●Kazさんのページ

#32. Occidental
Occidental(西洋人)jokeでは日本人から見た西洋人、つまりヨーロッパ・北アメリカ国民を扱います。
頑固なイギリス人、融通がきかないドイツ人、女性のためなら理性を失うイタリア人 など
様々な国民性がジョークの対象になっています。

#32-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061~70・71~80

32-71 Diet coke
 A
mericans are really aware of their eating habits.
At a fast food restaurant, they order a double cheese hamburger with an L-size pack of French fries, but they drink "Diet" coke.

 ダイエットコーク
 アメリカ人は食生活に関して非常に気を使っている国民と言える。
彼等はファーストフード店で、ダブルチーズバーガーにLサイズのフライドポテトを注文するが、飲物は"ダイエット"コークを飲む。

せめて"ダイエット"という名前のついたコーラを飲めば、
少しは身体に良いかもしれないという、気休めなんですけどね。

32-72 Savoir Faire
 T
hree Frenchmen and an American woman are having dinner together.
At one point during the conversation, the term "savoir faire" is used by one of the French men.
The American woman says, "Excuse me, gentlemen, but I don't know what that means. What is the definition of 'savoir faire'?"
"Ah," says one of the Frenchmen. "It does not translate directly into English, but I think I can give you a feeling for what 'savoir faire" means.
Suppose that a man comes home unexpectedly from a long business trip.
He goes upstairs to the bedroom, opens the door, and finds his wife in bed with another man.
He says, "'Oh, excuse me.' That is 'savoir faire.'"

 The second Frenchman cuts in, "Pardon me, please. But that is not really the true meaning of savoir faire. It is very cool, I admit, but it is not savoir faire. Real savoir faire is when a man comes home unexpectedly from a long business trip, goes upstairs to the bedroom, opens the door, and finds his wife in bed with another man. The husband says, 'Oh, excuse me. Please continue.' That is savoir faire!"

 The third Frenchman says, "Ah, I must admit, that is very close to an accurate definition of savoir faire, but it is not quite right. Real, true savoir faire is when a man comes home unexpectedly from a long business trip, goes upstairs to the bedroom, opens the door, and finds his wife in bed with another man.
The husband says, 'Oh, excuse me. Please continue.' If the man continues, THAT is true savoir faire."

 臨機応変の才能
 アメリカ人の女性がフランス人男性三人と一緒に食事をしていた。
会話の途中で一人のフランス人が「Savoir faire」(フランス語で臨機応変の才能)という言葉を使った。
するとアメリカ人女性が「失礼、その言葉の意味がわからないのですが、Savoir faireの定義とは何ですか?」と聞いた。
一人のフランス人男性が、「あぁ、この言葉はそのまま英語に訳すことは出来ませんが、この言葉の持つフィーリングを、例をあげて説明してみましょう」と言った。
「ある男が長い出張が予定より早く終わったので、何も知らせずに家に帰ったと仮定しましょう。彼が階段を上がって二階の寝室に入ると、自分の奥さんが別の男と一緒にベッドの中にいました。この時この夫が『おや、失礼』と言う機転を働かせること、これをSavoir fraireと言うのですよ」と話を結んだ。

 「失礼ですが」、と二番目のフランス人が会話に割り込んで来た。「その喩えは正確ではありませんな。確かにその説明はなかなか良い所を突いていますが、Savoir faireはちょっと違います。本当のSavoir faireとは、ある男が長い出張が予定より早く終わったので、何も知らせずに家に帰り、階段を上がって二階の寝室に入ると、自分の奥さんが別の男と一緒にベッドの中にいた時に、この夫が『おや、失礼。どうぞそのままお続け下さい』と言う機転を働かせること、このことを言うんですよ」と、説明した。

 三番目のフランス人が言った。「それはかなり近い説明であることは認めます。でも完全に正しいかというと、ちょっと違います。いいですか、本当のSavoir faireとは、こういうことです。ある男が長い出張が予定より早く終わったので、何も知らせずに家に帰り、階段を上がって二階の寝室に入ると、自分の奥さんが別の男と一緒にベッドの中にいました。この時夫が『おや、失礼。どうぞそのままお続け下さい』と言ったら、遠慮せずそのまま奥さんとの情事をし続けること、この臨機応変さが本当のSavoir faireの意味です。」


#32-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061~70・71~80


*  
*