●Kazさんのページ

#50.Miscellaneous
その他

#50-1〜1011〜2021〜30・31〜40

50-31 Computer Age
Wikipedia: I know everything!
Google: I have everything!
Facebook: I know everybody!
Internet: Without me you are nothing!
Electricity: Keep talking bitches!

 コンピューター時代
ウイキペディア:僕は何でも知ってるぞ!
グーグル   :僕は全てのことが探せるぞ!
フェイスブック:僕は誰でも知ってるぞ!
インターネット:僕がいなきゃ君は何も出来ないだろう!
電気     :お前等勝手に喋ってろ。(俺がいなければ何も出来ないくせに。)


50-32 Before the computer
 
An application was for employment.
A program was a TV show.
A keyboard was a piano!
You never wondered what these words were.

 Memory was something that you lost with age.
A CD was a machine which enabled you to withdraw your account money.
When you had a broken disk, it would hurt when you found out!

 Compress was something you did to garbage,
Not something you did to a file.
And if you unzipped anything in public,
You'd be in jail for awhile!

 Log on was adding wood to a fire.
Hard drive was a long trip on the road.
A mouse pad was where a mouse lived.
And a backup happened to your commode!

 Cut--you did with a pocket knife.
Paste you did with glue.
A web was a spider's home.
And a virus was the flu!

 I guess I'll stick to my pad and paper,
And the memory in my head
I hear nobody's been killed in a computer crash,
But when it happens they wish they were dead!

 コンピュータが出現する前は
 アプリケーションというのは、勤めたい会社に応募することだった。
プログラムというのはテレビのショーのことだった。
キーボードというのはピアノの鍵盤のことだった。
この単語は何を意味するのか?などと迷うことはなかった。

 メモリーというのは人間の記憶で、年と共に衰えていくものだった。
CD(Cash Dispenser)というのは、自分の銀行口座からお金を引き出す機械のことだった。
壊れたディスク(皿)を見つけて掴むと、ケガをすることがあった。

 コンプレス(compress)とは、ゴミを捨てやすくするために潰すことで、ファイルに何かすること(=ファイル圧縮)ではなかった。
他人が見ているところでジッパーを開け(unzip)たりしたら、留置場に入れられた。(凝縮したファイルをunzipで読み書き出来るファイルに変更することではなかった)

 ログ・オンとは、薪を焚き火に入れることだった。
ハードドライブとは、車を長距離運転することだった。
マウスパッドとは、ネズミの住み処のことだった。
バックアップとは、万が一のために寝室に置いていた携帯便器のことだった。

 カット(切る)とはポケットナイフですることだった。
ペースト(塗る)とは、糊を使ってすることだった。
ウエッブとは、蜘蛛の巣のことだった。
ウイルスとは、インフルエンザを起こすバイ菌のことだった。

 でも多分私はメモパッドと紙にこだわり続けるだろうし、記憶(メモリー)は自分の頭の中に入れるだろう。
コンピュータクラッシュで人が死んだという話は聞かないが、この現象が起こると、皆死にたいと思うらしい。


50-33 Computers were down
 T
he wife picked up her husband at the train station late at night.
As he looked haggard, she asked, "Rough, today?"
"You bet it was," he groaned.
"Our computers were down, and we had to think all day long."

 コンピュータが故障してね
 夜遅く仕事から戻って来た夫を、妻は駅まで迎えに行った。
夫はクタクタに疲れていたので、「今日は大変だったのね」と声をかけた。
「全く、ひどい一日だったよ」と夫は忌々しそうに呻いた。
「コンピュータが故障してね、おかげで皆一日頭を使って考えねばならなかったんだよ」

普段はコンピュータまかせ、何も考えていない、ということです。

50-34 Real funny e-mail address
#1. My name is R. Stone.
  Send your mail to stoner@company.co.in.
#2.My name is M. Alware.
  Send your mail to malware@computer.co.in
#3.My name is Mary Ellen Dickinson.
  Send your mail to dickinme@iup.edu
#4.My name is Francis Kevin Kissinger.
  Send your mail to kissinfk@lvu.edu

 実在するおかしなEメールアドレス
#1.私の名前はR. Stone.
  メールはこちらまでstoner@company.co.in(R.Stone → stonerとすると酔っ払いという意味になる)
#2.私の名前はM. Alware.
  メールはこちらまでmalware@computer.co.in(M.Alware → malwareとすると不良品という意味になる)
#3.私の名前はEllen Dickinson.
  メールはこちらまで dickinme@iup.edu(dickinmeは Dick in me:私の中にあなたのペニスを入れて、の意味になる)
#4.私の名前はFrancis Kevin Kissinger.
  メールはこちらまでkissinfk@lvu.edu(kssinfkは Kiss in fuck: セックス中にキスして、の意味になる)


50-35 Password
 W
hile he was visiting, my father asked for the password to our Wi-Fi.
It's taped under the modem," I told him.
After three failed attempts to log on, he asked, "Am I spelling this right?
"T-A-P-E-D-U-N-D-E-R-T-H-E-M-O-D-E-M?"

