●Kazさんのページ

#29.Love & Sex

#29-1〜1011〜2021〜30・31〜40
41〜5051〜6061〜7071〜80

29-31 Black panties
 S
adie lost her husband almost four years ago and still has not gotten out of her depression, mourning, as if it were only yesterday.
Her daughter is constantly calling her and urging her to get back into the world.
Finally, Sadie says she'd go out, but didn't know anyone.
Her daughter immediately replies, "Mama ! I have someone for you to meet." Well, it was an immediate hit.
They took to one another and after dating for six weeks, he asks her to join him for a wee kend in Florida. (And we know what that meant!)

 Their first night there, she undresses as he does.
There she stood nude except for a pair of black lacy panties, he in his birthday suit.
Looking at her he asks, "Why the black panties? "
She replies, "My breasts you can fondle, my body is yours to explore, but down there I am still in mourning."
He knows he's not getting lucky that night.
The following night the same scenario.
She's standing there with the black panties on, and he is in his birthday suit..... except that he has an erection on which he has a black condom.
She looks at him and asks, "What's with this...a black condom?"
He replies, "I want to offer my condolences."

 黒いパンティ
 サディは四年前に夫を亡くしたが、その悲しみの痛手から立ち直れず、まるで夫が死んだのは昨日のような感じで打ちひしがれて喪に服していた。
サディは娘から、もういい加減現実に目覚めたらという電話を何回もらって、ようやく外へ出歩いてみようかという気分になった。
ところが一緒に外出する相手もいないのでどうしようかと相談すると、娘は「ママ、あなたにピッタリのお相手を知っているわ」と、即座に答えた。
さて、この出会いはまさしくビビビっと決まって、サディは紹介された男性と6週間デートを続け、相手の男性は週末フロリダで一緒に過ごさないか、とサディを誘った。ということは、何を意味するか分りますよね?

 ま、そういう訳でこの二人が過ごす最初の晩、彼が服を脱ぐとサディも服を脱いだ。彼が素っ裸で立ったのにサディは黒い薄いパンティを着けたままだった。
彼女の姿を眺めて男は、「なぜ黒いパンティを履いているの?」と尋ねた。
「私の乳房を愛撫してもいいし、私の身体を思う存分まさぐってもいいわ。でもこの大切な部分だけは、まだ喪に服しているの」と彼女は答えた。
男は「今晩はついていないな」、と諦めた。
翌晩もまた同じ展開だった。男は素っ裸、女は黒いパンティを着けた姿、でも黒いコンドームを着けた男のオチンチンはしっかり上を向いていた。
サディはそれを見て男に尋ねた。「あの、そのぉ、黒いコンドームはどうしたの?」
男が答える、「あぁ、僕もお悔やみの気持ちを表したいので…」


29-32 Ironing shirts
 S
o the guy was romping in bed with a married woman when they heard the garage door open.
"It's my husband!" the frantic woman cried.
"Get out of bed and start ironing these." She tossed a bunch of shirts at him.
The husband strolled in and asked his wife about the strange man ironing shirts.
"He is our new housekeeper," the wife said.
Her husband seemed to accept the explanation.
The guy stayed and finished ironing the shirts and later he left the house and walked to a bus stop.
He couldn't help but start bragging about his narrow escape and related his experience to a man at the bus stop.
The man said to the guy, "Are you talking about the redhead who lives in the brick house over there?"
"Yea, but how did you know?" the guy asked the man.
"Hell, son, I am the one who washed these shirts."
 シャツのアイロンかけ
 男は人妻とベッドで不倫行為の真っ最中だった。
突然車庫のシャッターが開く音が聞こえてきた。
「夫が戻って来たんだわ!すぐにベッドから出てこれのアイロンかけを始めて!」女性は大慌てで叫んで、シャツの束を男に放り投げた。
夫がブラブラ戻って来てアイロンをかけている見なれない男は誰なんだ、と妻に尋ねた。
「あ、彼は新しいお手伝いさんなの」と妻が答え、夫も納得したようだった。
不倫をしていた男はそのままそこでアイロンをかけ続けて、すべてのシャツにアイロンをかけ終わった段階でその家を堂々と辞してバス停留所に歩いて向かった。
危ういところをうまく逃げたと自慢したくて仕方ない男は、バス停に居た男に、彼のたった今経験したことを得意そうに喋った。
話を聞いた男が「その女って赤毛で、あそこの煉瓦造りの家の奥さんのことだろう?」と尋ねるので、不倫男は「そうだけど、どうしてわかったの?」とその男に聞いた。
「だってさ、君がアイロンをかけたというシャツを洗濯したのは僕だからさ」
このアイロン男の直前の不倫相手はバス停にいた男で、
その時も旦那が帰ってきて「 新しいお手伝いさんなの。シャツを洗濯してもらったの」と、
赤毛の奥さんはごまかしたということです。

29-33 Philosophy of Sex
 A
variety of quotes from famous people on their opinion of sex and love.

