●Kazさんのページ

#27.Lawyer

#27ー1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90

27-21 Rolex
 A
lawyer buys a $60,000 Lexus.
For weeks all he talks about is his $60,000 Lexus.
One day, while driving to work, he skids his car and it is totaled.
The lawyer emerges from his car and begins wailing to the offending driver, "How could you do this to my $60,000 Lexus?"
A policeman arrives on the scene, and while he's writing up the report the lawyer is still ranting about his $60,000 Lexus.
Finally, the policeman can't take any more, and he turns to the lawyer and says: "You lawyers are all alike, so selfish and materialistic. For example, look at yourself. Your left arm has been torn off, and all you care about is your car."
For the first time the lawyer looks down at his left arm and no tices that it's gone.
And he immediately gasps, "Oh, my God! Where's my $3,000 Rolex?"
 ローレックス
 弁護士が6万ドルの高級車レクサスを買った。
毎週毎週、彼は6万ドルのレクサスの自慢話ばかりしていた。
ある日この高級車で仕事に向かう途中、対向車を避けようとして車を横滑りさせてぶつけてしまい、自慢の車を大破してしまった。
不愉快な対向車を運転していた男に向かって、弁護士は「僕の6万ドルのレクサスをどうしてくれるんだ!」とわめき出した。
警察官が現場にやって来て事故の調書を書き出しても、この弁護士はまだ6万ドルのレクサスのことで、ビービー文句を言い続けていた。
警察官の我慢も限界に来て、弁護士に向かってこう言った。「全くあんたたち弁護士は皆同じだ。自分のことしか考えないで、カネのことしか頭にない。いいかい、だいたいあんた自分の姿を見てごらん。事故で左腕が切断されているじゃないか。それなのにあんたは自分の車のことばかり言ってるんだから。」
そう言われて弁護士は初めて身体の左側を見て、腕が無くなっているのに気づいた。途端に彼が息を呑み込みながら叫んだ。
「なんてこっ た!僕の3千ドルのローレックス腕時計はどこに行ったんだ?」
自分の左腕が無くなっているのに、
壊れた車の事と見あたらないローレックスの事ばかり気にしているこの弁護士、
自分の傷の痛みは感じないのでしょうかね?

27-22 Limb
 A
lawyer defending a man accused of burglary tried this creative defense: "My client merely inserted his arm into the window and removed a few trifling articles. His arm is not himself, and I fail to see how you can punish the whole individual for an offense committed by his limb."
The judge replied, "Well, using your logic, I sentence the defendant's arm to one year's imprisonment. He can accompany it or not, as he chooses."
The defendant smiled. With his lawyer's assistance he detached his artificial limb, laid it on the bench, and walked out.
 手足
 強盗罪で起訴されていた男を弁護するため、弁護士が次のようなユニークな論理を展開した。「被告は単に腕を窓の外から中に入れて、取るに足らない物を数点持ち運んだだけなのです。彼の腕は彼の人格全体を現すというものではないのですから、手足が犯した罪でその人間全体を罰するというのは筋が通 らないと思います。」
裁判長はこう結論を下した。「よろしい被告弁護人の論理に従って、被告の腕に1年間の懲役を求刑する。被告は被告の意思に従い腕と一緒に懲役に付しても良し、腕だけを懲役に付しても良しとする。」
この判決を聞いて被告はニッコリ笑った。弁護士の助けを借りて被告は義手を外すと法定の椅子の上に置いて、外に歩いて出て行った。
裁判長は「腕だけ切り離して収監するなんて出来ないのだから、当然本人も懲役刑を甘んじて受けるしかないだろう」と思ったのですが、
どっこい被告と弁護人の方が上手だったのです。
シェークスピアの「ベニスの商人」を思い出させる話です。

