●Kazさんのページ

#32.Occidental

#32-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061~70

32-1 Heaven & Hell (1)
 What's the difference between heaven and hell?
  In Heaven In Hell
The policemen are English. German
The cooks are French. English
The mechanics are German. French
The lovers are Italian. Swiss
The whole things are run by Swiss. Italian
 天国と地獄 (1)
天国と地獄の差は何ですか?
  天国は 地獄は
警察官は イギリス人 ドイツ人
料理人は フランス人 イギリス人
技術者は ドイツ人 フランス人
男性の愛人は イタリア人 スイス人
全体のシステム管理は スイス人 イタリア人
こうして並べてみると当然「天国」が望ましく「地獄」が最悪であるということが見てとれます。
親切なスコットランドヤードと、残酷なドイツのゲシュタポを思い出せば
どういう警察官が望ましいかは自ずと明らかです。
同様に世界的に名高いフランス人シェフと料理がまずいことで有名なイギリス出身のシェフ、
メルセデスベンツ、シーメンスなど技術で名高いドイツと、メカには滅法弱いフランス人との比較も面白い。
情熱的なイタリア人と、真面目で面白みがないとされるスイス人、愛人として選ぶならもちろん前者。
ところが全体の管理はスイス人なら安心ですが、
大ざっぱなイタリア人に任せたら滅茶苦茶になってしまいます。

32-2 Stranded
 There are eight beautiful deserted islands in the middle of nowhere where the following people are stranded:
  2 Italian men and 1 Italian woman
  2 French men and 1 French woman
  2 German men and 1 German woman
  2 Greek men and 1 Greek woman
  2 English men and 1 English woman
  2 Japanese men and 1 Japanese woman
  2 Irish men and 1 Irish woman
  2 Australian men and one Australian woman
 One month later on these islands, the following things have occurred.
1. One Italian man killed the other Italian man for the Italian woman.
2. The two French men and the French woman are living happily together in a menage a trois.
3. The 2 German men have a strict weekly schedule of when they alternate with the German woman.
4. The 2 Greek men are sleeping with each other and the Greek woman is cleaning and cooking for them.
5. The 2 English men are waiting for someone to properly introduce them to the English woman.
6. The two Japanese men have faxed Tokyo on their wristband and they are still waiting for instructions.
7. The Irish divided the island into north and south and set up a distillery.
  They do not remember if sex with the Irish woman is in the picture because it gets sort of foggy after the first few liters of coconut whiskey, but they are satisfied in that at least the English are not getting any.
8. One Australian man is having sex with the Australian woman, and the other Australian guy is searching the island for sheep.
 漂着して
 世界地図のどこかにある8つの美しい無人島に、下記の人々が流れ着いた。
それぞれの国民は男性2名と女子1名の組み合わせであった。
イタリア人、フランス人、ドイツ人、ギリシャ人、イギリス人、日本人、アイルランド人、オーストラリア人。
 一ヶ月後それぞれの島では次のような暮らしを していた。
1.イタリア人の男性は一人のイタリア人女性をめぐってもう一人の男性を殺してしまい二人で暮らしていた。[女に情熱的なイタリア人]
2.フランス人の男性二人は一人のフランス人女性を共有し、幸せな三角関係で暮らしていた。[愛を求めるフランス人]
3.ドイツ人男性二人は交替でドイツ人女性の相手をしており、きっちり一週間交替のルールを守っていた。[規則好きなドイツ人]
4.ギリシャ人男性二人はねんごろの中になり、残ったギリシャ人女性は炊事洗濯の係を勤めた。[男色好きなギリシャ人]
5.イギリス人男性二人はこのイギリス人女性を正式に紹介してくれる人をずっと待って いた。[気取った礼儀にこだわり融通がきかないイギリス人]
6.日本人男性二人は日本人女性をどう扱ったらよいか、腕時計に付いているファックスを使って東京の本社に指示を仰ぎ、未だにその回答を待っている。[何でも上司の指示で動く日本人]
7.アイルランド人男性二人は島を北アイルランドと南アイルランドの二つに分割し、ウイスキー醸造所をひとつ設立した。この二人は最初のココナツウイスキーを数リットル飲んで以来ずっとボーっとした状態なので、アイルランド人女性とセックスしたのが現実の出来事だったかどうかハッキリしない。しかし二人は この島には少なくともイギリス人が住んでいないので満足している。[酒好きでイギリス人嫌いなアイルランド人]
8.オーストラリア人男性一人がオーストラリア人女性とセックスをして、もう一人の オーストラリア人男性は相手になる羊を島中探し回っている。[羊とセックスをするオーストラリア人]

