●Kazさんのページ


#31. Marriage

#31-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120121〜130

31-1 Triplet sisters
 T
he triplet sisters got married on the same day and decided to save money by spending the first night at their own house.
Their mother stayed up all night in case her daughters had any troubles.
All she heard was some laughing from her first daughter and some crying from the second.
The third daughter was silent.
The next morning, the mother questioned the girls about what had happened last night.
The first girl said, "You always told me to laugh when I was tickled."
The second girl said, "You always told me to cry when somethin g hurts."
  The mother asked the third girl, "Why were you silent last night?"
"Because you taught me never to talk with your mouth full," she replied.
 三姉妹
 三つ子の姉妹が全く同じ日に結婚して、お金の節約のためホテルではなく自宅で初夜を 迎えることにした。
姉妹の母親はその夜娘の誰かにトラブルがあった時は直ぐに駆けつけられるよう、一晩中起きていた。
長女夫婦の部屋からはゲラゲラ笑い声が聞こえた。
次女夫婦の部屋からはシクシク泣き声が聞こえた。
三女夫婦の部屋はシーンとして何の物音もしなかった。
翌朝、母親は三人の娘に昨晩何が起こったのか説明するように言った。
長女「くすぐられたら笑いなさいって、ママはいつも言っていたわよね」
次女「痛かったら泣きなさいって、ママはいつも言っていたわよね」
 母親は三女に聞かずにはいられなかった。「どうして昨晩静かだったの?」
三女「口に物を含んでいる時は喋るんじゃないって、ママはいつも言っていたわよね」
説明不要です、よね?・・・(^^ ゞ 。エッ、わからない?
初夜の晩、長女は旦那にあちこち愛撫されてくすぐったくてゲラゲラ笑った。
次女は処女を失って痛い思いをして悲鳴を上げ、 三女はフェラチオをしていたため喋れなかったということです。

31-2 The Perfect Husband
 There are several men sitting around in the locker room of a Golf club after a round, showering and getting changed for the 19th hole.
Suddenly a mobile phone on one of the benches rings.
One of the men picks it up, and the following conversation ensues:(H - Husband, W - Wife)

H - "Hello?"
W- "Honey, it's me. Are you at the club?"
H - "Yes."
W- "Great! I am at the mall two blocks from where you are. I just saw a beautiful leather coat.
   It's absolutely gorgeous!! Can I buy it?"
H - "What's the price?"
W- "Only $1,000."
H - "Well, OK, go ahead and get it, if you like it that much..."
W- "Ahhh, and I also stopped by the Mercedes dealership and saw the 2002 models.
   I saw one I really liked.
   I spoke with the salesman, and he gave me a really good price...
   and since we need to exchange the BMW that we bought last year..."
H - "What price did he quote you?"
W- "Only $60,000..."
H - "OK, but for that price I want it with all the options."
W- "Great! But before we hang up, something else..."
H - "What?"
W- "It might look like a lot, but I was reconciling your bank account and..
   I stopped by the real estate agent this morning and saw the house we had looked at last year. It's for sale!!
   Remember?
   The one with a pool, English Garden, acre of park area, beachfront property."
H - "How much are they asking?"
W- "Only $450,000 - a magnificent price...and I see that we have that much in the bank to cover..."
H - "Well, then go ahead and buy it, but just bid up to $420,000. OK?"
W- "OK, sweetie...Thanks! I'll see you later!! I love you!!!"
H - "Bye...I love you too..."

 The man hangs up and closes the phone's flap.
The other men are looking at him in astonishment and derision
The husband raises his hand while holding the phone and asks, "Does anyone know whom this phone belongs to?"

