●Kazさんのページ

#29.Love & Sex

#29-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80

29-11 The truth about men and women
 H
OW TO IMPRESS A WOMAN:
Compliment her
Kiss her
Love her
Tease her
Comfort her
Protect her
Hug her
Hold her
Spend money on her
Wine and dine her
Buy things for her
Listen to her
Care for her
Stand by her
Support her
Go to the ends of the earth for her
 HOW TO IMPRESS A MAN:
Show up naked
Bring beer
 男と女の真実
 男性が女性に気に入られるためには?
お世辞を言う
キスをする
愛する
からかう
慰める
守ってあげる
抱きしめる
手をつなぐ
彼女のためにお金を使う
食事とワインを一緒にする
物を買ってあげる
話を聞いてあげる
気遣ってあげる
側にいてあげる
支える
彼女のためなら地球の果てまで行く
 
女性が男性に気に入られるためには?
裸で現れる
ビールを持って来てあげる

29-12 Would you like company?
 A
motorist ran out of gasoline on a lonely country road late on night and walked over to a solitary farmhouse.
His knock was answered by a very attractive lady.
"I'm sorry to bother you, but I've run out of gasoline and I wonder if you put me up for the night."
"Well, I'm alone here, but I suppose it will be all right," the lady said and showed him to a nice little bedroom with a large double bed and said good night.
The motorist found it difficult to sleep for thoughts of his beautiful hostess.
After half an hour, there was a tap on his bedroom door.
"Come in," he said expectantly.br> The door opened and the lady in a flimsy negligee came in.
Her long brown hair was gleaming in the moonlight and she asked in a soft voice, "Would you like company?"
The man gasped and said,
"Yes, yes, I would."
"Good!" said the lady.
"Another motorist has broken down and wants me to put him up for the night."
 ご一緒して下さる?
 夜遅く寂しい田舎道でガソリン切れになった車に乗った男が、近くに唯一軒だけあった。
農家に歩いて行ってドアをノッすると、中から非常に美しい女性が顔を出した。
男は「お騒がせして申し訳ないのですが、車がガス欠で進むことが出来ません。今晩一晩だけ泊めてもらえませんか?」と頼んだ。
「私はここで一人住まいなんだけれど、まぁいいでしょう、お泊めしましょう」と、大きなダブルベッドが置かれた小さな寝室へ男を案内するとお休みなさい、と言って去って行った。
男は美しい女主人のことを考えると、眠れそうもなかった。三十分程経つと、寝室のドアを軽くノックする音が聞こえた。
「お入り下さい」と、男は期待に胸を膨らませて答えた。
ドアが開くと薄いネグリジェに身を包んだ女主人が中に入って来た。
彼女の茶色の髪の毛は月の光を浴びて輝いていた。
柔らかい声で彼女が男に聞いてきた。「ご一緒して下さる?」
男は思わず息を飲み込んで、喘ぎながら「も、もちろんですとも」と返事をした。
「それはよかったわ。もう一人車が故障した男の人がやって来て、今晩泊めて欲しいと言ってるので、その方とこの部屋で一緒に寝て下さいね。」
すっかりその気になった男と一緒に夜を過ごすことになったのは、
同じ様に車が故障した別の男だったのですね。

29-13 City Marathon
 W
hen a man was making love to a married woman, they heard her husband coming home.
"Quick!" said the woman, "Jump out of the window!"
So the man, totally naked, grabbed his clothes and jumped off.
At that moment, the New York City Marathon happened to be passing by.
So the man joined it and started running with the pack of runners.
A man next to him gazed at him and asked, "Tell me, pal. Do you always run naked?"
"Yea," said the guy.
"Tell me one more thing," asked the same man, "Do you always wear condom when you run?"
"Only when it looks like rain," the guy winked.
 市民マラソン
 男はよその奥さんと不倫の真っ最中だった。
ところが彼女の夫が帰宅したので、「急いで!この窓から飛び降りて!」と奥さんは叫んだ。
仕方なくこの男は素っ裸で自分の洋服を掴んで窓から飛び降りた。
ちょうどその時刻、たまたまニューヨーク市民マラソンが行われており、この場所を通過している最中だった。
そこで男はマラソンランナーの群れに加わり、一緒に走り出した。
彼の隣を走っていた男がこの奇妙な参加者に向かって話しかける。
「ねぇ、君、いつも走る時は素っ裸なの?」
「うん、まぁね」と不倫男 。
「それじゃ、もうひとつ聞くけれど、」と隣の男が尋ねる。「走る時はいつもコンドームを着けて走るの?」
「雨が降りそうな時はね、」と不倫男はウインクする。
セックスの真っ最中素っ裸で窓から飛び降りてマラソンの列に紛れたのですが、
コン ドームをつけたままで走っていたとは、さぞかし奇異な格好だったでしょうね。

