●Kazさんのページ

#49.Kids

#49−1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50・51〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110

49-41 How great fathers are
 T
hree boys in the schoolyard are bragging of how great their fathers are.
#1: My father runs the fastest. He can shoot an arrow and start to run. I tell you, he gets there before the arrow.
#2: You think that fast!? My father is a hunter and he can fire his gun and be there before the bullet."
#3: You two know nothing about fast. My father is a civil servant. He stops working at 4:30 and he is home by 3:45!!
 僕のお父さんって凄いんだぜ
 三人の男子小学生が校庭で自分達の父親がいかに優れているか、自慢し合っていた。
一番目の男の子:「僕のパパは走るのが凄く速いんだ。自分で弓を放ってすぐに駆け出すと、いいかい、矢が到着する地点をパパが矢よりも速く走り抜けてしまうんだ」
二番目の男の子:「それが速いって?何言ってんの!僕のパパは猟師だけど、鉄砲を撃つなり駆け出すと、弾丸が届く場所に、弾丸より早く到着しちゃうんだから」
三番目の男の子:「君等二人とも、本当に『速い』ってこと知らないくせに。僕のパパは公務員で4時30分に仕事を終えるんだけど、毎日3時45分までに家に戻って来られるんだから!」
三番目の男の子のお父さんは、定時前にさっさと仕事を終えて役所を抜け出てしまう、ということだけなんですけど…

49-42 Adding Little
 J
ohnny was busy doing his homework.
As his mother approached she heard: "One and one, the son-of-a-bitch is two."
"Two and two, the son-of-a-bitch is four."
"Three and three..." His mother interrupted, asking where he had learned this way of doing math.
Little Johnny remarked that his teacher Ms. Margo taught him.
His mother was rather upset and told him to stop the homework.
The next day she stormed into Little Johnny's classroom and confronted Ms. Margo.
Little Johnny's mother told Ms. Margo about Little Johnny's different way of doing math, and his claims that Ms. Margo taught it that way to the class.
The teacher was flabbergasted.
She said that she couldn't understand why Little Johnny had said what he did.
Then suddenly, Ms Margo exclaimed, "Oh, I know, here in school we say, one and one, the sum-of-which is two."
 足し算
 チビのジョニーが家で熱心に宿題をやっていた。
ジョニーの母親がそっと近づいてみる と「1+1は、クソッタレ(son of a bitch)の2、2+2は、クソッタレの4」と言う声が聞こえた。
「3+3は・・」と言いかけたところで、母親が遮って、どこでそんな算数のやり方を習って来たのかとジョニーに尋ねた。
チビのジョニーは担任のマーゴ先生が教えてくれたと答えたので、ジョニーの母親は驚いて宿題を続けるのは止めるようにと命じた。
翌日彼女はジョニーの教室にすっ飛んで言って、マーゴ先生を問いつめた。
「マーゴ先生、うちのジョニーはおかしな計算方法で足し算をしているんです。ジョニーは担任の先生にそう教わったと言っているんですけどね。」
マーゴ先生は飛び上がる程驚いて、どうしてジョニーがそんなやり方で足し算をしているのか理解出来ないと、母親に言った。
ところが突然先生はピンと閃いた。「あぁ、わかりました。教室では、『1+1の、その合計(sum of which)は2』と教えているからですわ。」
悪ガキのジョニーはsum of whichを、son of a bitchと言い換えていたのですね。

