●Kazさんのページ

#29.Love & Sex

#29-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜6061〜7071〜8081~90

29-51 Hollywood Story
 W
hy is pregnancy so magical in Hollywood?
The minute a starlet knows she's pregnant, the father disappears.

 ハリウッドでありそうな話
 なぜ妊娠するということが、ハリウッドでは魔法みたいに不思議なことなんですか?
新進女優が妊娠したということがわかった途端に、その相手の男性が消え去ってしまうからです


29-52 Romeo
 T
he professional Romeo was having second thoughts and he consulted his friend, another Romeo.
"A millionaire's daughter is in love with me. Should I marry her for her money?"
"I'm against marrying for money," his friend advised him.
"Try to get her money without marrying her."

 女たらし
 女たらしを職業としている男が、他人の意見を聞きたくなって友人のもう一人の女たらしに相談した。
「百万長者の娘が俺にぞっこん惚れ込んでいるんだ。金のために彼女と結婚すべきかね?」
「金のために結婚するのは反対だな」と、友人はアドバイスした。
「結婚せずに彼女から金を巻き上げる方がずっといいぞ」


29-53 Swapping
 T
wo couples decide to spend the weekend away together at a posh hotel.
When they get there, one guy suggests they indulge in partner-swapping as a trial.
After 2 hours of solid sex by the fireside, the guy turned to his new partner and said, "Wow! This is the very best sex I had in years. I wonder how our wivesare doing?"

 夫婦交換
 二組の夫婦が、高級ホテルで週末を共に過ごそうという話になった。
四人がホテルに到着すると、夫の一人が「せっかくだからお互いの相手を交換してみないか?」と提案した。
部屋の暖炉の前で2時間激しいセックスをした後で、男の一人がパートナーにつぶやいた。
「いやぁ、こんなに素晴らしいセックスをしたのはここ数年記憶にないなぁ。ところで我々の奥方達はどうだったろうかねぇ?」

夫婦交換といってもお互いの奥さん同志を交換したのではなく、
夫と夫、妻と妻の同性カップルを組んだのですね。

29-54 Sex drive
 W
hat is the definition of sex drive?
A condition that begins in puberty and ends at marriage.

 性欲
 「性欲」の定義とは?
恥毛が生えると始まり、結婚すると終わるもの。


29-55 Shy and reserved
 T
he shy and reserved schoolteacher was invited to go for a ride in the countrywith the gym instructor, whom she admired.
On the bank of a quiet lake, she struggled with her conscience and with the gym instructor and finally gave in to the latter.
Sobbing, she said to him accusingly, "How can I ever face my students again, knowing I have sinned twice?"
"Twice?" asked the handsome instructor, confused.
And she replied, wiping a tear from her eye, "Oh, yes. You're going to do it again, aren't you?"

 恥ずかしがり屋で控え目な
 恥ずかしがり屋で控え目な女性教師が、自分があこがれているスポーツジムのインストラクターにドライブに誘われ、二人一緒に郊外に出かけた。
静かな湖の畔で彼女は自分の良心と、あこがれの男性と結ばれる思いに心が乱れたが、ついに彼と結ばれる方の選択肢を選んだ。
ことが終わると彼女はすすり泣きながら、彼に対して非難めいた口調で言った。
「自分達の教え子にどうやって会わせる顔があるのでしょう。こんな罪深いことを二回もしてしまって…」
「二回だって?」とハンサムなインストラクターは、ポカンとして彼女の顔を見つめた。
彼女は目に溜めた涙を拭きながら答えた。「えぇ、そう二回よ。あなたもう一回するんでしょ?」

恥ずかしがり屋で控え目な女性教師は、イイことをもう一度してね、
とおねだりしているのです。

29-56 Catch my eye
 A
man who lived in a block of apartments thought it was raining and put his head out the window to check.
As he did so a glass eye fell into his hand.
He looked up to see where it came from in time to see a young woman looking down.
"Is this yours?" he asked.
She said, "Yes, could you bring it up?" and the man agreed.
On arrival she was profuse in her thanks and offered the man a drink.
As she was very attractive he agreed.
Shortly afterwards she said, "I'm about to have dinner. There's plenty; would you like to join me?"
He readily accepted her offer and both enjoyed a lovely meal.
As the evening was drawing to a close the lady said, "I've had a marvelous evening. Would you like to stay the n
ight?" 
The man hesitated then said, "Do you act like this with every man you meet?"
"No," she replied, "Only those who catch my eye."

