●Kazさんのページ


#31. Marriage

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜80・81〜9091〜100
101〜110111〜120121〜130

31-71 Give and take
 M
y husband and I have a perfect marriage based upon a give-and-take relationships : he gives and I take.

 持ちつ持たれつ
 私と夫とは完璧な「持ちつ持たれつ(give and take)」に基づいた夫婦関係を保っている。
夫が常に与え(give)、私が常に受け取る(take)という関係でずっと続いている。


31-72 In exactly two minutes
 B
arbara was talking to her best friend Kathy on the phone.
Her husband began pawing at her and he pushed him away a couple of times, but he was insistent.
Finally she said, "Kathy, I'm sorry to interrupt, but Harry wants a little piece."
Kathy chuckled, "That's okay, Barbara. You can call me tomorrow."
"Forget tomorrow,"
Barbara Answered, "I'll call you back in exactly two minutes."
 きっかり二分後に
 バーバラが親友のキャシーと電話で話していた。
バーバラの夫が脇にきて彼女の身体をちょこちょこ指で突っついたので、電話中のバーバラはすり寄って来る夫を二、三度突き放した。
しかし夫はしつこくつきまとうので、バーバラはとうとう電話で話すの諦め、「キャシー、悪いけれど一旦電話を切るわ。夫のハリーが、そのぅ、その気になって迫って来ているんで…」
電話の向こう側でキャシーがクスクス笑いながら「あら、そうなのバーバラ。じゃお喋りの続きは明日ってことで」と言うと、「明日までなんか待つ必要はないのよ」とバーバラが答えた。
「きっかり二分後に、私の方から電話するわ」

「夫のハリーはどうせ二分で果ててしまうわよ」って、ことです。


31-73 Recommendation
 I
strongly recommended that you never criticize your wife.
Just remember that if she were perfect, she would have married someone much better than you.
 ぜひお勧めしたいこと
 自分の妻を決して批判しないことを、ぜひお勧めします。
もし彼女が完璧な女性であるならば、あなたより優れた人と結婚していたに違いありませんからね。

31-74 I have friends of my own
 A
sailor came home from a two-year voyage only to find his wife with a new born baby.
Furious, he was determined to track down the father to revenge on him.
"Was it my friend Sam", he demanded.
"No!" his weeping wife replied.
"Was it my friend Jim then?" he asked.
"NO !!!" she said even more upset.
"Well which one of my no good friends did this then?" he asked.
"Don't you think I have any friends of my own?" she snapped.
 私は自分の友人もいますよ
 船員が二年間の航海後に家に戻ると、妻が生まれたばかりの赤ん坊と一緒だったので激怒して、妻の浮気相手の男を捜し出して復讐してやろうと決心した。
「相手の男は俺の友達のサムか?」と彼が問い詰めると、「違うわ!」と妻は泣きながら答えた。
「じゃ、俺の友達のジムか?」と言うと、「違うってば!」と妻はさらに混乱した声で答えた。
「それなら、そういう不義を働いた奴は、一体俺の友達の誰なんだ?」と夫が尋ねた。
すると妻はピシャリと言い返した。
「ねぇ、私にも自分だけの友人がいるということを、あなたは考えたことがないの?」