49-43 What Mommy did with Uncle John
 A
woman went to one of her friends in another city and stayed there for two days.
When she returned, her little son greeted her saying, "Mommy, guess what? Yesterday I was playing in the closet in your bedroom and Daddy came into the room with the lady next door and they got undressed and got into your bed and then Daddy got on top of her…"
She held up her hand, "Stop saying! Not another word! Wait till your father comes home and I want you to tell him exactly what you've told me. Okay?"
When the father came home that evening, she snapped at him, "I'm leaving you. I've already packed all my things."
"But why?" asked the startled husband.
"Jimmy, go ahead telling your Daddy just what you told me," she said to her son.
The little Jimmy started, "Well, I was playing in your bedroom closet and Daddy came upstairs with the lady next door and they got undressed and got into bed. And Daddy got on top of her and then they did just what Mommy did with Uncle John when Daddy was away last summer."
 ママがジョン伯父さんとしていたこと
 ある既婚女性が、別の町に住んでいる彼女の友人の家へ遊びに行き二日程家を留守にした。
彼女が家に帰ると小さな息子が出迎えて「ママ、聞いて、聞いて。昨日僕が寝室の押し入れの中で遊んでいたら、パパが隣の家のおばさんと部屋に入って来たんだ。二人は洋服を脱ぐと一緒にベッドの中に入って、パパがおばさんの上に乗っかって…」
母親は手を上げて息子を制した。「それ以上一言も言わないで!パパが会社から戻って来たら、今あなたが言ったことを、そっくりその通りパパに言ってちょうだい。わかったわね?」
その夜夫が戻ると、妻は夫に向かってピシャリと言った。「私、家を出て行きます。もう私の荷物はまとめてありますから」
「え、やぶから棒に何だって?理由は?何故?」と驚いた夫が妻に尋ねた。
「ジミー、ママに言ったことをその通りパパにも言ってちょうだい」と彼女は息子に言った。
チビのジミーは語り出した。「僕がパパとママの寝室の押し入れの中で遊んでいたら、パパが隣の家のおばさんと二階に上がって部屋に入って来たんだ。そして二人は洋服を脱ぐと一緒にベッドの中に入って、パパがおばさんの上に乗っかって…それからパパが去年の夏家を留守にした時、ママがジョン伯父さんと一緒にしていたことと同じことを始めたんだ」

49-44 Blackboard
 M
iss Brown walked into the classroom to find words "CUNT" and "COCK" scrawled all over the blackboard.
"Children," she said, "You are too young to use vile language like this. eyes are closed, I want the little boy or girl who wrote those words on the blackboard to erase them."
At the signal, the teacher and the children closed all their eyes.
Then Miss Brown counted out loud, very slowly.
When she reached fifty, she said, "All right. Everybody, open your eyes."
All eyes went to the blackboard.
None of the words were erased, but below them was the message: "Fuck you, teacher. The Phantom strikes again!"
 黒板
 ブラウン先生が教室に入ると、黒板一面に「女性器」「男性器」という文字が殴り書きしてあったので、「皆さん、皆さんはまだ小学生なんですから、こういう不道徳な言葉を使ってはいけません」と注意した。
「全員目をつぶって。これから私が50数えますから、その間に男の子か女の子か知りませんけど、黒板にこういうことを書いた人が自分でこの落書きを消して下さい。いいですか?」と言って、ブラウン先生とクラスの生徒全員が目を閉じた。
ブラウン先生はゆっくりと大きな声で「ひとつ、ふたつ…」と数えだした。
50まで数えると先生は、「はい、全員目を開いて」と言った。
全員の目が黒板に注がれた。
落書きはひとつも消されておらず、黒板の下には追加した落書きが書かれていた。「くそったれ先生、幽霊が再び登場したぞ!」

49-45 Spell his name backwards and forwards
 "My son is real smart!" said a woman to her friend.
"He is only six but he can already spell his name backwards and forwards!"
"What is your son's name?" asked the friend.
"Bob."
 自分の名前を逆向きにも綴れる
 「私の息子って、とても頭が良いのよ」と、母親が友達に自慢する。
「息子はまだ6歳なのに自分の名前をちゃんと書けるし、逆向きにも綴れるの!」
「息子さんのお名前、何ていうの?」と彼女の友達が尋ねた。
「BOBよ」
これならどちら方向から綴ってもBOBですよね。

49-46 Parenthood change
 Y
es, parenthood changes everything.
But parenthood also changes with each baby. Here are some of the ways having a second and third child differs from having your first:

YOUR CLOTHES:
a. 1st baby: You begin wearing maternity clothes as soon as your OB/GYN confirms your pregnancy.
b. 2nd baby: You wear your regular clothes for as long as possible.
c. 3rd baby: Your maternity clothes are your regular clothes.

THE BABY'S NAME:
a. 1st baby: You pore over baby-name books and practice pronouncing and writing combinations of all your favorites.
b. 2nd baby: Someone has to name their kid after your great-aunt Mavis, right?
It might as well be you.
c. 3rd baby: You open a name book, close your eyes, and see where your finger falls.
Bimaldo? Perfect!

PREPARING FOR THE BIRTH:
a. 1st baby: You practice your breathing religiously.
b. 2nd baby: You don't bother practicing because you remember that last time, breathing didn't do a thing.
c. 3rd baby: You ask for an epidural in your 8th month.

