●Kazさんのページ

#49.Kids

#49−1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110

49-21 I have to whisper
 A
mother took her little boy to church.
While in church the little boy said, " Mommy, I have to pee."
The mother said to the little boy, "It's not appropriate to say the word 'pee' in church. So, from now on whenever you have to 'pee' just tell me that you have to 'whisper.'"
The following Sunday, the little boy went to church with his father and during the service said to his father, "Daddy, I have to whisper."
The father looked at him and said, "Okay, why don't you whisper in my right ear."
 ささやきたくなった
 母親が小さな男の子を教会に連れて行った。
教会の中で男の子が「ママ、おしっこがしたい」といったので、母親は息子をたしなめた。
「『おしっこ』という言葉は教会の中では使わないように。これから教会で『おしっこ』がしたくなったら、私に『ささやき』たくなったと言いなさい」
次の日曜日、男の子は父親と教会に行き、礼拝の最中に父親に向かって言った。「パパ、ささやきたくなったの」父親は息子を見てこう答えた。
「分かった。お父さんの右耳に向かってささやいてごらん」
何も知らないお父さんは右耳におしっこをかけられて、飛び上がったでしょうね。

49-22 Yankees Fan
 A
first grade teacher in New York explains to her class that she is an avid Yankees fan.
She asks her pupils to raise their hands if they, too, are Yankees fans.
Everyone in the class raises their hand expect one little girl.
The teacher looks at the girl with surprise and says, "Janie, why didn't you raise you r hand?"
"Because I'm not a Yankees fan," she replied.
The teacher, still shocked, asked, "Well, if you are not a Yankees fan, then which team are you a fan of?"
"I am a Red Sox fan, and proud of it," Janie replied.
The teacher could not believe her ears.
"Janie, why are you a Red Sox fan?"
"Because my mom is a Red Sox fan, and my dad is Red Sox fan, so I'm a Red Sox fan too!"
"Well," said the teacher in an obviously annoyed tone, "That is no reason for you to be a Red Sox fan. You don't have to be just like your parents all of the time. What if your mom were a moron and your dad were a moron, what would you be then? "
"Then," Janie smiled, "I'd be a Yankees fan."
 ヤンキースファン
 ニューヨークの小学校1年生のクラスで、女の先生が自分は(野球チーム)ヤンキースの熱烈なファンであると言った。
そしてクラスの生徒でヤンキースファンの人は手を挙げるようにと言うと、一人の少女以外は全員手を挙げた。
先生はたった一人手を挙げなかった少女を不思議そうな顔で見つめて尋ねた。
「ジェニー、どうして手を挙げなかったの?」
「だって、私ヤンキースのファンじゃないんだもん。」
先生は少しショックを受けて「ヤンキースファンでないとしたら、どのチームのファンなの?」と聞いた。
「私は(ボストン)レッドソックスのファンなの。そのこと、とても誇りに思っているわ」とジェニーは答えた。
先生は自分の耳が信じられなかった。「ジェニー、あなたはなぜレッドソックスのファンなの?」
「だって、私のママもパパもレッドソックスのファンなのよ。だから私もレッドソックスが好きなの」
熱烈なヤンキースファンである先生は明らかにいらついた言い方でこうジェニーに問いかけた。「それはあなたがレッドソックスファンである理由にはならないわ。なぜって例えばあなたのママとパパがどうしようもない阿呆だとしたら、ジェニー、あなたもどうしようもない阿呆になる?」
「そういうことならば、」とジェニーはニッコリ笑って答えた。「私はヤンキースファンになるわ」
大人げなくジェニーがヤンキースファンでないことをなじる先生に、
「どうしようもない阿呆ならヤンキースファンになるわ」と、
この小学一年生の少女がやり返しているわけです。

49-23 Definitely
 A
nursery school teacher says to her class, "Who can use the word 'definitely' in a sentence?"
Little Amy says, "The sky is definitely blue."
The teacher says, "I'm sorry, Amy, but the sky can be gray or even orange, depending on weather."
A little boy raises his hand and says, "Trees are definitely green."
"I' m sorry, Tommy, but that's incorrect. In autumn many trees are brown or gold," says the teacher.
Little Johnny from the back of the class stands up and asks , "Does a fart have lumps?"
The teacher looks horrified and says, "Johnny! That's disgusting! Of course, not!"
"Okay," says Johnny, "then I have DEFINITELY shit in my pants."
 絶対に
 幼稚園の先生がクラスの子供達に「『絶対に』という言葉を使って文を作れる人はいますか?」と質問した。
エミーが「空は絶対に青い」と言うと、先生は「エミー、残念だけど空は天気次第で灰色にもなるし、オレンジ色にもなるわね」と諭した。
男の子がサッと手を上げて言った。「木は絶対に青い」
先生は「トミー、残念だけれど正しくないわ。だって秋になると木の葉は茶色や黄色に変わるでしょう?」
するとクラスの後ろに座っていたチビのジョニーが立ち上がると、先生に尋ねた。
「先生、オナラって塊になりますか?」先生は驚いて言った。「なんて汚いことを言うの、ジョニー。もちろんオナラが塊になるなんてこと有り得ないでしょ!」
「そうだよね、」とジョニーは肯くとこう言った。「じゃ、僕のパンツに漏れたのは絶対にウンコだ!」

