●Kazさんのページ

#29.Love & Sex

#29-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50
51〜6061〜7071〜8081~90

29-41 Sex for sale
 M
oishe moves into a nursing home, but he is just as randy as ever.
As he looks over the list of the other people living in the home, he realizes that there are three times as many women as men.
What luck! Moishe decides this is a good time to make some money, so he posts a sign on his door: "SEX FOR SALE."
On the very first night, someone knocks on his door. It was Sadie.
She says to Moishe, "What does your sign mean?"
"I am selling sex," he replies.
"Well," says Sadie, "How much do you charge?"
Moishe replies, "I haven't thought much about prices, but I suppose it will be £5 on the floor, £10 on the chair and £20 on the bed."
Sadie reaches into her purse and pulls out a £20 note.
"Oh, you want it on the bed?"
"No," says Sadie, "Four on the floor please!"

 有料セックス料金
 モイシェは養老院に入ったが、セックスの方だけは昔同様自信があった。
入居者のリストを見ると女性が男性の3
倍も居るので、「ラッキー!これは金儲け出来るかもしれない!」と思い、「有料でセックスいたします」という看板を、自室の扉の上に掲げた。
すぐその晩、誰かがモイシェの部屋の扉をノックした。
そこに入居しているサディという女性だったが、彼女はモイシェに「この看板はどういう意味なの?」と聞いた。
「私はお金を払ってもらえるなら、セックスをしてあげる、ということですよ」と彼は答えた。
「あら、それなら、お値段はいくら?」とサディは尋ねた。
「そんなに無茶苦茶高いことは言いませんよ。そうですね、床の上でなら5ポンド、椅子の上なら10ポンド、ベッドの上なら20ポンドでいかがですか?」とモイシェが提案すると、サディは自分の財布から20ポンド紙幣を取り出して彼に渡した。
「ベッドの上でのセックスをお望みですね」と、モイシェが聞くとサディは答えた。
「違うわよ。床の上で4回ということよ」


29-42 Sex maniac
 T
his guy goes into a doctors and says, "Doctor, doctor you've gotta help me. I just can't stop having sex!"
"Well how often do you have it?" the doctor asks.
"Well, twice a day I have sex with my wife, TWICE a day," he answers back.
"That's not so much," says the doctor.
"Yes, but that's not all. Twice a day I have sex with my secretary, TWICE a day," replies the man.
"Well that is probably a bit excessive," says the doctor.
"Yes, but that's not all. Twice a day I have sex with a prostitute, TWICE a day," says the man.
"Well, that's definitely too much," says the doctor. "You've got to learn to take yourself in hand."
"I do," says the man. "Twice a day."

 セックス狂
 一人の男が医者に「先生、なんとかして下さい。僕はセックスをすることが止まらないんです」と、相談した。

「どのくらいの頻度でセックスをするんですか?」と医者が聞くと、男は「えーっと、妻と一日に2回セックスをします」と答えた。
医者が「それは、セックスし過ぎというほどではないでしょう」と医者が言うと、「それだけならね。でも僕はその他に秘書とも一日に2回セックスをするんですよ」と男が付け加えた。
「なるほど、それは少々度が過ぎるかもしれませんな」と医者が言った。
「そうでしょ。でもまだあるんです。僕はその他にも一日に2回、売春婦ともセックスをするんです。一日2回ですよ!」と男が言うので、「それは確かに、ひどすぎる。少し自分自身で制御(in hand)しなければなりませんな」と医者が忠告した。
「手でもしてますよ」、と男が続ける。「それも一日2回です」

医者は「制御して」というつもりで in handと言ったのですが、
このセックス狂は奥さん、秘書、売春婦とそれぞれ日に二回セックスをする以外に、
自分の手でも二回自慰をしていると告白しているのです。

29-43 The man I need most
 W
hen I was 14, I hoped that one day I would have a boyfriend.

 When I was 16 I got a boyfriend, but there was no passion.
So I decided I needed a passionate guy with a zest for life.

 In college I dated a passionate guy, but he was too emotional.
Everything was an emergency, he was a drama queen, cried all the time and threatened suicide.
So I decided I needed a boy with stability.

 When I was 25 I found a very stable guy but he was boring.
He was totally predictable and never got excited about anything.
Life became so dull that I decided I needed a boy with some excitement.

