●Kazさんのページ

#30. Male anatomy
Male anatomy(男のカラダ)あれこれで「大きなオチンチンを持った男が・・・」という類ですので、
そういうエッチな話が嫌いな方はパスして下さい。姉妹編(?)が#16、女の身体です。

#30-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50

30-41 ADDIDAS
 A
tall guy goes into a bar.
He's at least six foot ten and a woman sitting next to him recognizes him as a professional basketball player and they begin to have a conversation.
Naturally in two hours, they go back to his hotel room.
He begins to undress, removing his shirt.
A REEBOK tattoo appears on his shoulder.
He explains, "When I play basketball, cameras pick up the tattoo and Reebok pays me for the advertisement."
Next he takes off his pants to reveal the tattoo PUMA on his thigh.
He gives the same explanation.
Finally, underwear comes off and the girl sees the word AIDS tattooed on his penis.
She jumps back, screaming, "You didn't tell me you had AIDS!"
The NBA player says, "Relax honey, in a minute it's going to say ADDIDAS."

 アディダス
 少なくとも6フィート10インチ(=2m8cm)は有ると思われる背の高い男がバーに入ってきた。
彼が座った席の隣の女性は、きっとこの人はプロのバスケットボール選手に違いないと思った。
二人が会話を交わし、やがて行き着く所はこの男性が泊まっているホテルの部屋ということになった。
男が洋服を脱ぎ始め、シャツをまくると「リーボック」という入れ墨が肩に彫られていた。
男が「僕がバスケットボールの試合をする時、テレビカメラが僕の肩の入れ墨を写すたびに、リーボック社が僕に宣伝料を払うことになっているんだ」と説明した。
次に彼がズボンを脱ぐと、「プーマ」という入れ墨が太股に彫られていた。
男は先程と同じような説明をした。
最後にパンツを脱ぐと、女性は彼のペニスに「AIDS(エイズ)」という入れ墨が彫られていることに気付き、慌てて彼のそばから離れた。
「あなた、エイズに罹っているなんて、私にひと言も言わなかったじゃない!」と叫んだ。
NBA(アメリカプロバスケットリーグ)の選手は、「落ち着いてってば!直ぐにこの入れ墨がADDIDAS(アディダス)だということがわかるから」

ペニスが勃起しない時はADDIDASのうちのAIDSしか読めないのですね。

30-42 To be or knot to be
 T
here was a native girl who wanted to marry a farmer boy.
One day she went to his parents' house for dinner.
When they finished eating dinner, they decided to go for a walk through the pasture.
While they were walking they came upon these 2 horses that were mating.
She looked at them with wonder because she'd never seen anything like that before, so she asks the boy, "What are they doing?"
He replied, "They're making love."
"Well, what's that long thing he's sticking in there?" she asked.
"Oh, uh, that's his rope," he answered.
"Well, what are those two round things on the other end?" she questioned.
"Those are his knots."
She thought for a second and said, "Oh, OK. I got it."
As they continue their stroll, they come to a barn and went in.
She looked at him and said, "I want you to make love to me the way those animals were."
Surprised and excited he agreed.
While they're getting at all hot and heavy, she grabbed his balls and squeezed !
"Whoa, what are you doing?" he shouted.
She innocently replied, "I'm untying the knots so I'll get more rope."

