●Kazさんのページ


#31. Marriage

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110・111〜120・121〜130

31-111 New outfit
 J
oseph is out shopping in a departmentstore with his wife Jennifer.
For over 45 minutes, he's been stuck with Jennifer in the ladies clothing floor of the store.
He can't leave because she's ordered him to stay with her until she finds a suitable new outfit.
So he's getting very tired and irritable.

 Then, for the seventh time, Jennifer comes out of the changing rooms wearing yet another outfit.
He looks Jennifer up and down and then says, "OK, darling, that's the one. Not only does the outfit fit you perfectly, but it's your favourite colour as well. So buy it now and let's go get something to eat right now. I'm so hungry"
"You stupid Joseph!” shouts Jennifer, "This is the outfit I came here in."

 新しい服
 ジョーゼフは妻のジェニファーと一緒にデパートに買い物に行った。
彼は婦人服売り場に45分間も釘付けになった。
というのはジェニファーが自分にピッタリの新着服を見つけるまで、そこに居てほしいと言われたからだ。
妻が取っ替え引っ替え試着しているので彼は疲れてイライラしてきた。

 7度目の試着が終わって試着室から出て来たジェニファーを見て、ジョーゼフは言った。「ダーリン、その服が一番いいよ。君にぴったり合っているだけじゃなく、君が大好きな色の服じゃないか。それを買って、早く何が食べに行こうよ。僕は腹ぺこなんだ」
「ジョーゼフ、馬鹿なこと言わないで!これは私が家を出るときに着てきた洋服よ!」


31-112 NOT FOR CIRCULATION
 I
met my husband while I was working in a library.
He came in every week to read the latest journals and eventually decided to take me out.
After a year of dating, he showed up at the library and started rummaging through my desk.
I asked what he was looking for, but he didn't answer.
Finally he unearthed one of the rubber stamps I used to identify reference books.
"Since I couldn't find the right engagement ring," he said, "this will have to do," and he firmly stamped my hand.
Across my knuckles, in capital letters, it read "NOT FOR CIRCULATION."

 閲覧禁止
 私は図書館で働いていた時、夫と知り合った。
彼は毎週図書館に最新の雑誌を読みにやってきて、時に私を外に連れ出してくれた。
こうして1年間デートを重ねたある日、彼は図書館にやってきて、私の机の中をくまなく探し始めた。
彼に何を探しているのかと尋ねても彼は答えなかったが、私が図書参照のために使っているゴム印をようやく見つけてからこう言った。
「適当な婚約指輪が見つからなかったので、こうするしかないんだけど」と言って、そのゴム印を私の腕に押し付けた。
私の拳には大文字で「閲覧禁止」というスタンプがくっきり押された。

「閲覧禁止」=他の人には見せませんよ、ということですが、
これが婚約指輪替わりとはセコくないですか?(笑)

31-113 The Curse
 A
n elderly man goes to a witch and asks her for help.
"I've been living with a curse for the last thirty years. Can you remove it?"
The witch replies, "I might be able to help you, but you will have to tell me the exact words that were used when the curse was put on you. Do you remember them?"
"Of course," the man replies.
"I now pronounce you man and wife."

 呪い
 年配の男が魔女を訪れ助けを求めた。
「この30年間、呪いと共に生きています。呪いを解いて頂けますか?」
魔女は「あなたを助けられるかもしれませんが、あなたに呪いがかけられた時、使われた言葉を正確に私に伝えなければなりません。覚えていますか?」と聞いた。
「もちろんですとも」と、男は答えた。
「『ここにあなたがたが夫婦であることを宣言します』ですよ」

結婚以来男は妻の呪縛に耐えてきたのですね。

31-114 Revive the marriage
 O
ne day after work, Bob went straight over to his cowoker Joe's place.
When they got to the door, Joe gave her a hug and told her how beautiful she was and how much he had missed her at work.
When it was time for supper, he complimented his wife on her cooking, kissed her and told her how much he loved her.
The next day Bob told Joe that he was surprised that he fussed so much over his wife.
Joe said that he'd started this about six months ago and it had revived their marriage.
Bob thought he might have it a go.
When he got home, he gave his wife a massive hug, kissed her and told her that he loved her.
His wife burst into tears.
Bob was confused and asked why she was crying.
She said, "This is the worst day of my life. First, little Billy fell off his bike and twisted his ankle. Then, the washing machine broke and flooded the basement. And now, you come home drunk!"

