●Kazさんのページ

#27.Lawyer

#27ー1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60・61〜7071〜8081〜90

27-51 Faked injury
 A
guy was involved in a car crash and realizing the possibilities, he faked an injury with a willing doctor-friend.
When he went to court in a wheelchair, he was awarded $200,000.
But after the verdict, the lawyer for the insurance company confronted him privately and said, "The insurance company is going to have you watched day and night by their Private Eyes. One step out of that wheel chair and you and your doctor are going straight to prison, I warn you."
The guy was pretty cool and replied, "I'll save you a lot of trouble by telling you my plans. Listen, I'm going to have a great time spending the money, but first, I'm going to be overjoyed at the miracle that is going to happen to me when I go to a holy foreign place and suddenly find I can walk."
 偽診断書
 交通事故に巻き込まれた男が保険金詐欺を企て、知り合いの医師に頼み込んで偽の診断書を作ってもらって後遺症が残る重傷患者になりすました。
男は法廷に車椅子で現れ、20万ドルの保険金を得ることに成功した。
しかし判決後に保険会社に雇われた弁護士がこの男に個人的に忠告した。「いいですか、警告しておきますが、保険会社は私立探偵を雇って毎日毎晩あなたのことを監視しています。車椅子から一歩でも離れて歩いたら、あなたとあなたの診断書を作成した医師は刑務所へ直行することになりますからね」
男は極めて冷静に答えた。「そんな費用をかけて監視しなくても済むように、よいことを教えましょう。いいですか、私の計画はこうなんです。この保険金額を使って私は大いに人生を楽しむつもりなんですが、まず最初に私は外国にある聖地に出かけて、そこで神の思し召しで再び歩けるようになるという奇跡を体験し、その喜びにひたるつもりなんです。」
ずる賢いこの男は神の奇跡で歩けるようになる、しかも外国の地で、
最初から保険金獲得後のストーリーを描いていたのです。

27-52 Volunteer
 N
ASA was interviewing professional volunteers to be sent to Mars.
Only one could go and couldn't return to Earth.
The first applicant, an engineer, was asked how much he wanted to be paid for going.
"A million dollars," he answered, " because I want to donate it to M.I.T."

 The next applicant, a doctor, was asked the same question.
He asked for $2 million. "I want to give a million to my family," he explained, "and leave the other million for the advancement of medical research."

 The last applicant was a lawyer.
When asked how much money he wanted, he whispered in the interviewer's ear, "$3 million dollars."
"Why so much more than the others?" asked the interviewer.
The lawyer winked, "If you give me $3 million, I'll give you $1 million, I'll keep $1 million, and we'll send that engineer to Mars."

 志願者
 アメリカ航空宇宙局(NASA)が火星へ行く専門分野の志願者の面接を行っていた。
派遣されるのは一名のみ、そして地球へは二度と戻れないという条件だった。
最初に面接を受けたのは技術者で、この帰還を期する事が出来ない任務に対していくら払えば良いかと聞かれた時、彼は「百万ドルほしい。そのお金はMIT(マサチューセッツ工科大学)に全額寄付するつもりだ」と答えた。

 二番目の応募者は医者で同じ質問に対して二百万ドルと答えた。
「百万ドルは残された私の家族に、そしてもう百万ドルは医学研究発展のために寄付する」と説明した。

 最後の応募者は弁護士で、いくら払えば良いかという問いかけに対して、面接者の耳に小声で「三百万ドル」とささやいた。
「他の応募者達よりもずっと高額なのはなぜかね?」と面接官が聞き返した。
「三百万ドル払ってくれるなら、そのうち百万ドルは君にあげよう。僕が百万ドル取って、残りの百万ドルをあの技術者に渡して、あいつを火星に送り込もうぜ」


27-53 Jury
 J
ust remember when you go to court, you have to entrust your fate to twelve people that aren't smart enough to get out of jury duty!

 陪審員
 あなたが裁判所に行く時は、陪審員指名から逃げられないような間抜けな12名の人間に、あなたの運命を委ねているのだということを、忘れないように!


27-54 Lawyer & nuclear weapons
 W
hy are lawyers like nuclear weapons?
If one side has one, the other side has to get one. Once launched, they can rarely be recalled. And when they land, they screw up everything forever.