 結び目を作るか,ほどくか?
 農家の青年と結婚したいと望んでいる、ウブな女の子がいた。
ある日彼女は青年の両親の家へ行って、一緒に夕食を食べた。
夕食後に農家の青年とこのウブな女の子は牧場を散歩しようということになった。
二人がぶらぶら歩いていると、牡馬と牝馬が交尾の真っ最中の場面に出くわした。
彼女はそんな風景を見たことは一度もなかったので、青年にアレは何をやっているのか?と無邪気に聞いた。
「あぁ、あれは愛し合っているんだよ」と青年が答えると、彼女が「そうなの。じゃ、あの牡馬からぶる下がっている長い物、あれは何?」と尋ねるので、彼は「あぁ、あれは、えーっとロープだよ」と言った。
「そうなの。じゃ、ロープの端にくっついている、あの二つの丸い物は何?」と彼女が尋ねるので「あぁ、あれはロープの結び目さ」と彼は答えた。
彼女はちょっと考えてから、「あぁ、そうなの。わかったわ」と言った。
二人は散歩を続け、干し草を収納する納屋までやってきてその中に入った。
彼女は彼の顔をじっと見つめて、「あなた、私のことさっきの馬のように愛してくれない?」と言った。
彼女の突然の申し出に驚きつつも、興奮を抑えきれずに青年は「よし、わかった」とすぐさま行為に取りかかった。
二人が激しく愛し合いお互いが登り詰めようとしたその瞬間、彼女は彼の睾丸をギュっと手で力一杯握って、潰してしまった。
「ギャー、い、いったい何をするんだ!」と男は悲鳴をあげた。
彼女は「あなたのロープの結び目をほどいてあげたの。そうすれば、もっとロープは長くなるでしょ?」と無邪気に答えた。


30-43 Men are like……
#1. Men are like Computers.
  Hard to figure out and never have enough memory.
#2. Men are like Commercials.
  You can't believe a word they say.
#3. Men are like Copiers.
  You need them for reproduction, but that's all abou it.
#4. Men are like Horoscopes.
  They always tell you what to do and are usually wrong.
#5. Men are like Parking spots.
  The good ones are already taken and the ones that are left are handicapped or extremely small.
#6. Men are like Used Cars.
  Both are easy-to-get, cheap, and unreliable.

 男というものは
#1.男というものはコンピューターのようなものだ。
   内容を理解するのは困難で、記憶容量もそれほど有るものではない。
#2.男というものはコマーシャルのようなものだ。
   言っていることは信用出来ない。
#3.男というものは複写機のようなものだ。
   再生産(出産)のために必要な道具だが、ただそれだけのことだ。
#4.男というものは占星術のようなものだ。
   ああしろ、こうしろと言うくせにいつも間違ったことしか言わない。
#5.男というものは駐車スペースのようなものだ。
   良い場所はたいてい使用済みだし、残っている場所は身障者用か極端に小さいスペースだ。
   (=良い男はたいてい既婚者だし、残っている男は身障者か、逸物が極めて小さい男だけだ)
#6.男というものは中古車のようなものだ。
   安い値段で簡単に手にはいるけど、信頼できる代物ではない。


30-44 Ski lodge
 T
hree guys go to a ski lodge, and there aren't enough rooms, so they have to share a bed.
In the middle of the night, the guy on the right wakes up and says, "I had this wild, vivid dream of getting a hand job!"
The guy on the left wakes up, and unbelievably, he's had the same dream, too.
Then the guy in the middle wakes up and says, "That's funny, I dreamed I was skiing!"

 スキー小屋
 三人の男がスキー小屋に宿泊したが、部屋数が少ないので一つのベッドの三人で眠ることになった。
真夜中にベッドの右側に寝ていた男性が目を覚まし、「変な夢を見た。ペニスを何度も擦られた生々しい感触が残っているんだ」と訴えた。
左側に寝ていた男性も目を覚まし、「信じられない!僕も全く同じ夢を見たんだ」と言った。
真ん中に寝ている男が目を覚まし、「それは奇妙なことだね。僕は一生懸命スキーをしている夢を見ていたんだけど・・・」

真ん中に寝ていた男が、スキーの夢を見ている時握っていたスティックは
何だったのでしょうね。(笑)

30-45 Little bird
 A
little girl was walking along a beach in California when she came across a man with no clothes on and just a newspaper covering his genitals.
The little girl said, "What do you have under that newspaper, Mister?"
The man said, "Nothing, it's just a bird, now go away!"
The man thought nothing of her and quickly fell asleep.
Hours later, the man woke up in a hospital bed in excruciating pain.
"Where the hell am I?"
A doctor replied, "Someone called 9-1-1 and said you needed emergency help, so we rushed you right over."
"Well, what the hell happened to me?"
"We don't know, son. Do you remember anything unusual happening to you today?"
The man said, "Well, there was a little girl bugging me just before I fell asleep."
The doctor sent someone to the beach to see if the little girl was still there, and she was.
The person said, "Do you know what happened to that nice man you saw here earlier?"
"Well," the little girl said, "I started to play with that nice little bird that he had and the damn thing spit on me. So, I wrung its neck, broke its eggs, and set its nest on fire!"