 私のお眼鏡にかなった人
 アパートに住んでいる男が、外は雨が降っているかどうか確かめようと、窓の外に顔を出して外の天気をチェックした。
突然彼の手に頭上から落ちてきたコンタクトレンズがスポっと収まった。
彼が上を見上げると若い女性がこちらを見下ろしていた。
「これは、あなたのものですか?」と彼が上の女性に聞くと、「そうなの。悪いけどそれを上まで持ってきて下さる?」と言われたので、男は頷いた。
その女性の部屋へコンタクトレンズを届けると、彼女は丁寧なお礼の言葉を並べ、よろしければご一緒に飲み物でもいかがですか?と誘った。
彼女は非常に魅力的だったので、男は喜んで申し入れを受け入れた。
飲み物を飲み始めると直ぐに、彼女は「ちょうど夕食にしようと思っていたの。でも量を多く作りすぎたので、食べていって下さらない?」と言った。
もちろん男はこの申し出も聞き入れ、二人で夕食を楽しんだ。
食事が終わりに近づくと彼女が「今日は素晴らしい夜を過ごせたわ。よかったら、今晩泊まっていって下さらない?」と誘った。
「ねぇ、君って男の人なら誰でもこんな具合に誘うの?」と男が聞くと、「いいえ、私のお眼鏡にかなった人だけよ」と彼女は答えた。

私のお眼鏡にかなった人(catch my eye)−私の目に止まったと−いう意味と、
実際にこの男が彼女のglass eye(コンタクトレンズ)をキャッチ(catch)したことを、
掛けてあるのです。

29-57 You don't have to smoke and drink
 M
arie went every Sunday and taught Sunday School.
John went on Christmas and Easter and, once in a while, he went on one of the other Sundays.
On one of those Sundays, he was in the pew right behind Marie and he noticed what a fine looking woman she was.
While they were taking up the collection, John leaned forward and said, "Hey, Marie, how about you and me go to dinner next Friday?"
"Why Yes, John, that would be nice," said Marie.
Well, John couldn't believe his luck.

 All week long he polished up his car, and on Friday he picked up Marie and took her to dinner, the finest restaurant in town.
When they sat down, John looked over at Marie said, "Hey, Marie, would you like a cocktail before dinner?"
"Oh, no, John," said Marie.
"What would I tell my Sunday School class?"
Well, John was setback a bit, so he didn't say much until after dinner.
Then he reached in his pocket and pulled out a pack of cigarettes.
"Hey, Marie," said John, "Would you like a smoke?"
"Oh, no, John," said Marie. "What would I tell my Sunday School class?"

 Well, John was feeling pretty low after that, so he just got in his car and was driving Marie home when they passed the Holiday Inn.
He'd struck out twice already, so he figured he had nothing to lose.
"Hey, Marie," said John, "how would you like to stop at this motel with me?"
"Sure, John, that would be nice," said Marie.
Well, John couldn't believe his luck.
He did a U-turn right then and there across the median and everything, and drove back to the motel and checked in with Marie.

 The next morning John got up first.
He looked at Marie lying there in the bed. "What have I done? What haveI done?" thought John.
He shook Marie and she woke up.
"Marie, I've got to ask you one thing, "said John.
"What are you going to tell your Sunday School class?"
Marie said, "The same thing I always tell them, 'You don't have to smoke and drink to have a good time.'"

