●Kazさんのページ

#49.Kids

「パパ、私はどうやって生まれたの?」という無邪気な子供の質問に、
「コウノトリが 運んで来たんだよ」と父親が答えると、
「エー、パパとママがセックスしたからじゃなかったの?」などと大人がやり込められるのがこのカテゴリーです。
小学校の授業中にいつも先生を困らせる質問をするLittle Johnnyは、Kids (子供)Jokesのスターです。

#49−1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111~120

49-111 Close shave
 L
ittle Willie asked his mother, "Mamma, don't soldiers ever go to heaven?"
"Of course they do!" protested his mother.
"What makes you ask?"
"There are so many soldiers with beards but I never saw any pictures of angels with beards."
"Oh, that's because most men who go to Heaven get there by a close shave."

 危機一髪
 チビのウイリーが母親に「ママ、兵隊さんは天国に行かないの?」と尋ねた。
「もちろん行くわよ。なぜそんな質問するの?」と母親は強い口調でたしなめた。
「だって殆どの兵隊さんって髭もじゃでしょ。髭をつけた天使なんて、僕見たことないもの」とウイリーは説明した。
「あぁ、そう思っていたの。天国に行く殆どの兵隊さんたちはね、そこで髭をきれいに剃ってもらう(get close shave)からよ」

close shaveは、 I had a close shave when a tree suddenly fell where I was standing.
(私が立っている場所に突然木が倒れてきたが、間一髪助かった)のように使われます。
危機一髪の経験をしてきた兵隊という意味と、髭をきれいに剃るとの両方に掛けています。


49-112 To be a minister
 A
fter Sunday Church morning, Little Johnny suddenly announced to his mother, "Mom, I've decided I'm going to be a minister when I grow up."
"That's wonderful!" Little Johnny's mother was pleased.
"But what made you decide to be a minister?"
"Well," Little Johnny replied, "If I have to go to church on Sunday anyway, and it will be more fun to stand up and yell than to sit still and listen."

 牧師になる
 日曜日の教会から戻って来たチビのジョニーが、突然母親に「ママ、僕は大きくなったら牧師になろうと決めたんだ」と告げた。
「素晴らしいわ!」とジョニーの母親は喜んだが、「でも、どうして牧師になろうと決心したの?」と尋ねた。
「それなんだけどさ」とジョニーは言った。
「日曜日に教会に行かなければならないんだったら、ただ座って聞いているより、皆の前で立ってわめいている方がもっと楽しいだろうなと思ったからだよ」


49-113 Spiders
 A
father watched his young daughter playing in the garden.
He smiled as he reflected on how sweet and pure his little girl was.
Tears formed in his eyes as he thought about her seeing the wonders of nature through such innocent eyes.
Suddenly she just stopped and stared at the ground.
He went over to see what had captured her attention.
He noticed she was looking at two spiders mating.
"Daddy, what are those two spiders doing?" she asked.
"They're mating," her father replied.
"What do you call the spider on top?" she asked.
"That's a Daddy Longlegs," her father answered.
"So, the other one is a Mommy Longlegs?" the little girl asked.
As his heart soared with the joy of such a cute and innocent question he replied, "No dear. Both of them are Daddy Longlegs"
The little girl, looking a little puzzled, thought for a moment, then took her foot and stomped them flat.
"Well, we're not having any of that gay shit in our garden!
"

 蜘蛛
 幼い娘が庭で遊んでいるのを眺めていた父親が、なんてうちの娘は可愛らしいんだろうと微笑まずにはいられなかった。
こんなに純粋で美しい生き物を授けてくれるなんて、なんて自然は素晴らしいのだろうと思うと、思わず父親は目がウルウルとしてしまった。
突然娘の動きが止まり、目が地面に釘付けになっていた。
何が可愛い娘の気を引いているのかと父親が歩み寄ると、二匹の蜘蛛が交尾の真っ最中だった。
「パパ、この二匹の蜘蛛は何をしているの?」と娘が聞くので、「二匹は仲良く遊んでいるんだよ」と父親は答えた。
「上に乗っかっている蜘蛛は誰なの?」と娘に聞かれた父親は、「あー、それは足長パパさんだよ」と答えた。
「そうすると下の蜘蛛は足長ママさんなのかな?」と娘が尋ねた。
なんて無邪気で可愛らしい質問なんだ、と嬉しくなった父親は「いいや、二匹とも足長パパさん蜘蛛だよ」と言った。
幼い娘は訳がわからないという表情で少し考えてから、いきなり片足を上げて地面の二匹の蜘蛛をグシャっと踏みつけてペシャンコにして、こう言った。
「うちの庭で男同士そんな変態行為をするなんて、気色悪いわ!」

父親が目がウルウルするほど純粋で美しいと思っていた娘は、世間のこともよく知っているのですね。


49-114 Car and garage
 A
little boy and girl are in a bathtub, and are naked because they are too little too understand anything like that.
The girl and boy ask each other: "What's that?" and they both reply: "I'll ask my parents."
So the boy goes home and asks his dad what it is.
The dad looks solemnly at him and says: "Son, that's your car. You park it in a girl's garage."
The girl goes home and says: "what's that?"
The mother says: "That's your garage. Don't let any boy park his car in it."
The next day they are again in the tub.
The boy says it's a car and remembers what his dad said.
So he begins to put it in the girls "garage".
But then the girl remembers what her mom said.
5 minutes later, the girl comes back crying to the mom.
The mother asks her what was wrong and she said: "Mommy, a boy tried to put his car in my garage, but I punctured his two back tires. He screamed."

 車と車庫
 小さな男の子と女の子が二人素っ裸でお風呂に入っていた。
二人は幼過ぎてそちら方面のことには無頓着だった。
二人はお互いの陰部を見つめ合って「これって何だろう?」と言ってから、「パパとママに聞いてみよう」ということになった。
男の子が家に戻って父親に自分の股間にある物は何なのか?と尋ねると、父親は厳粛な表情で「息子や、それはお前の自動車だ。お前の車は女の子の車庫に入れるんだ」と答えた。
女の子は家に戻って母親に同じ事を聞くと、母親は「それはあなたの車庫よ。でも男の子の車を入れてはだめよ」と答えた。
翌日二人はまた一緒に風呂に入った。
男の子は「僕のこれは自動車なんだよ」と言って昨日の父親の言葉を思い出し、女の子の"車庫"に自分の車を入れようとした。
けれど女の子はママが言ったことを思い出して抵抗した。
5分後に少女が泣きながら母親の所へ戻ってきた。
「一体全体、どうしたの?」と母親が彼女に聞くと、「ママ、彼が自分の車を私の車庫に入れようとしたの。だから私は車の後輪二つをパンクさせてやったの。彼は大声で泣き叫んだけど。。。」


#49−1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110・111~120

*  
*