●Kazさんのページ

#27.Lawyer

#27ー1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90

27-11 Justice has triumphed
 I
t was a notorious insider trading case and the Cohen & Stafford law firm put all its best lawyers on the defense of its richest client.
When the decision was handed down, Cohen left a simple message on Stafford's answering machine at home.
"Justice has triumphed."
When Stafford got the message, he soon called Cohen's machine and left this message.
"File an appeal immediately."
 正義が勝った
 コーエン&スタッフォード法律事務所は、悪評高いインサイダー取引裁判のケースで、金持ちの依頼人のために事務所の最優秀な弁護士を動員して弁論を張った。
判決が下ったのでコーエンはスタッフォードの自宅の留守電に、「正義が勝った」という簡単なメ ッセージを残した。
スタッフォードがこのメッセージを受け取った時、すぐにコーエン に電話をかけて「直ちに上告しろ」というメッセージを残した。
「正義が勝った」というのは自分達の主張ではなく、原告側の主張が認められたいうことで、
コーエンもスタッフォードも
自分達が弁護している依頼人が正しくないことは、百も承知なのです。

27-12 Hear your opinion about the weather
 A
doctor had lunch with a lawyer who had an office in the same building.
"I'm really annoyed," the doctor said.
"On my way here, I ran into an old friend who used to play bridge with. He kept me for ten minutes, telling me about his back pain."
"What did you do?" asked the lawyer.
"Oh, I recommended a few exercises and vitamins. Should I send him a bill or not? What do you think?"
"Defin itely you should," the lawyer replied.
"You gave him a piece of medical advice. That's a professional service."
"You're right. I'll send him a bill this afternoon," said the doctor.
The next day the doctor received an envelope form the lawyer.
It was a bill for $200 for a legal service.
The next week the doctor met the lawyer in the elevator.
"Nice weather, isn't it?" the doctor said, "but I don't mean to hear your opinion about the weather."
 天候に関するあなたの見解
 医者が同じビルにオフィスを持つ弁護士と一緒に昼食を取った。
「どうしようか、弱っているんだけどね」、と医者が口火を切る。
「ここにやって来る途中、昔のブリッジ仲間とバッタリ出会ったんだ。彼は自分の背中の痛みについてかれこれ10分位症状の説明を続けたんだよ。」
「で、君はどうしたの?」と弁護士が質問する。
「あぁ、僕は背中の痛みに効く数種類の運動とビタミンを教えてやったんだ。これってアドバイス料金を請求出来るものなのかなぁ、(弁護士として)君の意見はどうだい?」
「そりゃ絶対請求すべき筋合いのものさ。だって君は医療アドバイスというプロの仕事をしたんだから。」
「そうだよね。ありがとう、早速午後、彼に請求書を送るよ」と医者が言った。
翌日この医者は昨日昼食を共にした弁護士から書状を受け取った。
封を切ると法的サービス代金として200ドルの請求書が入っていた。
翌週、医者がくだんの弁護士とビルのエレベーターで一緒になった時、「いいお天気ですね、そうじゃないですか?」と言った。
すぐにこう付け加えることも忘れなかった。
「誤解しないで下さいね、これは天候に関するあなたの見解を尋ねているわけではありませんからね。」

27-13 Lawyer & vulture
 W
hat's the difference between a lawyer and a vulture?
A vulture waits until y ou're dead.
 弁護士とハゲタカ
 弁護士とハゲタカの違いはなんですか?
ハゲタカは少なくとも死ぬまでは待ってくれる。
弁護士は生きているうちから、食い荒らすということです。