27-23 Out of court settlement
 A
big-city lawyer was representing the railroad in a lawsuit filed by an old r ancher.
The rancher's prize bull was missing from the section through which the railroad passed.
The rancher only wanted to be paid the fair value of the bull.
The city-slicker attorney for the railroad immediately cornered the ranche rand tried to get him to settle out of court.
He did his best selling job, and finally the rancher agreed to take half of what he was asking.
After the rancher had signed the release and took the check, the young lawyer couldn't resist gloating a little over his success, telling the rancher, "You really are a country hick, old man. I couldn't have won the case. The engineer was asleep and the fireman was in the caboose when the train went through your ranch that morning. I didn't have one witness to put on the stand. I bluffed you!"
The old rancher replied, "Well, I'll tell you young feller, I was a little worried about winning that case myself, because that damned bull came home this morning ."
 示談成立
 年寄りの牧場主から訴えられた鉄道会社の弁護士として、大都市の弁護士が交渉にあたっていた。
この牧場主の所有する品評会で入選したほどの立派な雄牛が、鉄道会社の線路が通 る地点から行方不明になっていたのだ。
牧場主は恐らく汽車に轢き殺されたに違いない自分の雄牛に対して、正当な補償金を払うようにと要求した。
やり手の都市弁護士はたちまちこの牧場主の主張を論破し、裁判ではなく示談に持って行く方向に持って行った。
弁護士はありとあらゆる論法で牧場主を追いつめ、結局最初に牧場主が要求した半額で示談を成立させることに成功した。
牧場主が和解書に署名し、補償金額の書かれた小切手を受け取るのを見て、この若い弁護士は自分の辣腕ぶりを自慢したくなり牧場主にこう言った。
「あんたも、トロい田舎者だねぇ。」こっちは裁判に行ったら勝ち目はなかったんだよ。だってあの朝あんたの牧場を通過した時、列車の機関士は乗務員室で居眠りしていたんだからね。こっちの立場を有利にするような証人は一人もいなかったので、俺はあんたにハッタリをかませて、あんたはまんまと引っ掛かったのさ!」
これを聞いて老牧場主はこう答えた。「まぁ、お若いの、それならわしも本当のことを言うけどな、この裁判でわしが勝つかどうかちょっと心配してたんだよ。だって今朝いなくなったはずのあの馬鹿たれ雄牛が我が家へ戻ってきたもんだからね…」

27-24 Lantern
 I
n a terrible accident at a railroad crossing, a train smashed into a car and pushed it nearly four hundred yards down the track.
Though no one was killed, the driver took the train company to court.
At the trial, the engineer insisted that he had given the driver ample warning by waving his lantern back and forth for nearly a minute.
He even stood and convincingly demonstrated how he'd done it.
The court believed his story, and the suit was dismissed.
"Congratulations," the lawyer said to the engineer when it was over.
"You did superbly under cross-examination."
"Thanks," he said, "But he sure had me worried."
"How' s that?" the lawyer asked.
"I was afraid he was going to ask if the lantern was lit!"
 ランタン
 鉄道の踏切で列車が車に衝突し、400ヤード近く車を引きずるという大事故が起こった。
幸い死者は出なかったが、衝突された車の運転手は鉄道会社を訴えた。
裁判で当日列車を運転していた機関士は、衝突前に車の運転手に対して、一分間はランタンを振って合図して危険を察知させようと充分努力した、と主張した。
機関士は裁判所で実際に自信たっぷりにその動作を行って見せたので、裁判官は彼の話を信じて車の運転手の訴えを退けた。
閉廷になって鉄道会社に雇われた弁護人が、この機関士に「おめでとう」と祝福の言葉を投げかけた。
「あなたの身振り手振りの動作が、反対尋問に対して素晴らしいデモンストレーションだったよ」と弁護士が言うと、
「それは、どうも。でも裁判官が何か言うんじゃないかとヒヤヒヤものでしたよ」と機関士が答える。
「何を心配 していたのかね?」と弁護士が尋ねた。
「いや、実はね、裁判官がランタンはちゃんと灯がともっていたか、って聞かれたらどうしようかと思って…」
灯りのついていないランタンをいくら1分間振ったって相手は気が付きませんよね…。