29-14 Black Lacy panties
 K
aren lost her husband almost four years ago and still hasn't gotten out of her mourning stage.
Her daughter is constantly calling her and urging her to get back into the world.
Finally, Karen says she'd go out, but didn't know anyone.
Her daughter immediately replies, "Mom! I have someone for you to meet."
Well, it was an immediate hit.
They took to one another and after dating for six weeks, he asks her to join him for a weekend in the Catskills.
Their first night there, she undresses as he does.
There she stood nude except for a pair of black lacy panties, he was in his birthday suit.
Looking at her he asks: "Why the black panties?"
She replies: "My breasts you can fondle, my body is yours to explore, but down there I am still in mourning."
He knows he's not getting lucky that night.
 The following night the same scenario.
She's standing there with the black panties on, and he is in his birthday suit ... except that he is wearing a black condom.
She looks at him and asks: "What's wi th this ... a black condom?"
He replies: "I want to offer my deepest condolences."
 黒いレースのパンティ
 カレンは4年前に夫を亡くしたが未だに喪に服したままだった。
彼女の娘は常々電話をかけて、もう普通の生活に戻るべきだと促していた。
根負けしたカレンが、「じゃ誰か別の男性と外出でもしてみようか。でも、夫以外の男性なんて誰も知らないしねぇ」と言うと、娘は「ママ、ママにピッタリの男性を紹介するわよ」と言った。
確かに、ピッタリだったようで、この二人はお互いに惹かれデートを始めてから6週間後に、男性がカレンにキャッツキル(地名)で週末を一緒に過ごさないかと提案した。
そのキャッツキルでの最初の夜、カレンは相手の男性が衣服を脱いだので、自分も衣服を脱ぎ黒いレースのパンティ以外は何もつけない姿で男性の目の前に立った。
彼は素っ裸だった。
彼女の姿を見て男性は「なぜ黒いレースのパンティを外さないんだね?」と尋ねた。
カレンは「私の乳房はあなたのもの、だからどうぞ愛撫して下さい。私の身体はあなたのもの、だからどうぞまさぐって下さい。でもこのパンティの中にある部分は亡き夫の喪に伏しているのです」と答えた。
男性は今晩はついていないな、と思って諦めた。
 次の夜も全く同じ状況で進行した。彼女は黒いパンティをはいたまま立ちすくんでいた。男性は素っ裸だった。けれど一つだけ違う点があった。それは彼が黒いコンドームを着けていたことだ。
カレンは彼に尋ねた。「あのぅ、その黒いコンドームはどういうことなんでしょうか?」男は答えた。
「あなたの亡くなったご主人に心からのお弔いをしたいと思いまして…」

29-15 Conscientious Barber
 T
his guy sticks his head into a barber shop and asks, "How long before I can get a haircut?"
The barber looks around the shop and says, "About 2 hours." The guy leaves.
A few days later the same guy sticks his head in the door and asks, "How long before I can get a haircut?"
The barber looks around at shop full of customers and says, "About 2 hours." The guy leaves.
A week later the same guy sticks his head in the shop and asks, "How long before I can get a haircu t?"
The barber looks around the shop and says, "About an hour and a half." The guy leaves.
The barber looks over at a friend in the shop and says, "Hey, Bill follow that guy and see where he goes."
In a little while, Bill comes back into the shop laughing hysterically.
The barber asks, "Bill, where did he go when he left here?"
Bill looked up and said, "To your house."
 真面目な床屋
 男が床屋の入口に顔を突っ込んで「どの位待てば散髪してもらえるかい?」と聞いた。
床屋はぐるっと店で待っている客を眺めてから「二時間位だね」と答えたら、男は去っていった。
数日後同じ男が同じ様顔をに床屋の入口から突っ込んで、「どの位待てば散髪してもらえるかい?」と聞いた。
床屋はぐるっと客が満員の店を眺めてから「二時間位だね」と答えた。男はまたしても去って行った。
一週間後にこの男がまたやって来てに床屋の入口から床屋の入口に顔を突っ込んで尋ねた。「どの位待てば散髪してもらえるかい?」
床屋は店の中を見回して「一時間半位だね」と答えた。男はまたしても去って行った。
床屋は店の中に居た友人に声をかけた。「ねぇ、ビル、あの男の後をつけてどこに行くか、確かめてみてくれないか?」
暫くしてビルが床屋に大笑いしながら戻ってきた。
「ビル、あの男はここからどこに行ったんだい?」と床屋が尋ねると、ビルは床屋の顔をまじまじと見つめながら答えた。「あんたの家だよ!」
この男は床屋の奥さんの間男だったんですね。
不倫出来る時間を確かめるために、順 番待ちの客のふりをして「あとどの位 かかる?」と聞いて、
その時間は亭主である真面目な床屋は家に戻れないので、安心して情事にふけっていたわけです。