31-75 Chicken soup
 J
eremy is finding it hard to get through his chicken soup that his wife Sarah cooks.
To be honest, he really doesn't much like its taste or consistency.
Sarah sees Jeremy struggling with it and so asks him, "What's wrong with the soup, Jeremy?"
"Although you're the best cook in the world, darling," replies Jeremy, "when it comes to chicken soup, you've got a lot to learn. I don't want to upset you, but I just don't like your soup. My mother Miriam makes the best chicken soup in the world. Why don't you ask her for her recipe?"
"Jeremy," replies Sarah, "you know how Miriam hates me. She would never tell me such a thing."
"But your mother Hetty also makes an excellent chicken soup," says Jeremy.
"Surely she must have told you how."
"Jeremy," says Sarah, "This was the recipe she gave me. I guess Hetty hates you just as much as Miriam hates me."
 鶏スープ
 ジエレミィは妻のサラが作る鶏スープを飲み干すことに、いつも苦労していた。
正直言っていつも変わらないその味にうんざりしていた。
サラは夫がスープに悪戦苦闘しているのを見て、「ジエレミィ、私のスープに何か問題があるの?」と聞くと、「君は世界で一番料理が上手いけど、鶏スープに関してはもうちょっと研究した方がいいね。君をガッカリさせるつもりはないけど、僕は君のスープは嫌いだよ。ママのミリアムの作る鶏スープは世界一の味だから、君は僕のママに調理法を教えてもらうと良いと思うな」と、夫は答えた。
「ジェレミィ、ミリアムは私のことを嫌っていることを知っているでしょ。彼女が私に調理方法を教えてくれるわけがないでしょ」と、サラは言った。
「でも君の母親のヘッティも、美味しい鶏スープを作るじゃないか。君は母親から調理の秘訣を聞いているはずだろ?」と、夫が続けたので、サラは「ジェレミィ、この鶏スープの調理法は私のママのヘッティから教わったものよ。それがまずいというのは、きっとあなたのママが私を嫌っているのと同じように、私のママもあなたのことを嫌っているからだと、私は思うわ」

31-76 You don't like my singing?
 E
ver since Emma joined her church choir, she has been singing in her kitchen whilst preparing dinner.
But strangely, whenever she starts singing, her husband Joshua opens the front door and stands on the doorstep.
Emma doesn't know why he does this so one evening she asks him, "Darling, tell me the truth. You don't like my singing?"
"Why do you ask?" he replies.
"Because every time I start singing when you're at home, you get up and stand on our doorstep," she replies.
"Well, actually I quite like your singing," says Joshua, "but I just want to make sure that our neighbors don't think I'm beating you."
 私の歌が嫌いなの?
 エマが教会の合唱隊に入ってから、彼女は台所で夕食の準備をしながら歌うのを常としていた。
しかし奇妙なことに彼女が歌を歌い始めると、いつも彼女の夫のジョシュアは玄関のドアを開けて、家の外に出て行ってしまうのだった。
エマはなぜ夫がこんなことをするのか理由がわからず、ある晩夫に「あなた、本当のことを言って。私の歌が嫌いなの?」と尋ねた。
夫が「なぜ、そんなことを聞くのかい?」と言うので、エマは「だってあなたが家に居る時私が歌を歌い始めると、あなたはいつも立ち上がって玄関の外に出て行って立ってしまうじゃないの」と答えた。
「実は僕は君の歌がとても気に入っているんだ」とジョシュアは言ったが、こう続けた。
「でもね、僕は君の声を聞いた近所の人が、僕が君のことを殴っていると考えるんじゃないか心配で、表に出て確かめているんだよ」

エマの歌声は殴られた時の悲鳴のような調子なのですね。(>_<)


31-77 Newspaper
 A
husband is reading a newspaper and his wife comes in and says "Honey, I love you so much. I wish I would be a newspaper so that you always hold me in yourarms."a
The husband replied, "I also wish you would be a newspaper so that I can change you every day."
 新聞
 夫が新聞を読んでいる部屋へ妻が入ってきて、「ねぇあなた、私はあなたのことを愛しているから、新聞になってみたいの。だっていつもあなたの腕に抱かれていられるもの」と言った。
夫がこう応えた。「僕も君が新聞になってもらいたいな。毎日取り替えることが出来るものね」

31-78 Left-handed
 A
n old millionaire is on his deathbed and says to his young wife, "When I die, will you marry someone else?"
"No, darling," cries the wife, "I will be faithful to your memory for the rest of my life."
"No, you're young. It's all right that you marry again," the husband feebly says.
"If it makes you happy, I'll do so," the wife says.
"If you remarry, would you give that guy my brand new Mercedes?" says the dying husband.
"Of course not. I'd never let him use your car," answers the wife.
The husband says, "It's all right that he would drive my car."
"If you insist, he'll get your car," replies the wife.
"And my golf clubs.." sighs, then the wife snaps, "No, he's left-handed."
 左利き
 年取った百万長者が死にかけていた。
ベッドの横の自分よりかなり若い妻にこう言った。「私が死んだら、お前は再婚するのかい?」
「とんでもない、あなた!」と妻は泣き出した。
「あなたの亡き後は、あなたの思い出を一生抱えてひとりで生きていきます」
「いやいや、お前は若いのだから再婚して構わないよ」と、百万長者は弱々しい声で言った。
「そうすることで、あなたの気が楽になるなら、そうしますわ」と妻が答える。
「もしお前が再婚したら、新しい夫にに私のピカピカのベンツを与えるのかい?」と死にかけている夫が尋ねる。
「そんなこと、もちろんしませんよ。新しい夫にはあなたの車を使わせませんから」と妻が答える。
夫は「いや、構わんから私の車をその男に使わせてやりなさい。」と勧める。
「あなたがそうおっしゃるなら、その男に車を与えましょう」と妻が言う。
「そして、私のゴルフクラブセットだが。。」と夫がつぶやくと、妻はピシャリと答えた。
「あ、それは無理です。彼は左利きですからね」