 When I was 28 I found an exciting boy, but I couldn't keep up with him.
He rushed from one party to another, never settling on anything.
He did mad impetuous things and flirted with everyone he met.
He made me miserable as often as happy.
He was great fun initially and very energetic, but directionless.
So I decided to find a boy with some ambition.

 When I turned 31, I found a smart ambitious boy with his feet planted firmly on the ground so I moved in with him.
He was so ambitious that he dumped me and tookeverything I owned.

 I am older now and am looking for a guy with a very big dick.

 私が最も必要とした男
 14歳の時、私はいつかボーイフレンドが欲しいと思った。

 16歳になって私はボーイフレンドが出来たが、彼は情熱的でなかった。
だから私は情熱的で人生に熱い夢を持った男が欲しいと思った。

 大学生になって情熱的な男と付き合ったが、彼は感情に左右されすぎた。
彼はぴりぴり緊張して、いつでもドラマの女王のように大袈裟に振る舞い、泣きわめき、うまく行かないと自殺してやると大騒ぎした。
だから私はもっと安定した男が欲しいと思った。

 25歳の時、私は安定した男に出会ったが彼は退屈な男だった。
行動パターンがすべて予測出来、何につけてもワクワク興奮するような出来事は起こらなかった。

 28歳になると興奮させるような男と私は知り合ったが、彼のペースには付いて行くことが出来なかった。
パーティのはしごをして、何をやっても最後までやり遂げず、やることなすことすべて衝動的で、会った女すべてと浮気しまくるような男だった。
一緒に居ると幸せと悲しみがほぼ同じ頻度で繰り返された。
最初はとても面白く、エネルギーに溢れた毎日だったが、先行きがさっぱり見えなかった。
だから私はもっと野望を抱いた男が必要だと考えた

 私が31歳を過ぎた時、頭の回転が良く野望を抱いた男性と出会った。
彼は堅実で考えが浮つかず地についた行動をしていたので、彼の許へ走った。
彼はあまりに野望が強すぎたため、私の持ち物をすべて奪い去った後に邪魔な私を捨てた。

 年を取った私は、もうあれこれ贅沢は言わない。
ただ大きなペニスを持った男さえ居てくれればよいと思う今日この頃である。


29-44 Sex for money and sex for free
 W
hat's the difference between sex for money and sex for free?
Sex for free costs a lot more.

 無料で行うセックスと金をはらって行うセックス
 無料で行うセックスと金をはらって行うセックスの違いは何か?
無料で行うセックスの方が、結局はるかにお金がかかる。

無料でセックスした相手と結婚することになって、
一生お金がかかることになるという意味です。

29-45 You Just Can't Win
 I
f you work too hard, there is never any time for her.
If you don't work enough, you're a good-for-nothing bum.

 If you get a promotion ahead of her, it's favoritism.
If she gets a job ahead of you, it's equal opportunity.

 If you mention how nice she looks, it's sexual harassment.
If you keep quiet, it's male indifference.

 If you make suggestions to try to help her, you're interfering.
If you don't, you're not considerate.

 If you make a decision without consulting her, you're a control freak.
If she makes a decision without consulting you she's a liberated woman.

 If you cry, you're a wimp.
If you don't, you're insensitive.

 If you're proud of your achievements, you're an egotist.
If you're not, you're not ambitious.

 どうやっても男は勝てない
 男が仕事をし過ぎると、彼女に会う時間がなくなる。
男が仕事をしなければ、能なしの乞食みたいと彼女に言われる。

 男が女よりも先に昇進したら、それは依怙贔屓だと言われる。
男よりも先に女が先に職に就けたら、それは雇用機会均等上当然のことだ。

 男性が女性に「素敵じゃないか!」と声をかけたら、それはセクハラだと言われる。
男性が女性に何も声をかけなかったら、無神経な男ね、と言われる

 男性が女性を助けようとヒントを与えると、それはお節介と言われる。
男性が女性を助けるためにヒントを与えなければ、思慮深くないと言われる。

 女性に相談無く男性が決断すれば、その男性は何でも指図したがると非難される。
女性が男性に相談無しで決断すれば、自立した女性だと讃えられる。

 男性が泣けば、弱虫と言われる。
男性が泣かなければ、思いやりがないと言われる。

 男性が自分の仕事の成果を誇りに思うと、エゴイストだと非難される。
男性が自分の仕事の成果を誇りに思わなければ、上昇志向がないと非難される。


29-46 Paternity suit
 A
pregnant Hollywood starlet was sitting in the doctor's waiting room intently staring at the wall.
After calling her name three times, the nurse touched her to get attention and said, "You're really lost in thought."
"Oh, I was thinking about a name," the starlet said.
"For the baby?" the nurse smiled at her.
"No. For the paternity suit."