 タバコを吸ったり、酒を飲む必要はない
 マリーは毎日曜日、教会の日曜学校に通っていた。
ジョンが教会に行くのはクリスマスとイースターと、日曜日にたまたま気が向いた時だけだった。
そんなある日曜日、ジョンはたまたまマリーの後ろの席でお祈りをしたので、彼女がなかなかの美形であることがわかった。
二人で参加者から献金を集めている時に、ジョンはマリーの方へかがみ込んで「ねぇマリー、今度の金曜日一緒に食事でもしないか?」と囁いた。
「え、ほんと?いいわよ、ジョン」とマリーは即答した。
ジョンは「やったね!」と幸運が信じられないくらいだった。

 次の一週間ジョンは自分の車をピカピカに磨いて、金曜日にマリーを迎えに行くと、彼女を町で一番高いレストランに連れていった。
レストランの席に座るとジョンはマリーを見つめ「ねぇマリー、食事の前にカクテルでもどう?」と誘ったが、「いいえ、結構よ、ジョン。教会の日曜学校でいつも私が何って言っているか覚えている?」とあっさり断られた。
ジョンは少しひるんでしまって、食事が終わるまであまり言葉を発しなかった。
食事が終わったのでジョンはポケットに手を入れてタバコの箱を出すと、「ねぇマリー、タバコは吸うかい?」と尋ねた。
「あらダメよ、ジョン。教会の日曜学校でいつも私が何って言っているか覚えているでしょ?」

 さぁ、ジョンはすっかり落ち込んでしまった。
そのまま二人は車に戻り、ジョンはマリーの家の方向へ車をスタートさせた。
途中(モーテルの)ホリデイ・インの前を通過した時、ジョンは「今日は二度空振りしているんだから、もう一回振られたってどうってことないや」とダメ元と思って、「ねぇマリー、あのモーテルで少し休んでいかない?」と言った。
「いいわよ、ジョン、それってすごくいい考えじゃない」とマリーが答えたので、ジョンは自分の耳が信じられなかった。
急いで車を中央分離線を乗り越えさせ、反対車線にUターンさせると、ジョンはモーテルに飛び込んでマリーと一緒にチェックインした。

 翌朝先に目を覚ましたのはジョンだった。
ベッドの横で眠っているマリーをしげしげと眺めながら「いったいどうなってんだ?何をしたっていうんだ?」と自問自答した後に、マリーの身体を揺さぶった。
マリーが目を覚ましたので、ジョンは「マリー、ひとつ聞きたいことがあるんだけどさ、君がいつも教会の日曜学校で言っていることって、何なの?」
マリーは答える。「言っていることはいつも同じよ。『良き思いをするためには、タバコも酒も必要とはしない』って」

教会で語っている「良き思い」とは「信心深い生活をすること」で、
そのためには飲酒喫煙は害になると毎週日曜学校で説教しているマリーが、
実は「男女の良き思い」を達成するためには、まだるっこい「酒とタバコ」で誘惑する必要はない、
「ストレートにセックスに行きましょう」と言っているのがおかしいですね。

29-58 Free foods
 I
t had been many years since the embarrassing day when a young woman, baby in arm, entered the butcher shop and confronted its owner with the news that the baby was his ... and what was he going to do about it?
He had offered to give her free meat until the boy was 16.
She agreed.

 The man had been counting off the years on his calendar until one day, the teenager, who had been coming in to collect the meat each week, boasted to the butcher, "I'll be 16 tomorrow."
"I know," said the butcher with a smile.
"I've been waiting for this day for along time. Tell your mother, when you take this parcel of meat home, that it is the last free meat she'll get. Watch the expression on her face."

 The boy took the meat home and told his mother what the butcher had said.
Mother nodded and said, "Son, go back to the butcher and tell him I have also had free bread, free milk, and free groceries for the last 16 years...and watch the expression on HIS face!"

