●Kazさんのページ

#49.Kids

#49−1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110

49-1 Late for school
"Why were you late for school, Johnny?" asked the teacher.
"On my way to school there was a man who had lost his $1 bill," replied Johnny.
"Hmm.. you were helping him to look for it, weren't you?"
"No, I was standing on it until he went away."
 遅刻の理由
先生  :「ジョニー、なぜ学校に遅刻したの?」
ジョニー:「学校に来る途中男の人が1ドル紙幣を落として探していたんです。」
先生  :「あーそうなの、それであなたはその人がなくしたお金を探すのを手伝ってあげたから遅刻したと、こういう訳ね?」
ジョニー:「いいえ先生、僕はその男の人があきらめてその場を去るまで1ドル紙幣を踏み続けていたため、遅刻したんです。」

49-2 What does your mother call?
 A teacher showed the class a picture of deer and asked Alec.
"Now, Alec, what's this?"
"I don't know."
The teacher tried to give him a hint. "Now what does your mother call your father?"
"Oh, is that an asshole?"
 お母さんはお父さんのこと何て呼ぶかしら?
 学校の先生が授業中に鹿の絵を見せて、「さあ、アレック、これは何でしょう?」とアレックに質問した。
「わかりません」とアレックが言うので、先生はヒントを与えることにした。
「あなたのお母さんはあなたのお父さんのことを何て呼ぶかしら?
   (Dear ディア、あなたでしょ、ディア、ディア deer ディア、鹿よ、アレック!)」
   (えーっとママはいつもパパのことをasshole! クソッタレと呼んでいるなぁ。
     Asshole, asshole, ass hole ケツの穴のことか!)
「あー、そうか、その絵はケツの穴か!」

49-3 Smart kid
 T
he principal dropped into the third grade teacher's room and asked how things were going.
"One problem, sir," the female teacher said.
"That little boy in the front row insists on staying here although he should be in the second grade. Actually he is so smart that I don't want to send him back."
"I wonder if he can be that smart. Ask him some questions," said the principal.
The teacher called the boy and asked, "What does a dog do on three legs that a man does on two legs and a woman do sitting down?"
"Shake hands," the boy replied.
"What does a cow have four of that I have two of?" she asked.
"Legs," the boy said instantly.
"What is a four letter word meaning intercourse?"
"Talk," the boy replied.
"The teacher turned to the principal. "See? What should I do?"
He drew her aside and whispered, "You better promote him to the fourth grade. I missed all the three questions."
 賢い子供
 校長先生が3年生の教室をのぞいて担任の教師にクラスの様子を聞いた。
「校長、ひとつ問題があるんです」と担任の女教師は答えた。
「最前列に座っている身体が小さい男の子ですが、本当は2年生なのに彼は3年生の授業を受けると主張しているんです。実際彼はとても賢いので私は彼を2年生へ戻すことはしたくないんです。」
「そんなに賢いなんて私には信じられんな。2、3質問をして試してみてくれたまえ」 と校長が言う。
女教師はその子を呼んで質問した。
女教師:「犬が三本足で行うことで、男性なら二本足、女性なら座って行うことは何? 」
賢い子:「握手」 (校長:「え、小便のことかと思ったのに」)
女教師:「牛が四つ持っているもので私が二つしか持っていないものは何?」
賢い子:「足」(校長:「え、乳房のことだと思ったのに」)
女教師:「交際を意味する4文字の言葉は?」
賢い子:「語らい(talk)」(校長:「え、性交(fuck)だと思ったのに」)
女教師が校長に振り向いて言った。「ご覧になりました?校長先生はどう思われます?」
「この子は3年じゃなくて4年に進級させなさい。私ですら三つの質問のどれも正しい答が出せなかったくらいだから・・・」