 夫婦生活を再び生き生きとさせる
 ある日仕事帰りにボブは同僚のジョーと一緒に、彼の家を訪れた。
家の玄関でジョーは自分の妻を抱きしめて、「君はなんて美しいんだ。仕事中君のことばかり考えていたよ」と語りかけた。
夕食の時もジョーは妻の料理を褒め、「愛しているよ」と口に出してキスをした。
翌日ボブはジョーに「君が奥さんをあんなに大袈裟に褒めるんで、いささか驚いたよ」と言うと、ジョーは「実は半年位前から、ああいうやり方にしたんだが、僕等の夫婦生活が再び生き生きしてきたんだよ」と言った。
そこでボブもこのやり方を試してみようと考え、その日家に戻ると玄関で妻を思い切り抱きしめ、キスをして「愛しているよ」と囁いた。
すると妻が突然泣き出したのでボブは慌てて、なぜ泣くのかと尋ねた。
「今日は最悪の一日だわ」と、妻が話し出した。
「最初に息子のビリーが自転車から落ちてクルブシを捻挫するし、洗濯機が壊れて地下室は水浸し、そしてあなたは酔っ払って帰宅ですからね。。。」

今までされたことのない夫の接し方に、
ボブの奥さんはてっきり亭主が酔っ払って帰ってきた、と思っているのです

31-115 Anger management
 E
llen is having a chat with her friend.
"Becky," she says, "did you know that your husband Chris is always bragging about you? He says that you never get angry with him, you never raise your voice to him, and you never ever complain about him. So tell me. How do you manage to do that? I certainly couldn't do that with my David."
"It's easier than you think," replies Becky.
"Here's what Ido. Whenever I'm angry with Chris, I just go upstairs and clean the toilet. And my anger instantly ceases."
"So how on earth does cleaning the toilet help you?" asks Ellen.
"I use his toothbrush, that's how," replies Becky.

 怒りの抑え方
 エレンは友人のベッキーとお喋りをしていた。
「ベッキー、あなたのご主人のクリスは、いつもあなたのことを自慢するの。あなたが彼に対して決して怒らないし、声を張り上げないし、文句も言わないって。ね、おしえてよ、どうやってあなたは怒りを抑えるの?私は自分の主人のデビッドに同じ様なことは絶対にできないわ」とエレンが言うと、ベッキーは「思っているより簡単なことよ」と、答えた。
「私はクリスに腹を立てると、いつも二階のトイレにいって、便器を掃除するの。そうすると怒りはスーっとなくなるのよ」
「トイレを掃除すれば怒りが治まるんですって?一体全体、そんなことって可能なの?」とエレンが聞くと、「その時、彼の歯ブラシで掃除するのよ。それだけ」とベッキーは答えた。


31-116 Marriage broker
 A
rich, faithful family is most concerned that their 30-year-old son Pierre is still unmarried.
So, they call a marriage broker and ask him to help find Pierre a good wife.
The marriage broker comes over to their maison in Paris and asks Pierre and his parents as to what they want in a wife and daughter-in-law.
So they give him a long list of requirements.
The marriage broker takes a long time reading and thinking, and finally promises to visit the family again.

 Six weeks later, the marriage broker returns to their maison and tells them about a wonderful woman he has found.
He says she's just the right age for Pierre and regularly attends the church and knows the prayers by heart.
She's not only a wonderful cook but also loves children and wants a large family.
And to crown it all off, she is gorgeous!!
After hearing all this, the family is very impressed and begins to get excited about the prospects of a wedding in the near future.
But Pierre pauses and asks inappropriately.
"Is she also good in bed?"
The marriage broker replies, "Some say yes, some say no. Personally I can say yes."

 結婚仲介人
 裕福で信心深い一族の最大の関心事は、30歳になっても独身の息子ピエールだった。
そこで結婚仲介人を通じて、ピエールに良い嫁を世話してもらうことにした。
結婚仲介人がパリにある彼等の屋敷へやって来て、ピエールや彼の両親にどういう女性が望ましいのか質問した。
彼等の要求は長いリストにしたためられており、結婚仲介人がそれを読むのに長時間を要したが、それを読み終わると彼は再びこの館を訪れることを約束した。

 6週間後にこの結婚仲介人が現れ、素晴らしい花嫁候補を見つけたと報告した。
その女性はピエールとほぼ同年齢で、教会には欠かさず通い、お祈りの言葉も暗誦しているし、料理は上手で子供が大好きなので沢山の子供を産んで大きな家庭を築きたいと言っていると、結婚仲介人は述べて、「その上彼女はもの凄い美人なんですよ」と付け加えた。
家族は皆喜んで直ぐにも挙式が出来るのではないか、という期待に胸が膨らんだ。
ピエールがもぞもぞしながら質問した。
「彼女はベッドの中でもいいかね?」結婚仲介人は「良いという人もいますし、そうでないという人もいますが、私個人の感想としては、そう、良いですねぇ」

花嫁候補はあまり身持ちがよくないようですが、
この結婚仲介人は、しっかりお試ししているのですね。(笑)

31-117 ABCDEFGHIJK
Wife: "How would you describe me?"
Husband: "ABCDEFGHIJK."
Wife: "What does that mean?"
Husband: "Adorable, beautiful, cute, delightful, elegant, fashionable, gorgeous, and hot."
Wife: "Wow! Thank you darling. But what about IJK?"
Husband: "I'm just kidding!"

