-law. He wants to talk to you urgently."
"So put him through," says Benny.
"Benny, I need your help," cries Melvyn.
"I'm in trouble with the taxoffice. They say I owe them £10,000 and if I don't pay them by the end of the day, they will sue me. But I don't currently have enough money in my bank at this moment. Could you please send them £8,000 on my behalf straight away?"
"I can't hear you Melvyn," says Benny, "I think something must be wrong with thehotel phone."
"Benny," shouts Melvyn, "I desperately need you to send me £8,000 right now."
"I'm sorry Melvyn," says Benny, "I still can't hear you."
"But Mr Levy," interrupts the hotel operator, "I can very clearly hear Mr Elstein."
"Then why don't you help Mr Elstein and you send him the £8,000?"

 助けてください
 ベニー・レヴィがイスラエルの7つ星ホテルで休暇を過ごしていた。
二日目の朝に彼のベッド脇の電話が鳴ったので取り上げると、ホテルの電話交換手が「ミスターレヴィ、あなたの義理の弟さんだというメルヴィン・エルスタインさんから電話がかかっております。緊急の用事がお有りなようです」と言ったので、ベニーは「じゃ、繋いでくれ」と言った。
メルヴィンは電話口で悲鳴に近い声を上げた。
「ベニー、僕は税務署とトラブルを起こしているんだ。今日中に1万ポンドの金を払わないと僕は裁判所に訴えられるんだ。でも僕の銀行口座にはそんなに金が残っていない。私の代わりに直ちに8千ポンド僕に送金して助けてくれないか?」と哀願するメルヴィンに、ベニーは「え?メルヴィンよく聞こえないんだけど?なんか、電話の具合が悪いみたいだな」と答えた。
「ベニー」とメルヴィンは大声で叫んだ。
「何が何でも8千ポンド送金してくれないと困るんだ」
「メルヴィン、悪いけど良くきこえないんだ」とベニーが答えると、ホテルの電話交換手が割り込んだ。
「ミスターレヴィ、私はミスター・エルスタインさんの仰っていることは良く聞こえますけどね」
するとベニーは「それなら、君がミスター・エルスタインを救ってやったら?彼の口座に8千ポンド送金したらいいじゃないか」と言った。


25-64 Foreskin
 T
he IRS agent thought he would have some fun with the Rabbi.
He asked, "What do you do with the candle drippings?"
The Rabbi responded, "We send them to the candle factory and every so often they send us a free candle."
IRS asked, "What do you do with the crumbs from your table?"
The Rabbi said, "We send them to the Matzo Factory and every so often that they send us a free Matzo ball."
IRS asked, "What do you do with the foreskins?"
The Rabbi responded, "We send them to the IRS and every so often that they send us a little prick like you!"

 包皮
 ユダヤ教指導者であるラビの所に税務調査に来ていた国税局(IRS)職員が、ちょっとラビをからかってやろうと思って、「ロウソクからたれた蝋はどうしていますか?」と質問した。
「その都度ロウソク製造会社に送り、見返りに新品のロウソクを一本もらっています」とラビは答えた。
「食事の後、テーブルにこぼれたパン屑はどうしていますか?」と聞くと、「その都度製パン会社に送り、見返りに丸パンをひとつもらいます」とラビは答えた。
「では割礼して取り除いた、男性の性器包皮はどうしていますか?」と聞くとラビはこう答えた。
「その都度国税局に送っていますよ。だから国税局は見返りに、あなたのような嫌味な男を(prick)を送って寄越すんですよ」

Prickは(1)嫌みな男、(2)男性性器という意味があります。
包皮のことを尋ねたので、(2)にひっかけて、ラビはこの国税局職員を当て擦ったのです。

#25-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜70


*  
*