●Kazさんのページ

#49.Kids

#49−1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60
61〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110

49-51 When was Rome built?
Teacher : When was Rome built?
Pupil : At night.
Teacher : Why do you say that?
Pupil : Rome was not built in a day.
 ローマはいつ建設されましたか?
先生:ローマはいつ建設されましたか?
生徒:夜です。
先生:なぜ、そう言えるのですか?
生徒:だって、「ローマは日中に建設されなかった」って言うじゃないですか。
Rome was not built in a day.は「ローマは一日にして成らず」という格言ですが、
この生徒はdayを日中(=昼間)と思ってしまったのですね。

49-52 The sum of which
 A
little Johnny was doing his math homework.
He said to himself, "Two plus five, that son of a bitch is seven. Three plus six, that son of a bitch is nine...."
His mother heard what he was saying and gasped, "What are you doing?"
The little Johnny answered, "I'm doing my math homework, Mom."
"And this is how your teacher taught you to do it?" the mother asked.
"Yes," he answered.

 Infuriated, the mother asked the teacher the next day, "What are you teaching my son in math?"
The teacher replied, "Right now, we are learning addition."
The mother asked, "And are you teaching them to say two plus two, that son of a bitchis four?"
After the teacher stopped laughing, she answered, "What I taught them was, two plus two, THE SUM OF WHICH, is four."

 合計は
 チビのジョニーが算数の宿題を家でやっていた。
彼は「2+5は、クソッタレ(son of a bitch)7だ。3+6はクソッタレ9だ…」と口に出して計算をしていた。
それ聞いた母親は思わず息を呑んで「一体、あなたは何をしているの!」とジョニーをたしなめた。
チビのジョニーは「ママ、僕は算数の宿題やっているんだよ」と応えた。
「学校の先生が、そういう数え方をしろって教えたの?」と母親が聞くと、「うん、そうだよ」とジョニーが返事をした。

 非常に怒った母親は翌日担任の先生の所に行って「一体、あなたは算数の授業でうちの息子にどういう教え方をしたのですか?」
先生は「今、足し算を勉強していますが、それが何か…」と聞き返した。
ジョニーの母親は「それで、あなたは生徒に『2+2は、クソッタレ(son of a bitch)4』と計算しろと教えているのですか!」と詰め寄った。
先生はゲラゲラ笑い出してこう答えた。「私が生徒達に教えたのは、『2+2、その合計は(the sum of which)4』という数え方ですけど…」


49-53 Different teacher
Teacher : When I was your age, I could answer any question in arithmetic.
Pupil : Yes, Miss, but you had a different teacher.
 別の先生に習ったでしょ?
先生:私があなた達と同じ年頃は、どんな算数の問題でも解けたのよ。
生徒:きっと先生はそうだったろうと思います。でも別の先生に習ったでしょ?
僕達が算数が出来ないのは、
教える先生つまりあなたが悪いからですよ、と言っています。

49-54 Return thanks
 A
4-year-old boy who was asked to return thanks before Thanksgiving dinner.
The family members bowed their heads in expectation.
He began his prayer, thanking the Lord for all his friends, naming them one by one.
Then he thanked the Lord for Mommy, Daddy, brother, sister, Grandma, Grandpa, and all his aunts anduncles.
Then he began to thank the Lord for the food.
He gave thanks for the turkey, the dressing, the fruit salad, the cranberry sauce, the pies, the cakes, even whip cream.
Then he paused, and everyone waited -- and waited.
After a long silence, the young fellow looked up at his mother and asked in a whisper, "If I thank the Lord for the broccoli, won't he know that I'm lying?"
 食事前のお祈り
 4歳の少年が感謝祭の夕食時、食事前のお祈りをするようにと言われた。
家族全員が食卓で頭を垂れて、少年の祈りを今か今かと待っていた。
少年は彼の全ての友人の名を一人一人あげて、神に感謝していると祈った。
次に少年は母親、父親、兄弟姉妹、祖父母、全ての叔父叔母が神に感謝していると祈った。
そして今日の食事を与えてくれたことに対して、神に感謝の祈りを捧げた。
「神様、私達にこの七面鳥、ドレッシング、フルーツサラダ、クランベリーソース、パイとお菓子、それにホイップクリームまでお与え下さったことに感謝します」と言った後で、少し言葉に詰まった。
家族全員がその次の言葉を待っていたが、なかなか彼の口が開かなかった。
長い沈黙の後、少年は母親の顔を見上げて小声で尋ねた。
「『神様、ブロッコリーを与えて下さって感謝します』って祈ったら、神様は僕が嘘をついているって見破ってしまうかな?」
4歳の子供は無邪気で正直ですね。

49-55 Are your parents at home?
 O
ne day little Johnny was sitting in his house when the door knocked.
Johnny ran to open the door with a bottle of whisky in one hand and a cigar in the other.
The sales person at the door said, "Are your parents at home?"
Little Johnny grinned, "What the heck do you think?"
 ご両親は家に居ますか?
 ある日チビのジョニーが家で座っていると、玄関のドアをノックする音が聞こえた。
片手にウイスキーのボトル、もう一方の手に葉巻を持ったジョニーがドアを開けると、セールスマンが立っていて「ご両親は家に居ますか?」とジョニーに尋ねた。
ニヤニヤ笑いながらジョニーが答えた。「居ると思う?」
両親が家に居たら、子供にウイスキーと葉巻を許す訳がないでしょ、とジョニーはセールスマンをからかっているのです。

49-56 One good thing
 A
school teacher is talking to Johney's father.
Teacher: "Well, at least there's one good thing I can say about your son, Johney."
Father: "What's that?"
Teacher: "With grades like these, he couldn't be cheating."
 一つだけ良いこと
 学校の先生がジョニーの父親と面談している。
先生:まあ、お子様のジョニーについて、少なくとも一つだけは良いことが明らかです。
父親:何でしょう?
先生:こういった成績ですと、カンニングはしてないといえます。

