●Kazさんのページ

#49.Kids

#49−1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜70
71〜8081〜9091〜100
101〜110

49-61 Who thinks you're stupid, stand up!
 A
new teacher was trying to make use of her psychological techniques to observe her pupils.
She started her class by saying, "Everyone who thinks you're stupid, stand up!"
After a few seconds, Little Johnny stood up.
The teacher said, "Do you think you're stupid, Little Johnny?"
"No, ma'am, but I hate to see you standing there all by yourself!"

 自分が間抜けだと思う人は立って!
 新任の教師が、心理学的手法を利用して生徒の観察をしてみようと試みた。
生徒の前で「自分が間抜けだと思う人は立って!」と言った。
数秒後チビのジョニーが立ち上がった。
「ジョニー君、君は自分が間抜けだと思っているの?」
「うぅぅん、先生、僕はそう思っていませんけど、でも先生一人だけが立っているのを見るに忍びないので…」


49-62 You be Jesus
 A
mother was preparing pancakes for her sons, Kevin, 5, Ryan, 3.
The boys began to argue over who would get the first pancake.
Their mother saw the opportunity for a moral lesson.
"If Jesus were sitting here, he would say, 'Let my brother have the first pancake. I can wait."
Kevin turned to his younger brother and said, "Ryan, you be Jesus!"
 お前がキリストでいいよ
 5歳のケビンと3歳のライアンの兄弟のために、母親がパンケーキを用意していた。
二人の幼い兄弟は、どっちが最初に出来たパンケーキを食べるかでもめていた。
これを見ていた母親が躾をするよい機会だと思って二人に諭した。
「もしキリスト様がここに座られていたのなら、きっと『私の兄弟に最初にパンケーキを食べさせてあげなさい。私はその後で食べよう』と仰るに違いないわ」
するとケビンは弟の方へクルっと向きを変えて即座に行った。「ライアン、お前がキリストでいいよ」
そうすれば自分は先に食べられると考えたお兄ちゃんは、さすがにずる賢いですね。

49-63 When did you begin, mother?
"I never told lies when I was a child."
"When did you begin, mother?"
 ママ、いつから始めたの?
「私は子供の時は決して嘘はつかなかったのよ」
「じゃ、ママ、いつから嘘をつき始めたの?」

49-64 You make a brilliant lawyer
 D
aniel's mother takes a look inside her 10- year old son's bedroom and immediately goes downstairs to confront him. "Daniel, I thought you told me that you had thoroughly cleaned your room. I've just taken a look at it and it's still a big mess. What have you got to say about it?"
"I really don't know why you're making such a fuss, Mom," Daniel replies. "After all, I never actually told you my room was thoroughly clean."

 "Oh but you did, Daniel," says the mother.
"No, mom, you're wrong," says Daniel.
"What I actually told you at 5.10pm this afternoon was, 'OK Mom, I'm done with the cleaning of my room'."
His mother can't help but smile. "OK Daniel," she says, "I should have remembered that you want to be a lawyer when you grow up. You're obviously going to make a brilliant lawyer."

 あなたは優秀な弁護士になれるわ
 ダニエルの母親は10歳の息子の寝室の中をのぞくと、直ぐに階段を下りてそこにいた息子に問い詰めた。
「ダニエル、あなたは自分の部屋を完璧に片付けたと、私に言ったはずよね。でもあなたの部屋をのぞいてみたら、散らかしっぱなしじゃないの。一体どういうことなの?」
「ママがどうしてそんなに怒っているのか、僕は理解に苦しむよ。だって僕は『完璧に片付けた』とは、これっぽっちも言っていないもの」とダニエルは答えた。

 「でも、ダニエルあなたはそう言ったわよ」と母が言うと、「違うよ、ママが間違っている。僕が実際に言った言葉は正確には『今日の午後5時10分現在、僕の部屋は片付いているよ』だよ」と、ダニエルが言うと、母親は微笑みをこらえきれずに言葉を続けた。
「わかったわ、ダニエル。それを聞いて、あなたが大きくなったら弁護士になりたいとい言っていたことを、私は思い出したわ。間違いなくあなたは優秀な弁護士になれるわ」