27-14 Telling about some other guy
 T
he lady lawyer approached the jury box and began an eloquent plea for her client, "Ladies and gentlemen of the jury, I want to tell you about this man. There's so much to say that is good; he never beat his mother, he was always kind to little children, he never did a dishonest thing in his life, he has always lived by the golden rule, and he is a model of everything decent, forthright, and honest. Everyone loves him and. . ."
Her client leaned over to a friend and said, "How do you like that bitch?
I pay her good dough to defend me, and she's telling the jury about some other guy."
 誰か別の男のことを言ってるのか?
 女性弁護士が陪審員席に歩み寄って、自分の依頼人に関して雄弁な陳述を始めた。
「陪審員の紳士淑女の皆様、私の依頼人についてお話させていただきます。彼の長所を挙げれば切りが有りません。彼は母親に手を挙げたりしたことは一度もありませんし、小さな子供達にはいつも親切ですし、今までに一度も不誠実なことをしたことは有りませんでした。神様が定めた黄金律に則って毎日暮らし、全てのことに率直で、礼儀正しく、正直な彼の生き方は人々の模範と言えるでしょう。誰もが彼のことを好きになり…」
陳述を聞いていた依頼人が脇にいる自分の友人の方へ体を傾けて、小声でささやいた。
「あの馬鹿女は何を考えているんだ?あいつには高い金を払って俺を弁護するように言ったんだぞ。それなのにあの女ときたら、陪審員に別の男のことを一生懸命話していやがるんだから…」
女弁護士の美辞麗句があまりに現実の自分とかけ離れていたので、
この依頼人は他人のことを弁護しているのだと思ってしまったのです。

27-15 Stinker
 A
lawyer and two friends, a Rabbi and a Hindu holy man, had car trouble in the countryside and asked to spend the night with a farmer.
The farmer said, "Sorry, I have only one room for two to sleep. Thus one of you must sleep in the barn."
"No problem", replied the Rabbi, "My people wandered in the desert for two thousand years and I am humble enough to sleep in the barn for an evening."
With that he departed to the barn and the others bedded down for the night.
Moments later a knock was heard at the door of the farmer and there stood the Rabbi from the barn.
"What's wrong?" asked the farmer.
He replied, "I am grateful to you, but I can't sleep in the barn, because there is a pig in the barn and my faith believes that is an unclean animal."
His Hindu friend agreed to swap places with him.
But a few minutes there is a knock on the door and the Hindu holy man complained to the farmer, "I am grateful for your help, but there is a cow in the barn. In my country cows are considered sacred and I can't sleep on holy ground!"
Well, that leaves only the lawyer to make the change.
He grumbled and complained, but went out to the barn.
Moments later there was another knock on the farmer's door.
Frustrated and tired, the farmer opens the door again and there stood the pig and the cow!
 鼻つまみ
 弁護士と彼の友人であるユダヤ教司祭(ラビ)とヒンズー教の聖者が乗っていた車が田舎道で故障し、三人は付近の農家に一泊させてもらえないかと頼み込んだ。
農夫はこう答えた。「二人用の部屋がひとつ空いているだけなんで、申し訳ないが三人のうちどなたか一人は納屋で眠って下さらんかのぉ」
「結構ですよ、」とラビが申し出た。
「ユダ ヤの民は荒れ野を2000年さまよい歩いたんです。」一晩納屋の中で眠ることくらい、私にはどうってことないですよ。」そう言うと彼は納屋の方向へ歩いていったので、弁護士とヒンズー教の聖者はその夜部屋のベッドで眠りにつくことになった。
ところがすぐに農夫の部屋のドアがノックされ、納屋から戻って来たラビがそこに立っていたので、農夫は「いったい、どうされたんじゃ?」とラビに尋ねた。「あなたのご厚意には感謝しますが、あの納屋で眠ることは出来ません。なぜならあそこには豚がいます。ユダヤ教では豚は不潔な生き物とされているからです。」
そこでヒンズー教の聖者がラビの代わりに納屋で眠ることになった。
しかしこれまた数分後、ヒンズー教の聖者が農夫の部屋のドアをノックし、農夫に文句を言った。
「あなたのご厚意には感謝しますが、あの納屋で眠ることは出来ません。私の国では牛は聖なる動物とされているので、牛と一緒に眠 ることは出来ません。」
さてそうなると残るは弁護士しかいない。
彼はブツブツ文句を言いながら仕方なく納屋に向かった。
そのまた数分後に、また誰かが農夫の部屋のドアをノックした。
眠りを何度も妨げられた農夫がイライラしてドアを開けると、そこには豚と牛が立っていた。
弁護士は嫌われ者。
豚や牛が弁護士なんかと一緒に寝たくないと逃げて来た、という訳です。

