●Kazさんのページ

#26.Latin
Latin(ラテンアメリカン) jokeはメキシコ人、プエルトコ人など中南米諸国、カリブ海諸国の民族が対象になります。
メキシコ人は間抜けな農民、プレルトリコ人は大騒ぎして手癖が悪い、というのがステレオタイプです。

#26-1〜1011〜20・21〜30

26-21 Some days the bull wins
 A
man and his wife are visiting Mexico and go to a local restaurant for dinner.
They can't decide on what to have so they spend a lot of time looking over the menu.
While they are looking, they hear a trumpet fanfare, and out of the kitchen comes the cook with a big platter.
He is accompanied by three waiters and with much ceremony, they place the platter on the next table and uncover it to reveal two rather large rounded pieces of meat surrounded by vegetables and lots of garnish.
The man and wife ask their waiter what that was all about.
The waiter explains that the next table was just served the house specialty -the testicles of the bull from the day's bullfight.
The man and his wife ask for the same dish and the waiter explains that there is only one bullfight per day so they can't have that dish tonight, however, they could be the persons of honor tomorrow night.
That makes the couple happy.
They return the next day and await the feast.
There is the trumpet fanfare, and the big procession and all the hoopla and they set the platter down and uncover it only to reveal two rather small morsels.
When the man asks the waiter, " What gives yesterday's were so much larger?"
To which the waiter replies, "Well, Senor, you must understand, some days the bull wins."
 時には牛が勝つ日もあります
 メキシコを訪れていた夫婦が現地のレストランに夕食に出かけた。
二人は何を食べようか決めかねて長々と時間をかけてメニューを見ていた。
すると突然トランペットのファンファーレが鳴り響き、キッチンの中からシェフが大きなお皿を抱えて登場した。
シェフは三人のウエイターを従え、仰々しくこの皿を夫婦の席の隣の客のテーブルに置くと、皿の上の蓋を取って料理を披露した。
そこにはかなり大きな丸い肉の様な固まり野菜と沢山の付け合わせが盛られていた。
この夫婦はウエイターに隣席の料理は何かと尋ね た。
「お隣のテーブルの料理は当レストランのスペシャル料理、本日の闘牛に出場した牛の睾丸料理です」、とウエイターが説明した。
夫婦が同じ物を頼みたいとウエイターに言うと、「闘牛でしとめられる牛は毎日一頭だけですので、申し訳ございませんが今宵はあちら様の分だけです。お客様、明日の晩の分をご予約されてはいかがでしょうか?」
夫婦は喜んで予約した。翌日二人は特別料理を楽しみにして、再びこのレストランに現れた。
トランペットのファンファーレが鳴り、昨日の様な大仰な儀式とともにシェフとウエイター達は夫婦のテーブルの上に大皿を置いて、蓋を取った。
ところが皿の上にはほんの一口程度の大きさの丸い料理が二つしかなかったので、夫がウエイターに尋ねた。
「昨日の料理はもっと大きかったじゃないか。」
ウエイターが答える。「仰る通りです、セニョール。でも時には牛が勝つこともありますんで…」
この小さな二つの丸い料理は敗れた闘牛士の睾丸ということです。

26-22 New TV
 H
ow do you know you are a Puerto Rican?
If you need a new TV, you can run down to the local riot and pick one up.
 新しいテレビ
 あなたがプエルトリコ人だなぁ、と自覚するのはどういう場合ですか?
新しいテレビが欲しくなると、町での暴動に参加してどこかからそれを略奪して来た時。

26-23 No Mexicans in the Olympics
Q: Why are there no Mexicans in the Olympics?
A: Because all the ones who can run, jump and swim are already across the border !
 オリンピックにメキシコ人選手が出場しない理由
Q:オリンピックにメキシコ人選手が出場しないのは、何故ですか?
A:メキシコ人で走ったり、跳躍したり、泳げる人は皆国境を越えて(アメリカ合衆国へ移ってしまって)いるからです。