27-25 Experience
 A
motorist was on trial for hitting a pedestrian.
The motorist's lawyer made this point: "Your honor, my client has been driving for over thirty years."
To which the lawyer for the plaintiff retorted: "Your honor, if we are going to judge this case by experience, may I remind you that my client has over 55 years of walking experience."
 経験
 自動車を運転していた男が歩行者をはねてしまい、裁判で罪を問われた。
この男の弁護人が彼をこう弁護した。「裁判長閣下、私の依頼人は30年以上の運転歴の持ち主です」
すると原告である歩行者の弁護人が、直ちにやり返した。「裁判長閣下、もし経験年数ということで争うのでしたら、私の依頼人は55年以上も歩行しているということをお忘れなく」

27-26 Italian lawyers
 A
n American attorney had just finished a guest lecture at a law school in Italy when an Italian lawyer approached him and asked, "Is it true that a person can fall down on a sidewalk in your county and then sue the landowners for lots of money?"
Told that it was true, the Italian lawyer turned to his partner and started speaking rapidly in Italian.
When they stopped, the American attorney asked if they wanted to go to America to practice law.
"No, no," one replied.
"We want to go to America and fall down on sidewalks."
 イタリア人弁護士
 アメリカ人の弁護士がイタリアの法律学校での特別講義を終えると、一人のイタリア人弁護士が彼に近づいてきて尋ねた。
「アメリカでは歩道で転んだ人が、その歩道の土地の持ち主を多額の慰謝料を要求して訴える、と言う話は本当ですか?」
アメリカ人弁護士がその通りだと答えると、イタリア人弁護士はもう一人のイタリア人弁護士の方を向いて早口のイタリア語で何か話し始めた。
二人の会話が途切れたところでアメリカ人弁護士が、「今の件で実際にどう法律で対処しているかを知るために、あなた方はアメリカに行って研究してみようじゃないか、と話し合っていたのですか?」と尋ねた。
「いや、いや、そうじゃないんです、」とイタリア人弁護士が答える。
「我々はアメリカに行って実際に歩道でころんでみようじゃないか(そしてしこたま慰謝料をせしめよう) と話し合っていたんです。」

27-27 Three-Kick-Rule
 A
big-city California lawyer went duck hunting in rural Texas.
He shot and dropped a bird, but it fell into a farmer's field on the other side of a fence.
As the lawyer climbed over the fence, an elderly farmer drove up on his tractor and asked him what he was doing.
The litigator responded, "I shot a duck and it fell into this field, and now I'm going to retrieve it."
The old farmer replied, "This is my property, and you are not coming over here."
The indignant l awyer said, "I am one of the best trial attorneys in the U.S. and, if you don' t let me get that duck, I'll sue you and take everything you own."
The old farmer smiled and said, "Apparently, you don't know how we do things in Texas. We settle small disagreements like this with the Texas Three-Kick-Rule."
The lawyer asked, "What is the Texas Three-Kick-Rule?"
The farmer replied, "Well, first I kick you three times and then you kick me three times, and so on, back and forth, until someone gives up."
The attorney quickly thought about the proposed contest and decided that he could easily take the old codger.
He agreed to abide by the local custom.
The old farmer slowly climbed down from the tractor and walked up to the city feller.
His first kick planted the toe of his heavy work boot into the lawyer's groin and dropped him to his knees.
His second kick nearly wiped the man's nose off his face.
The barrister was flat on this belly when the farmer's third kick to a kidney nearly caused him to give up.
The lawyer summoned every bit of his will and managed to get to his feet and said, "OK, you old coot! Now, it's my turn."
The old farmer smiled and said, "No I give up, you can have the duck.
 蹴り三発
 カリフォルニアの大都市で働いている弁護士がテキサスの田舎に鴨猟にやって来た。
見事に命中した鴨が、農家の垣根を越えて敷地内に落ちていったので、弁護士は垣根を乗り越えて敷地内に鴨を取りに行った。
トラクターに乗った年老いた農夫が弁護士に「あんた、何してるんじゃ?」と声をかけた。
「私は鴨を撃って、そいつがここに落ちたので回収しに来ただけですよ」、と弁護士は答えた。
すると農夫は「ここはわしの土地じゃ。何人と言えども入ることは許さん!」と言った。
ムカッとした弁護士は「私はアメリカ合衆国でも一、二を競う弁護士なんです。私が撃った鴨を私に渡さないなら、あなたの全財産を差し押さえるよう裁判を起こしますよ!」と言い放った。
農夫は笑いながらこう言った。「あんたはテキサスのやり方がわかってないみたいじゃのぉ。ここいらでは、こういうつまらぬ 揉め事は『テキサス流蹴り三発』で片を付けるんじゃ。」
弁護士が、「『テキサス流蹴り三発』って何のことです?」と尋ねると、「最初にわしがあんたに蹴りを三発入れる。
次にあんたがお返しにわしに蹴りを三発入れる。どっちかが『降参!』というまでこれを交互に繰り返す、ただそれだけさ」と農夫が答えた。
弁護士はこの申し入れについて素早く計算し、こんなおいぼれなら簡単に参らせることが出来るだろうと踏んで、このテキサス流の解決法に従うことに同意した。
年取った農夫はゆっくりとトラクターから降りると、都会の若僧のそばまで歩み寄った。
いきなり農夫の農作業用の固いブーツで思い切り股間を蹴り上げられた弁護士は、激痛のあまりガクっと膝をついた。
続いて二発目の蹴りは弁護士の鼻がちぎれてしまうと思われるほど顔 を強打した。
彼はベシャっと地面に腹を打ち付け、大の字に倒れた。
その後ろから農夫は思いっきり腎臓めがけて蹴りを入れたものだから、苦痛のあまり弁護士は思わず『降参!』と叫びそうになったが、必死の思いで堪えた。
残っている力を振り絞り、ようやく立ち上がると、「よおおし、この虫っけら野郎、今度は俺の番だからな、覚悟しろ!」と叫んだ。
農夫はニコニコ笑いながら言った。「いやいや、わしは降参するよ。どうぞこの鴨を持っていって下されや。」
この弁護士、思いっ切り三発蹴られ損だったんですね。

