●Kazさんのページ

#30. Male anatomy

#30-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜60

30-11 Built-in rudder
 W
hy do men swim faster than women?
They have a built-in rudder.
 備え付けの方向蛇
 なぜ男性の水泳選手の方が女性より速く泳げるのでしょうか?
男性選手には生まれつき備え付いている方向蛇があるからです。
おわかりですね?
男にしかない生まれつき備え付いている方向蛇とは…(^_-)

30-12 Sex Change
 A
man is sitting at a bar, when a good-looking woman sits next to him. After a while she says, "Hi Bob."
"Do I know you?" he replies.
"You sure do... it's me, Frank, your best friend."
"My GOD, Frank... it IS you!! What the hell?"
"I went to Sweden and got a sex change."
"Wow, it's amazing! You really ARE a woman! Tell me something... does it hurt when they cut your penis off?"
"Yeah... yeah that hurts, alright. But I'll tell you, it doesn't hurt NEARLY as much as when they stick that metal tube in the back of my head and suck half my brains out."
 性転換
 男がバーで一人座って飲んでいると、美人の女性が彼の隣りの席に座った。ほどなくして彼女は「ボブ、お元気?」と男に語りかけた。
ボブ  :え、僕は君とどこかで会っているのかな?
フランク:そうよ、私のことわからない?あなたの親友だったフランクよ。
ボブ  :なんてこった!フランク? あーそうだ、君だ!一体これはどうなってんだ?
フランク:私、スエーデンにいって性転換手術を受けたのよ。
ボブ  :えー、本当かよ?ビックリしたなぁ。まるで女になっちゃって…。ねぇ、ねぇ、ぜひ聞かせてほしいんだけどさ、オチンチンをチョン切る時、痛くなかった?
フランク:ええ、ええ、そりゃ痛かったわよ。でもね、本当のこと言えば、私の頭の後ろに金属製のチューブを当てて、脳味噌の半分を吸い出す痛さに比べればどうってことなかったわ。
男性器を取るだけではなく、脳味噌の量も半分にしないと女性になれないと言っています。
女性の知性は男性の半分以下だという女性蔑視の発言なのですが…。

30-13 Half-way
 A
white couple was watching a TV special program about an African bush tribew hose men all had penises 24-inches long.
When a male reaches a certain age a string is tied around his penis and on the other end is a weight.
After a while the weight stretches the penis to 24 inches.
Later that evening as the husband was getting out of the shower, his wife looked down at him and said, "How about we try the African string-and-weight procedure?"
The husband agreed and they tied a string and weight to his penis.
A few days later, the wife asked the husband, "How is our little tribal experiment coming along?"
"Well, it looks like we're about half-way there," he replied.
"Wow, you mean it's grown to 12 inches?"
"No, I mean it's turned black."
 半分は成功した
 白人夫婦がテレビの特別番組を一緒に見ていた。
その番組はアフリカの灌木地帯で暮らす一族のドキュメンタリーで、その部族の男性は皆24インチ(=約60cm)のペニスの持ち主だった。
その秘密とは男の子がある年齢に達するとペニスの先に重りを付けたひもを縛り付け、その重りでペニスが次第に大きくなり、ついに24インチの長さにまでなる、とう習慣が有ったからだった。
その晩テレビを見終わってシャワーを浴び、素っ裸で部屋に戻って来た夫の下半身を、しげしげと見つめた妻がこう言った。
「ねぇ、あなた、あのアフリカの一族のひもと重りの習慣を試してみたらどう?」妻の申し出に同意した夫は、早速自分のペニスの先に重りをつけたひもを縛り付けることにした。
数日経ってから妻が夫に尋ねた。「あなた、例の部族の実験、どうなった?」
「それがね、半分は成功しているんだけどね…」と夫が答えたので、妻は「うわぁ凄い!ということは12インチ(=約30cm)の長さになったのね?」と聞き返した。
「いや、違うんだ。つまりその、色が黒くなったという意味なんだけど」
ペニスが伸びるより先に腐って黒ずんで来てしまったのですね。
日本の諺で言えば「鵜の真似をするカラスが水に溺れる」と、いったところでしょうか。