26-24 Small steering wheel
 W
hy do Puerto Ricans have small steering wheels?
So they can drive with handcuffs on.
 小さなハンドル
 なぜプエルトリコ人の車のハンドルは小さいのですか?
手錠を掛けたままでも運転することが出来るようにするためです。
プエルトリコ人は犯罪常習犯である、という悪いステレオタイプジョークです。

26-25 Cross-country
 W
hat is a Mexican's favorite sport?
A cross-country.
 クロスカントリー
 メキシコ人の好きなスポーツは何か?
クロスカントリーレース。
Cross-country(クロスカントリーレース)は自然の野山を走る競技ですが、
国境を越えて(cross country:不法移民として)、
アメリカに住み着くメキシコ人が多いことに掛けています。

26-26 Food stamps
 D
o you know how to starve a Puerto Rican to death?
Hide his food stamps under his work shoes.
 食券
 プエルトリコ人を餓死させるにはどうすればよいか?
彼に割り当てられた食券を彼の作業靴の中に隠せばよい。
怠け者のプエルトリコ人は働かないから、
作業靴を履くことはないので、隠された食券には気付かないだろうとことです。

26-27 Puerto Rican doctor
Q: Why aren't there any Puerto Rican doctors?
A: Because you can't spray-paint prescriptions.
 プエルトリコ人医師
 なぜプエルトリコ人には医師がいないのでしょうか?
スプレーペイントでは処方箋が書けないからです。
プエルトリコ人はスプレーペイントで建物を汚すことで悪評が高いからです。

26-28 Why are Mexicans so short?
 W
hy are Mexicans so short?
When they're young, their parents often say, "When you get bigger, you have to work."
 メキシコ人は何故背が低いか?
 メキシコ人は何故背が低いか?
子供の時に両親から「身体が大きくなったら働かないといけないよ」と、しょっちゅう言われていたから。
メキシコ人は怠け者で働きたくないので、
背が伸びて大人になりたがらない、というオチです。

26-29 Mexican accountant
 T
here was a Mexican accountant for the mob.
He happened to be deaf and mute.
While working for the mob he collected over $500,000 by stealing from the books.
The mob boss found out about this and sent two hitmen to his house.
Since the accountant was deaf and mute his brother translated what his brother said.

Hitman 1: Where is the money?
Accountant(signs): I do not know.
Brother: He said he does not know.
Hitman 2: Tell us where the money is or we will kill your wife and kids, burn down your house, and castrate you!
Accountant (signs fast and furiously): That the money is in a safe hidden in the floor board of his closet.
The accountant gave the combination.
Hitman 2: What did he say?
Brother: Fuck! You don't have the balls!

 メキシコ人会計士
 ギャング組織の帳簿を任されている聾唖のメキシコ人会計士がいた。
彼はこの組織の金から50万ドルをくすねてしまったが、ギャングのボスがこれに気付き、二人の殺し屋を会計士の所へ差し向けた。
この会計士は聾唖者だったので、彼の弟が手話で通訳に入った。

殺し屋1: 金をどこにある?
会計士(手話): 知らんね。
会計士の弟: 知らない、と言っています。
殺し屋2: 金がどこにあるか俺達に言わないと、お前の奥さんと子供を殺して、お前の家を焼いて、それからお前の男性器をちょん切ってやるぞと、こいつに言え!
会計士(狂ったように手を動かし): その金は洋服ダンスの底板の下に隠してある金庫の中に入っている。
(会計士は金庫の暗証番号も手話で教える。)
殺し屋2: こいつは何って言ってるんだ?
会計士の弟: くそったれ!お前達にそれだけの度胸があるのか!と言ってます。
怒った殺し屋が会計士の家族を殺し、家を焼いて、会計士の男性器をちょん切った後に、
この弟はこっそり金庫に入っている金を盗むつもりなのでしょうねぇ。。

#26-1〜1011〜20・21〜30


*  
*