●Kazさんのページ


#31. Marriage

Marriage(結婚)結婚生活はジョークの絶好の対象です。
初々しい新婚生活、夫婦喧嘩、夫の浮気、妻の不貞、倦怠期の中年夫婦、枯れた老夫婦など面白いジョーク満載です。

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100101〜110・111〜120



31-111 New outfit
 J
oseph is out shopping in a departmentstore with his wife Jennifer.
For over 45 minutes, he's been stuck with Jennifer in the ladies clothing floor of the store.
He can't leave because she's ordered him to stay with her until she finds a suitable new outfit.
So he's getting very tired and irritable.

 Then, for the seventh time, Jennifer comes out of the changing rooms wearing yet another outfit.
He looks Jennifer up and down and then says, "OK, darling, that's the one. Not only does the outfit fit you perfectly, but it's your favourite colour as well. So buy it now and let's go get something to eat right now. I'm so hungry"
"You stupid Joseph!” shouts Jennifer, "This is the outfit I came here in."

 新しい服
 ジョーゼフは妻のジェニファーと一緒にデパートに買い物に行った。
彼は婦人服売り場に45分間も釘付けになった。
というのはジェニファーが自分にピッタリの新着服を見つけるまで、そこに居てほしいと言われたからだ。
妻が取っ替え引っ替え試着しているので彼は疲れてイライラしてきた。

 7度目の試着が終わって試着室から出て来たジェニファーを見て、ジョーゼフは言った。「ダーリン、その服が一番いいよ。君にぴったり合っているだけじゃなく、君が大好きな色の服じゃないか。それを買って、早く何が食べに行こうよ。僕は腹ぺこなんだ」
「ジョーゼフ、馬鹿なこと言わないで!これは私が家を出るときに着てきた洋服よ!」


31-112 NOT FOR CIRCULATION
 I
met my husband while I was working in a library.
He came in every week to read the latest journals and eventually decided to take me out.
After a year of dating, he showed up at the library and started rummaging through my desk.
I asked what he was looking for, but he didn't answer.
Finally he unearthed one of the rubber stamps I used to identify reference books.
"Since I couldn't find the right engagement ring," he said, "this will have to do," and he firmly stamped my hand.
Across my knuckles, in capital letters, it read "NOT FOR CIRCULATION."

 閲覧禁止
 私は図書館で働いていた時、夫と知り合った。
彼は毎週図書館に最新の雑誌を読みにやってきて、時に私を外に連れ出してくれた。
こうして1年間デートを重ねたある日、彼は図書館にやってきて、私の机の中をくまなく探し始めた。
彼に何を探しているのかと尋ねても彼は答えなかったが、私が図書参照のために使っているゴム印をようやく見つけてからこう言った。
「適当な婚約指輪が見つからなかったので、こうするしかないんだけど」と言って、そのゴム印を私の腕に押し付けた。
私の拳には大文字で「閲覧禁止」というスタンプがくっきり押された。

「閲覧禁止」=他の人には見せませんよ、ということですが、
これが婚約指輪替わりとはセコくないですか?(笑)

31-113 The Curse
 A
n elderly man goes to a witch and asks her for help.
"I've been living with a curse for the last thirty years. Can you remove it?"
The witch replies, "I might be able to help you, but you will have to tell me the exact words that were used when the curse was put on you. Do you remember them?"
"Of course," the man replies.
"I now pronounce you man and wife."

 呪い
 年配の男が魔女を訪れ助けを求めた。
「この30年間、呪いと共に生きています。呪いを解いて頂けますか?」
魔女は「あなたを助けられるかもしれませんが、あなたに呪いがかけられた時、使われた言葉を正確に私に伝えなければなりません。覚えていますか?」と聞いた。
「もちろんですとも」と、男は答えた。
「『ここにあなたがたが夫婦であることを宣言します』ですよ」

結婚以来男は妻の呪縛に耐えてきたのですね。

31-114 Revive the marriage
 O
ne day after work, Bob went straight over to his cowoker Joe's place.
When they got to the door, Joe gave her a hug and told her how beautiful she was and how much he had missed her at work.
When it was time for supper, he complimented his wife on her cooking, kissed her and told her how much he loved her.
The next day Bob told Joe that he was surprised that he fussed so much over his wife.
Joe said that he'd started this about six months ago and it had revived their marriage.
Bob thought he might have it a go.
When he got home, he gave his wife a massive hug, kissed her and told her that he loved her.
His wife burst into tears.
Bob was confused and asked why she was crying.
She said, "This is the worst day of my life. First, little Billy fell off his bike and twisted his ankle. Then, the washing machine broke and flooded the basement. And now, you come home drunk!"

 夫婦生活を再び生き生きとさせる
 ある日仕事帰りにボブは同僚のジョーと一緒に、彼の家を訪れた。
家の玄関でジョーは自分の妻を抱きしめて、「君はなんて美しいんだ。仕事中君のことばかり考えていたよ」と語りかけた。
夕食の時もジョーは妻の料理を褒め、「愛しているよ」と口に出してキスをした。
翌日ボブはジョーに「君が奥さんをあんなに大袈裟に褒めるんで、いささか驚いたよ」と言うと、ジョーは「実は半年位前から、ああいうやり方にしたんだが、僕等の夫婦生活が再び生き生きしてきたんだよ」と言った。
そこでボブもこのやり方を試してみようと考え、その日家に戻ると玄関で妻を思い切り抱きしめ、キスをして「愛しているよ」と囁いた。
すると妻が突然泣き出したのでボブは慌てて、なぜ泣くのかと尋ねた。
「今日は最悪の一日だわ」と、妻が話し出した。
「最初に息子のビリーが自転車から落ちてクルブシを捻挫するし、洗濯機が壊れて地下室は水浸し、そしてあなたは酔っ払って帰宅ですからね。。。」

今までされたことのない夫の接し方に、
ボブの奥さんはてっきり亭主が酔っ払って帰ってきた、と思っているのです

31-115 Anger management
 E
llen is having a chat with her friend.
"Becky," she says, "did you know that your husband Chris is always bragging about you? He says that you never get angry with him, you never raise your voice to him, and you never ever complain about him. So tell me. How do you manage to do that? I certainly couldn't do that with my David."
"It's easier than you think," replies Becky.
"Here's what Ido. Whenever I'm angry with Chris, I just go upstairs and clean the toilet. And my anger instantly ceases."
"So how on earth does cleaning the toilet help you?" asks Ellen.
"I use his toothbrush, that's how," replies Becky.

 怒りの抑え方
 エレンは友人のベッキーとお喋りをしていた。
「ベッキー、あなたのご主人のクリスは、いつもあなたのことを自慢するの。あなたが彼に対して決して怒らないし、声を張り上げないし、文句も言わないって。ね、おしえてよ、どうやってあなたは怒りを抑えるの?私は自分の主人のデビッドに同じ様なことは絶対にできないわ」とエレンが言うと、ベッキーは「思っているより簡単なことよ」と、答えた。
「私はクリスに腹を立てると、いつも二階のトイレにいって、便器を掃除するの。そうすると怒りはスーっとなくなるのよ」
「トイレを掃除すれば怒りが治まるんですって?一体全体、そんなことって可能なの?」とエレンが聞くと、「その時、彼の歯ブラシで掃除するのよ。それだけ」とベッキーは答えた。

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100101〜110・111〜120


*  
*