●Kazさんのページ

#29.Love & Sex

Love & Sex(愛と性)joke。思わずニタリとするような下ネタ話です。

#29-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80・81~90
29-81 Arsenic
 A
woman goes into a local pharmacy and tells the druggist that she wants to purchase some arsenic.
"Mrs. Jones, that is a controlled substance. Can I ask you what you want it for?"
"Certainly," replies the woman.
"I'm going to use the poison to kill my husband."
The druggist is taken aback.
He exclaims, "Mrs. Jones, I can't sell you arsenic for that reason!"
Without a word, the woman reaches into her purse and pulls out a picture and shows it to the pharmacist.
It is a photo of a man and woman having sex.
However, it is not just any man and woman.
It is the woman's husband and the druggist wife.
The pharmacist looks at the picture for a few seconds and then looks up at the woman.
He says to her, "Oh, I'm sorry, Ma'am. I didn't know you had a prescription!"

 ヒ素
 一人の女性が近所の薬局にやって来ると、薬局店主にヒ素を買いたいと言った。
「ジョーンズさん、ヒ素は指定劇薬なので、なぜ必要なのかその理由を聞かせていただけますか?」と店主が聞くと、「もちろんですとも」とジョーンズ夫人は答えた。
「この毒を使って私の夫を殺そうと思っているからですわ」
店主は思わず後ろずさりして叫んだ。「ジョーンズさん、そういう理由ならばヒ素をお売りすることは出来ませんよ!」
ジョーンズ夫人は黙って自分の財布を開けて、一枚の写真を取り出し、店主の目の前に突きつけた。
それは男と女がセックスの真っ最中に撮られた写真だったが、そこに写っていた二人はただの男と女ではなく、ジョーンズ夫人の夫と、薬局店主の妻だった。
彼は数秒間その写真と眺めてから顔を上げてジョーンズ夫人を見つめて言った。
「奥様、大変失礼いたしました。医師の処方箋をお持ちだとは知りませんものでしたから・・・」


29-82 You can do anything you want
 O
ne day, a man came home and was greeted by his wife dressed in stunningly sexy lingerie.
"Tie me up," she purred, "And you can do anything you want."
So he tied her up and went golfing. 

 何でもお好きなことをして
 ある日男が家に戻ると妻がセクシーな下着姿で彼を出迎え、「私のことを縛って」と甘い声で囁き、「何でもお好きなことをして」と夫に言った。
そこで夫は妻を縛ってゴルフに出かけた。


29-83 At a singles' bar
(1)VD Clinic
Man: "Haven't we met before?"
Woman: "Perhaps. I'm the receptionist at the VD Clinic."

2) Where to go?
Man: "Your place or mine?"
Woman: "Both. You go to yours and I'll go to mine."

 独身者用のシングルバーにて
(1)性病診療所
男「前に会った事、なかったかな?」
女「多分ね! 私、性病診療所の受付けをしてるから!」
:病気持ちの男なんてお断り!ということです。

2)どっちの家に行く?
男「で、君の所に行く、それとも僕の所に行く?」
女「両方にしましょう!貴方は貴方の所、私は、私の所に、」
:この男性が魅力的でないので女性は誘いに乗りませんよ、と断っています。


29-84 Ship's captain
 A
stenographer, on her vacation, kept a diary of her trip abroad. 
First day: I met the ship's captain today. 
Second day: The captain asked me to sit at his table with him tonight. Highly flattered.
Third day: The captain showed me around the ship. Even went in the pilot houseand stood with him on the bridge.
Fourth day: The captain showed me his living quarters, and made suggestions which were not becoming to an officer and gentleman of his rank.
Fifth day: He insisted. Said he would sink the ship if I did not meet his request.
Sixth day: I just saved seven hundred lives!

 船長
 休暇中の速記秘書の航海日記。
一日目:今日、船の船長に会った。
二日目:今夜、船長は、彼のテーブルに一緒に座るよう招待してくれた。とてもうれしかった。
三日目:船長が船の中を案内してくれた。操舵室まで見せてくれた。彼と一緒に艦橋にも立たせてもらった。
四日目:船長は、船長室を見せてくれた。しかし乗組員であり紳士である彼にふさわしくない提案を私にした。
五日目:彼は譲らない。もし私が彼の提案に応じなければ、船を沈めると言う。
六日目:今日、私は700名の命を救った!