49-57 Geography class
 A
teacher of the school geography class was lecturing on map reading.
After explaining about latitude, longitude, degrees and minutes the teacher asked: "Suppose I asked you to meet me for lunch at 23 degrees, 4 minutes north latitudeand 45 degrees, 15 minutes east longitude?"
After a confused silence, little Johnny said, "I guess you'd be eating alone!"
 地理の授業
 地理の授業で、先生は地図の読み方を教えていた。
傾度、緯度とその単位を説明した後に「もし私が、今日のお昼は北緯23度4分、東経45度15分の場所で食べましょうと、言ったらどうなりますか?」と尋ねた。
生徒達は困惑した表情で押し黙ってしまったが、やがてチビのジョニーが言った。
「多分先生は、一人でお昼を食べることになりますね」

49-58 Twins
 A
family had twin boys whose only resemblance to each other was their looks.
If one felt it was too hot, the other thought it was too cold.
If one said the TV was too loud, the other claimed the volume needed to be turned up.
They were opposite in every way.
One was an eternal optimist, the other a doom-and-gloom pessimist.

 Just to see what would happen, on Christmas, their father loaded the pessimist's room with every imaginable toy and game.
The optimist's room he loaded with horse manure.
That night, the father passed by the pessimist's room and found his son sitting amid his new gifts crying bitterly.
"Why are you crying?" the father asked.
"Because my friends will be jealous. I'll have to read all these instructions before I can do anything with this stuff. I'll constantly need batteries, and my toys will eventually get broken," answered the pessimist twin.
Passing the optimist twin's room, the father found his son dancing for joy in the pile of manure.
"What are you so happy about?" the fatherasked.
The optimist twin replied, "There's got to be a pony in here somewhere!"

 双子
 ある家には双子の兄弟がいたが、二人は外見以外全く異なっていた。
双子の一人が暑すぎると感じる時、もう一人は寒すぎると感じ、一人はTVの音がうるさいと言うと、もう一人はTVの音量を上げてくれという具合に、すべての反応が逆だった。
そして考え方も一人は永遠の楽観主義者、もう一人は陰気な悲観論者だった。

 父親はクリスマスにこの双子の兄弟はどういった反応を示すかが見たくて、悲観論者の部屋には、思いつく全ての玩具やゲームを置いてやり、楽観主義者の部屋には馬糞をまき散らしておいた。
その日の夜父親が悲観論者の部屋の前を通ると、プレゼントの山に囲まれた双子の一人は大声をあげて泣いていた。
「なぜ泣くのだ?」と父親に尋ねられた悲観論者は、「だって、僕の友達はこのプレゼントを見たら僕に嫉妬するに違いないし、この玩具すべてを使いこなすためには説明書を全部読まなければならないじゃない。それに乾電池がいつも必要になるし、この玩具だっていつかは壊れてしまうし…」と愚痴った。
父親が楽観主義者の部屋の前を通ると、双子の一人は楽しそうに馬糞まみれになりながら、踊っているのが見えた。
「なぜそう楽しそうにしていられるのだ?」と、父親に尋ねられた楽観主義者が答えた。
「だって、馬糞があるということは、この近くに子馬がいるということじゃない!」


49-59 Take a hike
 A
father came home from a long business trip to find his son riding a very fancy new 10-speed bike.
"Where did you get the money for the bike? It must have cost $300."
"Easy, Dad,..." the boy replied. "I earned it hiking."
"Come on," the father said. "Tell me the truth."
"That is the truth," the boy replied.
"Every night you were gone, Mr. Reynolds from the grocery store would come over to see Mom. He gave me a $20 bill and told me to take a hike!"
 どっかに行っちゃいな
 父親が長い出張旅行から戻ると、息子が十段変速の高級自転車を乗り回しているのを見て、「その自転車を買うお金をどうやって手に入れたんだ?こいつは300ドルはするだろう?」と息子に尋ねた。
「簡単なことだよ、パパ、『ハイキング』をしながらお金を稼いだんだよ」と息子が答えたので、「おいおい、そんな話誰が信じると思ってるんだ。本当のことを言えよ」と急かせた。
「本当のことだってば」、と息子が説明する。
「パパが出張に出かけて以来、毎晩八百屋のレイノルズさんが、ママに会いにやって来たんだ。レイノルズさんは僕に20ドル渡すと、『どっかに行っちゃいな(Take a hike!)』って毎回言ってくれたんでさぁ・・」
Take a hikeは『ハイキングに行く』から転じて
『どこかへ行け、とっとと消え失せろ』という意味で使われます。

49-60 God is watching
 T
he children were lined up in the cafeteria of a Catholic elementary school for lunch.
At the head of the table was a large pile of apples.
The nun made a note, and posted on the apple tray: "Take only ONE. God is watching."
Moving further along the lunch line, at the other end of the table was a large pile of chocolate chip cookies.
A child had written a note, "Take all you want. God is watching the apples.

 神様が見ています
 カトリック系小学校の食堂で小学生達が、昼の給食時間に一列に並んで順番を待っていた。
料理が置かれたテーブルの上には最初リンゴが山になって積まれていたが、リンゴが置かれた皿に「一人ひとつだけです。神様が見ていますからズルをしないこと」と書かれた尼僧手書きの注意書きが掲げられていた。
テーブルに添って進むと、最後にはチョコレートクッキーが山のように積まれていた。
そこには子供の書いた手書きのカードが置かれてあった。
「好きなだけ取りなさい。神様はリンゴの方を見ているから大丈夫!」

#49−1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110


*  
*