49-24 Group picture
 T
he children had all been photographed, and the teacher was trying to persuade them each to buy a copy of the group picture.
"Just think how nice it will be to look at it when you are all grown up and say, 'There's Jennifer, she's a lawyer,' or 'That's Michael, He's a doctor.'"
A small voice at the back of the room rang out, "And there's the teacher, She's dead. "
 集合写真
 生徒が全員で集合写真を撮った。先生は生徒それぞれが一枚ずつ写真を買うように薦めた。
「あなた達が大人になった時のことを考えてごらんなさい。この写真を見て懐かしいと思うはずよ。ほら、これが今弁護士をしているジェニファーでしょ。これは医者になったマイケルよね、なんて楽しいでしょ?」
小さな声が教室のうしろから聞こえた。「ほら、これが先生でしょ、死んじゃったけど」

49-25 What's your Dad like?
 L
ittle five-year-old Johnny was lost, so he went up to a policeman and said, "I've lost my Dad!"
The policeman said, "Well, OK, I've seen a few guys walking 'round here this morning. What's your Dad like?"
Little Johnny replied, "Beer and women, mostly."
 君のパパはどんな感じの人?
 5歳のちびのジョニーは迷子になったので、お巡りさんのところにやって来て、「パパとはぐれちゃったんです!」と言った。
お巡りさんは「君のパパはどんな感じの人?今朝、私はこの辺を歩いている男の人を数人見かけたからね」と警官が言うと、ちびのジョニーは答えた。
「パパはビールと女が好きなんだ。好きなものといえば、殆どそれだけかな?」
ジョニーは"What is your Dad like?"(君のパパはどんな感じの人?)を、
"What does your Dad like?"(君のパパは何が好き?)と間違えたのです。

49-26 Adam's underwear
 A
little boy opened the big family bible.
He was fascinated as he fingered through the old pages.
Suddenly, something fell out of the Bible.
He picked up the object and looked at it.
What he saw was an old leaf that had been pressed in between the pages.
"Mama, look what I found," the boy called out.
"What have you got there, dear?"
With astonishment in the young boy's voice, he answered , "I think it's Adam's underwear."
 アダムの下着
 小さな男の子が聖書を読んでいた。
彼はページを次々とめくりながら聖書の物語にすっかり虜になっていた。
突然何かが聖書のページの間から落ちてきた。
男の子はそれを拾い上げるとすかして眺めた。
それはページの間で押し葉状になった古い木の葉だった。
「ママ、僕が見つけたもの見てよ!」と男の子は叫んだ。
「何を見つけたの?」と母親が聞くと、驚きを隠せない様子で男の子が答えた。
「僕、アダムの下着を見つけたんだ 」
旧約聖書創世記に、アダムとイブは初めは生まれたままの姿で暮らしていたが、
禁断のリンゴを食べて知恵がつくと恥ずかしくなって、いちじくの葉で陰部を覆ったという逸話を踏まえています。

49-27 Arithmetic problem
 M
rs. Applebee, the 6th grade teacher, posed the following problem to one of her arithmetic classes:
"A wealthy man dies and leaves ten million dollars. One-fifth is to go to his wife, one-fifth is to go to his son, one-sixth to his butler, and the rest to charity. Now, what does each get?"
After a very long silence in the classroom, little Morris raised his hand.
The teacher called on him for his answer.
With complete sincerity in his voice, little Morris answered, "A lawyer!"
 算数の問題
 小学校6年生担任のアップルビー先生が算数の時間に、クラスの生徒に次の問題を出した。
「金持ちの男が死んで1,000万ドルの遺産を残しました。その1/5は奥さんに、1/5は息子に、1/6は彼の執事に渡して、残りは慈善事業に寄付しました。さて、それぞれの人がどれだけ得た(get)でしょうか?」
誰も答えられなくて教室は長い間シーンと静まりかえっていたが、チビのモーリスが手を挙げたので、先生はモーリスに答えるように促した。
真面目な言い方でモーリスは「弁護士です!」と答えた。
What does each get?を、
先生は 「それぞれの人がどれだけ得た(get)でしょうか?」 というつもりで尋ねたのですが、
モーリスは「(遺産をもらった)それぞれの人が、まず最初に連れてきた(get)のは誰でしょう?」と勘違いし、
「そりゃ、それだけの金額だからもめ事が起きるかもしれないので、
まず連れて来たのは『弁護士』でしょう」 と思ったわけです。