"I believe that sex is one of the most beautiful, natural, wholesome things that money can buy."
--Tom Clancy (American writer)

"Sex at age 90 is like trying to shoot pool with a rope."
--George Burns (American comedian)

"Women might be able to fake orgasms. But men can fake whole relationships."
--Sharon Stone (American actress)

"My girlfriend always laughs during sex ---no matter what she's reading."
--Steve Jobs (Founder, Apple Computers)

"Women need a reason to have sex. Men just need a place."
--Billy Crystal (American comedian)

"According to a new survey, women say they feel more comfortable undressing in front of men than they do undressing in front of other women. They say that women are too judgmental, where, of course, men are just grateful."
--Robert De Niro (American actor)

"See, the problem is that God gives men a brain and a penis, and only enough blood to run one at a time."
--Robin Williams

 セックスに関する哲学
 有名人が語るセックスと愛に関するコメントです。
セックスとはお金で買える「最も美しく、自然で健康な」ものの一つだと思う。
【トム・クランシー:アメリカの作家】

90歳代でセックスをするということは、ビリヤードの球を(キューでなく)ロープで打つようなものだ。
【ジョージ・バーンズ:アメリカのコメディアン】

女性はセックスで絶頂感に達したように演技をすることが出来る。けれど男性は男女関係のすべてを演技でごまかすことが出来る。
【シャロン・ストーン:アメリカの女優】

僕のガールフレンドはセックスの間中いつもゲラゲラ笑っている。どんな本を読んだ場合でも。
【スティーブ・ジョーブ:アップルコンピューター創立者】

女性はセックスをするのに理由が必要だが、男性はセックスする場所を必要とするだけだ。
【ビリー・クリスタル:アメリカのコメディアン】

最新の統計によれば、女性は男性の前で洋服を脱ぐ方が、女性の前で洋服を脱ぐより快感を感じるそうだ。同姓である女性はあら探しの目付きで見つめるのに対して、異性である男性は当然のことながら、感謝の目付きで眺めるからだそうだ。
【ロバート・デニーロ:アメリカの男優】

だからさ、問題なのは神が男性に頭脳とペニスを与えて、両方を同時に満たすだけ充分な血液を与えなかったことなのさ。
【ロビン・ウイリアムス:アメリカのコメディアン俳優】


29-34 How to impress?
 H
ow to impress a woman
Wine her Dine her Call her Hug her Support her Surprise her Compliment her Smile at her Listen to her Laugh with her Cry with her Romance her Encourage her Believe in her Pray for her Cuddle with her Shop with her Give her jewelry Buy her flowers Hold her hand Write love letters to her Go to the end of the Earth and back again for her.

 How to impress a man
Show up naked... Bring chicken wings. Don't block the TV.

 感動を与えるには?
 女性を感動させる方法
 彼女をワインでもてなしディナーをご馳走し 電話をかけ 抱きしめ 援助して ビックリさせてやり 誉めたたえ にっこり笑って見つめ よく話を聞いてやる。
彼女と一緒に笑い 一緒に泣き ロマンティックな夢を語り つねに励ましてあげる。
彼女を信じ 彼女のために祈り 優しく寄り添い 一緒に買い物をして 宝石を買い与え 花を買ってあげて 手を握り ラブレターを書き 地球の果てまでも行き、そして再び帰ってくる…彼女のために。

 男性を感動させる方法
すっ裸で現れ、鶏手羽先肉を渡して、彼がテレビを観ることを邪魔しない。

男ってなんて単純なんでしょう。

29-35 Simultaneous climax
 C
asey went to a sex therapist and explained that he and his wife were unable to achieve simultaneous climax.
The therapist confided that he had had the same problem, which he had solved by hiding a hand gun under his pillow.
"When I was about to come, I reached for the gun and fired a shot, and my wife climaxed with me. Come back next week and tell me how it works for you."
That night the therapist got a phone call from the county hospital and rushed over to the emergency room.
"What happened, Casey?" he cried, catching sight of his patient writhing in pain on an examining table, clutching a blood soaked towel to his groin.
"I bought a 0.45 revolver, hid it under the pillow and started making love to my wife," Casey explained.
"And when I was about to come, I grabbed the gun and fired."
"So?" pursued the doctor.
"She shat in my face and bit off the end of my dick."