 小鳥
 少女がカリフオフニアの海岸を歩いていると、素っ裸で局部だけ新聞紙で隠して日光浴している男性の姿を見つけた。
「おじちゃん、新聞紙の下に何があるの?」と少女が聞くと、男は「別にどうってことないよ。小鳥がいるだけだよ。さ、あっち行って」と少女を追い払ってグッスリ眠り込んでしまった。
数時間後彼が目を覚ますと、彼は病院のベッドの上で激痛を感じていた。
「ここは、一体どこなんだ?」と男が尋ねると、医者が「911番(警察)へ通報が入って、重症患者がいるというので君がいた現場に我々は駆けつけたんだ」と答えた。
「で、僕の身に一体何が起こったんだ?」と男が聞くと、「我々もわからないんだ。今日、何かいつもと違う出来事があったか、覚えていないかい?」と医者が聞き返す。
「そういえば、僕が海岸で昼寝をする直前、小さな女の子が何か話しかけてきたっけ」と男が思い出した。
医者は病院のスタッフに、海岸にまだその少女がいるかどうか見えてくるように命じた。
そして、その少女は海岸で見つかった。
病院のスタッフは「ここで昼寝をしていた男の人のこと、覚えている?」と少女に尋ねた。「実はね」と、少女が真相を語った。
「私がここで見つけた小鳥と遊んでいたら、そいつが私に何かを噴きかけたのよね。だから私はその小鳥の首を両手でギューっと捻り潰して、そいつの卵を叩きつぶして、そいつの巣に火をつけてやったの」

少女が遊んで(play with)いたのは、素っ裸の男が「鳥だよ」と言った男性の局部で、いじっているうちに
何かを噴きかけられたので、頭にきてそいつを捻り潰し、
卵(睾丸)を叩き潰して、巣(陰毛)に火をつけてやった結果、この男性は病院に担ぎ込まれたという訳です。

30-46 Roll of Quarters
 A
young man walked into a singles bar with a roll of quarters taped inside the crotch of his jeans.
He looked around and sat next to the most attractive woman there.
He was very pleased with himself after he noticed her constantly glancing down at his crotch.
"Hi, there, I'm Jerry," he said, as he went into one of his well-rehearsed routines, "and I help produce a T.V. quiz show. Is there any question I can answer for you?"
"As a matter of fact, yes there is," she said as she glanced down once more toward his embellished jeans.
"Do you have change for a dollar?"

 25セント硬貨の束
 25セント硬貨の束を、履いているジーンズの股ぐらの内部にテープで貼り付けた若い男が独身男女出会いのバーに入って行った。
彼はバーの中を見回して、一番魅力的な女性の隣の席に座った。
嬉しいことに隣の美女は彼の股間をチラチラと見ているので、男は「やぁ、僕の名前はジェリー。僕はTVのクイズ番組製作を手伝っているんだけど、何か君が聞きたいことある?」と、充分練習していた言い方で彼女を口説き始めた。
「えぇ、実のところひとつあるの」と言いながら、彼女はまた男の刺繍入りのジーンズをじっと見つめた。
「1ドルを細かくしてもらえる?」

この女性は、男の股ぐらが膨らんでいるのは
25セント硬貨の束のせいだと、とっくにお見通しなのです。

30-47 The other half
 T
here were two old-maid sisters ... both virgins.
It's Friday night and Gladys looks at Betty and says, "I'm not going to die a virgin... I'm going out and I'm not coming home until I've been laid!"
Betty says, "Well, make sure you're home by 10 so I don't worry about you."
10 o'clock rolls around and there's no sign of Gladys... 11 o'clock...12 o'clock, Finally about 15 after 1 the front door flies open.