母親は自分の息子が「揚げ足を取って、白を黒と言いくるめる弁論の天才である。
これなら将来弁護士になっても成功するわ」、と思わず微笑んでしまったのです。

49-65 Caterpillars
Johnny : Daddy, are caterpillars good to eat?
Father : Have I not told you never to mention such things during meals!
Mother : Why did you say that, Johnny? Why did you ask the question?
Johnny : It's because I saw one on daddy's lettuce, but now it's gone.
 毛虫
ジョニー:パパ、毛虫って食べると美味しいの?
父親  :食事中にそういうことを言うんじゃないって、何度も言っているだろう!
母親  :ジョニー、なぜ、そんなことを言ったの?何でそういう質問が出るの?
ジョニー:さっきパパのレタスに毛虫が乗っていたんだけど、今見つからないんだもの。

49-66 Past tense
Female teacher: Today, we're going to talk about the tenses. Now, if I say "I am beautiful," which tense is it?
Student: Obviously it is the past tense.
 過去形
女性の先生が「今日は時制について授業をします。さて、もし私が『私は美人よ』と言ったら、この時制は一体何にあたりますか?」
生徒が答えた。「明らかに過去形ですね」

49-67 Parenthood changes
 Y
es, parenthood changes everything.
But parenthood also changes with each baby.
Here are some of the ways having a second and third child differs from having your first:

YOUR CLOTHES:
a. 1st baby: You begin wearing maternity clothes as soon as your OB/GYN confir ms your pregnancy.
b. 2nd baby: You wear your regular clothes for as long as possible.
c. 3rd baby: Your maternity clothes are your regular clothes.

THE BABY'S NAME:
a. 1st baby: You pore over baby-name books and practice pronouncing and writing combinations of all your favorites.
b. 2nd baby: Someone has to name their kid after your great-aunt Mavis, right?
It might as well be you.
c. 3rd baby: You open a name book, close your eyes, and see where your finger falls. Bimaldo? Perfect!

PREPARING FOR THE BIRTH:
a. 1st baby: You practice your breathing religiously.
b. 2nd baby: You don't bother practicing because you remember that last time, breathing didn't do a thing.
c. 3rd baby: You ask for an epidural in your 8th month.

THE LAYETTE:
a. 1st baby: You prewash your newborn's clothes, color-coordinate them, and fold them neatly in the baby's little bureau.
b. 2nd baby: You check to make sure that the clothes are clean and discard only the ones with the darkest stains.
c. 3rd baby: Boys can wear pink, can't they?

WORRIES:
a. 1st baby: At the first sign of distress--a whimper, a frown--you pick up the baby.
b. 2nd baby: You pick the baby up when her wails threaten to wake your firstborn.
c. 3rd baby: You teach your 3-year-old how to rewind the mechanical swing.

ACTIVITIES:
a. 1st baby: You take your infant to Baby Gymnastics, Baby Swing, and Baby Story Hour.
b. 2nd baby: You take your infant to Baby Gymnastics.
c. 3rd baby: You take your infant to the supermarket and the dry cleaners.

GOING OUT:
a. 1st baby: The first time you leave your baby with a sitter, you call home 5 times.
b. 2nd baby: Just before you walk out the door, you remember to leave a number
where you can be reached.
c. 3rd baby: You leave instructions for the sitter to call only if she sees blood.

AT HOME:
a. 1st baby: You spend a good bit of every day just gazing at the baby.
b. 2nd baby: You spend a bit of every day watching to be sure your older child isn't squeezing, poking, or hitting the baby.
c. 3rd baby: You spend a little bit of every day hiding from the children.