THE LAYETTE:
a. 1st baby: You prewash your newborn's clothes, color-coordinate them, and fold them neatly in the baby's little bureau.
b. 2nd baby: You check to make sure that the clothes are clean and discard only the ones with the darkest stains.
c. 3rd baby: Boys can wear pink, can't they?

WORRIES:
a. 1st baby: At the first sign of distress--a whimper, a frown--you pick up the baby.
b. 2nd baby: You pick the baby up when her wails threaten to wake your firstborn.
c. 3rd baby: You teach your 3-year-old how to rewind the mechanical swing.

ACTIVITIES:
a. 1st baby: You take your infant to Baby Gymnastics, Baby Swing, and Baby Story Hour.
b. 2nd baby: You take your infant to Baby Gymnastics.
c. 3rd baby: You take your infant to the supermarket and the dry cleaners.

GOING OUT:
a. 1st baby: The first time you leave your baby with a sitter, you call home 5 times.
b. 2nd baby: Just before you walk out the door, you remember to leave a number where you can be reached.
c. 3rd baby: You leave instructions for the sitter to call only if she sees blood.

AT HOME:
a. 1st baby: You spend a good bit of every day just gazing at the baby.
b. 2nd baby: You spend a bit of every day watching to be sure your older child isn't squeezing, poking, or hitting the baby.
c. 3rd baby: You spend a little bit of every day hiding from the children.

 親の立場も変わる
 そうです、親の態度で子供の全てが変わります。
でも親の立場も子供によって変わります。最初の子と、二番目、三番目の子とは、こんなに扱い方が違うんです。

妊婦服
a.長男(長女): 産婦人科に行って妊娠を告げられた途端に、妊婦服を着始める。
b.次男(次女): 普段着が着られるギリギリまでは、それで通す。
c.三男(三女): ゆるゆるの普段着がそのまま妊婦服になる。

命名方法
a.長男(長女): 名前の本を何冊も熟読して名を選び、名前を何度も発音して響きを確かめ、何度も書いてみてすべて気に入るかどうか確かめる。
b.次男(次女): 誰かに名前を考えてもらう。例えばマーヴィス大叔母さんとか。
もちろん自分自身で考えても構いませんがね。
c.三男(三女): 名前の本を無造作に開いて、目をつぶって指で指したところにあった名前にする。
ビマルドだって?それでいいじゃない。

分娩準備
a.長男(長女): 祈りをこめて呼吸する方法をしっかり練習する。
b.次男(次女): 呼吸法は大して影響ないということを前回学んだので、呼吸の練習はしない。
c.三男(三女): 妊娠8ヶ月になったら無痛分娩を産婦人科に依頼する。

新生児用品
a.長男(長女): 新生児用の衣服は前もって洗濯し、色のバランスを考えて着せて、ベビー箪笥に丁寧に畳んでしまう。
b.次男(次女): 衣服が汚れていないか確かめ、一箇所くらいシミがあっても気にしない。
c.三男(三女): 男の子だって、ピンクの服着せても構わないわよね?

赤ん坊がむずかった時
a.長男(長女): シクシク泣いたり、眉間にしわを寄せたり、ご機嫌が悪くなるとすぐに赤ん坊を抱き上げる。
b.次男(次女): 下の子が泣きわめいて寝ている上の子を起こしそうになった時は、下の赤ん坊を抱き上げる。
c.三男(三女): 三歳になる上の子に、下の子用のシーソーのぜんまいの巻き方を教えておけば大丈夫。

赤ちゃんと一緒
a.長男(長女): 新生児を体操、水泳教室に連れて行き、絵本を読んで聞かせる。
b.次男(次女): 新生児を体操教室に連れて行く。
c.三男(三女): 新生児をスーパーマーケットとクリーニング屋に連れて行く。

外出時には
a.長男(長女): ベビーシッターを雇って子供を家に置いていく。外から5回位電話をかけて様子を確かめる。
b.次男(次女): 家を出る直前に、ベビーシッターに緊急連絡用の電話番号を残していくことを思い出す。
c.三男(三女): もし子供達がケガをして血を出した場合の処置方法を書いた紙を、ベビーシッターに渡す。