 同時にイクこと
 ケーシーがセックスセラピスト(相談医)の所にやってきて、彼と妻はセックスをしても同時にクライマックスに達することが出来ないと、悩みを打ち明けた。
セラピストは自分も同じ悩みを持っていたが、枕の下にピストルを隠すことで解決したとケーシーに打ち明けた。
「僕がイキそうになったら、枕の下からピストルを取り出してバーンと、安全な方向へ発射する。そうすると妻もそれと同時にイクようになったんだ。ぜひこの方法を試してみて、来週ここに来て効果の程を聞かせてほしいな」と医者は言った。
その夜セラピストは住んでいる州の大病院から緊急呼び出しの電話を受け、緊急治療室へ慌ててやって来た。
手術台で激痛に顔を歪めている自分の患者の姿を見て、「ケーシー、一体何が起こったんだ?」と大声で尋ねた。
彼の股間は血だらけのタオルできつく縛られていた。「ぼ、僕は45口径のピストルを買って、妻とセックスをする時、ま、枕の下に隠しておいたんだ」とケーシーが、息も絶え絶えに説明し始めた。
「ぼ、僕がイキそうになったので、ピストルを取り出してバーンとぶっ放したんだ」とケーシーが言うので、「それで、どうなったんだ?」とセラピストがその先の話を急かせた。
「驚いた彼女は僕の顔の上にウンコを漏らすし、ガブって、僕のオチンチンの先を食いちぎってしまったんだ。その結果がこれさ!」

夫婦同時にイキそうになった時は「69」の真っ最中だったんですね。

29-36 Housekeeper
 J
ohn invited his mother over for dinner.
Over the course of the meal, she could not help noticing how beautiful and shapely his housekeeper was.
Over the course of the evening, she started to wonder if there was more between John and the housekeeper than met the eye.
Reading her thoughts, John volunteered, "I know what you must be thinking, but I assure you, my relationship with my house keeper is purely professional."
About a week later, the housekeeper came to John and said, "Ever since your mother came to dinner, I have been unable to find the beautiful silver gravy ladle. You don't suppose she took it, do you?"
John said, "Well, I doubt it, but I'll write her a note just to be sure."
So he sat down and wrote: "Dear Mother, I'm not saying you 'did' take a gravy ladle from my house, and I'm not saying you 'did not' take a gravy ladle. But the fact remains that one has been missing from my house ever since you came here for dinner."
Several days later he received a letter from his mother which said, "Dear John, I'm not saying you 'do' sleep with your housekeeper, and I'm not saying you 'do not' sleep with your housekeeper. But the fact remains that if she were sleeping in her own bed, she would have found the gravy ladle by now." Love, Mom.

 家政婦
 ジョンは母親を自宅の夕食に招待した。
食事をしながら母親は、ジョンの家の家政婦が美人で切れ者であることに気付き、夕食が終わるとジョンとこの家政婦が交わす視線は、お互いの一線を越えているのではないかと考えた。
母親の疑念に気付いたジョンは、自分からこう口火を切った。「ママが何を考えているかわかるけど、僕と家政婦の関係は単に職業上の関わり合いだけだってことは保証するよ」
一週間後に家政婦がジョンのもとにやって来てこう言った。「あなたのお母様が食事にいらしてから、あの素敵な銀製のオタマが見つからないのよ。まさか、お母様があのオタマを持っていったんじゃないでしょうね?」
ジョンは「うーん、そうかも知れないね。ママに手紙を書いて確かめてみるよ」と答え、ジョンは腰掛けて手紙を書き始めた。
「ママ、僕の家の肉汁用のオタマを、ママが家に持ち帰ったと言っている訳ではないんだけど、ママが来た時からそいつが見つからなくなっているのは事実なんだ」
数日後ジョンは母親から返事の手紙をもらった。
「ジョン、私はあなたが家政婦と一緒に寝ていると言っている訳ではないんだけど、彼女が自分のベッドで眠っているならそこにオタマが置かれているという事実に気が付くはずなんだけど…」

家政婦が、自分のベッドにオタマが置かれていることに気付いていないということは、
彼女は自分のベッドでは眠っていないということになります。

29-37 ATM card
 J
ohnny, Kurt and Jim are at the Saigon Passion strip joint.
The girl is shaking her stuff in front of them wearing a G-string.
Johnny pulls out a $20 bill, licks it and sticks it on her butt cheek.
Kurt (trying to show up Johnny) pull s out a $50 bill, licks it and sticks it on her other butt cheek.
Jim pulls ou t his ATM card swipes it down the crack of her butt and puts the $20 and the $ 50 in his wallet.

