●Kazさんのページ

#27.Lawyer

#27ー1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜7071〜8081〜90

27-61 Pyromaniac
 W
hat did a pyromaniac do when he was convicted?
He fired his lawyer.
 放火魔
 放火魔が有罪判決を受け時、何をしたでしょうか?
彼は自分が雇った弁護士を首にした。
Fireで最初に思うことは「火」ですから、
放火魔が自分の雇った弁護士をFireした(=首にした)という掛詞に面白みが出ます。

27-62 Your client didn't
 A
defendant was on trial for murder.
There was strong evidence indicating guilt, but there was no corpse.
In the defense's closing statement, the lawyer, knowing that his client would probably be convicted, resorted to a trick.
"Ladies and gentlemen of the jury, I have a surprise for you all," the lawyer said as he looked at his watch.
"Within one minute, the person presumed dead in this case will walk into this courtroom." He looked toward the courtroom door.
The jurors, somewhat stunned, all looked on eagerly.

 A minute passed. Nothing happened.
Finally the lawyer said, "Actually, I made up the previous statement. But you all looked on with anticipation. I therefore put to you that you have a reasonable doubt in this case as to whether anyone was killed and insist that you return a verdict of not guilty."
The jury, clearly confused, retired to deliberate.

 A few minutes later, the jury returned and pronounced a verdict of guilty.
"But how?" inquired the lawyer.
"You must have had some doubt; I saw all of you stare at the door."
The jury foreman replied: "Oh, we did look, but your client didn't."

 あなたの依頼人はそうしなかった
 殺人事件の容疑者として裁判を受けている男がいた。
この男が犯人であるということを強く示す証拠があったが、死体が発見されていなかった。
被告の弁護人は彼の依頼人は多分有罪判決を受けるだろうと思っていたが、最後の弁論でトリックを使った。
「陪審員の皆さん、皆さんを驚かせることがあります」と言いながら、彼は自分の腕時計に視線を落とした。
「今から一分以内に、この事件で殺されたのではないかと推定されている人間が、この法廷に現れるでしょう」と言って、弁護士は法廷の入口へ視線を移した。
陪審員達はビックリして全員が入口をじっと見つめた。

 一分が過ぎても何も起こらなかった。
弁護士が口を開く。「実はさっきの話は、私が作り上げたものです。でも皆さん方は殺されたと思っていた男が現れるかもしれないと期待されていましたよね。ということはこの事件で誰かが殺されたかということに、皆さんは疑いを持っているということになります。ですから私は皆さんが、私の依頼人である被告は無罪であると評決して下さる事を信じています」陪審員達は明らかに混乱した様子で、評決のために退席した。

 数分後に陪審員達は法廷に戻ってきて、被告人は有罪であると宣言した。
「どうして、そうなるんですか?」と弁護士は陪審員に詰め寄った。
「皆さん達は、間違いなく人が殺されたかどうかという点に疑問を抱いていたはずです。私は皆さん全員があのドアをじっと見つめていたのを見ていました」
陪審員代表が答えた。「確かに私達全員はドアを見つめていました。でもあなたの依頼人はそうしていませんでしたよ」


27-63 Cannibalism
 W
hat do you call if a vampire bites a lawyer?
Cannibalism.

 共食い
 吸血コウモリが弁護士に噛みついたら、これを何と呼ぶか? 
共食い


27-64 The reason I can't pay
 A
lawyer sent a bill to his client after consultation, but a month went by without a remittance.
So he sent another bill, and then another, but to no avail.
Finally he sent his client a pathetic letter claiming desperately straightened circumstances and enclosing a picture of his infant daughter.
On the back of the snapshot, he wrote; "The reason I need the money you owe me."

 A week later a response arrived in the mail.  The lawyer ripped it open eagerly, expecting a check, but only found a picture of a gorgeous woman in a mink coat.
On the back of the photograph, his client had scrawled, "The reason I can't pay.

 私が支払えない理由
 弁護士が相談を受けた顧客に弁護料を請求した。
一ヶ月経っても支払いがされないので、弁護士は再び請求書を郵送した。
これもナシのつぶてだったので、もう一度請求書を送ったが顧客からは何の返事もなかった。
弁護士は最後の手段として「私の窮状を察して、速やかにお支払い下さるよう、お願いいたします」と哀願調の手紙を書いて、さらに自分の小さな娘の写真を同封した。
写真の裏には「あなたが私に払おうとしないお金を、私が必要とする理由は、実はこの娘のためなんです」と記しておいた。

 一週間後にこの顧客から返事が届いた。
弁護士は支払小切手が入っているに違いないと、ワクワクしながら封筒を開いた。
するとそこにはミンクのコートを着ている美形のブロンドの写真が入っているだけだった。
写真の裏にはこの顧客からのメッセージが書かれていた。
「これが弁護料が払えない理由です」