27-28 One less lawyer
 A
rich old man was critically ill. Feeling that death was near, he called his lawyer.
"I want to become a lawyer. How much is it for the special degree you told me about?"
"It's $50,000," the lawyer said. "But why? You'll be dead soon , why do you want to become a lawyer?"
"That's my business! Get me the course!"
Four days later, the old man got his law degree.
His lawyer was at his bedside, making sure his bill would be paid.
Suddenly, the old man was racked with fits of coughing and it was clear that this would be the end.
Still curious, the lawyer leaned over and said, "Please, before it's too late, tell me why you wanted to get a law degree so badly before you died?"
In a faint whisper, as he breathed his last, the old man said, "One less lawyer.
 弁護士が一人減る
 金持ちの老人が重病になって死は間近だと悟り病床に弁護士を呼んだ。
「わしは弁護士 になりたい。いくら払えば弁護士の資格が取れるのか言ってくれ」
「50,000ドル掛りますよ。でもなぜですか?あなたは先行きそう長くないのに、どうして弁護士になりたいんですか?」と弁護士が尋ねると、「大きなお世話だ!とっとと資格を買って来い!」と老人は弁護士を追い出した。
4日後にこの老人は弁護士資格を取得した。
弁護士が病床の老人から代金を受け取りを済ませると、突然老人は咳の発作に苦しみだした。
死期が目の前にあるのは明らかだった。弁護士は生きているうちにどうしても聞いておきたいと思い、老人の方に身を屈めて尋ねた。
「どうか、手遅れになる前に伺わせてほしいんですが、なぜあなたは死ぬ直前に弁護士になろうと思ったのか、聞かせてください」
最後の息を引き取る前に老人はこう小声でつぶやいた。「弁護士が一人減るだろう…」