32-3 Heaven & Hell (2)
 W
hat's the difference between heaven and hell?
In Heaven: You live in an English house with a Japanese wife. Your income is an average American one and you hire a Chinese cook.
In Hell: You live in a Japanese house with an American wife. Your income is an average Chinese one and you hire a English cook.
 天国と地獄(2)
 天国と地獄の差はどこにありますか?
天国ではイギリス人の家に住み、奥さんは日本人、収入は平均的アメリカ人並で中国人のコックを雇っている。
地獄では日本人の家に住み、奥さんはアメリカ人、収入は平均的中国人並でイギリス人のコックを雇っている。
ここに登場した各国人のステレオタイプを長所・短所の表にしてみましょう。
 
長所
短所
日本人 妻は貞淑で夫に尽くす 狭い家で暮らす
中国人 料理はすばらしい 収入が著しく低い
アメリカ人 収入が多い 妻はわがまま浪費家
イギリス人 快適な家に住む 料理はへたくそ
でも貞淑で夫に尽くす日本人の妻というイメージは、せいぜい第二次世界大戦前までですね。
いまや日本人の奥さんの行動パターンはアメリカ人の奥さんに 追いつけ追い越せではないでしょうか?

32-4 Foreign language
 A
Swiss man, looking for directions, pulls up at a bus stop where two Americans are waiting.
"Entschuldigung, koennen Sie Deutsch sprechen?" he asks.
The two Americans just stare at him.
"Excusez-moi, parlez vous Francais?" he tries.
The two continue to stare.
"Parlare Italiano?" No response.
"Hablan ustedes Espanol?" Still nothing.
The Swiss guy drives off, extremely disgusted.
 The first American turns to the second and says, "You know, maybe we should learn a foreign language."
"Why?" says the other.
"That guy knew four languages, and it didn't do him any good."
 外国語
 車を運転していた一人のスイス人が、道をたずねるためにバス停でバスを待っている二人のアメリカ人の前に車を止めた。
「スミマセン、ドイツ語ワカリマスカ?」とスイス人はドイツ語で尋ねた。
ドイツ語が理解出来ない二人のアメリカ人はじっと彼のことを見ているだけだった。
「すみません。フランス語は、わかりますか?」とフランス語で尋ねてみるが、アメリカ人達はじっとスイス人の顔を見続けたままだった。
「イタリア語喋レマスカ?」答えなし。
「スペイン語は喋れますか?」やはり反応なし。
スイス人は 完全に侮蔑しきった表情で車を発進させて去った。
アメリカ人の一人がもう一人のアメリカ人に顔を向けて話しかけた。
「ねぇ、我々も外国語をひとつぐらい学ぶべきじゃないかな」
「何故?」と二番目のアメリカ人が答える。
「あの男は4カ国語を喋ったよ。だけど何の役にも立たなかったじゃないか!」(=だから外国語なんか学ぶ必要はないよ)
自国語以外は話せないくせに、
その言葉だけで世界中通用するものだと思っている尊大なアメリカ人を皮肉っています。

32-5 Texan Joke
 A
woman was impressed by a tall, massive Texan in the bar.
"Pardon me, sir, but may I ask you about the measurements of your chest? I am amazed."
"Well, thank you ma'am. It's 33 inches."
"Wow, around?"
"No, ma'am. Through."
"Well, then, sir, what about your waist?"
"It's 28 inches."
"Around?" "No, ma'am. Through."
"Wow! One last question. What about the size of your private,... ahh, part, you know."
"You see, ma'am. It's 3 inches!"
"Eh!?" said the woman. "Through!?"
"No, Ma'am. From the floor."

 テキサスジョーク
 バーで飲んでいた筋骨逞しい男にうっとりした女が男に尋ねた。
女「失礼ですけれど、分厚い胸ですね。胸囲はどのくらいあるんですか?」
男「33インチ(約83cm)です。」
女「うわぁ、それって胸回りのサイズ?」
男「いや、胸の厚みですのことですよ」
女「そうですか。で、ウエストは?」
男「28インチ(約71cm)です。」
女「それって、腰回りのサイズ?」
男「いや、腰の厚みのことですよ」
女「凄いのね!では最後の質問。あなたのアソコ、つまり、そのナニのサイズは?」
男「あ〜、わかりました。それは3インチ(約7.6cm)です」
女「え!? 全体の長さが?」
男「いや、いや、床からの高さですよ」

テキサスジョークは「何でも大きい」というワンパターンです。
それにしても先端が床から3インチということは、
根元から下へ垂れているペニスの全長は何インチになるのでしょうかね?

