●Kazさんのページ

#30. Male anatomy

#30-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜5051〜60

30-31 Viagra
 A
middle-aged woman goes to the doctor and asks his help to revive her husband's sex drive.
"What about trying Viagra?" asks the doctor.
"Not a chance" says Mrs. Murphy. "He won't even take an aspirin for a headache."
"No problem," replies the doctor.
"Drop it into his coffee, he won't even taste it. Try it and come back in a week to let me know how you got on."

A week later Mrs. Murphy returns to the doctor and he inquires as to how things went. "Oh it was terrib le, just terrible doctor."
"What happened?" asks the doctor.
"Well I did as you advised and slipped it in his coffee. The effect was immediate. He jumped straight up, swept the cutlery off the table, at the same time ripping my clothes off and then proceeded to make passionate love to me on the tabletop. It was terrible."
"What was terrible?" said the doctor, "was the sex not good?"
"Oh no doctor, the sex was the best I've had in 25 years, but I'll never be able to show my face in McDonald's again."

 バイアグラ
 中年の女性が夫の精力減退について相談するため、医者の所へ行った。
「バイアグラを使ったらどうです?」と医者が勧めると、マーフィ夫人は「それは無理だと思います。だって夫は頭痛がしてもアスピリンを飲まない位、薬が嫌いですから」と答えた。
「大丈夫ですよ、バイアグラをコーヒーの中に落として飲ませれば、味もしないからご主人は気がつきませんよ。ぜひ試してみて、来週、その結果どうなったかを私に報告して下さいね」と医者が言った。

一週間後マーフィ夫人がその医者の所にやって来た。
医者が「どうでしたか?」と尋ねると、「ひどい目に遭いました。先生、本当にひどかったわ」とマーフィ夫人が答えた。
「一体何が起こったのですか?」と医者が聞くと、彼女は事の顛末を話し始めた。
「先生の勧めに従って、私、バイアグラを主人のコーヒーに入れたんです。その効果は抜群でした。彼はいきなり仁王立ちになると、テーブルの上に置いてあったフォークナイフを床に払い落とすと、私の洋服を脱がせました。そしてテーブルの上に私を横にして、もの凄い情熱的なセックスを始めたんです。本当にひどかったわ」
「ひどい?どういう意味ですか?セックスがちっとも良くなかったということですか?」と医者が質問した。
「あら、先生、違いますよ。その時の夫のセックスは、この25年間で最高のものでしたから。でも、それ以来、私マクドナルドの店に行くことが出来なくなってしまいました…」

マクドナルドの店でコーヒーを飲んでいる時に、出来事が始まったのですね。

30-32 Lightest thing in the world?
 W
hy is a penis the lightest thing in the world?
Even a thought can raise it.

 世界で一番軽いもの
 何故ペニスは世界で一番軽いものなのでしょうか?
ちょっと(女性の裸体を)考えるだけで持ち上がるからです。


30-33 The Great Gonzo
 T
wo honeymooners were walking down 42nd Street, when they saw a sign advertising 'The Great Gonzo' outside a theater and decided to give the show a try.
So, into the theater they went.
There was a fanfare and the Great Gonzo came out on the stage.
He was a young man dressed only in a bathrobe.
He opened the robe to show the biggest, hardest erection imaginable.
Then he clapped his hands and a young woman emerged pushing a cart, on the top of which were three walnuts.
The Great Gonzo took his erect member in his hand and one by one, smashed the walnuts, to the thunderous applause of the audience.

 40 years later this same couple decided to celebrate their 40th anniversary with a second honeymoon in New York City.
While walking down 42nd Street, they once again saw a sign advertising the Great Gonzo...With a bit of surprise, they decided to check out the show again.
Once they were in the theater, the fanfare played and Gonzo, now an old man, appeared in his bathrobe.
He opened the robe and there was the erection, as big and hard as ever...
This time when he clapped his hands, his now aged assistant appeared with a cart on which were three coconuts.
To thunderous applause, he used his member to smash each of them.

 The couple couldn't resist going up to Gonzo after the show.
They explained that they had seen him 40 years earlier.
'But why,' they asked, 'Did you switch from walnuts to coconuts?'
'Well,' he replied, 'When you get old your eye's start to go'...

