●Kazさんのページ


#31. Marriage

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90・91〜100・
101〜110111〜120121〜130

31-91 Don't miss the boat
 A
couple turned up to the town hall to register their marriage.
But the husband-to-be was inebriated and the clerk refused to accept their marriage notification, saying "We can't admit your marriage registration if the paper is written when either of you is not sober."
The wife-to-be winked at the clerk and pleaded, "Please accept it. My boyfriend always says, 'Okay, I'll marry you' when he is drunk. But when he becomes sober, he doesn't remember what he said while drinking."
The clerk nodded and stamped the paper.

 今がチャンス
 カップルが婚姻届を出しに市役所にやって来たが、男はぐでんぐでんに酔っ払っていたので、「酔っ払った人の婚姻届は受理できません」と係員が断った。
すると女性がウインクしながらこう言った。
「なんとかお願いします。この人は酔っ払っている時は『結婚する』と言うのに、酔いが覚めると『そんなこと覚えていない』って逃げるんです」
係員は頷き、婚姻届はすぐに受理された。


31-92 Warm word
 A
wife complains to her husband, "Darling, you have never talked to me in a kind manner. You should use at least one warm word when you talk to me."
The reticent husband opened his mouth and said, "Bonfire."

 温かい言葉
 妻が夫に「あなた、私に温かい言葉をかけてくれたことがないわね」と言った。
無口な夫は何も答えなかった。
「何かひと言ぐらい、温かい言葉を言ってくれてもいいんじゃない?」
夫は重い口を開いて言った。「たき火」。


31-93 I'm not a machine
Wife: I'm a human being, not a machine. I'm neither a washing machine nor an oven. I am not a domestic chore robot.
Husband: I am a human being, too. I am not a bank ATM machine!

 機械じゃない
妻「私は人間よ。機械じゃないんですからね。洗濯機やオーブンレンジと違うのよ。家事ロボットじゃないんですからね!」
夫「俺だって人間だ。銀行のATM扱いしないでくれ!」


31-94 Good dream
Husband : Last night I had a very good dream. In the dream we fell in love and I was popping the question to you.
Wife : Why is it a very good dream? We've been married for a long time.
Husband : Of course it was a good dream. In the dream you turned me down.

 良い夢
夫「昨晩とても良い夢を見た。俺達がまだ結婚していなかった頃、俺が君にプロポーズしている夢さ」
妻「それがどうして良い夢なの?だって私達もう結婚しているじゃない」
夫「もちろん良い夢さ!夢の中で君は僕のプロポーズを断っているんだよ!」

夢の通りだったら、今頃お前なんかと一緒に暮らしていないのにと夫はぼやいています。

31-95 Fuck Suck Cook
 T
he night before the wedding, the young girl came into her mother's room in tears.
"I'm not so sure that I can perform my wifely duties," the girl sobbed.
The mother put her arm around the girl and started gently explaining the facts of life.
The girl interrupted her, "Mother, I'm not worried about that. I can fuck and suck very well, but I can't cook."

 妻としての努め
 結婚前夜に、花嫁になる若い女性が涙を見せながら母親の部屋に入って来た。
「私、妻としての勤めが出来るかどうか自信がないの」とむせび泣く娘を見て、母親は優しく彼女を抱きしめながら性生活についてゆっくりと説明を始めた。
娘は母親の話を遮っていった。
「ママ、私が心配しているのはそのことじゃないの。セックス(Fuck)もフェラチオ(Suck)も私は上手だから心配していないの。私が心配しているのは料理(cook)のことなのよ!」


31-96 Married for 50 years
 T
here was this couple who had been married for 50 years.
They were sitting at the breakfast table one morning when the old gentleman said to his wife, "Just think, honey, we've been married for 50 years."
"Yeah," she replied, "Just think, fifty years ago we were sitting here at this breakfast table together."
"I know," the old man said, "We were probably sitting here naked as jaybirds fifty years ago."
"Well," Granny snickered, "What do you say...should we get naked?"
Where upon the two stripped to the buff and sat down at the table.
"You know, honey," the little old lady breathlessly replied, "My nipples are as hot for you today as they were fifty years ago."
"I wouldn't be surprised," replied Grampa.
"One's in your coffee and the other is in your oatmeal."