『あなたの思い出を一生抱えて一人で生きていきます』なんて殊勝なつもりは、
毛頭なかったことが、最後の一言でばれてしまいした。


31-79 You'll wake up my mother in bed
 A
fter drinking too much beer, a guy leaves the local pub, sneaks into his house, tiptoes up the stairs into the bedroom, slips under the covers of his marital bed, and starts going down.
After a while of doing this, all of the beer gets to him and he has to take a leak.
He quietly goes to the bathroom and sees his wife sitting on the stool.
Confused, the guy says, "What are you doing here?"
"Shhh," the wife says. "You'll wake up my mother in bed!"
 ベッドに寝ているママを起こしちゃうでしょ
 ビールを飲み過ぎた男がいつものパブから千鳥足で自宅へ戻って、こっそり二階の寝室へ上がって、妻が寝ているベッドカバーをそっと上げて中に入り込んだ。そして妻を相手にせっせと事を済ませた。
夫はビールを飲み過ぎていたので小便がしたくなり、静かにトイレへ向かった。
するとトイレの便器の上に妻が座っていたので、ビックリした夫は「一体ここで何をしているんだ?」と尋ねた。
「シー、静かに!」と夫を制してから妻が答えた。「ベッドに寝ているママを起こしちゃうでしょ」

ということは、さっきせっせと事を済ませたのは妻ではなかったのですね・・・


31-80 Christmas Shopping at Victoria's Secret
 A
husband walks into Victoria 's Secret to purchase a sheer negligee for hiswife.
He is shown several possibilities that range from $250 to $500 in price, the sheerer, the higher the price. Naturally, he opts for the sheerest item, pays the $500 and takes it home.
He presents it to his wife as a Christmas present and asks her to go upstairs, put it on, and model it for him. Upstairs, the wife thinks, 'I have an idea. It's so sheer that it might as well be nothing. I won't put it on, but I'll do the modeling naked, return it tomorrow, and keep the $500 refund for myself.'
So she appears naked on the balcony and strikes a pose.
The husband says, 'Good Grief! You'd think for $500, they'd at least iron it!'
 ビクトリア・シークレット店でクリスマスプレゼントお買い物
 自分の奥さんに超スケスケのネグリジェを買うために、一人の男がビクトリア・シークレット(=水着や下着が豊富なアメリカの女性衣装販売店)の店に入った。
予算は250ドルから500ドルの範囲で、いくつか候補の下着があったが、薄くなればなるほど値段が高かった。
当然のことながらこの男は一番スケスケの500ドルのネグリジェを買って家に持ち帰った。
夫は妻に「クリスマスプレゼントだよ」とそれを渡すと、「二階に行って試着して僕に見せてくれよ」と頼んだ。
二階の部屋に入って妻は「いい考えが浮かんだ。このネグリジェはまるで透明みたいに薄くてスケスケだから、身につけず素っ裸で夫の前に行ってやろう。そうして明日このネグリジェを返品すれば現金で500ドル受け取れるわ!」と考えた。
そこで彼女は全裸で二階の階段の上で、夫にモデルみたいなポーズを取ってみせた。
「なんてこった!」と夫が叫んだ。「あの店ったら、500ドルもする下着に、アイロンをかけないで渡すなんて!」

皺だらけなのは下着じゃなくて、奥方の裸体なのですが・・・

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜80・81〜9091〜100
101〜110111〜120121〜130


*  
*