27-16 I'm a lawyer too
 A
man walks into a bar and sees a good looking, smartly dressed woman perched on a bar stool.
He walks up behind her and says, "Hi there, good looking, how's it going?"
She turns around, faces him, looks him straight in the eye and says, "Listen, I'll screw anybody, anytime, anywhere, your place, my place, it doesn't matter. I've been doing it ever since I got out of college. I just love it."
He says, "No kidding? I'm a lawyer too! What firm are you with?"
 僕も弁護士なんだよ
 男がバーに入ると、美人で洋服のセンスも良い女性が一人バーの止まり木の椅子に腰掛けているのが目に入った。
彼女の後ろへすっと歩み寄って男はこう話かけた。「可愛い子ちゃん、元気で飲んでるかい?」
彼女は振り向いてこの男の顔を眺めてまっすぐ視線をそらさずにこう答えた。
「良くって、私はいつでも、どこでも−あなたのアパートだろうが、私のアパートだろうが、そんなことはおかまいなしに誰とでもセックスする (screw)女なのよ。私は大学を卒業してから、ずっとそうしてきたのよ。とにかく私、それが好きなのよ」
男が驚いてこう尋ねた。「え、マジで?実は僕も弁護士なんだよ。で、君はどこの事務所所属なの?」
この女性はセックスをするという意味でscrewを使ったのですが、
この男は自分が弁護士なものだからscrewを「騙して目茶苦茶にする」と解釈したのです。
「大学卒業以来、いつでも、どこでも、誰でも騙して目茶苦茶にしてきた職業」と言えば、
同業者の弁護士に決まってる、と勘違いして、
「え、マジで?僕も弁護士なんだよ」と答えたわけです。

27-17 Confide in
 A
rich old man was on his death bed.
He wanted badly to take some of his money with him.
He called his priest, his doctor and his lawyer to his bedside.
"Here's $30,000 cash to be held by each of you. I trust you to put this in my coffin when I die so I can take all my money with me."
At the funeral, each man put an envelope in the coffin.
Riding away in a limousine, the priest suddenly broke into tears and confessed, "I had only put $20,000 into the envelope beca use I needed $10,000 for a new baptistery."
"Well, since we're confiding in each other," said the doctor, "I only put $10,000 in the envelope because I needed a new machine at the hospital which cost $20,000."
The lawyer was aghast. "I'm ashamed of both of you," he exclaimed.
"When I put my envelope in that coffin, it held my personal check for the full $30,000."
 信頼して打ち明ける
 金持ちの老人が死にかけていた。
彼は自分が死ぬ時にはお金を一緒に持って行きたいと強く願っていたので、彼の親しい神父、医者、そして弁護士を自分のベッドのそばに呼んでこう依頼した。
「ここに各人3万ドルずつの現金がある。あんた達を信頼して渡すが、私が死んだ時には私の棺に全額そっくり入れて欲しい。そうすれば私は全財産を持ったまま死ねるからな。」
さてこの老人の葬儀が執り行われ、信頼された三人は棺の中に封筒をそれぞれ入れた。
大型リムジンに乗って葬儀場を離れる時に、車中で神父が突然涙を流して告白した。
「あの封筒には2万ドルしか入っていなかったんだ。教会の洗礼用浴槽を買うためにどうしても1万ドルが必要だったので…」
「そうですか、皆さんを信頼して打ち明けますと、実は私の封筒には1万ドルしか残っていないのです。病院に新しい機械設備を入れるために2万ドル使ってしまったんです」と、医者が言った。
弁護士があきれたと言わんばかりの表情で叫んだ。「二人とも、なんて恥知らずなんだ!私は封筒の中に3万ドル全額分の私が振り出した小切手を入れておいたんだぞ!」
小切手は棺が火葬されて燃えてしまえばそれっきり。
つまり弁護士は3万ドルまるまる自分のものにしてしまったのです。

