●Kazさんのページ


#31. Marriage

Marriage(結婚)結婚生活はジョークの絶好の対象です。
初々しい新婚生活、夫婦喧嘩、夫の浮気、妻の不貞、倦怠期の中年夫婦、枯れた老夫婦など面白いジョーク満載です。

#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120121〜130・131~140


31-131 Pain splitting
 A
couple are rushing into the hospital because the wife is going into labor.
As they walk, a doctor says to them that he has invented a machine that splits the pain between the mother and father.
They agree to use it and are led into a room where they get hooked up to the machine.
The doctor starts it off at 20% split towards the father.
The wife says, "Oh, that's actually better."
The husband says he can't feel anything.
Then the doctor turns it to 50% and the wife says that it doesn't hurt nearly as much.
The husband says he sill can't feel anything.
The Doctor, now encouraged, turns it up to 100%.
The husband still can't feel anything, and the wife is really happy, because there is now no pain for her.
The baby is born.
The couple go home and find the postman groaning in pain on the doorstep.

 痛みを分かち合う
 妻が出産直前になった夫婦が、急いで病院に駆けつけた。
二人が分娩室に向かって歩いていると、そこの医者が分娩の痛みを父親と母親が分かち合う機械を発明した、と二人に語った。
この夫婦はその機械を使用することに同意し、医者に案内されて分娩室へ入った。
その中にある機械に夫婦は接続され、医者が分娩の痛みの20%を父親が負担するよう、スイッチを調整した。
妻が「あ、痛みが少し和らいだ」と夫に言ったが、夫は「全然変わらないようだけど」と答えた。
医者がスイッチを50%に上げると妻は「痛みは前よりずっと少ないわ」と言ったが、夫は「相変わらず何の変化もないなぁ」と言った。
機械の効果に勇気づけられた医者は、思い切って100%までスイッチを上げた。
夫は相変わらず何も感じなかったが、妻は全く痛みがなくなったの非常に喜んだ。
赤ん坊が産まれ、夫婦二人が家に戻ると、家の玄関の前で痛みにうめき声をあげている男を発見した。
郵便配達の男だった。

つまりこの赤ん坊の本当の父親は、夫でなく郵便配達の男だったのです。

31-132 A photo of a naked super-model
 D
avid is visiting his parents for dinner one Friday night.
Whilst his mother is getting the table ready, she asks him to get the olives from the refrigerator.
He opens the fridge to look for the olives and notices that a photo of a slender, perfectly built, naked beautiful super-model is taped to the inside of the door.
David asks, “Mum, what’s the photo for?”
She replies, “Oh, I put that there to remind me not to eat too much.”
David then asks, “So, is it working?”
”Yes and no.” she replies. “I’ve lost 15 pounds but your father has gained 20 pounds!”

 スーパーモデルのヌード写真
 デビッドが金曜日の夜、両親宅を食事に訪れた。
テーブルの準備をしている母親がデビッドに冷蔵庫の中から、オリーブを取り出すように頼んだ。
彼がオリーブを探そうと冷蔵庫の扉を開けると、扉の内側に細身ながら見事な肉体をした美しいスーパーモデルの
ヌード写真がテープで貼り付けられているのに気付いた。
「ママ、この写真はどういうことなの?」と息子に聞かれた母親は、「あぁ、それね。私が食べ過ぎないようにとお守りのつもりなのよ」と答えた。
「で、お守りの効果はあったの?」とデビッドが尋ねると、母親は「イエスでもあり、ノーでもあるわね。私は15ポンド痩せたけど、あなたの父親は20ポンド太ってしまったからねぇ」

デビッドの父親は、このヌード写真が見たくて冷蔵庫の扉をしょっちゅう開けるので、
ついつい冷蔵庫の食べ物を口に入れて、太ってしまったということです。

31-133 Never try to outsmart a woman
 T
here was a man who had worked all his life, had saved all of his money, and was a real miser when it came to his money.
Just before he died, he said to his wife, "When I die, I want you to take all my money and put it in the casket with me. I want to take my money to the afterlife with me."  
And so he got his wife to promise him with all her heart that when he died, she would put all of the money in the casket with him.

 Well, he died.
He was stretched out in the casket; his wife was sitting there in black, and her friend was sitting next to her.
When they finished the ceremony, just before the undertakers got ready to close the casket, the wife said, "Wait just a minute!"
She came over with a box and put it in the casket.
Then the undertakers locked the casket down, and the rolled it away.
So her friend said, "Girl, know you weren't fool enough to put all that money in there with your husband."
The loyal wife replied, "Listen, I'm a Christian, I can't go back on my word. I promised him that I was going to put that money in that casket with him."
"You mean to tell me you put that money in the casket with him!!!!?"
"I sure did," said the wife.
"I got it all together, put it into my account and wrote him a cheque. If he can cash it, he can spend it."

 女性に勝とうなんて思わないことです
 一生働き続け、その稼ぎを貯め続けた男がいた。彼はお金のこととなると、並はずれたケチン坊だった。
死が間近に迫った時、彼は自分の妻を呼んでこう言った。「わしが死んだらわしの金をすべて棺桶にいれておくれ。あの世までわしの金を持って行きたいんじゃ」
そして男は妻に「夫が死んだらすべてのお金を棺に一緒に入れる」という遺言を必ず守るように妻に約束させた。

 さて彼が死んで遺体は棺桶に入れられ、未亡人となった妻は黒い喪服姿で葬式の席に着いた。
葬儀が終わり葬儀屋が棺桶の蓋を閉じようとしたその瞬間、未亡人は「ちょっと待って」と叫んだ。
彼女は棺桶の横まで歩み寄り手に持った箱を、棺桶の中に入れた。
その後すぐに葬儀屋は棺桶に永遠に開かぬように鍵をかけ、運び去った。
未亡人の友達は彼女に、「ねぇ、あなた、まさか、ご主人の棺桶の中にお金をみんな入れるなんて、馬鹿なことはしなかったでしょうね?」と尋ねた。
亡夫に忠実な未亡人はこう答えた。
「いい、私はキリスト教徒よ。自分の約束を違えることは出来ないわ。私は夫にすべてのお金を彼の遺体と一緒に棺桶に入れると約束したのよ」
「あなた、本当に持っていたお金全部を、彼の遺体と一緒に棺桶に入れてしまったってこと?」と友人が聞くものだから、「そうよ、そうしたのよ」と未亡人は答え、こう継ぎ足した。
「お金を全部集めて私の口座に入れて、その額と同額の小切手を発行してもらったのよ。それを棺桶の中に入れておいたから、彼が必要と思った時現金化することが出来るなら、何時でも彼はそのお金を使えるでしょ。」


#31-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120121〜130・131~140

*  
*