 弁護士と核兵器
 弁護士と核兵器が似ていると言われるのはなぜですか?
片方が持つと、相手方も持ちたくなり、一度発射されると途中で撤退されることは滅多にありえず、最終段階ではすべてのものが滅茶苦茶になる点です。


27-55 Overpaid
 A
lawyer charged a client $500.00 for legal services.
The client paid him with crisp new $100.00 bills.
After the client left, the lawyer discovered that two of the bills had stuck together -- he'd been overpaid by $100.00.
The ethical dilemma for the lawyer: Should he tell his partner?
 過払い
 弁護士が依頼人に500ドルの弁護士料金を請求し、依頼人は手の切れるような新札100ドル紙幣で支払った。
依頼人が去った後で弁護士は新札が一枚余計にくっついており100ドル過払いであることに気付いた。
この弁護士はこの事実を同僚弁護士に言うべきか、言わざるべきかで悩んだ。
一人で黙って懐に入れるか、同僚弁護士と山分けするかで悩んでいるのですから、
依頼人に過払い分を返そうという発想は、弁護士には全然ないのですね。

27-56 A little proof
 A
quiet little man was brought before a judge.
The judge looked down at the man and then at the charges in amazement.
"Can you tell me in your own words what happened?" he asked the man.
"I'm a mathematician dealing in the laws of nature."
"Yes, go on," said the astounded judge.
"Well, I was at the library and I found the books I wanted and went to take them out. They told me my library card had expired and I had to get a new one. So I went to the registration office and got in another line. And filled out my forms for another card. And I got back in line for my card."
"And?" said the judge.
"And he asked 'Can you prove you're from New York City? '.....So I stabbed him."
 簡単な証明
 物静かで小柄な男が裁判官の前に連れ出された。
裁判官は男を見下ろしながら彼の罪状を見て驚いた。
「一体何が起こったのか、自分の言葉で私に説明して下さい」と、裁判官は男に促した。
「私は自然法則を研究する数学者です」と男が口を開いた。
「わかりました。続けて」と裁判官が促す。
「私は図書館に行って探していた本をそこで見つけたので、貸し出してもらおうと思い、受付の順番待ちの列に並びました。貸し出しのために必要な書類に必要事項を記入して、係にその書類を提出しました」と男が話すので、「それから?」と裁判官が先を急がせた。
「係の男が『あなたがニューヨーク出身だということ証明出来るものがありますか?』と聞いたので、その男を刺しただけなんです」
犯罪が日常茶飯事のニューヨーク出身だから、
人を刺すことなど平気で出来るということを証明したくて、
この物静かな数学者は図書館の係を刺したのです。

27-57 Senator
 W
hat do you call a lawyer who has gone bad?
Senator.
 上院議員
 弁護士がもっと悪くなったら何と呼ばれるか?
上院議員

27-58 COWS WILL BE OURS
 T
he son of a Spanish lawyer graduated from college and was considering the future.
He went to his father, who had a very large office, and asked if he might be given a desk in the corner where he could observe his father's activities.
He could be introduced to his father's clients as a clerk.
This way, he could decide on whether or not to become a lawyer.
His father thought this to be a splendid idea and this arrangement was set up immediately.

 On his son's first day at work, the first client in the morning was a rough-hewn man with callous hands, in workman's attire, who began the conversation by saying, "Mr. Lawyer, I work for some people named Gonzales who have a ranch on the east side of town. For many years, I have tended their crops and animals, including some cows. I have raised the cows, tended them, fed them, and it has always been my understanding and belief that I was the owner of the cows. Mr. Gonzales died and his son has inherited the farm, and he believes that since the cows were raised on his ranch and fed on his hay, the cows are his. In short, we have a dispute as to the ownership of the cows."
The lawyer said, "I have heard enough. I will take your case. DON'T WORRY ABOUT THE COWS!"

 After the tenant farmer left, the next client came in, a young, well-dressed man, a member of the landed class.
"My name is Gonzales. I own a farm on the east side of the town," he said. "
For many years, a tenant farmer has worked for my family tending the crops and animals, including some cows. The cows have been raised on my land and fed on my hay, and I believe that they belong to me, but the tenant farmer believes that since he raised them and cared for them, they are his. In short, we have a dispute over ownership of the cows."
The lawyer said, "I have heard enough. I will take your case. DON'T WORRY ABOUT THE COWS!"

 After the client left, the son came over to his father with a look of concern.
"Father, I know nothing of the law, but it seems to me that we have a serious problem regarding these cows."
"DON'T WORRY ABOUT THE COWS!" said the lawyer.
"The cows will be ours!"

