●Kazさんのページ


#31. Marriage

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜70・71〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120121〜130

31-61 How do you want your rice?
 M
ary and Benjy have been dating throughout their college years but at no time did Benjy talk once to Mary about marriage.
But now that they have graduated, Mary's mother, Kitty, has a quiet talk with her daughter.
"Darling," says Kitty, "although Benjy is an absolutely smashing young man, I think you've been too patient with him. He'll make a marvelous husband but he needs a bit of pushing. You must now use every opportunity to hint at marriage."
The following weekend, Benjy takes Mary to a Chinese Restaurant.
As he reads the menu, he casually asks her, "Mary darling, how do you want your rice? Boiled? Or fried?"
Without hesitating, Mary looks up at him, smiles sexily and replies, "Thrown."

 米をどうやって調理してもらう?
 サラとベンジーは大学で知り合って以来ずっと付き合っていたが、ベンジーがサラに結婚の話を持ちかけたことはなかった。
大学を卒業することになったので、サラの母親のキティは娘と二人きりの時、静かに語りかけた。
「ねぇ、サラ、確かにベンジーは若くて頭が良い男性だけれど、あなた、彼に対して少し我慢しすぎじゃない。彼はきっと良い夫になるだろうけど、結婚のきっかけが必要なのよ。彼と会うあらゆる機会を利用して、結婚をほのめかせて、彼をその気にさせなさい」
翌週末にベンジーがサラを、中華料理店での食事へ誘った。
ベンジーがメニューを読みながら普段の調子で、「大好きなサラ、君は米をどうやって調理して食べたい?茹でてもらう?それとも炒めてもらう?」と尋ねた時、サラは間髪を入れず彼の目をしっかり見つめて、セクシーな微笑みと一緒に答えた。「お米は投げてほしいわ」

結婚式で新郎新婦に米を投げて祝福する習慣のことを、ほのめかしているのです。

31-62 Cut out Wednesdays
 A
rnold goes to see Doctor Myers and tells him that he is feeling constantly tired and exhausted, especially after making love. "So how often do you make love, Arnold?" asks Doctor Myers.
"I make love every Monday, Wednesday and Friday, doctor," he answers.
"Well," says Doctor Myers, "maybe you should cut out Wednesdays."
"No, that's not really a good idea," says Arnold, "that's the only night I'm home with my wife Ethel."

 水曜日を外したら
 アーノルドがマイヤー医師に「最近いつも疲れを感じており、とくにセックスの後に顕著である」と訴えた。
「アーノルドさん、あなたは週に何回セックスをするんですか?」と医師に聞かれて、「毎週月、水、金曜日ですね」とアーノルドは答えた。
「そういうことなら、水曜日は、セックスする日から外したらどうですか?」と、マイヤー医師が提案した。
「それはあまり良いアイデアではないです」、とアーノルドが答えた。
「だって水曜日は妻のエセルとセックスをする唯一の日なんですからね」

ということは、毎週月・金曜日は妻以外の女性とセックスしているということです。

31-63 Giving up the idea of marrying you
 A
young man proposed marriage to his sweetheart.
The girl replied, "If I marry you, will you promise to give up smoking?"
"Yes, I will," came the reply.
"And drinking?"
"I will give up drinking as well."
"And going to the club with your cronies?"
"Yes, I will."
"And what else will you give up for my sake?" She asked finally.
"I have already given up the idea of marrying you !!"

 君と結婚するのを止める
 青年が彼の恋人に結婚を申し込んだ。
彼女は「もし結婚したら、あなたタバコを止めて下さる?」と彼に聞いた。
「そうするよ」と男は答えた。
「お酒も止めて下さる?」と彼女が聞くと、彼は「あぁ、お酒も一緒に止めるよ」と答えた。
「仲間と一緒にナイトクラブに行くことも止めて下さる?」
「わかった、そうする」
「他に私のために止めて下さることって有る?」と最後に彼女が聞くと、男は答えた。
「君と結婚することを止めることに決めた」


31-64 Las Vegas
 L
as Vegas has all kinds of gambling devices.
Roulette tables, slot machines, dice, cards and wedding chapels.

 ラスベガス
 ラスベガスではあらゆる種類の賭博が楽しめる。
ルーレット、スロットマシーン、ダイス、カード、そして結婚式を挙げるための教会と。

結婚は当たり外れがハッキリしている、わかり易い博打と言えるのでしょう。

31-65 What Wives Want Husbands
 O
riginal List (age 22):
1. Handsome
2. Charming
3. Financially successful
4. A caring listener
5. Witty
6. In good shape
7. Dresses smartly
8. Appreciates finer things
9. Full of thoughtful surprises
10. An imaginative, romantic lover

 

 妻が夫に望むこと
 最初のリスト(22歳時)
1.ハンサム
2.魅力的
3.お金持ち
4.言うことに耳を傾ける
5.機知に富む
6.スタイルが良い
7.趣味が良い服を着ている
8.価値のあるものがわかる
9.よく考えた上でビックリするようなことをする
10.想像力に満ちたロマンチックな恋人

 

 Revised List (age 32):
1. Nice looking (prefer hair on his head)
2. Opens car doors, holds chairs
3. Has enough money for a nice dinner
4. Listens more than talks
5. Laughs at her jokes
6. Carries bags of groceries with ease
7. Owns at least one good tie & socks
8. Appreciates her home-cooked meals, makes tea for her
9. Remembers birthdays and anniversaries
10. Seeks romance at least once a week (with her, of course !)