29-16 Impotent
 A
guy went to see the divorce attorney and said, "We're splitting, because my wife found out I've been using a dildo to make love since we were married."
"You mean you're impotent?" asked the attorney.
"That's right. But we always made love in complete darkness, so she never suspected."
"I see. Now that she knows, she wants to leave you?"
"No, no," the guy shook his head, "We're splitting because she's pregnant."
 インポテント(勃起不能者)
 離婚訴訟のために弁護士を訪れた男が言った。「僕達は離婚しようと思います。実は結婚以来セックスをする時、僕がずっと張り型(didldo=男性器の形をした道具)を使っていたことを妻が知ってしまったのです」
「ということは、あなたはインポテントなんですね?」と弁護士が聞く。
「そうです。でもいつも真っ暗にしてセックスをしてきたので、妻はずっとそのことに気が付かなかったのです」と男が答える。
「なるほど、彼女がそのことに気付いて、彼女の方から別れてくれと言われたのですね?」と弁護士が質問を続ける。
「いや、そういうことじゃないんです」、と男は首を振る。「僕達が離婚しようとしている原因は、彼女が妊娠したからですよ」
インポテントな男の奥さんが妊娠したということは、この男以外の男性と関係があったからです。
離婚をしたいのは夫の方なのです。

29-17 Pregnant Girl
 O
ne day a young woman went to see her doctor who had to share the news with her that she was indeed pregnant.
The doctor then says to the 16 year old, "Young lady do you have any idea who the father of your child might be?"
The young woman pauses and replies, "Doctor, if you eat a can of beans, do you know whic h one made you fart?"
 妊娠した女の子
 ある日若い女性が医者で診断を受けたが、彼女は妊娠していることが確かめられた。
16歳のこの少女に医者は、「お嬢さん、あなたはお腹にいる赤ん坊の父親が誰だかわかっているのですか?」と聞いた。
少女は少し考えてからこう答えた。「先生、豆を1缶食べた後オナラが出た時、どの豆のせいでそうなったか、わかると思います?」
少女はSEXをした相手が多過ぎて、誰が父親だかわかるはずはないでしょ、と言っています。

29-18 A state-of-the-art watch
 r
ather confident man walks into a bar and takes a seat next to a very attractive woman. He gives her a quick glance, then casually looks at his watch for a moment.
The woman notices this and asks, "Is your date running late?"
"No", he replies, "I just bought this state-of-the-art watch and I was just testing it."
The intrigued woman says, "A state-of-the-art watch? What's so special about it?"
"It uses alpha waves to telepathically talk to me," he explains.
"What's it telling you now?" she asks.
"Well, it says you're not wearing any panties..."
The woman giggles and replies, "Well, it must be broken, because I am wearing panties!"
The man explains, "Damn thing must be an hour fast."
 最高芸術作品
 かなり自信満々の男がバーに入って行き、とても魅力的な女性の隣に座る。彼は彼女をチラっと見て、さりげなく自分の腕時計を見つめた。
隣の女性はそれに気づくと「デートの相手が遅いのかしら?」と聞いた。
「いや、」と男は答えて、「最高芸術作品レベルの時計を買ったので、試してるんだ」と言った。
その言葉に興味を持った女性が尋ねた。「最高芸術作品レベルの時計ですって?なにがそんなに特別 なの?」
「アルファ波を使って、テレパシーで僕に話しかけてくるんだ」と男が説明した。
「今その時計は何と伝えているの?」と彼女は尋ねた。
「ええ、あなたがパンティーを履いていないだろうって…」
これを聞いて女性はクスクス笑った。「あら、その時計壊れてるみたいね、だって私パンティー履いてるもの」男はしたり顔で説明する。
「こいつ一時間程進んでるみたいだな。」
一時間後に俺とあんたは一緒にベッドの中で裸になっているよ、という男の自惚れです。