32-6 Italian Rifle
 H
ow do you identify an Italian rifle?
It hasn't been fired, but it has been damaged from being thrown out.

 イタリア軍のライフル
 イタリア軍のライフルだというのはどうやって区別しますか?
一度も発射された形跡がなく、投げ捨てた時のものと思われる傷付いたライフルが、イタリア軍のライフルです 。

イタリア軍は弱虫で戦闘もせずにライフルを投げ捨てて逃げる、と言っています。

32-7 Shark fishing
 O
n a tour of Florida, the Pope took a couple of days off his itinerary to visit the coastline on an impromptu sightseeing trip.
His 4X4 Popemobile was driving along the beautiful shoreline (an area where Canadian tourists typically visit in the winter) when there was an enormous commotion heard just off the headland.
He drove closer to see what it was.
Upon approaching the scene, he saw a man in the water wearing a Montreal Canadians hockey jersey, struggling frantically to free himself from the jaws of a 25-foot shark!
At that moment, a speedboat containing three men wearing Toronto Maple Leafs jerseys, roared into view from around the point.
Immediately, one of the men took aim and fired a harpoon into the shark's ribs, immobilizing it instantly.
The other two reached out and pulled the Montreal fan from the water and then, using long clubs, be at the shark to death.
They then bundled the bleeding, semi-conscious man into the boat along with the dead shark and then prepared for a hasty retreat when they heard frantic shouting from the shore.
It was the Pope summoning them to the beach.
After they reached shore, the Pope praised them for the rescue and said, "I give you my blessing for your brave actions. I had heard that there was bitter hatred in your country between the fans of the Leafs and the Canadians, but now I have seen with my own eyes this is not true. I can see that your society is a truly enlightened example of true harmony and companionship that could serve as a model on which other countries, like this one, could follow ".
He blessed them all and drove off in a cloud of dust.
As he departed, the harpooner asked the others, "Who was that?"
"That," one answered, "was his Holiness the Pope. He is in direct contact with God and has an access to all of God's wisdom."
"Well," the harpooner replied, "he doesn't know a thing about shark fishing!! Is the bait holding up okay, or do we need to get another one?"

 鮫釣り
 フロリダ公式訪問中のローマ法王は日程を変更して、数日間フロリダの海岸で休暇を過ごすことにした。
カナダ人観光客が冬に訪れるような典型的に美しいフロリダ海岸に沿って、ローマ法王は四輪駆動のポープモービルをご機嫌な気分で運転していた。
岬の先で何か大騒ぎしているのが聞こえたので、法王は車を騒ぎの方向へ近づけて、何が起こっているのかを見ようとした。
そこには(アイスホッケーチームの)モントリオールカナディアンズのジャージーを着た男が海の中で、25フィート(=約7.6m)の大きな鮫のパックリ開いた口から逃れようと必死にもがいていた。
その現場に突如、トロントメープルリーフスのジャージーを着た三人の男が乗っているモーターボートが、突入して来た。
三人のうちの一人が鮫に銛撃ち砲でねらいをつけるなり、いきなり銛を発射した。
銛は鮫のあばら骨に突き刺さり、鮫は動きを止めた。
残りの二人は海中のモントリオールのフアンを救い上げ、それから長い棍棒で鮫が息を止めるまで殴り続けた。
三人は死んだ鮫をボートに積むと、血だらけで意識が朦朧としているモントリオールファンをその横に寝かせて、現場から急いで撤収し岸に向かう準備を始めた時、陸地からはドーっと歓声が上がった。
それはローマ法王が登場したからだった。
法王は沖の三人に自分の所にやって来るよう手招きした。
三人が陸地に上がると、法王は彼等の救助活動を讃えながらこう言った。
「あなた方のお国カナダでは、リーフスのファンとカナディアンズのファンはお互い敵同志のように憎み合っている、という話を私は聞いていた。しかし今私はこの目で、その話が事実でないことを確かめた。カナダの社会というのは真の調和と博愛精神に満ちた素晴らしい、他国のお手本になる社会である。この素晴らしさはこの国、すなわちアメリカも見習うべきものである」
ローマ法王は彼等三人を祝福し、そしてまた車に戻り、砂埃をあげて去っていった。
彼が見えなくなると先ほど銛を撃った男が他の二人に尋ねた。「ありゃ、誰なんだ?」
一人の男が答える。「あれは、ローマ法王さ。神と直接コンタクト出来て、神の叡智を知る人間だよ」
「そうかねぇ、」と銛を撃った男が答える。
「じゃ、彼は鮫釣りのことは何も知らないんだ。ところで餌はまだ大丈夫、使えそうかい?それとも新しい餌にしないとだめかな?」