27-29 Why sharks and lawyers are alike?
1. Sharks, unlike most fish, have no bones; their skeletons are made entirely of cartilage.
 Lawyers, too, are spineless.
2. Sharks are equipped with fine senses of smell that allow them to detect blood up to one mile away.
 Precisely in the distance lawyers will run behind an a mbulance to toss a business card.
3. A shark will swallow anything, up to half its own size, in one gulp.
 Lawyers, too, will swallow anything, even their pride, in the hopes of financing their Porsches.
4. Some sharks even prey on their own kind.
 Lawyers bite off their opponent lawyers head in the court.
 鮫と弁護士の類似点
1.多くの魚と異なり、鮫の骨格は骨質(bone)ではなく軟骨(cartilage)で出来ている。
  弁護士も脊椎がない(spineless)。
2.鮫は嗅覚が優れており、1マイル先の血の臭いを嗅ぎつけることが出来る。
  弁護士も1マイル先の救急車の後を追いかけて、名刺を投げ入れるほど嗅覚が優れている。
3.鮫は自分の身体の1/2の大きさまでの物なら、何でも一口で飲み込もうとする。
  弁護士もポルシェを買う資金を調達するためなら、何でも飲み込んでしまう。−自分の誇りですら。
4.鮫の中には自分の仲間である鮫すら餌食にすることがある。
  弁護士も法廷で仲間の弁護士を食いちぎるように徹底的に打ちのめす。
1.boneは日本語と同様"骨がある、男気がある"という意味があり、spinelessは文字通 り脊椎がないという意味から転じて、腰が定まらない、筋が通らないという意味になるので、状況次第で態度を変える弁護士を皮肉っています。
2.事故や事件を嗅ぎつけるや否や近づいてきて、被害者(加害者)の弁護をすることで一儲けする弁護士を皮肉っています。
3.恥も外聞も捨てて金のために奔走する弁護士を皮肉っています。
4.仲間といえども容赦せずにとことんやっつける、弁護士の獰猛さを皮肉っています。

27-30 Mine died
 T
wo law partners can't resist hiring a gorgeous young receptionist and neither can resist going to bed with her.
Not too long afterwards their worst fears are realized; the blushing receptionist announces that she is pregnant.
No one knows who the father is and the partners are in a total quandary.
So toward the end of the pregnancy they decide to chip in and send her off to Florida to have the baby.
Several months go by with no news, and finally one of the partners feels so guilty that he hops on a flight to Miami to check on the young mother.
The next night the phone rings in their New York office.
"How is she?" asks his partner.
"Oh, she's fine, but I've got some bad news and some good news ," is the answer.
"Oh, yeah? What's the good news?"
"Well, like I said, she is fine and she had twins."
"So what's the bad news?" asks the partner from the New York.
"Well, mine died."
 僕の子供は死んだよ
 弁護士事務所を共同経営する二人の弁護士は、若くて魅力的な秘書を一人雇ったが、どちらの弁護士も彼女と肉体関係を持ってしまった。
やがて二人が恐れていたことが現実のこととなった。彼女は頬を赤らめながら妊娠していることを告げた。
二人のどちらが父親であるかわからず、弁護士達はのっぴきならない状況に追い込まれた。
そこで彼女が出産間近になった時に、彼等はお金を出し合ってこの秘書をフロリダで出産させることにした。
数ヶ月経ったが何の知らせもなかったので、さすがに良心が咎めた一人の弁護士がフロリダ行き航空機に乗って彼女の様子を見に行った。
翌日の夜ニューヨークにある彼等の弁護士事務所の電話が鳴った。
「彼女、どうしている?」と事務所に残った弁護士が電話口で尋ねた。
「彼女は元気だよ。でも良い知らせと悪い知らせがあるんだ 」と、フロリダに行った弁護士が答える。
「え、そうなの?で良い知らせとは何だい? 」
「うん、実はさっき言った通り彼女は元気で、双児を生んだんだ」
「で、悪い知らせとは?」とニューヨークに残った弁護士が質問した。
「あぁ、生まれてきた僕の子供は死んだんだ」
ということは、ニューヨークに残った弁護士が生き残っている子供の面倒をみなけれ ばいけないということですが、
そもそも双児の亡くなった子供を自分の子だと断定すること自体がおかしなわけで、
まったく弁護士は共同経営者である仲間でも油断が出来ま せん。

#27ー1〜1011〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90

*  
*