 銀行キャッシュカード
 ジョニー、カート、ジムの三人が「サイゴン・情熱ストリップ」ショーを一緒に見ていた。
ストリップダンサーが三人の前で、紐だけの細いパンティで被われた局所を、これ見よがしに揺すってみせた。
ジョニーは20ドル札を取り出すとぺろりとなめて、ダンサーの片側のお尻にペタっと貼りつけた。
カートはもっといい格好をしようと思って50ドル札を取り出してぺろりとなめ、ダンサーのもう片側のお尻に貼りつけた。
ジムは銀行のキャッシュカードを取り出すと、ダンサーのお尻のくぼみに沿って、スーッとカードを通して、お尻の両側に貼ってあった20ドル札と50ドル札を、自分の財布に入れてしまった。

ストリップダンサーのお尻のくぼみに、キャッシュカードを通して
ATM(Automated T eller Machine:現金自動支払機)のつもりで、お札を引き出すなんて…(*_*)

29-38 I didn't say they were mine
 M
rs. Shapiro, the Matchmaker, goes to see Mr. Valen, a confirmed bachelor for many years.
"Mr. Valen, don't leave it too late. I have exactly the one you need. You only have to say the word and you'll meet and be married in no time!" says the Matchmaker.
"Don't bother!" replies Mr. Valen, "I've two sisters at home, who look after all my needs."
"That's all well and good, but all the sisters in the world cannot fill the role of a wife."
"I said 'two sisters'. I didn't say they were mine."

 自分の姉妹だとは言わなかったでしょ?
 結婚斡旋を商売としているサピロ夫人が、これまでずっと独身生活を楽しんでいるバレン氏に会い行った。
「バレンさん、早く結婚しなさいよ。私があなたにピッタリの女性を見つけて来ました。あなたがOKと言えば、直ぐに彼女に引き合わせて結婚の段取りまで勧めますよ」と、この結婚斡旋人はしきりと勧めた。
「どうか余計なことはしないで下さい」とバレン氏は答えた。
「僕は家に二人の姉妹と住んでいます。彼女達が僕が必要なことはすべてしてくれるので、嫁さんなんて要りませんよ」
「それは良いことですけれど、でも姉妹では妻として夫に対する努めを、あなたに提供することは出来ないでしょ?」とサピロ夫人が言うと、バレン氏は「私は『二人の姉妹』と言っただけですよ。自分の姉妹だとは言わなかったでしょ?」

バレン氏は自分の血を分けた姉妹でなく、他人の姉妹と一緒に暮らしている。
つまり夜の努めも含めて何等不自由はしていませんよ、ということです。

29-39 Paternity suit
 A
pregnant Hollywood starlet was sitting in the doctor's waiting room intently staring at the wall.
After calling her name three times, the nurse touched her to get attention and said, "You're really lost in thought."
"Oh, I was thinking about a name," the starlet said.
"For the baby?" the nurse smiled at her.
"No. For the paternity suit."

 父親認知訴訟
 ハリウッド新進女優が妊娠して、医者のところへやって来た。
彼女は待合室で思い詰めたような表情で壁を睨み付けていた。
彼女が名前を三回呼ばれたが気がつかないようなので、看護婦が彼女をトントンと叩いて注意を促した。
「何か一生懸命考え事をしていたみたいですね」と看護婦が話しかけると、「えぇ、名前を一生懸命考えていたんです」と新進女優は答えた。
「あぁ、お生まれになる赤ちゃんの名前ですか?」と看護婦が彼女に微笑みかけると、女優が遮った。「違うってば!父親認知訴訟の相手の名前よ!」

あまりに沢山の相手と関係していたので、誰が父親だかわからないということです。

29-40 My baby already has a first name
 T
he new mother got out of bed for the first time since her childbirth.
She dressed in her robe and walked down the hospital hallway to the nurses desk where she asked for a phone book. "What are you doing out here! You should be in your room resting," the nurse exclaimed.
"I want to search through the phone book for a name for my baby," the new mother replied.
"You don't have to do that here. The hospital furnished a booklet to all new mothers to assist them in picking a first name for their baby."
"You don't understand," the woman said and frowned. "My baby already has a first name."

 私の子供の名前は既に決まっているのよ
 新生児の母親が出産以来初めてベッドを離れ、ガウンを着て看護婦ステーションまで病院の廊下を歩いて来て、「電話帳はどこにあるかしら?」と尋ねた。
「あなた、こんなところで何をしているの!自分の部屋のベッドで休んでいないといけませんよ!」と看護婦が、彼女を叱りつけた。
「私の子供のために、電話帳から名前を捜したいのよ」と、この新米母親が言った。
「ここでそんなことしなくても、この病院では新しく母親になった人のために、赤ん坊の名前を考えるヒントになる小冊子を配っていますから、自分の部屋でゆっくり考えたらいいでしょ」と看護婦が言うと、その女性は眉をひそめながらこう言った。
「あなたわかっていないわね。私の子供の下の名前は既に決まっているのよ、決まっていないのは上の姓の方なのよ!」

この女性は赤ん坊の父親の男性が誰だかハッキリしないので、
電話帳で疑わしい男は片っ端から捜そうとしているのです。

#29-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜80


*  
*