27-65 I'm Feeling Fine
 F
armer Joe decided his injuries from the accident were serious enough to take the trucking company responsible for the accident to court.
In court the trucking company's fancy lawyer was questioning farmer Joe.
"Didn't you say at the scene of the accident, 'I'm fine'," asked the lawyer.
Farmer Joe responded, "Well, I'll tell you what happened. I had just loaded my favorite mule Jessie into the..."
"I didn't ask for any details," the lawyer interrupted, "just answer the question. Did you not say at the scene of the accident, I'm fine!"
Farmer Joe said, "Well, I had just got Jessie into the trailer and I was driving down the road."
The lawyer interrupted again and said, "Judge, I am trying to establish the fact that, at the scene of the accident, this man told the highway
patrolman on the scene that he was fine. Now several weeks after the accident he is trying to sue my client. I believe he is a fraud. Please tell him to simply answer the question."
By this time the judge was fairly interested in Farmer Joe's swear and said to the lawyer, "I'd like to hear what he has to say."

 Joe thanked the Judge and proceeded, "Well, as I was saying, I had just loaded Jessie into the trailer and was driving her down the highway when this huge semi-truck and trailer ran the stop sign and smacked my truck right in the side. I was thrown into one ditch and Jessie was thrown into the other. I was hurting real bad and didn't want to move. However, I could hear old' Jessie moaning and groaning. I knew she was in terrible shape just by her groans. Shortly after the accident a highway patrolman came on the scene. He could hear Jessie moaning and groaning so he went over to her. After he looked at her, he took out his gun and shot her between the eyes. Then the Patrolman came across the road with his gun in his hand and looked at me."
He said, "Your mule was in such bad shape I had to shoot her. How are you feeling?"

 僕は大丈夫だよ
 農夫のジョーが事故で負った傷が重いので、事故を起こしたトラック会社を訴えることにした。
法廷でトラック会社に雇われた腕利きの弁護士がジョーに対して質問を浴びせた。
「あなたは事故現場で『僕は大丈夫だよ』、と言っていたはずですね」
ジョーが答える。「何が起こったかをわしに説明させて欲しいんだ。わしがお気に入りのラバであるジェッシーを積み込んでだな…」
「そんな細かいことは聞いていません。私の質問に答えて下さい。あなたは事故現場で『僕は大丈夫だよ』って言いましたよね?」と、弁護士が遮った。
農夫のジョーが答える。「だからさ、わしがジェッシーをトレーラーに積み込んでだな、わしがトレーラーを運転して道路に出たんだよ」
弁護士が再びジョーの発言を遮って、「裁判長閣下、私は事故当日の現場で、この男が高速道路警察官に『自分は大丈夫だ』と言った事実を確認しようとしているのです。事故後数週間経ってから、この男は私の依頼人であるトラック会社を訴えてきたのです。この男は嘘つきだと思います。どうぞ、この男に私の質問に対して簡潔に答えるよう命じて下さい」と訴えた。
裁判長はジョーの話に興味を覚えたので、弁護士にこう答えた。「私はこの原告の話を聞きたい」

 ジョーは裁判長に感謝の意を表して話を続けた。「だからね、さっきから言っているようにわしはジェッシーをトレイラーに乗せて高速道路に出て運転をしていたら、トレーラー付きの大きなトラックが赤信号を無視して交差点を突っ込んで、わしのトレーラーの右にドスンとぶつかって来たんだ。その衝撃でわしは車から放り出されて、道路脇の溝にふっ飛ばされ、ジェッシーは反対側の道路脇の溝にふっ飛んだんだ。わしは大ケガをして動くことが出来なかった。けど反対側の溝で、ジェッシーが苦しそうな声を出しているのは聞こえた。その鳴き声からジェッシーの身体がメチャメチャになっているのはわかった。事故後すぐに高速道路警官が現場に駆けつけて、ジェッシーがもがいているのに気づき、そっち側へ歩いていったんじゃ。ジェッシーを見てもう助からないと判断したその警官はピストルを出して、ジェッシーの両目の間に当てると、一発で殺してしまった。その後この警官はピストルを持ったまま道路の反対側にやって来て、わしを見つめながら『あんたのラバは滅茶滅茶な姿で助かりそうもないので、安楽死させたよ。ところで、あんたの具合はどうだい?』と聞くんだよ…」

そういう状態では『僕は大丈夫だよ』と答えなかったら、
ラバと同じようにこの警官にピストルで安楽死させられてしまう恐れがあったので、
ジョーは重傷にもかかわらず、そう答えざるを得なかった、と主張しているのです。

27-66 I'm beginning to think I didn't
Lawyer : Now that we have won, will you tell me confidently if you stole the money?
Defendant : Well, after hearing you talk in court yesterday, I'm beginning to think I didn't.