 父親認知訴訟
 ハリウッド新進女優が妊娠して、医者のところへやって来た。
彼女は待合室で思い詰めたような表情で壁を睨み付けていた。
彼女が名前を三回呼ばれたが気がつかないようなので、看護婦が彼女をトントンと叩いて注意を促した。「何か一生懸命考え事をしていたみたいですね」と看護婦が話しかけると、「えぇ、名前を一生懸命考えていたんです」と新進女優は答えた。
「あぁ、お生まれになる赤ちゃんの名前ですか?」と看護婦が彼女に微笑みかけると、女優が遮った。
「違うってば!父親認知訴訟の相手の名前よ!」

あまりに沢山の相手と関係していたので、
誰が父親だかわからないということです。

29-47 Doggie style
 T
hese two guys are car pooling home from work one day.
Traffic is barely crawling along and they are both a bit bored.
So the driver is looking around and suddenly he points at two dogs having sex on someone's front lawn.
"Look", he shouts "What are the those dogs doing? are they fighting?"
The passenger, being a man of the world, replies "They are having sex. Don't tell me that you have never had sex doggie style before?"
The driver, a bit embarrassed, admits that he has never had sex doggie style.
So the passenger says, "You have to try it. It's pretty cool. Here's what you do. Tonight when you get home, fix your wife a margarita and then suggest that you want to try this new sexual position."
The driver thinks a bit and then decides he will give it a try.

 The next morning, the two commuters are back in the car and the passenger asks, "Well, how did it go?"
To which the driver replies, "It was great. But it took me 6 Margaritas just to get her on the front lawn."

 交尾スタイルで
 自動車に相乗りして通勤している二人の男達が、ある日仕事帰り家に向かう途中、交通がやや混雑してノロノロ運転せざるを得なくなり、少し退屈していた。
車を運転していた男が辺りを見回し、二匹の犬が芝生の上で交尾中なのを見つけて指差した。
「おい、見ろよ」と彼は助手席の男に叫んだ。「あの犬達は何してるんだ?喧嘩してるのか?」助手席の男はもう少し世間を知っていたので、「あいつらセックスしているんだよ。あの交尾スタイルで君はセックスしたことないなんて、まさか言うんじゃないだろうね?」とたしなめた。
運転席の男は恥ずかしそうに、「実はあの格好でセックスしたことは、一度もないんだ」と認めた。
助手席の男は「あのスタイルやってみたらどうだい?なかなかいいもんだよ。どうやったら君の奥さんと出来るか、教えてやろう。今晩家に戻ったら奥さんにカクテルのマルゲリータを一杯飲ませるんだ。それからこのワンワンスタイルのセックスをしたいからと誘ってみろよ」と勧めた。
運転席の男は少し考えてから「それじゃ、そうしてみよう」と答えた。

 翌朝この二人が相乗りして通勤する途中、助手席の男が運転席の男に尋ねた。「で、昨晩どうだった?」
「いやぁ、よかったね」と運転席の男が答える。「でも女房に芝生の中でワンワンスタイルさせるには、マルガリータ一杯では無理で、六杯飲ませなければならなかったけどさ…」

ウブな男は犬とそっくり同じに芝生でやることまでマネしたのですね。
人間なんだから自分達の寝室でよかったのに…

29-48 Infestation of moths
 A
woman was having a passionate affair with an inspector from a pest-control company.
One afternoon they were carrying on in the bedroom together when her husband arrived home unexpectedly.
"Quick," said the woman to her lover, "into the closet!" She bundled him in the closet stark naked.
The husband, however, became suspicious and after a search of the bedroom discovered the man in the closet.
"Who are you?" he asked him.
"I'm an inspector from Bugs-B-Gone," said the exterminator.
"What are you doing in there?" the husband asked.
"I'm investigating a complaint about an infestation of moths," the man replied.
"And where are your clothes?" asked the husband.
The man looked down at himself and said, "Those little bastards."