親の立場も変わる
そうです、親の態度で子供の全てが変わります。
でも親の立場も子供によって変わります。
最初の子と、二番目、三番目の子とは、こんなに扱い方が違うんです。

妊婦服
a.長男(長女):産婦人科に行って妊娠を告げられた途端に、妊婦服を着始める。
b.次男(次女):普段着が着られるギリギリまでは、それで通す。
c.三男(三女):ゆるゆるの普段着がそのまま妊婦服になる。

命名方法
a.長男(長女):名前の本を何冊も熟読して名を選び、名前を何度も発音して響きを確かめ、何度も書いてみてすべて気に入るかどうか確かめる。
b.次男(次女):誰かに名前を考えてもらう。例えばマーヴィス大叔母さんとか。もちろん自分自身で考えても構いませんがね。
c.三男(三女):名前の本を無造作に開いて、目をつぶって指で指したところにあった名前にする。ビマルドだって?それでいいじゃない。

分娩準備
a.長男(長女):祈りをこめて呼吸する方法をしっかり練習する。
b.次男(次女):呼吸法は大して影響ないということを前回学んだので、呼吸の練習はしない。
c.三男(三女):妊娠8ヶ月になったら無痛分娩を産婦人科に依頼する。

新生児用品
a.長男(長女):新生児用の衣服は前もって洗濯し、色のバランスを考えて着せて、ベビー箪笥に丁寧に畳んでしまう。
b.次男(次女):衣服が汚れていないか確かめ、一箇所くらいシミがあっても気にしない。
c.三男(三女):男の子だって、ピンクの服着せても構わないわよね?

赤ん坊がむずかった時
a.長男(長女):シクシク泣いたり、眉間にしわを寄せたり、ご機嫌が悪くなるとすぐに赤ん坊を抱き上げる。
b.次男(次女):下の子が泣きわめいて寝ている上の子を起こしそうになった時は、下の赤ん坊を抱き上げる。
c.三男(三女):三歳になる上の子に、下の子用のシーソーのぜんまいの巻き方を教えておけば大丈夫。

赤ちゃんと一緒
a.長男(長女):新生児を体操、水泳教室に連れて行き、絵本を読んで聞かせる。
b.次男(次女):新生児を体操教室に連れて行く。
c.三男(三女):新生児をスーパーマーケットとクリーニング屋に連れて行く。

外出時には
a.長男(長女):ベビーシッターを雇って子供を家に置いていく。外から5回位電話をかけて様子を確かめる。
b.次男(次女):家を出る直前に、ベビーシッターに緊急連絡用の電話番号を残していくことを思い出す。
c.三男(三女):もし子供達がケガをして血を出した場合の処置方法を書いた紙を、ベビーシッターに渡す。

家では
a.長男(長女):毎日の多くの時間は赤ん坊を眺めることに費やす。
b.次男(次女):毎日の多くの時間は上の子が下の子を揺すったり、突っついたり、殴ったりしないか監視することに費やす。
c.三男(三女):毎日子供の目につかないように隠れるのに多少時間を費やす。


49-68 Can you count any higher?
 T
he teacher asked a pupil to count to five.
He proceeded to count to five on his fingers.
"Can you count any higher?"
The boy raised his hands over his head and counted five again.

 その上数えられる?
 先生が生徒に5まで数えるように言った。
指名された男の子は指を折りながら1から5まで数えた。
「その上も数えられる?」と先生が聞くと、その男の子は両手を自分の上に高く掲げて、1から5までもう一度数えた。

この男の子は「any higher」(その上の)を「今の位置より高い場所で数えられる?」と取ってしまったのです。

49-69 Cantankerous woman
 L
aurence is an accountant and is getting ready to leave his house for an early morning meeting with one of his female clients.
But he is not looking forward to it at all.
This client is always unbelievably bad tempered and quarrelsome - a typical cantankerous client if ever there was one.
As he is about to go downstairs for breakfast, his 5 year old daughter Hilary goes over to him and asks, "What's the matter daddy? You look very unhappy."
"I am, darling," repliesLaurence. "
Daddy is soon going to see a very angry woman who always shouts and yells at me."
"Oh," says Hilary. "So when you see mummy, tell her I'll be down soon."