30-14 Ladies Room
 I
n a Chicago hospital, a gentleman had made several attempts to get into the men's restroom, but it had always been occupied.
A nurse noticed his predicament. "Sir," she said, "You may use the ladies room if you promise not to touch any of the buttons on the wall."
He did what he needed to, and as he sat there he noticed the buttons he had promised not to touch.
Each button was identified by letters: WW, WA, PP, and a red one labeled ATR.
Who would know if he touched them? He couldn't resist.
He pushed WW. Warm water was sprayed gently upon his bottom.
What a nice feeling, he thought. Men's restrooms don't have nice things like this.
Anticipating greater pleasure, he pushed the WA button.
Warm air replaced the warm water, gently drying his underside.
When this stopped, he pushed the PP button. A large powder puff caressed his bottom adding a fragile scent of spring flowers to this unbelievable pleasure.
The ladies restroom was more than a restroom, it is tender loving.
When the powder puff completed , he couldn't wait to push the ATR button which he knew would be supreme ecstasy.
Next thing he knew he opened his eyes, he was in a hospital bed, and a nurse was staring down at him.
"What happened?" he exclaimed.
The last thing I remember was pushing the ATR button.
The nurse replied, "The button marked ATR is an Automatic Tampon Remover. Your penis is under your pillow."
 女性用トイレ
 シカゴの病院で、便意に我慢できなくなった紳士が脂汗を流しながら、男性用トイレを次々探したが、どれも使用中だった。
看護婦がこの紳士の窮状を見かねて「よろしければ、女性用トイレを使って下さい。でもトイレの壁についているボタンを絶対押さないと約束して下さいね」と申し出た。
紳士はようやく用を足すことが出来たが、トイレ個室の壁には「絶対押してはいけない」と言われたボタンが目についた。
それぞれWW、WA、PPそして赤い色でATRと目印が書かれていた。
ボタンを押したい誘惑にかられた紳士は、触ったってどうせわかるものか、とWWのボタンを押した。
温水(Warm Water)が便器に座っている紳士の肛門部にやさしくふりかかってきた。
「お〜、気持ちいいなぁ。男性用トイレにはこんな便利なものは、付いていないよな」と紳士は思って、次はもっと気持ちよいことが起こるのだろうと期待しながら、WAボタンを押した。
暖気(Warm Air)が温水で濡れた肛門を心地よく乾かしてくれた。
暖気乾燥が終了したので、紳士はためらわずPPボタンを押した。
すると乾いた肛門に春の花の香りがする白粉(Powder Puff)が吹きつけられた。
全くもって何という快適さなんだ、と紳士はうっとりした。
「女性用トイレの方が男性用トイレより優れている!まるで優しく愛撫されているみたいだ!」最後の赤いATRボタンが最高の喜びを持垂らしてくれること信じて、ボタンを押すことに、ためらいは全くなかった。
ジャーン!
次にこの紳士が目を開けてみると、自分は病院のベッドの上に横たわっていた。
心配そうに彼をのぞき込んでいる看護婦の姿に気づいた紳士は、「一体全体何が起こったんだ?僕が最後に覚えているのはATRボタンを押したことなんだが」と、叫んだ。
看護婦が答えた。「ATRボタンは自動タンポン除去器(Automatic Tampon Remover)の意味なんですよ。あなたのオチンチンはこの機械で引っこ抜かれました。ほら、そこの枕元にあるでしょ」

30-15 30 elections
 A
man is having problems with his Johnson which certainly had seen better times.
He consults a doctor who, after a couple of tests, says, "Sorry, but you've overdone it the last 30 years. Your dick is burned out; you only have 30 erections left in your penis."
The man walks home (deeply depressed); his wife is already expecting him at the front door and asks him what the doctor said concerning his problem.
He tells her what the doctor told him.
She says, "Oh, no, only 30 times!? We shouldn't waste that; we should make a list!"
He replies, "Yes, I already made a list on the way home. Sorry, your name isn't on it."
 残りは30 回
 さんざんいい思いをして使ってきたオチンチンだったが、最近どうも調子が悪い。そこで男は病院に行き医者に相談した。
二、三検査をした後で医者は彼にこう言った。「残念ですが、この30年というもの、ちょっとナニを使いすぎましたね。あなたのナニはもう消耗しきっています。そうですね。あと使えるのは30回が限度です」
その男はがっくり肩を落とし家に向かった。
家に着くと心配した妻が玄関で待っていた。「ねえ、 先生は何て言っていたの?」。
男が医者に言われた通りを妻に伝えると、「何ですって 、あとたった30回?それじゃ、無駄にはできないわよね。早速、予定表を作らなくっちゃね」と妻が言った。
「そうだね。でも予定表はもう作ったよ、帰ってくる途中で。で、悪いけど君の名前は予定表に載っていないんだ…」