 理想的な夫
 ゴルフを終えた数人の男が19番ホール(=クラブハウス)でくつろぐためにシャワーを浴びた後に着替えてゴルフクラブのロッカールームで座っていた。
突然ロッカールームのベンチに置かれた携帯電話が鳴った。
一人の男が電話を取り上げて妻と会話を始めた。

夫:もしもし?
妻:ダーリン、私。あなた、今ゴルフ場かしら?
夫:そうだよ。
妻:よかった!今私そのゴルフ場から2ブロック離れたショッピングモールにいるんだけど、
  凄くステキな皮のコートを見つけたのよ!
  とっても豪華なの。買ってもいい?
夫:値段はいくら?
妻:たったの1千ドルよ。
夫:それならOKだよ。そんなに気に入ったんならすぐに買いなさい。
妻:ワー嬉しい!それとね、ベンツのディーラーに寄ってみたの。
  2002年型の新しい車があって、見た途端に気に入っちゃった。
  で、セールスマンに話しかけたら納得出来る値段を呈示したのよね。
  ほら、去年買ったBMWもそろそろ買い換える時期だし・・・。
夫:で、そのセールスマンは価格を幾らで呈示したんだ?
妻:たった6万ドルよ。
夫:OK、でもその値段なら付属オプションは全部付けさせてくれ。
妻:それは良い考えね!そうするわ。あ、それと、電話を切る前にもうひとつ別件が・・・ 。
夫:何のこと?
妻:ちょっと大型の出費なので、あなたの銀行預金残高と相談しなくちゃならないんだけれど、
  今朝不動産屋の前で立ち止まってみたら昨年買おうか迷った家の広告がまた出ていたのよ。
  しかも、今回はセール価格なの。覚えているでしょ、
  あのプール付きで英国式庭園があって、駐車場の広さは1エーカー、海辺に接しているあの物件よ。
夫:いくらで売るって言っているんだ?
妻:たった45万ドルよ!なんて嬉しい値段でしょ!
  あなたの銀行預金残高にはそれ以上充分有ることは確かめてあるのよ。
夫:それならどんどん進めて買ってくれ。でも42万ドルまでまけるよう交渉してごらん。わかったね?
妻:OK、ダーリン、ありがとう。じゃ、後でね。愛してるわ、あなた!
夫:バイバイ、僕も愛しているよ、君を。

 男は電話を切って携帯電話の蓋を閉めた。
他の連中はこの気前のいい男を半ば驚き半ばあきれて見つめていた。
すると男が電話を握っている手を高く上げて叫んだ。「この電話の持ち主は誰だか知らないか?」

エ、自分の電話じゃなかったの?
他人の奥さんにそんなに豪華な約束をしてしまうなんて、 冗談を通り越して、マジに凄い!!\(-o-)/
本物の旦那さんは携帯電話が自分の物 であることを知った時、マっ青になったでしょうね。

31-3 Dynamite & a fuse
 T
he newly-weds could hardly wait to take off their clothes at their hotel room.
The stacked groom pounded his broad chest and said, "Look! I'm a 180 pound dynamite!"
The bride stared at his lower part and said, "It's the fuse that worries me."

 ダイナマイトと導火線
 新婚カップルはホテルの部屋に到着すると一刻を惜しむように服を脱ぎ始めた。
筋骨隆々とした新郎がぶ厚い胸を叩きながら自慢する。「見てくれ、僕は180ポンド(約80kg)のダイナマイトだぞ!」
新婦は新郎の下半身をじっと眺めてつぶやく。 「だけど導火線がねぇ・・・」

筋骨隆々の身体のわりには肝心の逸物が小さすぎるということです。

31-4 Dear Abby
 I have been engaged for almost a year.
I am to be married next month.
My fiance's mother is not only very attractive but really great and understanding.
She is putting the entire wedding together and invited me to her place to go over the invitation list, because it had grown a bit beyond what we had expected it to be.
When I got to her place we reviewed the list and trimmed it down to just under a hundred ... then she floored me.
She said that in a month I would be a married man and that before that happened, she wanted to have sex with me.
Then she just stood up and walked to her bedroom and on her way said that I knew where the front door was if I wanted to leave.
I stood there for about five minutes and finally decided that I knew exactly how to deal with this situation.
I headed straight out the front door... : There, leaning against my car was her husband, my father-in-law to be.
 He was smiling.
He explained that they just wanted to be sure I was a good kid and would be true to their little girl.
I shook his hand and he congratulated me on passing their little test.
Abby, should I tell my fiance what her parents did, and that I thought their "little test" was asinine and nsulting to my character?
Or should I keep the whole thing to myself including the fact that the reason I was walking out to my car was to get a condom?