49-28 The bull is surprising cows
 L
ittle 10-year-old Johnny goes for a long weekend with his uncle, a wealthy farm owner.
One evening, as Uncle John and his wife are entertaining guests with cocktails, they are interrupted by an out-of-breath Johnny who shouts out, "Uncle John! Come Quick! The bull is fucking the cow!"
Uncle John, highly embarrassed, takes young Johnny aside, and explains that a certain amount of decorum is required.
"You should have said, 'The bull is surprising the cow' - not so me filth picked up in the playground," he says.
A few days later, Johnny comes in again as his aunt and uncle are entertaining.
"Uncle John! The bull is surprising the cows!"
The adults share a knowing grin.
Uncle John says, "Thank you Johnny, but surely you meant to say the cow, not cows. A bull cannot 'surprise' more than one cow at a time, you know..."
"Yes, he can!" replies his obstinate nephew. "He's fucking the horse!"
 雄牛が雌牛たちを驚かせています
 10歳のジョニーが、週末をずっと過ごすために裕福な農場の持ち主である叔父さんの家に行った。
ある晩ジョン叔父さんとその奥さんは自宅でパーティを開き、大勢の客にカクテルを振る舞っていた時、ジョニーが息を切らせて客間に飛び込んで来た。
「ジョン叔父さん、急いで見に来て!雄牛が雌牛とセックスの真っ最中なんだよ!」と大声で叫んだ。
お客の前で大恥をかいたジョン叔父さんは。チビのジョニーを脇の部屋に連れ出すと、お客様の前ではもう少し上品な言い方をしなければいけないよ、とたしなめた。
「こういう場合は、『雄牛が雌牛を驚かせているところです』と言うべきだったんだ。友達と遊んでいる時に使うような下品な言葉は使ってはいけないぞ」
数日後、叔父さんと叔母さんがまた大勢の客をもてなしている場所に、ジョニーが再び飛び込んで来て叫んだ。
「ジョン叔父さん、雄牛が雌牛たちを驚かせているよ!」そこに居合わせた大人はその意味を理解したので、ニヤニヤ笑った。
ジョン叔父さんは答えた。「それは、どうもジョニー。でも『雌牛たち』じゃなくて『一匹の雌牛』という意味なんだろう?雄牛は一度に、まぁ、そのぅ一匹の雌牛しか『驚かせる』ことは出来ないんだからね。」
「違うんだよ、雌牛たちを驚かせているんだってば!」と頑固な甥っ子は譲らない。
「雄牛がね、馬とセックスをしているんだよ!」(だから雌牛たちが驚いているんだよ!)

49-29 Weigh Scales
 A
n irate woman burst into the baker's shop and said, "I sent my son in for two pounds of cookies this morning, but when I weighed them there was only one pound. I suggest that you check your scales."
The baker looked at her calmly for a moment or two and then replied, "And I, Madam, suggest that you weigh your son."
 ちゃんと量ってよ
 頭から湯気を出さんばかりにカッカ怒った奥さんが、パン屋に飛び込んでくるなり、こう言った。
「今朝うちの息子にクッキーを2ポンド、この店で買って来るようにって、 言ったんですよ。でも家で量 ったら1ポンドしかないんですよ。
お宅の量りが正しいかどうか、確かめたほうがいいんじゃない?」パン屋は、この奥さんをじっと観察してからこう答えた。
「そうでしょうかねぇ?奥様のほうこそ、お子さんの体重を量ってごらんになったほうがよろしいと思いますよ」
カッカ怒っている奥さんの息子が、
お使いの途中にクッキーを半分食べてしまった可能性の方が高そうですね。

49-30 Now we run!
 A
priest is walking down the street one day when he notices a very small boy trying to press a doorbell on a house across the street.
However, the boy is very small and the doorbell is too high for him to reach.
After watching the boy's efforts for some time, the priest moves closer to the boy's position.
He steps smartly across the street, walks up behind the little fellow and, placing his hand kindly on the child's shoulder leans over and gives the doorbell a so lid ring.
Crouching down to the child's level, the priest smiles benevolently and asks, "And now what, my little man?"
To which the boy replies, "Now we run !"
 さあ、逃げろ!
 ある日神父さんが道を歩いて来ると、道路の向かい側で小さな少年が一生懸命ドアのベルを押そうとしているのに気がついた。
しかしこの少年は背が低くて手を伸ばしてもド アのベルには届きそうもなかた。
何度も何度もベルを押そうと必死で努力している少年の姿を見て、神父さんはさっと道を横切りこの少年の肩に後ろから手を添えて、少年を 少し持ち上げてやってベルを押させてやった。
神父さんは少年と目線の高さが一緒になるように、身を屈めると、優しく微笑みながら少年に言った。「さて、坊や、これからどうするのかね?」
少年は答えた。「さぁ、逃げようぜ!」
少年はいたずらベルを押して逃げようとしていたのです。
神父さんはこの悪戯に手を貸してしまったのです。

#49−1〜1011〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110


*  
*