●Kazさんのページ

#33. Oriental

#33-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100

33-11 You likeee speechee
 U.S. President Roosevelt is hosting a party attended by various dignitaries.
The English ambassador, sitting next to the Japanese ambassador, turns to him and says something like, "Yo-uu likee soupee?"
When he gets only indefinite nod , he continues, "Youu want a forkee?"
You can imagine the surprising look on the English ambassador's face when the Japanese ambassador goes on to propose a toast in impeccable, fluent and eloquent English.
After the toast, the Japanese ambassador sits down next to the dumbfounded Englishman, turns to him and says, "Youuu likeee speechee?"

 スピイイーチが、気に入りマシタカ?
 ルーズベルト米大統領が各国高官を招待してパーティを行っていた。
英国大使が隣りに座った日本大使に顔を向けて、「アーナターは、すーううぷ、好きデスカ?」とゆっくりと話しかけた。
曖昧にうなずくだけの日本大使を見て、こいつは英語がよくわからないんだなと思った英国大使は「アーナターは、ふぉーおーくが要リマスカ?」と続けた 。
だからこの日本大使が完璧な英語で雄弁な乾杯の挨拶をした時の、この英国大使の驚き方は並大抵ではなかった。
挨拶を終えて英国大使の隣りに腰を下ろした日本大使が、ポカンと口を開けている英国大使に向かってこう話しかけた。
「アーナターは、スピイ イーチが、気に入りマシタカ?」


33-12 Lubber
 W
hat is a lubber?
A Japanese condom.(Rubber)

 でくの坊
 でくの坊(lubber)って何ですか?
日本製のコンドーム(rubber)のことです。

"L"と"R"の区別が出来ない日本人を皮肉っています。

33-13 Chinese torture
 A
young man was wandering, lost, in a forest when he came upon a small house.
Knocking on the door, he is greeted by an ancient Chinese man with a long gray beard.
"You are welcome to stay the night," said the old man, "but if you so much as lay a finger on my daughter I will inflict upon you the three worst Chinese tortures known to man."
"OK," said the man, and he was allowed in.
Over dinner, the daughter came down the stairs.
She was young, beautiful and had a fantastic body.
She was obviously attracted to the young man, as she couldn't keep her eyes off him during the meal.
Remembering the old man's warning, he ignored her and went up to bed alone.
During the night he could bear it no longer and snuck into her room for a night of passion.
He was careful to keep everything quiet so the old man wouldn't hear and near dawn, he crept back to his room, exhausted but happy.
He woke to feel a pressure on his chest.
Opening his eyes he saw a large rock on his chest with a note on it that read, "Chinese Torture #1 - Large rock on chest."
"Well, that's pretty lame," he thought.
"If that's the best the old man can do then I don't have much to worry about."
He picked the boulder up and threw the boulder out the window.
As he did so, he noticed another note on it that read, "Chinese Torture #2 - Rock tied to left testicle."
In a panic he glanced down and saw that the rope that was already getting close to taut.
Figuring that a few broken bones was better than castration he jumped out of the window after the boulder.
As he plummeted towards the ground, he saw a large sign on the ground that read, "Chinese Torture #3 - Right testicle tied to bedpost.

 中国式拷問
 一人の青年が森の中で道がわからなくなり、あちこち彷徨(さまよ)い歩いた末に小さな家を見つけた。
ドアをノックすると白い山羊ひげをたくわえた中国人の老人が出てきた。
「道に迷ったようじゃのぅ。儂(わし)の家にお泊まりなされ。じゃがの、儂の娘に指一本触れてはならぬぞ。そんなことをしたら中国で男にとって最も残酷とされている三つの拷問をお前に加えるぞよ」
「わかりました」と青年は答え、家の中に入れてもらった。
夕食の時間になるとこの老人の娘が二階から降りてきたが、彼女は若くて美しく、そしてとても魅力的な身体をしていた。
娘は一目見たときから明らかにこの青年に惹きつけられたようで、食事の間中ずっと彼から視線を外さなかった。
青年は最初に老人に言われたことを思い出して、この娘の熱い視線を無視して食事後一人で二階の寝室に上がって行った。
しかし夜が更けると彼はもはや耐えられなくなり、こっそり娘の部屋に忍び込み一夜のアバンチュールを楽しんだ。
彼は老人に物音を聞かれぬようにそっとその行為をし続け、明け方近くに自分の部屋に抜き足差し足で戻った。
疲れていたがとても満足した気分だった。
目が覚めると青年は自分の胸が圧迫されていることに気づいた。
よく見ると彼の胸の上に大きな石が置かれており、こういう書き置きが付いていた。『中国式拷問その1:胸の上の大きな石』
「まぁこの程度ならどうってことないな」と、青年は考えた。
「あの老人が考えつくことがこの程度の拷問だったら、そんなに心配する必要はないな」と、彼は石の塊を両手で持ち上げて窓の外に投げ捨てた。
ところがそこにはもう一枚の書き置きがあり、『中国式拷問その2:左の睾丸と石はロープで繋いである』
真っ青になった青年が窓の下を見ると、石に繋がれたロープはスルスル下に伸びて、もはやピーンと張りつめる直前だった。
睾丸を引っ張り取られて失うより、多少骨折しても二階から飛び降りて睾丸を助ける方がましだと瞬時に判断して、青年は石に繋がったロープに引っ張られるまま窓の外に飛び降りた。
落下していく地面に大きな書き置きが置かれており、『中国式拷問その3:右の睾丸とベッドの支柱とはロープで繋いである』

