●Kazさんのページ


#31. Marriage

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80・81〜90・91〜100
101〜110111〜120121〜130

31-81 Giving up Wine
 I
was walking down the street when I was accosted by a particularly dirty and shabby-looking homeless woman who asked me for a couple of dollars for dinner.
 I took out my wallet, got out ten dollars and asked, "If I give you this money, will you buy wine with it instead of dinner?"
 "No, I had to stop drinking years ago", the homeless woman told me.
 "Will you use it to go shopping instead of buying food?" I asked.
 "No, I don't waste time shopping," the homeless woman said.
 "I need to spend all my time trying to stay alive."
 "Will you spend this on a beauty salon instead of food?" I asked.
 "Are you NUTS?" replied the homeless woman. "I haven't had my hair done in 20 years!"
 "Well," I said, "I'm not going to give you the money. Instead, I'm going to take you out for dinner with my husband and me tonight."

 The homeless woman was shocked.
 "Won't your husband be furious with you for doing that? I know I'm dirty, and I probably smell pretty disgusting."
 I said, "That's okay. It's important for him to see what a woman looks like after she has given up shopping, hair appointments, and wine."

 ワインを飲まなくなると
 私が道を歩いていると、とびきり汚くて惨めな格好をした乞食の女性が食事をしたいので、お金を2,3ドル恵んで下さいと、私にまとわりついてきた。
私は財布から10ドル札を出して「このお金をあなたに差し上げるから、食事の代わりにワインを買ったらどうかしら?」と聞いた。
「もう何年も昔から、私は酒を飲むことをやめたんです」とその乞食の女性が答えた。
「じゃ、この金で食べ物じゃなくて何かショッピングをしない?」と私が言うと、「ショッピングなんかで無駄な時間を過ごしたくないんですよ」と彼女は答えた。
「じゃ、この金で食べ物を買わずに美容院に行ったらどうかしら?」と私が言うと、「あんた、気が変じゃないかい?私はもう20年も髪の毛なんか手入れしたことがないんだから」とその乞食女性はが言うので、私は「じゃ、このお金をあげるのはやめるけど、その代わりに私が今晩食事に招待しましょう。私と私の夫と一緒に」

 乞食の女性はショックを受けたようだった。
「そんなことをして、あんたのご主人怒らないかい?こんな汚い、臭い女と一緒に食事だなんて」と言うので、私は「それは問題ないわ。大切なのはうちの主人がショッピングをあきらめて、美容院に行かなくなって、ワインを飲まなくなるとどういう女になるか、ということをわかってくれれば良いのだか
ら…」


31-82 Ideal wife
 L
ionel tells his friend Sidney that he's looking for a wife.
"So what kind of wife are you looking for?" asks Sidney.
"Well," replies Lionel, "she needs to be outstandingly beautiful, she needs to be very kind to me, and she needs to have lots of money."
"But you can't marry three women at the same time," says Sidney.

 理想の妻
 ライオネルは妻となる女性を探している、と友人のシドニーにいった。
「どんな女性を妻にしたいんだ?」とシドニーが聞くと、「飛び抜けて美しく、僕にはとびきり親切で、しかもうなるほど金を持っている女性だね」とライオネルは答えた。
シドニーはこう言った。「三人の女性と同時に結婚することは無理だよ」


31-83 Because we aren't married yet
 D
aniel proposes to his girlfriend Rachel.
"Will you marry me, darling?"
With tears in her eyes, she replies, "Oh yes, yes, Daniel. Of course I will. And I want you to know that when we get married, I'll be there to share all your worries and troubles and help lighten your burden."
"I'm so glad you want to be mywife," says Daniel smiling, "but as for your offer to share all my worries and troubles, you won't have to, because I just don't have any."
"Well," says Rachel, "that's because we aren't married yet."