 結婚50年
 結婚後50年経った夫婦がいた。
ある日朝食のテーブルについた時、夫が妻に「ハニー、僕らは結婚して50年が経ったんだね」と話しかけた。
「そうね、50年前はこうやって朝食のテーブルに座っていたわね」と妻が相槌を打った。
夫が「そうなんだ、多分50年前はこの席にカケスのように、二人素っ裸で座っていたんじゃないかな?」言うと、妻はクスクス笑いながら「そうね・・・あなた、何考えているの?今ここで二人共あの頃みたいに裸になろうって言うの?」と聞き返した。
二人は洋服を脱ぐと素っ裸で椅子に座って向かい合った。
「ねぇ、あなた」と老妻は少し息を弾ませながら言った。
「私の乳首、今日はその気になって熱いの。ちょうど50年前のあの時のように」
「そりゃ、そうだろ」と年老いた夫が答えた。
「お前の垂れ下がった乳首のひとつはコーヒーカップの中だし、もう一つの乳首はオートミールの中だからな」


31-97 Balaclava
 A
bank robber wanted to keep his identity secret, but didn't wear a balaclava.
He told all in the bank not to look at him or he would shoot them.
One foolhardy customer sneaked a look, and the robber instantly shot him.
The robber asked if anyone else had seen his face.
One customer, gazing intently at the ground, said "I think my wife got a glimpse"

 目出し帽
 銀行に押し込んだ男は自分の顔を見られてしまうのは嫌だったが、目出し帽を被って顔を隠すのは嫌だった。
そこでこの銀行強盗は、そこに居た人間全員に「俺の顔を見るんじゃない!見た奴は撃ち殺すからな!」と叫んだ。
一人の向こう見ずな客がこの男の顔をチラっと盗み見た途端に、銀行強盗はその客を即座に撃ち殺してしまった。
「誰か他に俺の顔を見た奴がいるか?」と男が聞くと、じっと下を向いたままの男が答えた。
「多分、私の妻がチラッとあんたの顔を見ていたようだけど」

どういう夫婦仲か、想像できますね。(笑)

31-98 Backwards
 I
am fond of watching my wedding video "backwards."
I love the end particularly when she takes the ring off, goes back down the aisle and jumps into her car.

 逆送り
 私は自分の結婚式のビデオを、逆送りして見るのが大好きだ。
特に最後の結果が。彼女は結婚指輪を外して、後ろ向きに回廊まで下がって彼女の車に後ろ向きで乗り込んで行く場面が。

妻が車から降りて回廊に沿って前へ進み、結婚指輪をはめるシーンを逆送りすれば、確かにこういう感じになります。
この男性は妻との結婚を後悔しているのですね。

31-99 Strings
 M
arriage is like a violin.
After all the beautiful music is over, the strings are still attached.

 弦(付帯条件)
 結婚とはバイオリンのようなものだ。
美しい音色が終わっても、弦はまだ残っている。

Stringsはバイオリンだと弦ですが、契約や人間関係などの「付帯条件」という意味もあります。
ですから後半の文章は「美しい結婚生活が(離婚に)終わっても、
付帯条件(慰謝料支払い)は残る」という意味になります。

31-100 Psychics Prediction
 J
ennifer visited a psychic of some local repute.
In a dark and hazy room, peering into a crystal ball, the mystic delivered grave news: "There's no easy way to say this, so I'll just be blunt - prepare yourself to be a widow. Your husband will die a violent and horrible death this year."
Visibly shaken, Jennifer stared at the woman's lined face, then at the single flickering candle, then down at her hands.
She took a few deep breaths to compose herself.
She simply had to know.
She met the fortune teller's gaze, steadied her voice, and asked: "Will I be acquitted?"

 霊媒のお告げ
 ジェニファーは未来を占ってもらうために近所でも評判の霊媒を訪れた。
「まことに言いにくいことなんじゃがの、単刀直入に言わせていただくと、あんたは未亡人になる運命だから、そのつもりで心するように。あんたのご主人は今年恐ろしい事故に巻き込まれて痛ましい死に方をするぞ!」
ジェニファーは見る見る青ざめて震えだし、しわだらけの老婆の顔をじっと見つめ、ゆらゆら揺れているロウソクの炎に目線を移し、最後に自分の手をじっと見つめて、大きく呼吸をして気を静めた。
ジェニファーはどうしても知る必要があった。
彼女は占い師の視線を受け止め、落ち着いた声で尋ねた。「それで私は無罪釈放されるんでしょうか?」

ジェニファーは実は夫を殺そうと準備していたので、
霊媒に予言されて真っ青になって「で、私は逮捕されるのかしら?それで無罪になるかしら」と心配しているのです。

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90・91〜100・
101〜110111〜120121〜130


*  
*