 パスワード
 私の家を訪ねて来た父親が、我が家で使っているWi-Fiのパスワードを尋ねてきたので、「モデムの下にテープで貼ってあるよ」と答えた。
父親は何度かログインしようとして果たせず、私に聞いた。
「T-A-P-E-D-U-N-D-E-R-T-H-E-M-O-D-E-Mだろ?綴りが違っているのかな?」

息子は「それはモデムの下にテープで貼ってあるよ」("It's taped under the modem.")と答えたのに、
父親はTAPED UNDER THE MODEMをパスワードだと勘違いしてしまったのです。

50-36 Applying the same principles
 I
've given up social network system on the Internet and I am trying to make friends outside Facebook while applying the same principles.
Every day, I walk down the street and tell passers-by what I've eaten, how I feel, what I did the night before, and what I will do tomorrow.
Then I give them pictures of my family, my dog, and my garden.
I also listen to their conversations and tell them I love them.
And it works.
I already have three people following me - two police officers and a psychiatrist.

 同じ原則で行うと
 私はインターネットのソーシャルネットワークサービスを諦め、フェイスブック以外に友達を作ろうと決めたが、そのやり方はインターネットと同じ原則で行った。
毎日道路に出て、通行人に「僕が今日食べたのは、こんなものだ。今、こんな気持ちだ。昨晩は何をした。明日は何をするつもりだ」と、喋り続けた。
そして私の家族や、犬や、庭園の写真を配りまくった。
そして彼等の話を聞いて、「それは面白い!その話が気に入った」と誰にでも言った。
このやり方は効果があるようだ。
既に三人の人々が私についてきている。二人の警察官と一人の精神科医だ。


50-37 A computer addicted husband
 M
y Dear Husband,
I am sending you this letter via this BBS communications thing, so that you will be sure to read it.
Please forgive the deception, but I thought you should know what has been going on at home since your computer entered our lives TWO YEARS AGO.
The children are doing well.
Tommy is seven now and is a bright, handsome boy.
He has developed quite an interest in the arts.
He drew a family portrait for a school project, all the figures were good, and the back of your head is very realistic.
You should be very proud of him.

 Little Jennifer turned three in September.
She looks a lot like you did at that age.
She is an attractive child and quite smart.
She still remembers that you spent the whole afternoon with us on her birthday.
What a grand day for Jenny, despite the fact that it was stormy and the electricity was out.
I am doingwell.
I went blonde about a year ago, and discovered that it really is more fun!
George, I mean, Mr. Wilson, the department head, has taken an interest in my career and has become a good friend to us all.
I discovered that the household chores are much easier since I realized that you didn't mind being vacuumed but that feather dusting made you sneeze.
The house is in good shape.
I had the living room painted last spring; I'm sure you noticed it.

 Well, my dear, I must be going.
Uncle George--err--Mr. Wilson, I mean, is taking us all on a ski trip and there is packing to do.
I have hired a housekeeper to take care of things while we are away, she'll keep things in order, fill your coffee cup and bring your meals to your desk, just the way you like it.
I hope you and the computer will have a lovely time while we are gone.
Tommy, Jenny and I will think of you often.
Try to remember us while your disks are booting.

 Love,
Your Wife

 パソコン中毒の夫
 親愛なる夫へ
私はあなたに読んでもらうために、この手紙をBBS(Bulletin Board System:電子伝言板システム)経由で送っています。
私の裏切りを許してほしいのですが、あなたが2年前にコンピュータを我が家に持ち込んでから、家庭がどうなってしまったかをあなたに知ってほしいのです。
子供達は皆、元気にしています。
トムは7歳で賢くハンサムな少年となり、芸術に興味を抱いています。
学校の課題で家族の絵を描きました。
それぞれの人物は実際そっくりで、あなたの後頭部の薄さも非常に緻密に描かれていました。
あなたはトムの画才を誇りに思うべきです。

 ちびのジェニファーは9月で3歳になります。
あなたがその年齢の頃のイメージとよく似ています。
彼女は可愛らしい子供で利口です。
彼女は自分の誕生日の午後、あなたが家族と一緒に過ごしたことをしっかり覚えています。
あの頃はジェニー(ジェニファー)にとってかけがえのない日々だったのです。
でも今は電気も止められて嵐のような厳しい毎日を過ごしています。
私も元気です。
1年前に髪をブロンドに染めました。
その思い切った変身で気分が少しよくなりました。
ジョージ、あ、職場のウイルソン部長ですが、私の経歴に興味を持ち、私や子供達にとってもよい友達になってくれました。
あなたは羽毛が漂うとクシャミをするけれど、掃除機をかけなくても全く気に掛けないということを知って以来、私は家事ははるかに簡単なことである、ということが分かりました。
家はよい状態のままです。
昨年春、リビングルームのペンキを塗り替えさせましたよ。
多分、あなたは気付いてくれたと思いますけど。

さて、私はジョージ=じゃなかったウイルソンさん=の所に行かねばなりません。
彼は私達全員をスキー旅行へ連れていってくれます。
旅行用に荷物も詰めなければなりません。
私達が留守の間、家を見てくれるよう家政婦を一人雇いました。
彼女が家の中をきちんと片付け、あたながいつもそうしてほしいと言っているように、あなたのコーヒーをコーヒーカップに入れ、食事と一緒にあなたの机まで運ぶことと思います。
私達が留守の時もあなたと、あなたが愛するコンピュータは楽しいひとときを過ごすことになるでしょう。
トミーも、ジェニーも、私も時々あなたのことを思い出すようにします。
だからあなたも、コンピュータが立ち上がるための僅かな時間に、私達のことを思い出すようにしてくださいね。

愛する妻より


#50-1〜1011〜2021〜30・31〜40
*  
*