 蛾に喰われた
 ある家で奥さんが作業に家にやって来る防虫会社の作業員と、深い関係になっていた。
ある日の昼下がり、この二人がベッドでセックスの真っ最中に、突然御主人が何の前触れもなく家に戻ってきた。
「早く!急いでタンスの中に隠れて!」と奥さんは愛人に促すと、あわてて素っ裸の彼氏をタンスに押し込んだ。
寝室に上がってきた御主人は、ただならぬ雰囲気を怪しみ、あちこち探してとうとうタンスの中に隠れていた間男を見つけた。
「あんた誰だ?」と男に問い詰めると、防虫作業員は「私は『虫ちゃんサヨナラ』会社の作業員です」と答えた。
「その作業員が、何でこんなところに居るんだ?」と御主人が聞くと、「奥様が蛾の被害が出ていると言われて、調査していたんです」と男は答えた。
「で、あんたが素っ裸なのは何故なんだ?」と御主人はさらに尋ねた。
男は自分の身体に視線を落とし、「あの蛾の野郎、俺の洋服まで喰っちまったんだ!」と呻いた。


29-49 Catch my eye
 A
man who lived in a block of apartments thought it was raining and put his head out the window to check.
As he did so a glass eye fell into his hand.
He looked up to see where it came from in time to see a young woman looking down.
"Is this yours?" he asked.
She said, "Yes, could you bring it up?" and the man agreed.
On arrival she was profuse in her thanks and offered the man a drink.
As she was very attractive he agreed.
Shortly afterwards she said, "I'm about to have dinner. There's plenty; would you like to join me?"
He readily accepted her offer and both enjoyed a lovely meal.
As the evening was drawing to a close the lady said, "I've had a marvelous evening. Would you like to stay the night?"
The man hesitated then said, "Do you act like this with every man you meet?"
"No," she replied, "Only those who catch my eye."

 私のお眼鏡にかなった人
 アパートに住んでいる男が、外は雨が降っているかどうか確かめようと、窓の外に顔を出して外の天気をチェックした。
突然彼の手に頭上から落ちてきたコンタクトレンズがスポっと収まった。
彼が上を見上げると若い女性がこちらを見下ろしていた。
「これは、あなたのものですか?」と彼が上の女性に聞くと、「そうなの。悪いけどそれを上まで持ってきて下さる?」と言われたので、男は頷いた。
その女性の部屋へコンタクトレンズを届けると、彼女は丁寧なお礼の言葉を並べ、「よろしければご一緒に飲み物でもいかがですか?」と誘った。
彼女は非常に魅力的だったので、男は喜んで申し入れを受け入れた。
飲み物を飲み始めると直ぐに、彼女は「ちょうど夕食にしようと思っていたの。でも量を多く作りすぎたので、食べていって下さらない?」と言った。
もちろん男はこの申し出も聞き入れ、二人で夕食を楽しんだ。
食事が終わりに近づくと彼女が「今日は素晴らしい夜を過ごせたわ。よかったら、今晩泊まっていって下さらない?」と誘った。
「ねぇ、君って男の人なら誰でもこんな具合に誘うの?」と男が聞くと、「いいえ、私のお眼鏡にかなった人だけよ」と彼女は答えた。

私のお眼鏡にかなった人(catch my eye)−私の目に止まったと−いう意味と、
実際にこの男が彼女のglass eye(コンタクトレンズ)をキャッチ(catch)したことを、掛けてあるのです。

29-50 Sexual Olympics
 A
man went over to his girlfriend's bedroom and showed her three pieces of condom -- gold, silver, or bronze.
"Silver," she said.
"Why not gold?"
"Because, I want you to come second for once."

 セックスオリンピック
 男がガールフレンドの寝室にやって来て、金・銀・銅、三種類の色のコンドームを見せると、彼女は「銀色のものを」と言った。
「何故金色じゃないの?」と彼が聞くと、「一度でいいからあなたが二番目に行ってほしいのよね」と、彼女は答えた。

二人でセックスをすると、この男の方がいつも先に行ってしまうのですね。

#29-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜5051〜6061〜7071〜8081~90


*  
*