 偉大なゴンゾ
 ニューヨークの42番街を歩いていた新婚旅行中の夫婦が、「偉大なゴンゾ公演中」と書かれた看板が掲げられている劇場の横を通り、その出し物を見ようと思って中に入った。
劇場の席に座るとファンファーレの音と共に、「偉大なゴンゾ」が登場した。
ゴンゾは若い男性で身にはバスローブをまとっただけだった。
バスローブの前をはだけると、こんな大きなものは見たことがないという程巨大な男根が、上を向いて固く勃起していた。
ゴンゾが両手をパチリと合わせると、若い女性が胡桃を三つ乗せたワゴンを引いて舞台の幕から現れた。
ゴンゾは自分の巨大な逸物を手で握ると、胡桃を一つ一つ叩いて、粉々になるまで潰してしまった。
劇場を揺るがすような大きな拍手歓声が上がった。

 40年後、この夫婦が結婚40周年記念に再びニューヨークを訪れ、42番街を歩いていると、40年前と同じ「偉大なゴンゾ公演中」の看板が目に入った。
いささか驚きを禁じ得ず、二人は急いで劇場の切符を買って中に入った。
ファンファーレの音と共に、あの「偉大なゴンゾ」が登場したが、40年の月日は争えずゴンゾは老人になっていた。
ゴンゾはバスローブの前をはだけると、40年前と少しも変わらぬ巨大な男根が姿を見せた。
ゴンゾが両手をパチリと合わせると、かつては若かった女性アシスタントが相応の年を取って、今度はワゴンの上にココナッツを三つ乗せて舞台に現れた。
ゴンゾは依然と同様、その固く巨大な逸物で三つのココナツを粉々に砕いたので、雷のように大きな拍手歓声が上がった。

 見物していたくだんの夫婦はどうしてもゴンゾに会いたくて、ショーが終わった後に楽屋を訪れた。
「私達、40年前もあなたのショーを見たんですよ。でもあの時は胡桃を叩き割っていましたが、今はココナツに変えたんですね。何故ですか?」と質問すると、ゴンゾは「年を取ると、細かいものは見えなくなるでしょ…」と答えた。


30-34 You can come out
 A
young man picked up a lovely girl and not realizing she was a sex maniac, he took her to a hotel.
After making love five times, she was still screaming for more.
After the sixth, he was exhausted and slipped out of the room on the pretense of buying newspaper.
On the way he stopped in the rest room.
After unzipped his fly, he couldn't find his dick.
In a panic he reached inside his shorts and pulled out tiny and soft penis.
With soothing voice, he whispered, "It's all right now. You can come out. She is not here."

 出て来ても大丈夫だよ
 若い男が可愛らしい女性を引っ掛けたが、彼女は実は凄いセックス狂だということがわかり、直ぐにホテルに直行した。
セックスを連続5回したのに、彼女はまだまだと狂おしいばかりに彼を求めた。
6回目が終了してクタクタになった若い男は、新聞を買いに行くと言ってホテルの部屋を脱け出した。
途中でホテルのトイレに入り、ズボンのジッパーを下げると、彼のペニスが見あたらないので大いに慌てた。
パニックになりそうになったが、下に履いているパンツの中から、フニャフニャになって縮まっているペニスを見つけて手で引っ張りだすと、小声でささやいた。
「もう出ても大丈夫だよ。彼女はここに居ないから」


30-35 Polish miner
 A
guy goes into the bathroom after drinking a few glasses of beer.
A black man comes in and stands at the urinal next to the guy.
He happens to see the black man's penis is snow white! He can't believe it.
Zipping up his pants he comes back to the bar and says, "Hey, Charlie! You won't believe what I just saw. I was in the john taking a leak when I looked at this black guy standing next to me. He had a white penis! It was snow white!"
The bartender shakes his head, "Oh, that's not a black guy. He's a Polish coal miner who has just come back from his honeymoon."

 ポーランド人の炭坑夫
 ビールを数杯飲んだ男がトイレに行った。
黒い男が彼の隣で小用を足していた。隣の黒い男の逸物をチラリと盗み見た男はビックリしてしまった。
なんと雪のような真っ白な持ち物だったのだ!
かれは自分の目が信じられず、用を足すとズボンのジッパーをあげて、バーに戻るなりバーテンに話しかけた。
「おい、チャーリー、僕が見た物信じらるか?ここのトイレでオシッコをした時、隣にいた黒人のオチンチン、雪みたいに真っ白だったんだぜ!」
バーテンは頷きながら答えた。「その客は黒人じゃないってば。そいつはポーランド人炭坑夫で、新婚旅行から帰ってきたばかりなんだよ」


30-36 Nudist camp
 A
little boy had been taken for his first visit to a nudist camp by his parents.
He was surprised at the different sizes of the male organs and mentioned it to his father.
The father, being rather well endowed, explained that it was a measure of intelligence, the big ones being smart and the small ones being dumb.

 That afternoon the father was looking for his wife and asked his son if he had seen his mother.
"I saw her about ten minutes ago, she was with a real dumb man, but he seemed to be getting smarter every minute."