30-16 Cocks are 12 inches and black
 A
millionaire decides that he wants to get married, but he wants to marry a vi rgin.
This is not such an easy thing to find in this day and age, but he starts scouring the country in search of his virgin.
After a few months of looking, the millionaire is out on a date one night, and he thinks he may have finally found his honey.
The woman seems extremely innocent, so after dinner, as they 're riding in the back of his limousine, the man whips out his cock.
"Oh, my goodness!" exclaims the woman.
"What in the world is that?"
"You don't know wha t this is?" asks the millionaire.
"Oh, no!" replies the woman. "I've never seen anything like that in my whole life!"
The man puts his dick away, reaches over, and starts hugging the woman.
"I love you! I'm going to marry you! I'm going to make you the richest, happiest woman in the world!"
 A month later they get married.
On their wedding night in the hotel room, the husband sits down on the bed next to his wife.
He pulls out his penis and says to her, "Are you sure you've never seen anything like this?"
"Never," says the woman, her eyes wide with wonder.
"Well, this is my cock!" the may explains.
"No, it's not," says the woman in total disbelief.
"It's not?" asks the puzzled millionaire.
"No, " answers his bride. "Cocks are 12 inches and black!"
 12インチの長さで黒ずんでいるのをオチンチンと言うんでしょ?
 百万長者が結婚したいと願ったが、結婚するなら絶対処女でなければと思っていた。
しかし現代ではこのような人間を見つけることはかなり難しくなっているので、百万長者は全国をくまなく探し回り、数ヶ月後にデートした女性が、まさに彼が求めて居た女性ではないかと感じていた。
この女性は非常に無邪気だったので、彼は食事後自分のリムジン車で彼女を送る途中、後部座席で自分のオチンチンをつまみ出して彼女に見せた。
「えぇー?これって、何なのですか?」と女性は素っ頓狂な声をあげた。
「君、これを見たことないの?」と男が聞くと、彼女は「私今まで生きてきた中で、こういうものを見たことがありませんわ」
男はオチンチンをズボンの奥にしまうと、彼女に身を寄せて抱きつきながら「君を愛している!結婚しよう!僕は君を世界一幸せで、お金持ちの妻にしてあげる!」
 一ヶ月後彼等は結婚式を挙げ、初夜をホテルの部屋で迎えることになった。
ベッドに花嫁の隣に座った夫はオチンチンを出して彼女に尋ねた。「君がこういうものを一度も見たことがないというのは本当かね?」
「一度もありませんわ」と、花嫁はビックリして目を見開いて答えた。
「これが僕のオチンチンさ」と男が説明すると「そんなはずないわ!」と花嫁は信じられないといった表情で答えた。
「そんなはずないって…?」と訝しがる百万長者に彼女はこう言った。
「だってオチンチンって、12インチの長さで黒ずんでいるものでしょ?」
処女だと思ったこの女性は、相当な男性経験が有ったのですね。

30-17 Magic mirror
 A
newly wed couple were looking to decorate their new house.
WhiBULBlst bargain hunting, they found an unusual mirror, which the shop owner states is "magical".
The couple bought the mirror, and placed it on the back of their bedroom door.
One day the wife decided to test the mirror out, and whilst looking into the mirror said: "Mirror, mirror on the door, Make my boobs size 44."
And lo and behold it came true!
She ran down the stairs to show her husband, who was utterly amazed.
He proceeded to run up to the bedroom, and whilst looking in the mirror he said: "Mirror, mirror on the door, Make my manhood touch the floor."
And then his legs fell off.
 魔法の鏡
 新婚カップルが新居を飾る家具を探していた。
二人は安売りをしている店で風変わりな鏡を見つけた。
店主によるとそれは「魔法の鏡」なのだそうだ。
早速二人はその鏡を購入して自宅寝室のドアの上に打ち付けた。
ある日妻がこの魔法の鏡を試してみようと思って、鏡を見つめながら「鏡よ、鏡、魔法の鏡よ、私の胸を44サイズの大きさにしておくれ」と唱えた。
すると見よ、彼女の胸はたちまち豊かな44のサイズになったのだ!
妻は一階に駆け下りるなり、その胸を夫に見せつけた。
夫は急いで二階の寝室まで駆け上がり、鏡を見ながらこう唱えた。「鏡よ、鏡、魔法の鏡よ、私のオチンチンが床に着くほどにしておくれ!」すると夫の両足が突然ストンと消えてなくなった。
両足が無くなれば真ん中の足はそのままのサイズでも、床に着きますよね。

30-18 Semi-hard-on
 A
n excited husband says to his wife, "Quick, honey. I've just got my semi-annual hard-on."
The incredulous wife touches his penis and replies, "You mean you've just got annual semi-hard-on?"
 半勃起状態
 興奮した夫が妻に叫んだ。
「なぁ、お前、早く来てごらんよ!半年に一度の勃起状態(semi-annual hard-on)なんだから!」
信じられないといった表情の妻が夫のペニスに触れて答えた。
「あなたが言いたいことは、毎年同じの半分勃起状態(annual semi-hard -on)て、こと?」