27-18 Lawyers' adage
1.Where there's a will, there's a lawyer.
2.You can't live without lawyers and you can't die without them.
 弁護士に関する格言
1. 遺書あるところに弁護士あり。
2. 弁護士なしでは生きられないし、弁護士なしでは死ぬことも出来ない。
1.は Where there's a will, there's a way.:強い意志が有れば道が開けるという格言のもじりで、
willを遺書と読めば、遺書の作成には弁護士が必要だ、という意味になります。
また2.は、生きるにせよ死ぬにせよ、弁護士が必要になる、という意味です。

27-19 Giving Money
 T
he staff at a local charitable institutions office realized that it had never received a donation from the town's most successful lawyer.
The person in charge of contributions called him to persuade him to contribute.
"Our research shows that out of a yearly income of at least $500,000, you give not a penny to charity. Wouldn't you like to give back to the community in some way?"
The lawyer mulled this over for a moment and replied, "First, did your research also show that my mother is dying after a long illness, and has medical bills that are several times her annual income?"
Embarrassed, the charitable institutions representative mumbled, "Um...No."
"Or," the lawyer continued, "that my brother, a disabled veteran, is blind and confined to a wheelchair?"
The stricken charitable institutions' representative began to stammer out an apology but was interrupted when the lawyer added, "Or that my sister's husband died in a traffic accident?" the lawyer's voice rising in indignation, "Leaving her penniless with three children?"
The humiliated charitable institutions' representative, completely beaten, said simply, "I had no idea..."
On a roll, the lawyer cut him off once again, "So if I don't give any money to them, why should I give any to you?"
 寄付
 地元の慈善団体のスタッフは、町で一番成功している弁護士から寄付を一度ももらったことが無いことに気づいた。
募金担当者が弁護士に対し、電話で寄付をお願いした。
「私共の調査ではあなたが稼ぐ年間50万ドルのうち、1セントも寄付をされていないようです。地元のコミュニティに対して何か貢献したいと思いませんか?」
弁護士はこのコメントについて少し考えるとこう答えた。
「まず始めに、おたくの調査には私の母は長い間病に伏せて死にかけており、その病院代に彼女の年収の数倍かかるという事が書いてあったかね?」
当惑した慈善団体の担当者は口ごもる。「あの・・いいえ」
「あるいは、私の兄はベトナムで傷を負った退役軍人で失明し車椅子生活を余儀なくされていることは、書いてあったかね?」
困った慈善団体担当者はどもりながら謝罪の言葉を口にしようとしたが、弁護士の言葉に遮られた。
「あるいは私の姉の旦那が交通事故で亡くなったことは、調べて有ったのかね?」
弁護士は憤慨した口調で続ける。「その結果姉は3人の子供をかかえたまま、無一文になったことも?」
慈善団体の担当者は大いに恥じ入り返す言葉も見つからず、「全く知りませんでしたが。。」と言いかけたところ、弁護士は彼の言葉を遮って続けざまにこう言った。
「そういう家族に私はビタ一文お金を与えていないのに、なんでお前になんか金を寄付しなけりゃならないんだ?」
弁護士とはここまで強欲で、血も涙もないのですね。

27-20 Loopholes
 A
friend visiting a seriously ill lawyer was surprised to find him feverishly leafing through a large Bible.
"What are you doing? Are you looking for a God' s saying?" asked the visitor.
"No, I'm looking for loopholes," said lawyer, still searching.
 抜け道
 重病の弁護士をの友人が見舞に来て、彼が大きな聖書を必死になってめくっている姿を見て驚いた。
「この期に及んで何をしているんだ?神の言葉を捜して安らぎを求めようとでも言うのか?」と瀕死の友に尋ねた。
「違うんだ。どこか天国へ行ける抜け道のことが書かれていないかと思ってね」と弁護士は手を休めようともせず答えた。
自分は地獄に堕ちるのは判っているが、何とか抜け道を捜して天国にもぐり込めないかと、
瀕死の寝床で必死に聖書の文言を調べるとは、弁護士の面目躍如です。

#27ー1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90


*  
*