 ABCDEFGHIJK
妻: 私のことを形容すると、どうなる?
夫: ABCDEFGHIJKだね。
妻: どういう意味?
夫: 愛しく(Adorable)、美しく(Beautiful)、可愛く(Cute)、楽しく(Delightful)、高貴(Elegant)で、お洒落(Fashionable)で、ナイスボディ(Gorgeous)で、情熱的(Hot)ということさ。
妻: ワー、あなた、有難う!でも最後のIJKはどういう意味?
夫: 僕は(I'm)ちょっと(Just)冗談を言っただけだよ(Joking)。


31-118 Infertile
 O
ne day Matthew picks up a young, sexy, beautiful girl hitchhiker and agrees to drive her home in his car.
But during the journey, she suddenly faints inside his car.
Matthew immediately takes her to the local hospital.
He is now very stressed, because at the hospital, the doctor finds out that the girl is pregnant.
The doctor congratulates Matthew that he's going to be a father.
Matthew says that he is not the father and he requests a DNA test to prove that he is not the father.
After the tests are completed, the doctor tells Matthew that the tests clearly show that he is infertile.
He is relieved.
Then, on the way back to his house, Matthew suddenly remembers his five children at home!

 生殖能力がない
 ある日マシューはドライブ中に美しくてセクシーな若い女性ヒッチハイカーを拾い、彼女を家に届けることに同意した。
ところが途中彼女は突然車の中で気を失ったので、マシューは慌てて近くの病院に彼女を連れていった。
そして病院の医師から彼女は妊娠していると言われたので、彼は非常に不安になった。
しかも医師が「おめでとう、もうすぐお父さんになれますよ」と言うものだから、自分は彼女の子供の父親ではないから、それを証明するためDNA鑑定をしてくれと、マシューは頼んだ。
テストの結果医者は「あなたは生殖能力がないことがわかりました。彼女の子供の父親ではありませんね」と保証したので、マシューはホッとした。
だが車を家へ向けて走らせている時、マシューは自分が五人の子供の父親であることに気付き愕然とした。

マシューは自分の五人の子供は、
奥さんが他の男性との間に出来た子供だという事実に気付いたのです。

31-119 Cuckoo clock
 T
he other night when I was invited to one of my old friends' house, I promised my husband that I would be home by midnight.
Well, talking and drinking went on and on, hours passed easily.
Around 3 a.m., I headed for home.
Just as I got in the door, the cuckoo clock in the hall started up and cuckooed 3 times.
Quickly realizing that might wake my husband I cuckooed another 9 times.
I was really proud of myself for coming up with such a quick-witted solution in order to escape a possible conflict with him.
The next morning my husband asked me what time I came home and I told him midnight.
He didn't seem disturbed at all. (Whew! Got away with that one!)

 Then he said, "We need a new cuckoo clock."
When I asked him why, he said, "Well, last night our clock cuckooed 3 times, then said, "Oh, crap," cuckooed 4 more times, cleared its throat, cuckooed an other 3 times, giggled, cuckooed 2 times more and then farted."

 鳩時計
 先日昔からの友人の家に招かれた晩、私は夫に真夜中12時迄には帰宅すると約束した。
ところが友人宅でのお喋りと酒は延々と続き、あっという間に時が過ぎ去り午前3時近くに私は家へ戻り、玄関のドアを開けると居間の鳩時計が、ちょうど“クックー、クックー、クックー”と3回鳴った。
この音で夫が目を覚ましたかもしれないと考え、私はあと9回“クックー”と声を出した。
夫と言い合いにならないように素早く対処した自分の頭の良さを、大したものだと自慢したくなった。
翌朝夫が「昨夜は何時に家に戻ったんだい?」と聞いたので、「真夜中12時よ」と答えたら夫は疑う素振りを見せなかったので、『やったぁ!うまく誤魔化せたわ!』と思った。

 すると夫が「居間の鳩時計は新しいものと買い換えた方がいいな」と言いだしたので、私は「何故?」と尋ねた。
すると夫はこう答えた。
「昨晩クックー、クックー、クックーと3回鳴った後で、『しまった!』という声が聞こえ、さらにクックーが4回続き、それからゴホンと咳をする音がして、また3回クックーと鳴って、クスクス笑う声が聞こえた後に2回クックーとなって、それからプーってオナラの音がしたんだ」

夫はすべてお見通し、ということです。

31-120 Where, when, whom, why
 I
can remember where I got married.
I can remember when I got married.
I remember whom I got married.
I just can't remember why I got married.

 何処?何時?誰?何故?
 何(どこ)処で結婚したか覚えているし、何時(いつ)結婚したかも覚えているし、誰と結婚したかも覚えているが、何故結婚したのかは思い出せない。

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110・111〜120・121〜130


*  
*