30-19 It makes your nose look too long
 A
man moves into a nudist colony.
He receives a letter from his mother asking him to send her a current picture.
Too embarrassed to let her know that he lives in a nudist colony, he cuts one in half and sends her the top part.
Later he receives another letter asking him to send a picture to his grandmother.
The man cuts another picture in half, but accidentally sends the bottom half.
He is really worried when he realizes that he sent the wrong part, but then remembers how bad his grandmother's eyesight is and hopes she won't notice.
A few weeks later he receives a letter from his grandmother.
It says, "Thank you for the picture. Change your hair style. It makes your nose look too long."
 この髪型だとあなたの鼻が長すぎるように見える
 ヌーディスト村に引っ越した男がいた。
彼は母親から手紙を受取り、息子の最近の写真が見たいとせがまれた。
ヌーディスト村で暮らしていることを知られると困るので、彼は最近撮影した写 真の上半分だけを切り取って、母親へ送った。
しばらくすると彼の祖母からも同じ様な内容の手紙が届いた。
男は母親の時と同様最近撮影した写真の半分だけを祖母に送ったが、間違えて下半分の写真を送ってしまった。
彼は失敗に気付いて非常に心配したが、祖母は相当目が悪くなっているので、なんとか気が付かないでくれればよいがと願っていた。
数週間経って彼は祖母から返事をもらった。
そこにはこう書かれていた。「写真をありがとう。でも髪型を変えた方がいいわよ。この髪型だとあなたの鼻が長すぎるように見えるからね」
男性の下半身部分の写真だけ送ったのですが、
目が悪い祖母はペニスを鼻と、陰毛を頭髪と勘違いしているのです。

30-20 Duct Tape
 D
ave walks into the bar and sees his friend Jeff huddled at the bar, looking depressed.
Dave walks over and asks Jeff what's wrong.
"Well," replies Jeff, "You know that beautiful girl at work that I wanted to ask out, but I got an erection every time I saw her?"
"Yes," replies Dave with a smile.
"Well," says Jeff, straightening up, "I finally mustered up the courage to ask her out, and she agreed."
"That's great!" says Dave, "when are you going out?"
"I went to meet her this evening," continues Jeff, "but I was worried I'd get an erection a gain. So I got some duct tape and taped my pecker to my leg, so if I did, it wouldn't show."
"Sensible" says Dave.
"So I got to her door," says Jeff, "and I rang her doorbell. She answered it in the sheerest, tiniest dress you ever saw."
"Great! What happened next?" asks Dave in excitement.
Jeff huddles over the bar again. "I kicked her in the face."
 ビニール配管テープ(ダクトテープ)
 デーブがバーに入ると、友人のジェフが落ち込んだ様子で人目を避けるようにバーの隅に縮こまっているのに気付いた。
デーブはジェフのところまで歩いてきて、「何落ち込んでいるんだい?」と尋ねた。
「実はね」と、ジェフが話を始めた。「一緒の職場で働いていて、僕がデートに誘いたくてしかたないけど、見るたびにアソコが勃起しちゃうあの美人の女性のこと、覚えているだろう?」
「ああ、覚えているよ」とデーブはニッコリ笑った。
「それでね」、とジェフは姿勢をシャンと正すと「僕は勇気を振り絞って、ようやく彼女にデートOKの返事をもらったんだよ」と言った。
「そいつは、おめでとう!で、いつデートに行くの」とデーブが尋ねる。
「今晩彼女の家に迎えに行ったんだ」とジェフが続ける。「だけど、彼女の顔を見た途端にまた勃起するとみっともないので、僕のオチンチンをビニール配管テープで片足に貼りつけたんだ。そうすればもし勃起してもズボンの真ん中が膨らまないからバレないだろう、と考えたんだ」
「そりゃぁ、うまいこと考えたもんだ」とデーブが相槌を打つ。ジェフが続ける。「そこで、彼女の家のドアまでやって来てベルを鳴らしたんだ。彼女が中から出てきたんだけど、その時の彼女の格好というのが、今まで見たこともないような薄いスケスケのドレスだったんだよ」
「凄い、やったじゃないか!で、次はどうなったんだよ?」とデーブが興奮して尋ねる。
ジェフはまたうつむいてバーの方に目を落としてつぶやいた。「か、彼女の顔を蹴り上げてしまったんだ…」
憧れの彼女がスケスケのドレスで出てきたものだから、
ジェフは一気に興奮してアソコが勃起したため、ビニールテープで固定されていた足までもピーンと上を向いて、
そのまま彼女の顔を蹴り上げてしまったのです。

#30-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60


*  
*