 アビーおばさん
 アビーおばさん、私はほぼ1年の婚約期間を経て来月結婚を控えた男性ですが、相談したいことがあります。
私の婚約者の母親はとても魅力的で、本当にステキで実に物わかりの良い女性です。
彼女の母が私達の結婚式全てを仕切っているので、招待客リストについて相談するため、先日私は彼女の家へ呼ばれました。
というのは、招待客の数が当初予定していた人数を少し上回ってしまったからです。
私と彼女の母はリストを見直して招待客数を何とか100人以下に抑えました。
この作業が終わると彼女の母は私がビックリして腰を抜かすような提案をしたのです。
「ね、あなた1ヶ月後には女房持ちになるのよね。あなたが独身でいられるうちに私と一回セックスしてみない?」そう言うと彼女は立ち上がって自分の寝室へと歩いて行きました。
私の方を振り向いて「あなた、もし帰りたいのなら玄関はどこだかわかっているわよね」と言い残して・・・。
私は呆然と立ちすくんで およそ5分程考えてからこの状況にいかに対処すべきかを決断し、意を決して真っ直ぐ玄関のドアへ向かいました。
そこで私が見たのは私の将来の義父、つまり私を誘惑した彼女の母親の夫でした。
彼は私の車にもたれかかって立っていました。
 彼はニッコリ笑うと、「これは貴方が私達の可愛い娘の婿にふさわしい、誠実な男性かどうかを確かめたかったからなんだよ」と説明しました。
私は彼の手を握り、彼は私がこの小さなテストに合格したことを祝福してくれました。
アビーおばさん、私は私の婚約者に彼女の両親が私にしたことを告白すべきでしょうか?
彼等が行った“小さなテスト”は馬鹿げているし、私に対する侮辱とさえ言えると思っています。
それともこのことは一切喋らず私の胸の内にしまっておくべきでしょうか? −あの時私が玄関に真っ直ぐ向かったのは、車の中にあるコンドームを取りに行くためだったという真相をも含めて。

Dear Abbyは、新聞の人生相談回答形式で
Abbyおばさんが、読者の悩みにアドバイスするもので、
質問自体のおかしさや、当意即妙な、あるいはケチョンケチョンにけなすAbbyの回答ぶりが
一種のジョークになっています。
それにしてもこの最後の真相告白 "the reason....to get a condom" には笑ってしまいますよネ。

31-5 Different father
 A
very elderly couple is having an elegant dinner to celebrate their 75th wedding anniversary.
The old man leans forward and says softly to his wife, "Dear, there is something that I must ask you. It has always bothered me that our tenth child never quite looked like the rest of our children. Now I want to assure you that these 75 years have been the most wonderful experience I could have ever hoped for, and your answer cannot take that all that away. But, I must know, did he have a different father?"
The wife drops her head, unable to look her husband in the eye, she paused for a moment and then confessed.
"Yes. Yes he did."
The old man is very shaken, the reality of what his wife was admitting hit him harder than he had expected .
With a tear in his eye he asks "Who? Who was he? Who was the father?"
Again the old woman drops her head, saying nothing at first as she tried to muster the courage to tell the truth to her husband.
Then, finally, she says, "You."

 違う父親
 非常に年取った夫婦が、結婚75周年記念日を優雅な夕食で祝っていた。
夫が妻の方に身体を傾けて優しく話しかけた。
「ねぇダーリン、君にひとつ尋ねなければならない事があるんだ。僕は我々の十番目の子供は他の誰にも似ていないのがずっと気に掛かっていたんだ。我々の75年の結婚生活は、僕が望める経験の中で最も素晴らしいものであったことは君に保証する。そしてこれからする質問に対する君の答が今までの幸せな結婚生活に波風を立てることになろうとも、私は真実を知りたいんだ。十番目の息子は父親が違うんだろう?」
老妻は頭をうなだれ、夫の目を見つめることが出来なかった。黙り込んで暫く経った後にようやく告白した。
「ええ、そうよ。十番目の息子の父親は別の男よ」
夫は予想していたこととはいえ妻が認めた事実に打ちのめされ、予想以上のショックを受けていた。
目に涙を浮かべながら夫は妻に問い詰めた。「誰、誰なんだ?十番目の息子の本当の父親だった男性は?」
妻は再び頭をうなだれ沈黙してしまったが、夫に真実を告げようと必死に勇気を奮い起こした。
遂に彼女は夫に言った。「それはあなたよ」