29-85 Gloves
 A
young man wanted to purchase a gift for his new sweetheart's birthday, and as they had not been dating very long, after careful consideration, he decided a pair of gloves would strike the right note romantic, but not too personal.
Accompanied by his sweetheart's younger sister, he went to Nordstrom's and bought a pair of white gloves.
The sister purchased a pair of panties for herself.
During the wrapping, the clerk mixed up the items and the sister got the gloves and the sweetheart got the panties.

 Without checking the contents, the young man sealed the package and sent it to his sweetheart with the following note:
"I chose these because I noticed that you are not in the habit of wearing any when we go out in the evening. If it had not been for your sister, I would have chosen the long ones with the buttons, but she wears short ones that are easier to remove. These are a delicate shade, but the lady I bought them from showed me the pair she had been wearing for the past three weeks and they were hardly soiled. I had her try yours on for me and she looked really smart. I wish I was there to put them on for you the first time, as no doubt other hands will come in contact with them before I have a chance to see you again. When you take them off, remember to blow in them before putting them away as they will naturally be a little damp from wearing. Just think how many times I will kiss them during the coming year. I hope you will wear them for me on Friday night. All my love.
P.S.  The latest style is to wear them folded down with a little fur showing."

 手袋
 ある男が新しい恋人の誕生日に何かプレゼントを買おうと考えたが、まだ付き合って日が浅いので、ロマンチックではあるがそれほど個人的趣味に影響されないだろうと考えて手袋を贈ることに決めた。
この恋人の妹と一緒にノルドストーム百貨店に買い物に行き、恋人のために白い手袋一揃えを購入した。
一緒に行った恋人の妹は自分用にパンティを一つ買った。
品物を包装するときに店員がうっかり間違えたため、妹に手袋が、この男にはパンティが渡されてしまった。

 男は中味を確かめずに、次の手紙を添えてプレゼント品を小包で郵送した。
「私がこの商品を選んだのは、貴女が私と一緒に夜デートする時いつも身につけていないことに気付いたからです。もし貴女の妹さんに一緒に買い物に行ってもらえなかったのなら、私はボタンがついた長いサイズの物を選んだだろうと思います。でも妹さんは外すのに便利な短いサイズの物を身につけていたので、こちらにしたのです。この品物は微妙な影の部分がありますが、私にこの商品を勧めた女店員は、彼女自身が三週間身につけていたものを見せてくれましたが、殆ど汚れていませんでした。そこで私はあなたにプレゼントする物をこの女店員に試着してくれるように頼みました。彼女が身につけるととても素敵に見えました。貴女がこれを最初に身につける瞬間、私はその現場にいたいとどれほど願うことでしょう。というのは次に私が貴女と会うまでに、他の手がこの商品の中に入ることは疑いないからです。当然のことながら着用することで少し湿っぽくなりますので、貴女がこの商品を身から外す時は、その前にこの中に息を吹き込んで乾かして下さい。今年は何回このプレゼントにキスすることが出来るでしょう。金曜日には私のためにぜひこれを身につけて来て下さい。愛しています。
追伸:そうそう、このプレゼントは少し淵を折りたたんで、毛皮を出すことが最近流行の着こなし方らしいですよ」

この「商品」を手袋と思って彼の手紙を読めばどうってことないのですが、
実際に届けられたパンティを当てはめて読むと、ずいぶん凄いことを想像させられます。


29-86 Not sterile
Secretary : Boss, I've got some good news and bad news.
Boss : Look, Karen, I'm very busy this morning. Just tell me the good news.
Secretary : Well, good news is that you are not sterile.

 子ダネはある
秘書:ボス、良い知らせと悪い知らせがあります。
ボス:カレン、僕は今朝とても忙しいんだ。良い知らせだけにしてくれ。
秘書:それじゃ、良い知らせですけれど、あなたには子ダネはありますね。

秘書のカレンとボスは肉体関係があって、妊娠したようです。
「良い知らせ」が、即ち「悪い知らせ」になっているのです。


#29-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80・81~90


*  
*