29-19 Talcum powder
 A
man's wife asked him to go to the store to buy some cigarettes, so he walked down to the store only to find it closed.
He went into a nearby bar to use the vending machine.
At the bar he saw a beautiful woman and started talking to her, they had a couple of beers, one thing lead to another and before too long , they ended up in her apartment.
After they had made love for hours, the man realized it was 3 AM and said, "Oh, no - it's SO late! My wife's going to kill me!! Have you got any talcum powder?"
She thought to herself, "Talcum powder? ! What does he want with that?"
But she gave him some anyway, which he rubbed on his hands before hurrying home.
When he got home, his wife was waiting for him in the doorway and she was mad! "Where the heck have you been?" she demanded.
"Well, honey, it's like this. Honey, you know I love you, I can't lie to you. I went to the store like you asked, but they were closed. So I went to the bar to get you cigarettes out of the vending machine. While I was there, I met this woman. She was so beautiful and well, we had a few drinks, and then one thing led to another and I ended going back to her place, and honey, I'm sorry ...I've been unfaithful to you. I went to bed with another woman."
"Oh yeah? " she said, "Let me see your hands!"
She saw his hands covered with talcum powder and started to sob:"You damn liar! You went BOWLING again!"
 タルカムパウダー(香料入り粉)
 妻にタバコを買って来るように頼まれた男は、いつもの店が閉まっていたのでその近くのバーに行って自動販売機で買おうと考えた。
たまたまそのバーで美人が飲んでいたので男が声をかけると話がはずみ、ビールを数杯飲んだ後に彼女のアパートに行くという結果 になった。
二人はそこで数時間セックスを楽しみ、気が付くと夜中の3時になっていた。慌てた男は「いけない、大変だ!こんなに遅くなってしまった。
ワイフが怒って僕のことを殺すかもしれない!ねぇ、君、タルカムパウダーを持ってる?」と尋ねた。『タルカムパウダーだって?この男、タルカムパウダーで何するつもりなのかしら?』と女は男に聞こえないようにつぶやいたが、とにかく言われたものを彼に渡した。
男はタルカムパウダーを手にすり込むと、走って自分の家に戻った。
家に戻ると彼の妻は案の定もの凄い剣幕で入り口に立っていた。「いったいこんな時間まで、どこをふらついていたの!」と妻は詰問する。
「あぁ、ハニー、実はこういうことなんだ。ね、ハニー、僕が君を愛していることは知っているよね。僕は君には嘘がつけない。本当のことを言うよ。まず君に頼まれたタバコを買いにいつもの店に行ったら、閉まっていたんだ。そこで自動販売機で買おうとバーに行ったんだ。ところがそこで素敵な美人の女性に会って、一杯が二杯、二杯が三杯となるうちに、そのぅ、つまり彼女のアパートにしけ込むことになったのさ。ハニー、心から謝るよ。君を裏切ってしまったんだ。君以外の女性と一緒に寝てしまったんだ…」
「あら、そうなの?手を見せてごらん!」と妻は夫の手がタルカムパウダーだらけなのを見て、シクシク泣き出した。
「嘘つき!嘘つき !あんたはまたボーリングに行ったのね…」
この男、かなりの知能犯ですね。
本当のことを言ってるのに妻はそんなことはない、 ボーリングに行ったのだと思っているのですから…。

29-20 Real loser
 H
ow can you tell a guy is a real loser?
1.Even an answering machine hangs up on him.
2. Even a whore says to him, "I have a headache."
3.When he hires a hooker, she says, "Not on the first date."
 負け犬
 どうしようもない負け犬の男というのは、どういう男ですか?
1.話をしようとすると、留守番電話にすらガチャンと切られてしまう男。
2.売春婦にさえ「今日は頭痛がするからダメ」と断られる男。
3.お金を払った売春婦にも「最初のデートではSEXはダメよ」言われる男。

#29-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80


*  
*