 牛は私達のものになるよ
 スペイン人弁護士の息子が大学を卒業して、将来の職業選択を考えていた。
大きな弁護士事務所を経営している父親のところに行って、お父さんの仕事を見学したいから、この事務所の隅に机を置かせてもらって、仕事を観察させてくれと頼んだ。
父親の顧客には新しい事務員だと紹介してもらうことにした。
息子はこの観察を通じて弁護士になるか、ならないかを決めようと思っていたのだ。
父親もこのアイデアは悪くないと思い、早速息子の要求を受け入れた。

 息子が父親の事務所で働き始めた最初の日の朝に、真っ先に事務所にやって来たのは髪がボサボサで、手が荒くれだった労働者の身なりをした男だった。
彼は弁護士である父親に語り出した。「弁護士先生、私はこの町の東にあるゴンザレスの農場でずっと働いています。長い間ゴンザレスの農産物収穫や乳牛など家畜の面倒を見てきたのです。特に私は乳牛を子牛のうちから育て、餌を与えて大切に扱ってきました。だから乳牛に関しては私自身が所有者だと思っているのです。ところがゴンザレス氏が亡くなってその息子が農場を引き継ぎました。この息子は乳牛は彼の牧場で育てたのだから、自分の所有物であるというのです。つまり、牧場の乳牛の所有権について我々はもめているのです」
弁護士は聞き終わると「充分わかりました。あなたの弁護を引き受けましょう。乳牛に関しては一切心配することはありません」と言った。

 その小作人である農夫が事務所から去った時、地主階級と思われるきちんとした身なりの若い男が次の顧客として事務所に入ってきた。
「私の名前はゴンザレスと言います。町の東側に農園を所有しています。長年に渡ってうちの小作人である農夫がゴンザレス家の農産物収穫や乳牛など家畜の面倒を見てきたんですが、これらの乳牛は私の農地から取れた干し草を餌にして私の土地で飼育されてきたのです。ですから乳牛は私の所有物であるはずなのに、小作人達は自分達のものであると言い張るんです。つまり牧場の乳牛の所有権について我々はもめているのです」
弁護士は聞き終わると「充分わかりました。あなたの弁護を引き受けましょう。
乳牛に関しては一切心配することはありません」と言った。

 二番目の顧客が事務所を去ると弁護士の息子が腑に落ちない顔付きで父親に尋ねた。
「父さん、僕は法律については何も知らないけど、この乳牛の件で両方の弁護を引き受けるなんて、大きな問題にならないの?」
「乳牛に関しては心配することはない。どっちみち乳牛は私達のものになるんだから」と父親は答えた。

両方から弁護費用を取って、どちらが勝訴するにせよ成功報酬が手に入るので、
結局は弁護士が乳牛はおろか牧場そのものまで手に入れかねないわけです。
これを目のあたりにした息子も弁護士になることを決意したでしょうね。

27-59 Fire insurance
 T
here was a man who bought a cigar.
He went to his lawyer to have it insured against fire damage.
The insurance company was outraged, so they took him to court, but the man won.
So they insured the cigar against fire damage.

 A few days later, the man lit the cigar and smoked it.
When he went to collect the insurance money, because the cigar had, of course, burnt down, they insurance company took him to court again.
They won and had him sued, for arson.

 火災保険
 葉巻を購入した男が弁護士を通じて、葉巻に火災保険をつけるよう交渉を依頼した。
保険会社は激怒しこの男を法廷へ訴えたが、この男の主張が認められたので、保険会社は葉巻に火災保険を付けざるを得なかった。

 数日後この男が葉巻を吸った後、葉巻が燃え落ちてしまったので、保険金を払って欲しいと言ってきた。
保険会社は再びこの男を法廷へ訴えた。
今回はこの男の「放火罪」を立証することにより保険会社が勝訴した。


27-60 Reverse your sentence
Judge: You're sentenced to a $1000 fine and 7 day's imprisonment.
Convict: Your honor, I wish you could reverse your sentence.
Judge: Very good. A $7 fine and 1000 days' imprisonment.

 判決を取り消す
裁判長:被告に罰金1000ドルと懲役7日間の判決を下す。
被告 :裁判長閣下、判決を取り消すという訳にはいかないでしょうか?
裁判長:よろしい。罰金7ドルと懲役1000日間に処す。

このジョークのおかしさは、reverseという動詞の解釈です。
被告は「取り消す、判決を破棄する」という意味で頼んだのに、
裁判長は「前後を逆にしてほしい」と解釈して、逆に重たい刑を言い渡しているのです。

#27ー1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60・61〜7071〜8081〜90


*  
*