 まだ結婚していないからよ
 ダニエルはガールフレンドのレイチェルに、「ダーリン、僕と結婚しておくれ」と結婚を申し込んだ。
レイチェルは涙を浮かべながら「えぇ、もちろん、OKよ、ダニエル。あなたと結婚したいわ。そしてあなたと結婚したら、私はあなたの悩みと憂いはすべて分かち合うし、あなたの重荷を軽くするため手伝うということを知って欲しいの」と答えた。
「君が僕の妻になってくれると聞いて、とても嬉しいよ」と、微笑みながらダニエルは言った。
「でも僕の悩みと憂いはすべて分かち合う、という君の申し出はその必要はないよ」
「でもね」、とレイチェルは言った。「それは未だ私達が結婚していないからよ。(=結婚したら、きっと悩みや憂いや重荷が生じることになるわよ)」


31-84 Major
 A
husband and wife were at a party chatting with some friends when the subjectof marriage counseling came up.
"Oh, we'll never need that. My husband and I have a great relationship," the wife explained.
"He majored in communications major at college, and I majored in theater arts. So he communicates really well, and I just act like I'm listening."

 専門科目
 ある夫と妻がパーティで友人達と話し合っている時、結婚生活カウンセリングの話が話題となった。
「私と夫の関係はとても良好なので、カウンセリングなんて必要はないわ」と、妻は言った。
「夫は大学でコミュニケーションを専門に勉強し、私は演劇を専門に勉強したの。だから夫はとても会話が上手だし、私はいつも聞いているふりをしているのが上手なのよ」


31-85 Newspaper
 A
husband is reading a newspaper and his wife comes in and says "Honey, I love you so much. I wish I would be a newspaper so that you always hold me in yourarms."
The husband replied, "I also wish you would be a newspaper so that I can change you every day."

 新聞
 夫が新聞を読んでいる部屋へ妻が入ってきて、「ねぇあなた、私はあなたのことを愛しているから、新聞になってみたいの。だっていつもあなたの腕に抱かれていられるもの」と言った。
夫がこう応えた。「僕も君が新聞になってもらいたいな。毎日取り替えることが出来るものね」


31-86 Break off the engagement
 T
he time comes for Monty to break the news to his fiancee Leah.
"Darling," he says, "I have some bad news. I'm breaking off our engagement."
"Oh why?" she sobs.
"Because, I'm going to marry another woman."
"Why? Can she cook better than me?" sobs Leah.
"No, not even on her best days," Monty replies.
"And will she buy you expensive presents like I always do? Will she take you on holidays and pay for the trips as I do?"
"No, she can't - she's not rich like you, she's very poor."
"Well then," sobs Leah, "is it the sex? Has she done things to you better than I've done?"
"Absolutely no," replies Monty, "nobody makes love better than you."
"Then what on earth can she do that I can't?" Leah asks.
"If I don't marry her, she will definitely sue me for child support," replies Monty.

 婚約解消
 モンティが婚約者のレアへ、婚約破棄の知らせを伝える時が来た。
「ダーリン、悪い知らせがある」と、彼は語り始めた。
モンティから「僕達の婚約を解消したいと思う」と突然言われたレアは「なぜなの?」とすすり泣きだした。
「実は僕は別の女性と結婚することになったんだ」と言われて、レアは「なぜ?彼女の方が私より料理が上手だから?」と泣きながら尋ねた。
「違う。彼女が一番上手に作った料理でも、君の足下にも及ばないよ」とモンティが答えたので、「じゃ、彼女は私みたいに高価なプレゼントをあなたに買ってくれるから?」との質問へは、「いや、彼女はとても貧乏で君みたいに金持ちでないので、そんなプレゼントは買えない」とモンティは答えた。
「それならなぜ?セックスが理由?彼女の方が私よりもセックスは相性がいいというの?」と、涙にくれたレアが詰問する。
「それは全く違う。君みたいにセックスが上手な女性はいないよ」と答えるモンティへ、「じゃ、彼女に出来て私に出来ない事って、一体何なの」とレアは聞いた。
「もし僕が彼女と結婚しなかっったら、彼女は身籠もっている子供の認知と養育費用を求めて僕を訴える。そのことが君との違いさ」


31-87 Upside down
 A
n old man and woman were married for years, even though they hated each other.
When they had a confrontation, screaming and yelling could be heard deep into the night.
The old man would shout, "When I die, I will dig my way up and out of the grave and come back and haunt you for the rest of your life!"
Neighbors feared him.
They believed he practiced black magic because of the many strange occurrences that took place in their neighborhood.