もの凄い痛そうですね。
空中でピンと張ったロープに引っ張られて、左右の睾丸が下と上に引きちぎられ、
本人はそのまま地面に落下して骨折…。(>_<)

33-14 Too many Japanese
 A
Japanese, a Hawaiian and a Cuban were flying in hot air balloon, but there is too much weight on the balloon so they had to dump a lot of it out.
The Japanese guy took a sip from a big sake bottle and said, "We have a lot of sake in Japan. So I don't need this!" He threw the bottle out of the balloon.
Then Cuban guy took a puff of a big cigar and said, "We have a lot of cigars in Cuba. So I don't need this!" he threw out his boxes of cigars.
The Hawaiian guy suddenly lifted the Japanese guy threw him out of the balloon and said, "We have a lot of Japanese in Hawaii."

 日本人が多過ぎるから
 熱気球に日本人と、ハワイ人と、キューバ人がそれぞれ一人ずつ乗っていたが、重量オーバーしたため、積荷を大幅に捨てなければならなくなった。
まず日本人が大きな日本酒の瓶を取り出して一口飲んだ後、「日本には酒が沢山ある。だからこれは要らない!」と言って酒瓶を気球の外へ放り出した。
次にキューバ人が大きな葉巻をひとふかしすると、「キューバには葉巻が沢山ある。だからこれは要らない!」と葉巻を箱ごと捨てた。
ハワイ人は突然日本人を気球の外へ突き落とすとこう言った。「ハワイには日本人が沢山来ているからな!(だから日本人は要らない)」

これはHawaiiの友人Kenからもらったジョークです。
彼は親日家だとばかり思っていたのに…。(もちろん冗談です)

33-15 Omnivorous
 C
hinese eat everything, but what four-legged animals can't they eat?
Desks and chairs.
Then what kind of bird can't they eat?
Airplanes.

 何でも食べる人
中国人は何でも食べますが、彼等が食べられない四つ足の動物って何ですか?
机と椅子

では彼等が食べられない鳥とは何ですか?
飛行機。


33-16 Billionair
 A
n Arab billionaire reported to the police that his Mercedes had gone out of control and crashed into a dozen luxury cars before it could be stopped.
Fortunately, he added, the accident happened in his own garage.

 億万長者
 アラブの億万長者が警察に自動車事故の報告をしていた。
彼の運転していたメルセデスベンツが突然コントロール出来なくなり、12台の高級車に次々ぶつかって、ようやく止まったということだった。
「幸いにも」と彼が付け足して言った。
「僕のガレージの中だったので、他人には迷惑をかけていないけどね」


33-17 Quick flight
 A
Japanese telephoned the Heathrow airport and asked, "How long does it take to fly from London to Tokyo?"
"Just a minute," said the receptionist.
"So fast? Thank you very much." The Japanese hung up.

 超特急便
 日本人がイギリスのヒースロー空港に電話をかけて尋ねた。
「東京からロンドンまで飛行機で何時間くらいかかりますか?」
「少々お待ち下さい(Just a minute)」と、空港の受付が答えた。
「え、たった1分(=Just a minute)? そんなに早いんですか!どうも有難う。」日本人は電話を切った。

英語がよくわからない日本人なのでJust a minuteの意味を取り違えたのです。

33-18 Fried rice
 T
hat Japanese was a long-time customer at this Greek restaurant since he had discovered that they made especially good fried rice.
But each time he came in, he would order "flied lice," which always caused the owner and waiters of the restaurant to roll on the floor with laughter.
The Japanese pride was so hurt that he took a special diction lesson to be able to pronounce "fried rice" correctly.
He went to the restaurant and said very plainly, "Fried rice, please.
" Unable to believe his ears, the Greek restaurant owner asked him. "Sir, would you repeat that?"
The Japanese indignantly replied. "I said 'Fried rice,' You fucking Gleek!"