 

 改訂版リスト(32歳時)
1.悪くない顔付き(髪の毛がふさふさしていることが望ましい)
2.車のドアをさっと開けたり、椅子をすっとひいたりするレディーファースト
3.お金に困らず豪華な食事が出来る
4.喋るより人の話を聞く方が多い
5.妻の冗談を笑ってくれる
6.スーパーの買い物袋を気安く持ってくれる
7.上等なネクタイと靴下を少なくともひとつは持っている
8.家庭料理を喜び、妻のためにお茶を入れてくれる
9.誕生日や記念日を覚えていてくれる
10.一週間に一度はロマンチックな気分にひたる(もちろん、妻とよ!)

 

 Revised List (age 42):
1. Not too ugly (bald head OK)
2. Doesn't drive off until she's seated in the car
3. Passes the TV remote to her willingly when she asks
4. Nods head when she's talking (vertically, not horizontally!)
5. Usually remembers punch lines of jokes
6. Is in good enough shape to rearrange the furniture
7. Wears a shirt that covers his stomach
8. Still agrees to visit her parents' house
9. Remembers to put the toilet seat down
10. Shaves most weekends

 

 改訂版リスト(42歳時)
1.醜くないこと(禿げていても構わないわ)
2.妻が座席に座るまでは、車を発進させないこと
3.妻が頼めば、いつでもテレビのリモコンを渡してくれる
4.妻が話している時は頭を振る(縦に振るのであって、横に振るのではない)
5.ジョークのオチを覚えている
6.家具を動かすには困らない程度は筋肉を維持している
7.少し出てきた腹をカバーするためにシャツを着る
8.妻の両親の家に行くことをまだ拒むことをしない
9.トイレの座席シートを女性用に戻しておいてくれる
10.週末には髭を剃る

 

 Revised List (age 52):
1. Keeps hair in nose and ears trimmed
2. Doesn't belch or scratch in public
3. Doesn't borrow money too often
4. Doesn't nod off to sleep when she's talking
5. Doesn't re-tell the same joke too many times
6. Is in good enough shape to get off couch on weekends
7. Usually wears matching socks and fresh undergarments
8. Appreciates a good TV dinner
9. Talks to her relatives when they call up on phone
10. Shaves some weekends

 

 改訂版リスト(52歳時)
1.耳穴と鼻の毛をはみ出ないように手入れをしている
2.人前でゲップしたり、ボリボリ身体を掻いたりしない
3.お金をたびたび(妻から)借りない
4.妻が話しているうちに、コックリコックリして眠り込まない
5.ジョークのオチを覚えている
6.家具を動かすには困らない程度は筋肉を保持している
7.少し出てきた腹をカバーするためにシャツを着る
8.冷凍素材を解凍したディナー(TVディナー)でも良しとする
9.トイレの座席シートを女性用に戻しておいてくれる
10.週末には髭を剃る

 

 Revised List (age 62):
1. Remembers where the bathroom is
2. Doesn't spend much time in the bathroom
3. Doesn't require much money for upkeep
4. Only snores lightly when asleep
5. Remembers why he's laughing
6. Is in good enough shape to stand up by himself
7. Usually wears clothes (his clothes)
8. Likes soft foods
9. Remembers where he left his teeth
10. Remembers that it's the weekend

 

 改訂版リスト(62歳時)
1.トイレがどこだか覚えている
2.トイレであまり長居をしない
3.少額の生活維持費で済む
4.眠る時は、ほんの少々鼾をかく程度である
5.何故笑ったかの理由を覚えていられる
6.自分一人で起ち上がれる程度の肉体は維持している
7.自分の服は自分で着られる
8.柔らかい食べ物が好きになる
9.入れ歯をどこに置いたか覚えている
10.週末であるということは覚えていられる

 

 Revised List (age 72):
1. Breathing
2. Doesn't miss the toilet
3. Leave all the fortune to me

 

 改訂リスト(72歳時)
1.まだ呼吸していること
2.トイレに行くことを忘れていないこと
3.財産はすべて私に残すこと

 


31-66 I wasn't asking you
 B
ill has just returned home from work.
He goes upstairs, gets changed into some casual clothes, then goes back downstairs into the lounge and sits down on his favorite armchair.
He quickly starts to relax.
Soon he hears his wife Kate's sweet voice talking to him from the kitchen. "What do you want for your dinner tonight, darling?"
Kate says. "Would you like some beef, some chicken or a piece of grilled salmon?"
Bill shouts back, "I'd like the chicken tonight please, my darling."
Kate shouts back, "I wasn't asking you - I was asking the dog. You've got usual barley soup tonight."