 To everyone's relief, he died of a heart attack when he was 68.
His wife had a closed casket at the wake.
After the burial, she went straight to the local bar and began to party as if there was no tomorrow.
Her neighbors, concerned for her safety, asked, "Aren't you afraid that he may indeed be able to dig his way up and out of the grave and come back and haunt you for the rest of your life?"
The wife put down her drink and said, "Let the old bastard dig. I had him buried upside down."

 上下逆さに
 老夫婦は結婚して長い年月一緒に暮らしていたが、本当はお互いが大嫌いだった。
二人が夫婦喧嘩をすると、ののしり声やわめき声が夜の静寂を突き破って近所中に鳴り響いた。
夫はよく「俺が死んだら墓の中から這い上がって出て来て、幽霊としてお前に一生まとわりついてやる」と怒鳴っていた。
だから近所の住民はこの老人のことを恐れていた。
近所で不可思議なことがしょっちゅう怒ったので、村人達はきっとこの男は恐ろしい黒魔術を秘かに行っているに違いないと噂し合っていた。

 彼が68歳の時心臓発作で死んだので、皆ホッと安堵のため息をついた。
彼の妻はお通夜に、彼の遺骸の入った棺にしっかりと蓋をした。
棺を埋葬し終わると彼女は真っ直ぐ村の酒場に繰り出して、まるで明日のことなどこれっぽっちも考えていないというほど、大盤振る舞いをしてパーティを繰り広げた。
隣人達が未亡人の安全を気遣って、「ねぇ、あんたの亡くなったご主人は、生前から『俺が死んだら墓の中から這い上がって出て来て、幽霊としてお前に一生まとわりついてやる』って脅していたでしょ?あなた怖くないの?」
未亡人は飲んでいた酒のグラスを置いて行った。「やりたきゃ、やればいいじゃないの、あのバカ!私は上下逆さに埋めてやったんだからさ」

死んだ夫が執念で這い上がろうと、
土を掘れば掘るほど地球の中心へ向かって行くことになります。

31-88 Like father, like son
Son : "Mom, why did you get married to Dad?"
Mother: "He saved my life when I was about to drown at a seaside resort."
Son: "Ah, that makes a sense! I've been wondering why Dad doesn't want to teach me how to swim."

 親が親なら子も子
息子:ママ、どうしてパパと結婚することになったの?
母親:私が海水浴場で溺れかかっているところを、パパが助けてくれたからよ。
息子:あー、それでわかった。どうしてパパは僕に泳ぎを教えてくれようとしないのか。

泳げるようになって、余計な人助けをすれば、自分みたいに後で苦労することになるから
息子には泳ぎ方を教えないぞ、とパパは思っているんでしょうね。

31-89 Bigamist
 A
bigamist has two wives.
A modest, child-caring, good cook and a young, curvaceous, hot babe.
One day the elder wife asks her husband, "Suppose we three were rowing a boat on a river and suddenly the boat was capsized and we all were thrown into the river and a crocodile were fast approaching. Which of us would you save?"
The husband thinks for a moment and replies, "I know you can swim fast."

 重婚者
 
妻を二人持っている男がいた。一人は慎み深く、子供に優しく、料理が上手な妻で、もう一人は若くて魅力的な肉体を持った情熱的な妻だった。
ある日年上の妻が夫に尋ねた。
「仮に私達三人がボートに一緒に乗って川の上を漕いでいたとするわね。そして突然そのボートが転覆して、全員が湖の中に放り出され、ワニが一匹こちらに迫ってきたとしたら、あなたは私と彼女とどちらを救ってくれる?」
夫は一瞬考えてから答えた。「君は、泳ぎはうまかったよな」


31-90 Exams are like women
Husband: Dear, do you know that exams are like women?
Wife: No, I don't know. Why are they?
Husband: Because they are tough to understand, complicated, lots of questions and the answers are always doubtful.

 試験は女性に似ている
夫:なぁ、お前、試験は女性に似ているって知っているか?
妻:いいえ、知らないわ。なぜ試験は女性に似ているの?
夫:だって、理解するのは難しいし、複雑で、質問だらけで、その上答えはいつも疑わしいじゃないか。

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80・81〜90・91〜100
101〜110111〜120121〜130


*  
*