49-4 Striptease dancer in a cabaret for gay men
 I
t was the first day of school and the teacher thought she'd get to know the kids by asking them their names and what their fathers did for a living.
The first little girl said, "My name is Mary and my daddy is a postman."
The next little boy said, "I'm Andy and my Dad is a mechanic."
It was then little Johnny's turn and he said "My name is Johnny and my father is a striptease dancer in a cabaret for gay men."
The teacher gasped and quickly moved on, but later, in the school yard, the teacher approached Johnny privately and asked if it was really true that his Dad dances nude in a gay bar.
Little Johnny blushed and said, "Nah, he's really an auditor for Arthur Andersen but I was just too embarrassed to say so."
 男性のストリップダンサー
 学期の始まりの日に、女の先生は各人の名前とお父さんの職業をそれぞれ言わせることで生徒のことを覚えようと考えた。
最初の女の子が言った。「私の名前はメアリー です。私のパパは郵便配達人です」
次の小さな男の子が言った。「僕はアンディ。僕の パパは機械工です」
さて次はチビのジョニーの番だった。「僕の名前はジョニー。僕の父はキャバレーで男性ストリッパーをやっています。」
先生はハッと息をのむと、急いで次の子に質問を移した。
授業の後、校庭で先生は一人でいるジョニーに近づくと、さっき授業の時お父さんはゲイバーで裸になって踊っていると言ったのは本当のことなのかどうか尋ねた。
「ううん、違うよ。お父さんはアーサー・アンダーソン会計 事務所の監査人だよ。だけどその通り言うなんて恥ずかしくて出来なかったから、 あんなこと言ったんだよ」
Arthur Andersenは、Enron事件(2002)で不正監査の疑いが持たれた会計事務所で、確かにスキャンダルになりましたが、
それを隠すために「お父さんの職業はゲイバーのストリッパーです」という、ジョニーって、
とてつもなくませていると思いません?

49-5 Which part of the body
 L
ittle Johnny was sitting in class one day.
On this particular day, the teacher wanted to ask her class which part of the body went to heaven first.
One little girl raised her hand and said, "I think your mind goes to heaven first because you have to have a mind in order to believe in God."
The teacher praises the little girl, as a little boy raised his hand.
The little boy says, "I think your heart goes to heaven first because God is all about love."
"Very good," said the teacher.
The teacher looked up and saw Little Johnny's hand up.
"Oh no", she thought, "I'm not gonna like this."
"Little Johnny, which part of the body do you think goes to heaven first?"
Little Johnny thinks for a minute and says, "Your feet."
The teacher asked him why he thought your feet go to heaven first.
He replied, "Well, I was walking past my parents' bedroom last night and my mom had her feet up in the air and she said, 'Oh God, I'm coming!'"
 身体のどの部分?
 ある日チビのジョニーは学校の授業を受けていた。
担任の先生がクラスの全員に「身体のどの部分が一番初めに天国に行けると思いますか?」という質問をした。
一人の少女が手を上げて答えた。
「私は頭が最初に天国にたどり着くと思います。何故なら神を信じるということは、頭が考えることだからです。」
先生がこの少女を誉めると別の少年が手を上げた。
「僕は心が一番始めに天国に行けると思います。神は愛がすべてだからです。」
「大変良くできました」とこの少年を誉めた先生は、問題児のチビのジョニーが手を上げているのがチラっと見えた。
『あら、いけない、ジョニーだわ。いやな予感がするわ』と思いながら、
「ジョニー、君は身体のどの部分が最初に天国に行けると思いますか?」と尋ねた。
ジョニーはちょっと考えるふりをして「足 です」と答えた。
先生がなぜ足だと思うのかと聞くとジョニーは答えた。
「えーと、昨晩両親の寝室の横を歩いて居たときに、ベッドの中でママの足が高く上がっていて、
ママが『あー、神様、私、イク、イク!』って叫んでいたんです。
だから僕、足が一番始めに天国に行くと思うんですけど。」
アーア、やっぱり先生のいやな予感が当たりましたね・・・。