 焼き飯
 その日本人は、特別美味しい焼き飯(fried rice)を提供するギリシャレストランの長年の馴染み客だった。
しかし毎回彼がこのレストランを訪れる度に、彼は焼き飯(fried rice)のことを空飛ぶシラミ(flied lice)と発音して注文するものだから、この店のオーナーやウエイター達に床を転げ回らんばかりに大笑いされていた。
彼はプライドをいたく傷つけられたので特別の語学レッスンを受けて、正しく焼き飯(fried rice)とRの音が発音出来るようになった。
そこで彼は馴染みのギリシャレストランに行って、さらっと「焼き飯(fried rice)」と発音して注文した。
レストランのオーナーは自分の耳が信じられず、「お客様、もう一度仰っていただけますか?」とこの日本人に頼んだ。
彼は腹を立てて怒鳴った。「私は焼き飯(fried rice)と注文したんだよ、この糞ったれ、ぎりしあ(Gleek)人め!」

一生懸命練習したFried riceのRは正しく発音出来たのですが、
いつもの癖で、Greekの RはGleekとLになってしまうのですね。
日本人はRとLが区別できない、というステレオタイプジョークです。

33-19 Japan's Quality Standard
 T
his speaks a lot about the Japanese quality standards and also cultural misun derstandings.
They're still laughing about this at IBM.
Apparently the computer giant decided to have some parts manufactured in Japan as a trial project.
In the specifications, they set out that they will accept three defective parts per 10,000.
When the delivery came in there was an accompanying letter.
"We, Japanese people, had a hard time understanding North American business practices. But the three defective parts per 10,000 have been separately manufactured and have been included in the consignment. Hope this pleases you."

 日本の品質基準
 この逸話は日本の品質基準についてと文化的な誤解について多くの事を語っており、IBMでは未だに笑いのネタになっているという話です。
聞くところによると、このコンピュータの巨人は実験的プロジェクトとして、パーツの一部を日本製にすること決定したそうです。
仕様書にはIBMは部品10,000個あたり3個の不良品までならば合格として受け取る、と規定されていました。
日本からIBMに納品された部品の包みには手紙が付いて来ました。
「我々日本人は、北アメリカのビジネス慣習を理解することに大変苦労しました。3個の不良部品は別枠で作って今回の納品物品の中に含んで置きました。この処置を喜んで頂けると良いのですが」

日本製品は10,000個で不良はゼロだったが、
仕様書に書かれているようにするため、わざわざ別枠で不良を作って一緒に発送したというのです。

33-20 Feminist Honor
 A
journalist who was also an ardent feminist had done a story on gender roles in Kuwait several years before the Gulf War, and she had noted that women customarily walked about 10 feet behind their husbands.
She returned to Kuwait recently and observed that the men now walked several yards behind their wives.
She was amazed and quite thrilled.
She approached one of the women for an explanation.
"When I was here some years ago wives walked behind their husbands. And now husbands walk behind their wives. This is just marvelous," said the jour nalist.
"What enabled women here to achieve this reversal of roles?"
Replied the Kuwaiti woman: "Land mines."

 男女同権主義者の誉れ
 熱心な男女同権主義者である女性ジャーナリストが、湾岸戦争(1991)が始まる数年前に、クエートにおける男女差別ついて、記事を書いたことがあった。
彼女はその記事の中で、クエートでは女性は自分の夫から十歩後ろに下がって歩くことが伝統となっている、と書いた。
彼女が湾岸戦争後すぐにクエートを訪れたところ、男性が自分の妻から数ヤード(4〜5メートル)離れて歩いている光景に出くわした。
彼女は驚きと共に、胸が高まるのを感じたので、クエート人女性に近づいて質問した。
「数年前私がここを訪れた時、妻は夫の後ろを歩いていました。現在では夫が妻の後ろを歩いています。これは大きな進歩です。いったい何が原因でクエートでは男女の地位が逆転したのでしょうか? 」
クエート人女性が答えた。「地雷のせいよ」

この女性ジャーナリストが望んだように男女の地位が逆転したのではなく、
地雷探知機代わりに妻は夫の先を歩かされていただけで、
男尊女卑の伝統は変わっていなかったのです。

#33-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100


*  
*