凄いオチですね。
つまり十番目の息子だけが夫の子で、
結婚生活75年のうちの前の九人の子供は、夫以外の男性が父親だったということです。

31-6 Early withdrawals
 A
husband had been feuding with his wife for many years and he lost his temper when he found his bank account was empty.
He stormed into the house and yelled at his wife.
"How dare you withdraw all the money out of my account ?"
"It's my turn," replied the wife.
"What do you mean by 'my turn'?" the husband was perplexed.
"Well, in bed," she said, "you've been making early withdrawals for years."

 さっさと引き出す
 妻と長年に渡って口論していた夫が遂にキレたのは、彼の銀行口座がすべて引き出されていたことを知った時だった。
直ぐに家に帰るなり妻を怒鳴りつけた。
「僕の口座から すべて金を引き出してしまうなんて、どういうつもりだ!」
「今度は私の番だからよ」と答える妻。
「私の番?どういう意味だ!」と訳のわからない顔の夫。
「いい、ベッドの中ではね」」と説明を始める妻。
「長年に渡っていつもあなたはさっさと一人で引き出してしまっていたわよね」

夫婦の性生活ではいつも夫がさっさと終わって引き出してしまう。
それなら私もあなたの口座から現金をさっさと引き出してしまうわよ!ってこと。

31-7 Unluckiest groom
 D
id you hear about the unluckiest groom in the world?
His parents arranged a bride for him, but on his wedding day, he discovered she was the most hideous looking woman in the world.
He rushed out and got a sex change operation so that he wouldn't have to fuck her.
Then he discovered the bride-to-be was a gay.

 世界一不幸な花婿
 世界一不幸な花婿の話を聞いたことがありますか?
彼は両親が決めた相手と結婚する予定でしたが、結婚式当日初めて見た相手が世界一醜い女であることを発見し、こんな女性とセックスしなくて済むように、急いで病院に行って性転換手術を受ました。
ところがこの花嫁になる予定の醜い人物は女性ではなく、オカマだったそうです。


31-8 Three daughters
 A
mother had three daughters and on their wedding day, she would ask each of them to write home and tell her about their married life.
The first wrote back on the second day after she got married.
The letter arrived with only a single message, "Maxwell Coffee."
The Mother was confused at first, but finally noticed a Maxwell coffee ad on a newspaper, and it said; "Satisfaction, to the last drop..."
So, the Mother was happy.
Then the second daughter got married and after a week she sent home a letter.
There was only one message, it read; "Rothmans."
So the Mother looked for a Rothmans' ad, and it says; "LIFE SIZE, KING SIZE."
The Mother was happy.
After the third daughter got married, the Mother was anxious to receive a message from her.
It took 4 weeks for a message to arrive.
When it did the message simply said "BRITISH AIRWAYS."
The Mother was concerned.
She frantically looked through all the newspapers at home for a British Airways ad.
She finally found one and fainted. The ad read: "TWO TIMES A DAY, SEVEN DAYS A WEEK, BOTH WAYS."