49-6 Mouthful
 L
ittle Johnny goes to school, and the teacher says, "Today we are going to learn multi-syllable words, class. Does anybody have an example of a multi-syllable word?"
Little Johnny waves his hand, "Me, miss, me, me!"
Teacher says "All right, little Johnny, what is your multi-syllable word?"
Little Johnny says "Mas-tur-bate."
Teacher smiles and says "Wow, little Johnny, that's a mouthful."
Little Johnny says, "No, miss, you're thinking of a blow job. I'm talking about a wank."
 口いっぱいに含んで
 チビのジョニーが小学校に行くと先生が「皆さん、今日は多音節の言葉を勉強します。だれか多音節の単語を例としてあげることが出来ますか?」
チビのジョニーが「ハイ、先生、僕を当てて!僕、僕をお願い!」と手を上げて左右に振った。
「はい、はい、ジョニー、わかりました。あなたが例としてあげる多音節の単語って何ですか?」
「Mas-tur-bate(自慰する)」
先生は微笑みながら言った。
「おやおやジョニー、それはずいぶん長くて言いにくい言葉(mouthful)ね」
チビのジョニーは言い返した。
「違うよ、先生。先生は口一杯に含む(mouthful)フェラチオ(blow job)のことを考えてるみたいだけれど、僕が言ったのはせんずり(wank)のことだからね。」
Mouthfulは(1)口いっぱいに含むこと、(2)言いにくくて長い言葉という二通りの意味があります。
もちろん先生はmasturbateなんて言葉を言ったジョニーに対して皮肉っぽく(2)の意味で戒めたのですが、
ジョニーは先生の揚げ足を取って(1)の意味で
「先生も好きねぇ、そんなこと考えるなんて」とやり返しています。

49-7 Five Plus Five?
 T
here was a little boy who had just learned to count on his fingers.
One day his uncle came to visit and the boy was anxious to show off his newly acquired skill.
He told the uncle to ask him and addition question.
So uncle asked, "What is three plus four?"
The little boy counts it out on his fingers and said, "Seven."
The uncle said, "Listen kid, you can't count it out on your hands because someday when you are in school, a teacher will get mad at you for it. Now put your hands in your pockets."
So the little boy put his hands in his pockets and his uncle asked, "What is five plus five?"
The uncle saw movement in the boys pockets, then the boy said, "Eleven!"
 5+5は?
 指を使って数字を数えることを習ったばかりの男の子がいた。
ある日彼の叔父さんがやって来た。
この男の子は覚えたての新しい技を見せびらしたかったので、足し算の問題を出してみてよ、と叔父さんに催促した。
「3+4はいくつだ?」と叔父さんが尋ねると男の子は指を折って数えて「7」と答えた。
叔父さんはこう忠告した。「いいかい、坊や、指を使って計算しちゃだめだよ。君が学校に入ってそのやり方で計算したら先生はきっと怒るからね。いいかい、じゃ、手をポケットにしまって」
そう言われたので男の子は両手をズボンのポケットの中にしまった。
叔父さんが次の問題を出す。「5+5は?」
ポケットの中でゴソゴソ手が動いているのが叔父さんに見えて、男の子は大きな声で答えた。「11!」
両手の指10本の他に
男の子のズボンの真ん中にあるもう1本のものを、足してしまったのですね。