家では
a.長男(長女): 毎日の多くの時間は赤ん坊を眺めることに費やす。
b.次男(次女): 毎日の多くの時間は上の子が下の子を揺すったり、突っついたり、殴ったりしないか監視することに費やす。
c.三男(三女): 毎日子供の目につかないように隠れるのに多少時間を費やす。

49-47 The point of coming school
 "Why can't you answer any of the questions?" the exasperated teacher asked little Jimmy.
Jimmy replied, "If I could answer all your questions, what would be the point of coming to school, teacher?"
 学校に通う意味
 「どうして質問にひとつも答えられないんですか!」と、頭に血が昇った先生がチビのジミーを叱りつけた。
ジミーは答えた。「先生、僕が先生の質問に全部答えられるんだったら、学校に通う意味なんてないじゃないですか。」

49-48 Underwear
 M
rs. Jones sent her daughter Silvia to buy some groceries at the market.
On the way she met some boys who asked her to climb up a tree and get them some fruit of which she did.
She bought the groceries and got back home to her mother.
Mrs. Jones: "Why did you take so long?"
Silvia: "I met some boys who asked me to climb up a tree and fetch them some fruit."
Mrs. Jones: "Silvia, you should know that when boys ask you to climb up a tree, all they want to see is your underwear. You shouldn't have done it."
Silvia: "Mother, I know, that's why I took my panties off before climbing up the tree..."
 下着
 ジョーンズ夫人が娘のシルビアに市場の八百屋で買い物をしてくるように頼んだ。
お使いの途中でシルビアは何人かの男の子達に会って、木によじ登って上にある果物をもぎ取ってほしいと頼まれた。
シルビアは男の子達の言う通りにしてあげた。
そして八百屋で買い物を済ませて家にもどると、母親から「どうしてこんなに時間がかかったの?」と聞かれた。
シルビアは「途中で男の子達に会って、木によじ登って上にある果物をもぎ取ってほしいと頼まれたからよ」と答えた。
ジョーンズ夫人は「シルビア、男の子達がそういうことを頼む時は、男の子達は木の下から、あなたの下着を覗き見したいからなのよ。だからそういうことをしてはいけませんよ」と、たしなめた。
「ママ、私だってその位わかっているわ。だから私、下着を見せないように木に登る前にパンツを脱いでしまってから昇ったのよ」
下着を覗かせるどころでなく、秘部をもろに見せてしまったのですね。(*_*)

49-49 The point of coming school
 "Why can't you answer any of the questions?" the exasperated teacher asked little Jimmy.
Jimmy replied, "If I could answer all your questions, what would be the point of coming to school, teacher?"
 学校に通う意味
 「どうして質問にひとつも答えられないんですか!」と、頭に血が昇った先生がチビのジミーを叱りつけた。
ジミーは答えた。「先生、僕が先生の質問に全部答えられるんだったら、学校に通う意味なんてないじゃないですか。」

49-50 Role call
 A
third grade teacher always took role call each morning and asked her pupils to answer by reciting a short prose.
The first kid sat in the first row stood and said, "My name is Dan, and when I become a man, I would like to go to Japan if I can, and I think I can."
The next kid was a little girl who sat in the middle of the room.
She stood up and answered the roll call by stating, "My name is Suzy, and when I become a lady I would like to have a baby if I can, and I think I can."
The next on the list was Little Johnny in the back row.
He stood up and said, "My name is Johnny, and I don't give a damn about Japan, but I would like to help Suzy in her plan if I can ... and I think can!"
 出席を取ります
 小学校3年生クラスの女教師は、毎朝出席を取る時、返事と一緒に短い散文を添えるよう生徒達に要求していた。
最前列の席に座っていた生徒が立ち上がると返事をした。「僕の名前はダンです。僕は大きくなったら、出来るなら日本に行きたいと思っています。僕は行けると思います」と答えた。
次に教室の真ん中の席に座っていた少女が名前を呼ばれて立ち上がると、「私の名前はスージーです。私が大人になったら、出来たら赤ん坊を産みたいと思っていますが、私は出来ると思います」と言った。
出席簿の次の名は後方座席に座っていたジョニーだった。彼は立ち上がると「僕の名前はジョニーです。僕は日本なんて国はどうでも構わないけど、スージーの夢を助けることをしたいと思います。そして僕は出来ると思います」
ませたジョニーは、スーザンが子供を産む時は助けたい、
つまりベッドでお相手になってあげるよと言っているのです。

#49−1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50・51〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110


*  
*