 食料品は無料で提供
 赤ん坊を腕に抱えた若い女子が、肉屋の店先に入ってくるなり「この男の子の父親はあなたよ!」と告白したあの気まずい日から、何年の月日が経ったのだろうか?
その子が16歳になるまで、その子と母親に無料で肉を提供し続けると肉屋は約束し、彼女はその条件で納得した。

 肉屋はずっとカレンダーをチェックしてその日が訪れるのを待っていた。
今では十代になって毎週彼の店に肉を取りに来るその男の子が、ある日「僕は明日16歳になるんだよ」と肉屋に自慢した。
「知っているよ」と、肉屋は微笑みを浮かべながら答えた。
「私はその日が来ることをずっと待ち望んでいたんだから。いいかい、家に戻ったら君のお母さんに伝えておくれ。これが無料で渡す最後の肉だからね、と。お母さんの顔をよく見ておくんだよ」と、その少年に伝えた。

 肉を受け取った少年は家に戻ると肉屋が言った言葉をそのまま母親に伝えた。
母親は肯きながら息子に言った。「お前、肉屋に戻ってこう言っておくれ。僕のお母さんはパンも、ミルクも、野菜も16年間ずっと無料でもらってきたよ、って。そして肉屋がどんな顔をするか、よく見ておくんだよ」


29-59 Sex education
 A
young girl was engaged and going to marry in a month.
So her mother thought it was necessary to instruct her daughter how to consummate the marriage.
After listening to her mother's story, the young girl asked, "Mom, is that all you do in bed? "
"Yes, my dear. That's everything," replied her mother.
"Now I understand why Dad is flirting with women all the time," said the daughter knowingly.

 性教育
 若い女性が婚約し、一ヶ月以内に結婚式を挙げる予定になっていたので、彼女の母親は娘の結婚後の夜の営みについて教えておく必要があると考えた。
母親の教えを聞き終えた娘が、「ママ、ベッドの中ですることって、それで全て?」と尋ねた。
「ええ、そうよ、それで全てよ」と母親が答えると、娘はしたり顔で言った。
「わかった。だからパパが年がら年中、浮気をしているというわけね」

「ママがその程度のベッドテクニックじゃ、パパが満足しないのも無理ないわ」と言う娘の方が、
母親より、はるかにそちらの方面では進んでいるようです。


29-60 Delivery room
 A
white lady was in the delivery room starting to deliver her baby.
As it made its appearance it was dark and had an afro.
The doctor said, "Ma'am, have you ever slept with a black man?"
She said, "Well, yes, but only once."
"Once is all it takes" he replied.
Then the torso appeared and it was yellow.
"Ma'am, have you ever slept with an oriental man?" the doctor asked.
"Well, yes" she said, "but only once."
"Once is all it takes," he said.
When the legs appeared they were red.
The doctor asked her if she had ever slept with an Indian and she said, "only once" and he replied that that was all it took.
Then the doctor held it upside down and slapped its bottom to make it cry.
"Oh, thank God," she exclaimed "at least it doesn't bark!"

 分娩室
 分娩室で一人の白人女性の出産が始まった。
赤ん坊の頭が母親の子宮から出てくると、黒い皮膚に縮れた髪の毛だった。
医者が「奥さん、あなたは黒人と寝たんですね」と聞くと、「え、えぇ、たった一度だけですけど」と彼女がこたえるので、「一度だけでも、こういうことになる可能性はありますよ」と医者が言った。
次に赤ん坊の首から下が出てくると黄色い皮膚だったので、「奥さん、あなた東洋人とも寝ましたね」と医者が聞いた。
「えぇ、でも一度だけですよ」と彼女は答えた。
「一度だけでも、こういうことになる可能性はあります」と医者は行った。
最後に足が出てくると、それは赤い皮膚をしていた。
「奥さん、ひょっとしてインディアンとも寝たことがあるんですね」と医者が尋ねると、彼女は「えぇ一度だけですけど」と同じ答えを返した。
赤ん坊を取り上げた医者が上下逆さまにして、お尻をピシャリと叩くと、赤ん坊はオギャーっと泣き声を出した。
「あぁ、よかった」と母親は叫んだ。「少なくともワンワンとは鳴かなかったわよね」

#29-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜6061〜7071〜8081~90


*  
*