 もしかしたら盗んでいなかったのかもしれない
弁護士:裁判で勝って刑務所に行く心配ないのだから、私にだけは本当のことを聞かせてくださいよ。あなた、本当は金を盗んだんでしょ?
被告人:それが、あなたが昨日法廷で喋っているうちに、もしかしたら私は金を盗んでいなかったのではないかと思い始めたんですよ。


27-67 Reading of the will
 A
lawyer was reading out the will of a rich man to the people mentioned in the will:
"To you, my loving wife Rose, who stood by me in rough times, as well as good, I leave her the house and $2 million."
The lawyer continued, "To my daughter Jessica, who looked after me in sickness and kept the business going, I leave her the yacht, the business and $1 million."
The lawyer concluded, "And, to my cousin Dan, who hated me, argued with me, and thought that I would never mention him in my will.
Well, you are wrong. Hi, Dan!

 遺言朗読
 弁護士が金持ちの遺言内容を、その関係者に声を出して読んでいた。
「私が困難な時も好調な時も変わらず側で支えてくれた、私の愛する妻のローズへ家と200万ドルを贈る」
弁護士が続ける。「私が病気の時面倒を看てくれて、また事業を手伝ってくれた私の娘ジェシカにはヨットと私の事業と100万ドルを贈る」
弁護士は最後の名前を読み上げた。「そして私を嫌って、いつも議論をふっかけてきたので、私の遺書には名前が出ないと考えているだろう従兄弟のダン、残念だけど、君の予想は外れたよ。君の名前を出すよ、やぁ、ダン、元気かい?」


27-68 Where are you going to get a lawyer in heaven?
 A
great engineer dies and mistakenly goes to hell.
Pretty soon, the engineer gets dissatisfied with the level of comfort in hell and he starts designing andbuilding improvements.
After a while, they've got air conditioning and flush toilets and escalators, and this engineer is a pretty popular guy.

 One day God calls Satan up on the telephone and says, "So, how's that guy going down there in hell?"
Satan replies, "Hey, things are going great. We've got air conditioning and flush toilets and escalators, and we are expecting what this great engineer is going to come up with next."
God replies, "What??? You've got an engineer? That's a mistake! He should never have gotten down there. Send him up here."
Satan says, "No way. I like having that engineer on the staff. I'm keeping him."
God says, "Send him back up here or I'll sue."
Satan laughs uproariously and answers, "Okay, but just where are you going to get a lawyer in heaven?"

 天国のどこで弁護士が見つかるんだ?
 偉大な技術者が死亡したが、間違って地獄へ送られてしまった。
この技術者は地獄の施設設備に不満を感じ、早速改善のデザインを始めた。
程なく地獄では空調がなされ、トイレは水洗になり、あちこちにエスカレーターも設置された。
その結果この技術者は地獄では名士となった。

 ある日天国の神が地獄の悪魔に電話をかけて、「地獄の様子はどうかね?」と尋ねると、「あぁ、地獄は素晴らしく良くなったよ。偉大な技術者がやって来たので、空調、水洗トイレ、エスカレーターが完備されたからね。奴が次は何をしてくれるか、皆こちらでは楽しみにしているよ」と悪魔が答えた。
「な、何だって?そっちに技術者が行ったって?それは何かの間違いだ。地獄に落ちるはずがないじゃないか。こっちに送り返してくれよ」と神が言うと、悪魔は「そりゃ、ダメだ。あの技術者が地獄のスタッフでいてくれると助かるからな。絶対渡さないぞ」と拒絶した。
神は「その技術者を天国に送り返さないと、裁判で訴えるぞ」と言い張ると、悪魔は大声で笑いながら答えた。
「どうぞ、ご自由に。でも裁判をすると言ったって、一体天国のどこで弁護士が見つかるんだね?」


27-69 Better do all three
 A
lawyer died and the funeral director took delivery of the remains and asked the family, "Would you like me to bury him, embalm him, or cremate him?"
His family answered, "Better do all three."
 三つともお願いします
 弁護士が死んだので、葬儀屋が遺体を運ぶに際して家族に相談した。「土葬にしましょうか、防腐処理をしましょうか、それとも火葬がお望みですか?」
弁護士の遺族は「三つともお願いします」と答えた。
弁護士が生き返らないよう、万全を期して下さいということですね

27-70 Lawyers tell the truth
 A
young boy asked is father, "Dad, do lawyers ever tell the truth?"
The father thought for a moment, "Yes son, sometimes a lawyer will do anything to win a case!"
 弁護士が真実を述べる時
 少年が父親に「パパ、弁護士が本当のことを言うことって、あるの?」と聞くと、父親は少し考えてから答えた。
「息子や、裁判に勝てると思った時は、弁護士はどんなことでもするぞ」

#27ー1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜7071〜8081〜90


*  
*