 In runs Gladys ... straight to the bathroom.
Betty goes and knocks on the door, "Are you okay, Gladys?"
No answer, so she opens the door and there sits Gladys with her panties around her ankles, legs spread, and her head stuck between her legs looking at herself.
"What is it, Gladys? What's wrong?" asks Betty.
"Betty, it was 10 inches long when it went in ... and 5 inches when it came out. When I find the other half, I gonna have a good time with it…."

 残り半分
 二人の年取った独身姉妹が暮らしていた。
二人とも男性経験が全くない処女のままであった。金曜日の夜グラディスがベティに言った。
「処女のまま死ぬなんて嫌だわ。今晩は表に出て、男と寝るまで戻ってこないつもりよ」
ベティは「10時までには戻って来てよ。そうでないとあなたのことが心配で、心配で寝られないわ」と、グラディスに言った。
その晩10時を過ぎてもグラディスが戻る気配がなかった。11時、12時になって、遂に夜中の1時15分過ぎに、玄関のドアがバタンと開く音がして、グラディスが戻ってきた。

 真っ直ぐにトイレに直行したので、ベティはトイレのドアを叩いて叫んだ。
「グラディス、大丈夫?」シーンとしたままで返事が返って来ないので、ベティがドアを開けると、グラディスがパンティを膝の高さまで下げて便器に座っていた。
グラディスは自分の両足を左右に広げ、その間に顔を突っ込んで、自分の女性器をじっと見つめていたので、「グラディス、どうしたの?何が起こったの?」とベティは気ぜわしく訊ねた。
「ベティ、あのね、男性器が入って来た時は10インチの長さだったのよ。でも出て行く時は5インチになっていたの。残り半分を見つければ、それを使ってもう一度良い気持ちになれると思うんだけど」


30-48 Pink penis
 A
t a modern art exhibition, a couple is standing in front of a painting of three naked black men sitting on a park bench.
As they study the painting, they discover that the men on the ends of the bench have black penises, but the man in the middle has a pink penis.
Although the couple is quite knowledgeable about modern art, they are quite confused and begin to discuss what the symbolism of the pink penis could possibly mean.

 Overhearing their discussion, a man walking beside them says, "Excuse me. I'm the artist of this painting. Can I help you with this painting?"
"Ah, yes, thank you," says the man.
"We're trying to figure out this picture of the black men on the bench. Why does the man in the middle have a pink penis?"
"I'm afraid you've misinterpreted the painting," the artist replies.
"You see, the three men are not black people. They're coal miners and the fellow in the middle went home for lunch!"

 桃色のペニス
 現代美術展覧会で一組の男女が、展示されている三人の裸の黒人が公園のベンチに座っている油絵にじっと見入っていた。
よくよく見るとベンチの両端に座っている黒人のペニスは黒いのに、真ん中にはさまれている黒人のペニスは桃色だった。
この男女は現代絵画について造詣が深かったが、この油絵には当惑して、真ん中の桃色のペニスが一体何を象徴しているのかという議論を二人で始めた。

 たまたま二人のそばを歩いていた男がこの議論が耳に入ったので、「失礼ですが、私はこの画を描いたものです。何かおわかりにならない点があるようでしたら、ご説明しましょうか?」と二人に話しかけた。
「あぁ、それはどうも、助かります」とカップルの男性が尋ねた。
「実は僕達はベンチに座っている三人の黒人について、あれこれ考えていたのですがね、どうして真ん中の男だけペニスの色が桃色なんですか?」
「お二人とも、何か勘違いをされているようですね」、と画家が答えた。
「いいですか、この三人は黒人じゃないんです。彼等は石炭掘り、炭坑夫なんです。で、真ん中の男だけは昼飯を食べに家に戻ったんです」

三人の男達の外見が黒いのは石炭の粉塵のせいで、家に昼飯を食べに帰った真ん中の男のペニスだけ、煤が取れている、
つまり、ついでに奥さんとペニスを使う行為をしてきたという説明なのです。

#30-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50


*  
*