 あんたに聞いているんじゃないわよ
 ビルは仕事から戻り、家の二階に上がると普段着に着替え、一階の居間へ降りて来るなりお気に入りの肘掛け椅子に腰掛け、ゆったりした気持ちに浸った。
すぐに台所から、妻のケイトが甘い声で「ダーリン、今日の夕食は何を食べたい?」と言うのが聞こえた。
「牛肉?それとも鶏肉?或いは焼いた鮭かしら?」と聞かれたので、「ダーリン、僕は今晩、鳥を食べたいな」と、ビルは返事をした。
ケイトが大声で叫び返した。「あなたに聞いているんじゃないの。私はワンちゃんに聞いているのよ。あなたの夕食はいつもの大麦スープよ」


31-67 Jealousy
 O
ne day a man drove his secretary home after she fell quite ill at work.
Although this was an innocent gesture, he decided not to mention it to his wife, who tended to get jealous easily.

 Later, that night the man and his wife were driving to a restaurant.
Suddenly he looked down and spotted a high-heel shoe half hidden under the passenger seat.
Not wanting to be conspicuous, he waited until his wife was looking out her window before he scooped up the shoe and tossed it out of the car.
With a sigh of relief, he pulled into the restaurant parking lot.

 That's when he noticed his wife squirming around in her seat.
"Honey," she asked, "have you seen my other shoe?"

 嫉妬
 ある日のこと、一人の男が職場で気分が悪くなってしまった彼の秘書を車に乗せ、彼女の自宅まで送ってあげた。
もちろんこれはやましい行為ではなかったが、彼はこのことを妻には内緒にしておくことにした。
というのは、妻はすぐヤキモチを焼く性格だったからだ。

 その日の夜、彼は妻と一緒にレストランへ車で向かった。
彼がパッと視線を下に向けると、助手席の下にハイ・ヒールの靴が半分隠れているのを見つけてしまった。
あらぬ疑いを受けぬようにと、妻が窓の外に目をやるのを見計らいながら靴を拾い上げ、車の外に投げ捨てた。
ホッとため息をついて、彼はレストランの駐車場に車をとめた。

 その時である。妻が助手席でソワソワして彼に尋ねてきた。
「ハニー、私のもう片方の靴、見なかった?」


31-68 Never been before
 I
asked my wife where she wanted to go on her vacation.
She said some place where she had never been before.
So I took her to the kitchen.

 一度も訪れたことがない場所
 休暇に何処に行きたいかと妻に尋ねたら、彼女は今まで一度も訪れたことがない場所へ行きたいと言ったので、私は彼女を台所に連れて行ってやった。

この奥さんは台所で食事を作ることを、全くしないのですね。

31-69 Grandchildren
 A
wealthy man had an urge to have grandchildren.
He had two daughters and two sons and none of them had gratified his desire for a grandchild.
At the annual family gathering on Thanksgiving Day, he chided them gently to bless his old age with their progeny.
"But I haven't given up hope," he said, "Yesterday I went to the bank and set up a one hundred thousand dollar trust fund to be given to the first grandchild that I have. Now we will all bow our heads while I say a prayer of thanks."
When he looked up, he and his wife were the only ones at the table.

 孫
 金持ちの男は孫が欲しくて仕方なかった。
彼は二人の娘と二人の息子がいたが、誰も彼の孫が欲しいという望みを叶えてくれていなかった。
感謝祭の家族の集まりの時、彼は子供達に対して「わしも年だから、早く孫の顔が見たいのだ。お前達もわしの気持ちを察してくれ」と、やんわりと子供達を非難した。
「だがな、わしは望みは捨てておらん。わしは昨日銀行に行き、最初のわしの孫のために10万ドルの信託基金を作ってきた。さぁ、頭を下げて神に祈ろう。わしに孫が授かるように」と言った。
彼が頭を上げると、そこには彼と彼の妻しか残っていなかった

子供達は10万ドルの金額につられ、
一斉に子作りに励むために、感謝祭の食卓の席を飛び出したのです。

31-70 I'm not asleep
 R
ebecca is suing her husband Sydney for divorce after 35 years of marriage.
When she gets on the witness stand, she spends 20 minutes explaining all of Sydney's faults, and ending up with, "And that's not all, your Honor. My husband is always cursing me - in fact he even curses me in his sleep."
At that, Sydney jumps up out of his seat and shouts, "That's a total lie, your Honor. I'm not asleep!"

 眠っていたわけではない
 35年連れ添った夫のシドニーを、レベッカは離婚の訴えを裁判所に出した。
証言台に立ったレベッカは20分にわたってシドニーに落ち度を延々と訴え続け、最後にこう締めくくった。
「それだけでは有りません、裁判長閣下。私の夫は常に私を罵るのです。事実彼は眠っている時でさえ、私を罵るのです」
その発言を聞くや否や、シドニーは自分の席から立ち上がり大声で叫んだ。
「そりゃ全く事実と違います、裁判長閣下。その時私は眠っていたわけではありませんから」

寝床の中で妻を罵る時は、目が覚めていると夫は言っています。

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜70・71〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120121〜130


*  
*