49-8 Birthday present
 A
ll the children in class brought birthday presents to their teacher Miss Brown and she tried to guess what they were.
Little Jimmy's father had a liquor shop and she noticed his package was leaking.
She said, "Did you bring me some whisky, Jimmy?"
"No, Miss Brown"
She tasted it and said, "You have brought me beer, haven't you?"
"No." was the reply.
She tasted it very carefully and asserted, "It must be gin, isn't it?"
"No, Miss Brown. I've brought you a puppy."
 誕生日のプレゼント
 ブラウン先生の誕生日にクラスの生徒全員がプレゼントを持って来た。
先生は中味が何か当てることにした。
ジミーの父親は酒屋で、彼のプレゼントの箱から液体が漏れているのを見て先生はこう言った。
「ジミー、あなたはウイスキーを持って来てくれたの?」
「いいえ、ブラウン先生、違います。」
先生は液体を舐めてから言った。「ビールを 持って来てくれたのね?そうでしょ?」
「いいえ、先生」という答えに先生はもう一度注意深く味わってからこう推察した。
「これはジンでしょ、違う?」
「いいえ、ブラ ウン先生。僕は子犬を持って来たんです」
つまりこの液体は子犬のオシッコだったのです。
「お父さんが酒屋だからお酒だろう」 という思い込みが強すぎたのですね。

49-9 The most embarrassing time I have ever had
 While in line at the bank one afternoon, my toddler decided to release some pent-up energy and ran amok.
I was finally able to grab hold of her after receiving looks of disgust and annoyance from other patrons.
I told her that if she did not start behaving "right now," she would be punished.
To my horror, she looked me in the eye and said in a voice just as threatening, "If you don' t let me go right now, I will tell Grandma that I saw you kissing Daddy's pee-pee last night!"
The silence was deafening after this enlightening exchange.
Even the tellers stopped what they were doing.
I mustered up the last of my dignity and walked out of the bank with my daughter in tow.
The last thing I heard when the door closed behind me were screams of laughter.
 今までで一番恥ずかしかったこと
 ある日の午後私と娘が銀行の窓口に並んでいた時のことです。
よちよち歩きの娘はおとなしく並んでいることが出来ず、癇癪を起こしてあっちこっち歩き回って私を困らせていました。
他のお客の呆れたといった表情や迷惑そうな視線を痛いほど感じて、ようやく私は娘の手を捕まえて私と一緒に並ばせました。
「いい子にしていなければダメでしょ。今からずっとママと一緒におとなしく並んでいなさい。言うことを聞かないとママがお仕置きしますよ」と娘に言うと、驚いたことに娘は 私の目をじっと見つめてこう言って母親のことを脅したのです。
「ママが今すぐ私の手を離さないなら、ママが昨日の夜パパのオチンチンにキスしていたことをお婆ちゃんに言いつけちゃうからね」
娘があまりハッキリした声で言ったものですから、周りが一瞬シーンと凍り付いてと静かになりました。
銀行の窓口係までもお札を数える手を休めてこちらを見つめました。
恥ずかしさで居ても立ってもいられず、取り乱さないように平静を装って娘の手を引っ張って銀行の外に出るのが 精一杯でした。
銀行の扉を閉めて外に出る時私の耳に聞こえて来たのは、ゲラゲラ、アーハッハと割れんばかりに大笑いする声でした。

49-10 No natural births
 L
ittle Alec was told to write a composition about his origin by his teacher.
He asked his mother. "Where did Grandma come from?"
"The stork brought her."
"Well, where did you come from, Mom?"
"The stork brought me, and it brought you, too," said his mother.
Alec wrote his composition with this introduction: There have been no natural births in our family for three generations.
 自然分娩ではなかった
 ちびのアレックは自分の先祖について作文を書くように先生に言われたので、母親にたずねた。
「お婆ちゃんはどうやって生まれたの?」
「コウノトリが運んできたのよ」
「へー、そうなの。じゃ、ママはどうやって生まれたの?」
「ママもコウノトリが運んできたし、あなたもそうよ、アレック」と母親が答える。
アレックは作文を次の書き出しで書き始めた。『我が家では三世代にわたって自然分娩でなく生まれた』
母親はアレックがまだ小さいので、
「赤ちゃんはコウノトリが運んでくるのよ」で済まそうと思ったのですが、
アレックはどうやって赤ちゃんが生まれるかは知っているので、
『お婆ちゃん、ママ、そして僕もコウノトリが運んできたということは、自然分娩じゃない』
と作文に書いたわけです。

#49−1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110


*  
*