 ヌーディストキャンプ
 小さな男の子が両親に連れられてヌーディストキャンプに始めて参加した。
男の子は周りの男性の逸物の大きさがてんでんバラバラなことに驚いて、父親にその理由を尋ねた。
父親は自分の逸物の大きさに結構自信があったので、「オチンチンの大きさは頭の良さに比例しているんだよ。オチンチンが大きい人は頭が良くて、小さい人は頭が悪いんだよ」と説明した。

 その日の午後、父親は自分の奥さんを捜していたが見つからないので息子に「ママはどこにいるか知らないかい?」と聞いた。
すると息子は答えた。「10分程前に、ママはとっても頭が悪い男と一緒に居るところを見たよ。でもね、パパ、その男の人は見る見る頭が良くなっていったんだよ・・」

息子は父親が言った「ペニスの長さ=頭の良さ」を信じているので、ママと一緒にい
た男のペニスの変化をこう無邪気に表現しているのです。

30-37 Viagra and Disney World
 H
ow is Viagra like Disney World?
There is an hour wait for a two-minute ride.

 バイアグラとディズニー遊園地
 バイアグラとディズニー遊園地が似ている点とは?
2分間乗るために1時間待たねばならない点です。

バイアグラを飲んでから男性器が使い物になるようになるのに1時間かかり、
その後のセックスは2分で終わってしまう点が、
2分しか動かない乗り物に乗るため1時間待たされるディズニー遊園地と似ている、と言っています。

30-38 Hang down sadly
 M
en in their 50s may notice that that part of anatomy which once stood up in the mornings and watched them shave, now hangs down sadly and watches them shine their shoes.

 悲しそうに下を向いて
 五十歳代になった男達が、かつて毎朝自分が髭を剃る時に堂々と上を向いて見守っていた自分の身体の一部が、今や悲しそうに下を向いて、靴を磨く自分を見つめて居ることに気付いている。


30-39 Cucumber in front
 M
ike and Sam head down to Florida for spring break.
Neither of them could be described as good-looking, but somehow, every time they go down to the beach, Sam always leaves with a beautiful woman while Mike returns to the motel room alone.
"How do you manage to score all the time?"
Mike wants to know. "It's easy. Each day I put on the tightest bathing suit and stuff a cucumber in it."
The next day Mike hurries down to the store and buys the tightest bathing suit he could find and a cucumber.

 After two days, though, he is still bombing out, while Sam is scoring each time.
Frustrated, Mike asks Sam why he isn't scoring.
"The trunks are fine," Sam tells his friend, "but tomorrow, try putting the cucumber in front."

 キュウリはパンツの前に
 マイクとサムは春にフロリダに休暇旅行に行った。
二人ともハンサムというには程遠かったが、それでもサムは海岸に行くといつも綺麗な女性を引っかけた。
一方マイクはいつも空振りばかりでモーテルに一人で帰らねばならなかった。
「どうして君はいつも女の子を引っ掛けられるんだ?」とマイクは知りたがった。
「簡単さ。毎日海岸に行くときにピチピチの海水パンツを身に着け、さらにキュウリを一本入れておくのさ」
そこでマイクは翌日急いでピチピチの海水パンツとキュウリ
を買い求めた。

 それから二日経ったがマイクは相変わらず女性の成果はゼロで、サムは毎回女性をものにしていた。
イライラしたマイクはサムに、「どうして僕はうまく行かないんだ!」と教えを請いた。
サムはマイクに言った。「海水パンツはそれでいい。でも明日はキュウリを後ろでなく、前に入れるんだね」

マイクはずっと、キュウリを海水パンツの後ろに(お尻側)に入れて海岸を歩いていたんですね。

30-40 You promised me last night
 W
hat happens when you predict snow but don't get any?
This is a true story.

 There was a female news anchor of a local Michigan TV who, the day after it was supposed to have snowed and didn't, turned to the weatherman and asked, "So Bob, where's that 8 inches you promised me last night?"
Not only did he have to leave the set, but half the crew did too because they were laughing so hard!

 昨晩約束したじゃない
 雪が降ると予測していたのに降らなかった時、どういうことが起こるでしょうか?これは実際に起こった話です。

 (アメリカ)ミシガン州のローカルテレビの女性ニュース解説者は、昨日の天気予報では雪と予測されていたのに実際には降らなかったので、気象解説担当の男性に向かって、「ねぇ、ボブ、昨晩あなたが約束した8インチの話、どうなっちゃったの?」
このひと言でボブがテレビカメラの前を離れたのは勿論、その場に居たテレビ局員の半分が持ち場を離れました。
どうしてかって?可笑しくて可笑しくて大声で笑うことをこらえることが出来なかったからですよ

女性ニュース解説者は「ボブ、昨晩あなたが言っていた8インチも雪が降るって話、
全然違ったじゃない。いったいどういうこと?」と言ったつもりなのですが、
雪と言う単語を使わず単に「昨晩あなたが約束した8インチの話、どうなったの?」と言ったものですから、
周りの人は皆「ボブ、昨晩あなたが約束した8インチのペニスの話(=昨晩一緒に寝ようと約束した話)、
実現しなかったけど、どうなっちゃたの?」と聞こえたもので、爆笑してしまったのです。

#30-1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜5051〜60


*  
*