●Kazさんのページ


#31. Marriage

Marriage(結婚)結婚生活はジョークの絶好の対象です。
初々しい新婚生活、夫婦喧嘩、夫の浮気、妻の不貞、倦怠期の中年夫婦、枯れた老夫婦など面白いジョーク満載です。

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120・121〜130


31-121 Mule
 A
man was traveling down a country road when he saw a large group of people outside a house.
He stopped and asked a person why the large crowd was there.
A farmer replied, "Joe's mule kicked his mother-in-law and she died."
"Well," replied the man, "she must have had a lot of friends."
"Nope," said the farmer, "we all just want to buy his mule."

 ラバ
 一人の男が田舎道を車で走っていると、大勢の人が家の前に集まっているのを見かけた。
彼は車を停め、近くにいた人になぜこんなに人が集まっているのか質問した。
農家の男が「ジョーのラバが義理のお母さんを蹴飛ばして、殺しちまったんだ」と答えた。
男は「そうなんですか。その女性はたくさん友達がいたようですね」と聞くと、農家の男が答えた「いいや。みんなそのラバを買いに集まってるだけだよ」

義理の母親を殺してくれるラバなら、ぜひ欲しいというわけです。

31-122 Breakfast Lunch and Dinner
 I
t seems that a young couple had just gotten married and spent their first wedding night with the young man's parents.
In the morning, his mother got up and prepared a lovely breakfast including freshly cut flowers from her garden and gourmet food.
She went to the bottom the stairs and called everyone to come down to breakfast.
Everyone came down, except the newlyweds.
After a long wait, the family ate without them.
The mother said, "I wonder why they never came down to eat?"
The groom's young brother said, "Mommy, I think..."
"Oh, shut up. I don't want to hear what you think!" said the mother, not wanting to hear any inappropriate comments from the eight-year-old.

 At lunch time, the mother again prepared a wonderful spread and again called the young couple to eat.
Five minutes went by and she called again.
After another long wait, the family proceeded to eat.
As she was cleaning the table, mother once again said, "I wonder why they never came down to eat?"
Once again, the younger brother started to speak, but mother immediately shut him up.

 At dinner the same thing happened.
After the meal, mother once again questioned why they had not come down to eat all day.
The young lad once again said, "Mommy I think..."
"Well, what is it that you think?" asked the mother rather testily.
"I think that when my big brother came down to get the Vaseline last night, he got my model airplane glue instead!"

 朝食・昼食・夕食
 若いカップルが結婚初夜を花婿の実家で過ごすことになった。
翌朝花婿の母親が先に起きて、自宅の菜園から取ってきた野菜に花をそえた素晴らしい朝食を準備し、階段の下から「朝食ができたよ」と声をかけた。
新婚の二人以外は皆下に降りてきた。
家族はずっと朝食に手をつけずに待っていたが、二人が現れないので彼等抜きで食事を始めた。
母親は「どうしてあの二人は食事に降りて来ないのかね?」
花婿の弟が「ママ、僕が思うには。。」と言ったので、8歳の男の子からきわどい話をしてもらいたくなかったので、「あなたが何を考えているか、ママにはわかりますよ。そんなことを言うんじゃありません!」とたしなめた。

 お昼になって母親は再び素晴らしい食事を作り、再び階段の下から寝室の二人に声をかけた。
二人が降りて来なかったので、母親は5分後にもう一度声をかけた。
それから暫く待っても二人が現れないので、残りの家族は昼食を始めた。
食事が終わってテーブルを片付けながら母親は、「どうしてあの二人は食事に来ないのかね?」と再びつぶやくと、8歳の弟がまた同じことを言い始めたので、「お止めなさい!」と注意して、それっきりにした。

 さてその日の夕方夕食の時も朝食・昼食と同じ状況になった。
夕食を終えて母親は朝・昼と、また同じことを繰り返してつぶやいた。
おチビさんがまた同じ台詞を始めた。「ママ、僕が思うに。。」
毎度お馴染みの言い方にイライラした母親はこの時「あなたが思うに、何なの?」とつっけんどんに聞いた。
「僕が思うに、昨晩お兄ちゃんはワセリンを取りに来たんだけれど、僕のプラモデル用の瞬間接着剤を間違えて持って行っちゃったから、下に降りて来られないんだと思うんだ」

ワセリンだと思って瞬間接着剤を使ったとしたら、新婚カップルの結合場所はそのまま外れず、下にも降りて来られないわけですが、
一体この先どうやって解決するのでしょうね?

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120・121〜130


*  
*