 三人娘
 三人の娘を持つ母親は彼女達の結婚式を楽しみにしていた。
そしてそれぞれの娘達に結婚生活について母まで手紙で知らせるようにと頼んでおいた。
長女は結婚して二日目に手紙をよこした。
たったひと言「マックスウエルコーヒー」とだけ書かれていた。
母親は初めさっぱり訳がわからなかったが、新聞に載っていた「最後の一滴まで満足」というマックスウエルコーヒーの広告を読んで納得し、幸せな気分になった。
次女が結婚して一週間後にたったひと言「ロスマンス」と書かれた手紙を受け取った。
そこで母親はタバコのロスマンスの広告を探し、「本物のサイズ、キングサイズ」という文面をみつけて幸せな気分になった。
三女が結婚した後、母親は手紙が来るまでヤキモキしたが、結婚四週間後にようやく届いた。
たったひと言「英国航空」とだけ書かれてあった。
母親は気になって新聞という新聞を家に持ち込み隅から隅まで調べまくり、ようやく英国航空の広告宣伝文句を見つけてビックリして失神してしまった。
英国航空宣伝の文面はこうなっていた。
「一日2回、一週7回。前からも後ろからも」(一日2便、一週7便、往復です)

母親は三女の夫婦生活の激しさに驚いて失神してしまったわけです。

31-9 Cocks
 A
man sat at a local bar and said, "This is a special day, I'm celebrating."
"What a coincidence," said the woman next to him.
"I'm celebrating too," clinking glasses with him.
"What are you celebrating?"
"I'm a chicken farmer. And for a long time all my hens were infertile, but today they're finally fertile."
"What a coincidence," the woman said. "My husband and I have been trying to have a child for some time. And today, my gynecologist told me I'm pregnant! How did your chickens become fertile?"
"I switched cocks ," he replied.
"Well, what a coincidence," she said...

 雄鶏
 田舎のバーで男がカウンターに座るなり言った。「今日は特別の日なんじゃ。お祝いしなくっちゃ」
「まぁ、偶然ですこと。私もお祝いしているんですよ」と隣の席に座っていた女性が彼に話しかけた。
二人がカチンとグラスをくっつけ乾杯した後、女性は「ところで何のお祝いですの?」と尋ねた。
「わしは養鶏業を営んでおるんじゃが、雌鳥達 がずーっと卵を産まなかったんだ。ようやく今日雌鳥たちが孕んだのでな、祝っとるんじゃ。」
「まぁ、なんという偶然の一致でしょう。私もずーっと子供が欲しかったのに妊娠しなかったんですよ。でも今日産婦人科に行ったら妊娠しているって言われて、嬉しくてお祝いしているんです。あなたの雌鳥達はどうやったら、孕むようになったのですか?」
「わしは雄鶏(cocks)を代えてみたんじゃよ」と男が答えた。
「あら、また偶然の一致ですわ・・・。」と女性がつぶやく。

Cockは雄鶏という意味に他に、男性器(ペニス)の意味もあります。
この女性は相手を代えたら妊娠したということで、
どちらもcockを代えたことが一致しているというこ とです。

31-10 Divorce diet
 A
wife was having coffee with a girlfriend of hers when she confided to her, " Our marriage has never been that great, but this year has been the absolute worst between my husband and I. Harry often yells at me, criticizes me, puts me down, plus he never helps out with anything around the house, and I keep getting the feeling that he's screwing his secretary. I can't eat, I can't sleep... in fact, I've already lost eight pounds this month along!"
"Well, why don't you dump the bastard?" her friend said.
To which the wife replied, "Oh, I plan to do that, but first I want to get my weight down to 115 pounds."

 離婚ダイエット
 ひとりの主婦が女の友達とコーヒーを飲みながら打ち明け話をしていた。
「私達の結婚生活はずっと上手く行っていたのだけど、今年になってから夫婦仲が極端におかしくなったのよ。ハリーはしょっちゅう私に怒鳴るし、あれこれ文句ばかり言うし、ほんとにウンザリさせられているのよ。おまけに家事は一切手伝わないし、それにどうも会社で秘書と出来ちゃってるらしいのよ。きっとそうよ。あれやこれやで食べ物も咽に通らないし、眠れないしで、今月だけで8ポンド(=3.6kg)も痩せちゃったのよ!」
 彼女の友達が「なんでそんなダメ男は捨てちゃわないの?離婚しなさいよ!」と言うと、「そう思っているのよ、でもまず最初に体重を115ポンド(=51.75kg)まで落としてからね。」

どうせ離婚するならダイエットも達成しちゃおう、一石二鳥だわ!

#31-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120121〜130


*  
*