 いつも喧嘩腰の女性
 会計士のローレンスは顧客の一人である女性と会うため、早朝彼の家を出ようとしていた。
けれど彼は今日の会合には本当は全く行きたくなかったのだ。
この女性客は信じられない位いつでも不機嫌で、文句ばかり言って、喧嘩腰の女性だったからだ。
ローレンスが朝食を食べるために階下に降りて行こうとした時、5歳になる彼の娘のヒラリーが、父親の前にやって来て、「パパ、楽しくなさそうだけど、何か具合の悪いことでもあるの?」と聞いた。
「そうなんだよ、ダーリン。パパは今日これからいつもパパに向かって怒鳴ってわめき散らす、とっても怒りやすい女性と会わなければならないからさ」と、彼は答えた。
「あぁ、そうなの。じゃママに会ったら私は直ぐにそこに降りて行くからね、と伝えてね」と、ヒラリーは言った。

歳の娘は"いつもパパに向かって怒鳴ってわめき散らす、とっても怒りやすい女性"とは
ママのことだと思っているのです。

49-70 Dark in here
 A
woman takes a lover home during the day while her husband is at work.
Her 9-year old son comes home unexpectedly, sees them, and hides in the bedroom closet.
Then the woman's husband also comes home.
She puts her lover in the closet, not realizing that the little boy is in there already.
The little boy says, 'Dark in here.'
The man says, 'Yes, it is.'
Boy - 'I have a golf ball.'
Man - 'That's nice.'
Boy - 'Want to buy it?'
Man - 'No, thanks.'
Boy - 'My dad's outside.'
Man - 'OK, how much?'
Boy - '$250'

 A few weeks later, it happens again that the boy and the lover are in the closet together.
Boy - 'Dark in here.'
Man - 'Yes, it is.'
Boy - 'I have sand wedge.'
The lover, remembering the last time, asks the boy, 'How much?'
Boy - '$750'
Man - 'Ok.'

 A few days later, the boy's father says to the boy, 'Grab your sand wedge and golf ball, let's go outside and have some short game practice.'
The boy says, 'I can't, I sold my ball and sand wedge.'
The father says, 'What?! How much did you sell them for?'
The boy replies, '$1,000.'
The father says, 'That's terrible to overcharge your friends like that. That is far more than those two things cost. I'm going to take you to church and make you confess.'

 They go to the church and the father makes the little boy sit in the confession booth and he closes the door.
The boy says, 'Dark in here.'
The priest says, 'Don't start that shit with me again. You're in my closet now.'

 ここは真っ暗だ!
 亭主が仕事に出かけている昼間に、主婦が愛人を自宅に呼び込んだ。そうとは知らずに9歳になる彼女の息子が家に戻り、二人がいちゃついているのを見て、寝室の押し入れに隠れた。
そうすると彼女の夫も家に戻って来たので、主婦は息子がそこに隠れているとは知らずに、慌てて愛人を押し入れに押し込んだ。
押し入れの中で息子が「ここは真っ暗だね」と言うと、愛人の男は「そうだね」と答えた。
少年:僕、ゴルフボールを持っているんだ。
男 :それは素敵だね。
少年:これ、買ってくれない?
男 :いや、買わないよ。
少年:僕のパパが、この部屋に居るんだけどな。
男 :わかったよ、いくらなら売るんだね?
少年:250ドル。

 数週間後、再び同じことが繰り返された。押し入れの中で息子は、母親の愛人と一緒になった。
少年:ここは真っ暗だね。
男 :そうだね。
少年:僕、ゴルフクラブのサンドウエッジを持っているんだ。
愛人の男は前回のことを思い出して、少年に尋ねた。
男 :それはいくらなんだ?
少年:750ドル。
男 :わかった。

 数日後少年の父親が「お前のサンドウエッジとゴルフボールを持っておいで。外でゴルフの練習ゲームをしようじゃないか」と言ったので、息子は「僕はゴルフボールとサンドウエッジを売ってしまったので、ゴルフの練習は出来ないんだ」と答えた。
「何だって?いったいいくらで売ったんだ?」と父親に聞かれた息子は「二つ合わせて1,000ドルさ」と答えた。
父親は「お前の友達に売ったのだとしたら、それは高すぎる。二つ合わせてもそんな額にはならない。私はお前を教会に行って懺悔告白させるつもりだ」と言った。

 二人は教会に行って、父親が息子を懺悔告白室の中に入れ、扉を閉めた。
息子が「ここは真っ暗だね」と言うと、外から牧師が「またその台詞で始めるのか!いい加減にしろ。今日お前は俺の部屋に閉じ込められているんだからな」

ということは、押し入れの中で何度もお金をせびられた母親の愛人は、
教会の牧師さんだったのですね

 #49−1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110


*  
*