この最後のオチが凄いですね。
つまりリーフスフアンの三人は、博愛精神でモントリオールファンを救ったのではなく、
最初から憎たらしいモントリオールファンを鮫釣りの生きた餌に使っていたのです。
ローマ法王は全く真実とかけ離れた理解を示して、勝手に祝福して去っていったのです。

32-8 It's speaking English that kills you
(A) The Japanese eat very little fat and suffer fewer heart attacks than the British or Americans.
(B) The French eat a lot of fat and red wine and also suffer fewer heart attacks than the British or Americans.
(C) The Japanese drink very little red wine and suffer fewer heart attacks than the British or Americans.
(D) The Italians drink excessive amounts of red wine and also suffer fewer heart attacks than the British or Americans.
(E) Conclusion: Eat & drink what you like. It's speaking English that kills you.

 英語を喋ることが原因です
(A)日本人は脂肪を採ることが少なく、イギリス人やアメリカ人より心臓病で死ぬ人は少ない。
(B)フランス人は脂肪を多く採り赤ワインを沢山飲むが、イギリス人やアメリカ人より心臓病で死ぬ人は少ない。
(C)日本人は赤ワインを殆ど飲まず、イギリス人やアメリカ人より心臓病で死ぬ人は少ない。
(D)イタリア人は赤ワインを浴びるほど飲むが、やはりイギリス人やアメリカ人より心臓病で死ぬ人は少ない。
(E)結論:何を食べようが飲もうが関係ありません。英語を喋ることが死亡率が高い原因です。


32-9 Laugh on Monday
 H
ow do you get a German to laugh on Monday morning?
Tell him a joke on Friday.

 月曜日に笑わせるには?
 ドイツ人を月曜日の朝に笑わせるためにはどうすれば良いですか?
金曜日に彼にジョークを言ってやることです。

ドイツ人は頭が固くて鈍いので、
金曜日にジョークを言っても、理解するには
二日経った月曜日の朝まで掛かる
ということです。

32-10 Understatement
 A
Frenchman and an Italian were seated next to a Texan on an overseas flight.
After a few cocktails, the men began discussing their home lives.
"Last night I made love to my wife four times," the Frenchman bragged, "and this morning she made me delicious crepes and she told me how much she adored me."
"Ah, last night I made love to my wife six times," the Italian responded, "and this morning she made me a wonderful omelet and told me she could never love another man."
When the Texan remained silent, the Frenchman smugly asked, "And how many times did you make love to your wife last night?"
"Once," he replied.
"Only once?" the Italian arrogantly snorted.
"And what did she say to you this morning?"
"Don't stop."

 控え目な発言
 フランス人とイタリア人が国際線の飛行機で、アメリカのテキサスから来た男とたまたま席が隣になった。
カクテルを二、三杯飲み終わってリラックスして、それぞれの家庭についてお互いが語り合った。
フランス人は「昨晩私は妻と4回もセックスをしたんだ。今朝になったら女房は美味しいクレープを焼いてくれて『あなたのことが大好きよ』と言ってくれたね」と自慢する。
「私は昨晩妻と6回やったね」とイタリア人が割り込む。「今朝になったら特性のオムレツを焼いてくれて、僕以外の男は決して好きにならないと言っているんだよ。」
テキサスのアメリカ人が何も言わないものだから、フランス人が気取った言い方で「で、あんたは奥さんと何回やったのかね?」と尋ねた。
「1回。」とテキサスの男が答えた。
「フン、たった1回だけかい?」とイタリア人がバカにして「で、奥さんは今朝あんたに何て言ったんだい?」と尋ねる。
テキサスの男が答える「まだ止めないで、だってさ。」

このテキサス男、朝まで一度も果てることなく
ずっと奥さんに肉体奉仕していたということになります。
凄いスタミナ…。\(>o<)/

#32-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061~70


*  
*