●Kazさんのページ

#33. Oriental

#33-1〜1011〜2021〜30・31〜40
41〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100

33-31 Camels get too tired
 W
hy can't Iraqis schedule drivers' education and sex education in one day?
Bec ause camels will get too tired.

 ラクダが疲れ果ててしまうので
 なぜイラクでは運転手の教育と性教育は同じ日に行えないのですか?
そんなことしたらラクダが疲れ果ててしまうからです。

イラクの乗り物は車でなくラクダ。
セックス教育相手は人間ではなくラクダだからということです。

33-32 Who are you?
 T
he Japanese Prime Minister Yoshiro Mori was terrible at English.
So his aides instructed him the basic conversation phrases before the bilateral meeting with the U.S. President Bill Clinton.
The aide said to Mori, "Prime Minister, please begin with, 'HOW ARE YOU?" when you shake hands with Mr. Clinton."
"I see ," Mori nodded. "Then Mr. Clinton would surely reply, 'I'm fine, thank you. And you?' So please say with a smile, 'ME, TOO.' That's all.
Then you better talk to Mr. Clinton through your interpreter," advised the aide.
Mori practiced " HOW ARE YOU?" and "ME, TOO." hundred times before he met Clinton at the White House.
But when he shook his hands with the U.S. President, Mori blurted out "WHO ARE YOU?" instead of "HOW ARE YOU?"
A bit baffled, Clinton stared at Mori' s face, saying, "I'm Hillary's husband."
To which Mori replied, "ME, TOO!" with a huge smile on his face.

 あなたは誰ですか?
 日本の首相森喜朗は英語に関してはお粗末この上なかった。
そこで彼の側近はアメリカのビル・クリントン大統領との二カ国首脳会談の前に、基本的な英会話を教えることにした。
「総理大臣閣下、クリントン大統領と会ったら、まず握手をしながら『HOW ARE YOU?』、(ご機嫌いかがですか?)と仰有って下さい」と側近が説明すると、「うん、わかった」と森首相は肯いた。
「そうするとクリントン大統領はきっと『元気ですよ。ありがとう、あなたは?』と仰有るでしょうから、閣下はニッコリ笑いながら『ME,TOO』(私もですよ)、と答えて下さい。
それだけで充分です。後の会話は通訳に任せましょう」と側近が教えた。森首相はクリントン大統領に会う前に『HOW ARE YOU?』と『ME ,TOO』を何百回と練習しておいた。
ところがホワイトハウスでクリントン大統領に対面し、握手をしながら口から出た英語は『HOW ARE YOU?』(ご機嫌いかがですか?)ではなくて、『WHO ARE YOU?』(あなたは誰ですか?)だった。
一瞬戸惑ったクリントン大統領は、森首相の顔をしげしげ見つめながら「私はヒラリーの夫ですよ」と言った。
すると森首相は満面の笑顔で『ME,TOO』(私もですよ)と答えた。


33-33 Structural reform
 P
rime Minister Junichiro Koizumi made a speech about his structural reform policy.
"No economic growth without structural reform! This structural reform policy will make life better!"
One audience stood up and asked him. "I know your life will be better, but what about OURS?"

 構造改革
 小泉純一郎首相が彼の推進する構造改革政策について演説していた。
「構造改革なくして経済成長なし!構造改革で暮らしは良くなる!」と力説すると、聴衆の一人が立ち上がって質問した。
「あなたの暮らしが良くなるというのはわかります。で、私達の暮らしは良くなるんですか?」

市場原理最優先政策の結果貧富格差が広がり、「富める人はますます富み」、
「貧し い人はますます貧しく」なった日本の現状を皮肉っています。

33-34 Creation
 A
fter creating the world in 7 days, God pointed downwards through clouds and said to Michael, the archangel, "Look Michael, I want to create a wonderful country called Japan on that planet I made. Japan is the most glorious place on earth. There are beautiful mountains, rivers, lakes, forests and hills. The weather is nice, the foods there are delicious. The Japanese people are polite, modest, hardworking, and intelligent."
Michael gasped in wonder but then proclaimed, "What about balance, God? You favor Japan too much. It's unfair."
God s miled and said, "Don't worry, I'll make North Korea beside Japan!"

 天地創造
 七日で天地創造を終えた神が、雲の下に見える地球を指差しながら大天使ミカエルに語りかけた。
「ミカエル、下を見ろ。わしはわしがこさえた地球という星に、日本という素晴らしい国を作ったんじゃ。日本は地球で最も神々しい場所だ。美しい山、川、湖、森と丘がいたる所にある。気候は温暖でそこで採れる食べ物は美味なものばかりだ。そこに住む人間は礼儀正しく、落ち着いて、勤勉で、知性に満ちあふれているんじゃよ」
これを聞いたミカエルは驚きのあまり口をあんぐり開き、「でも、神様、それでは日本に依怙贔屓しすぎじゃありませんか。バランスに問題がありますよ」と抗議した。
神は にっこり笑うとこう答えた。「心配するな、わしは日本の隣に北朝鮮という国を作っておいたのじゃ」


33-35 Ski down Mt. Fuji
 A
n avid American skier decided that he would ski all the major mountains in the world.
He spent a decade at this, climbing and then skiing the world's major peaks.
Finally he decided he must ski Mt. Fiji, in Japan.
He bade farewell to his wife and set off for the Land of the Rising Sun.
The fateful day came, the weather was right, and the skier climbed to the top of Fiji and then skied down.
So thrilled was he with his achievement that he decided to send his wife a postcard of Mt. Fiji, describing his feat.
While in the shop buying the post card, he decided, on a whim, to buy a postcard picturing a young, scantily clad geisha to send to his old college roommate.
Unfortunately, he wrote the wrong messages on the cards, and sent them to the wrong recipients.
On the back of the card showing Mt. Fiji, which he mistakenly sent to his old roommate, he wrote: "Having fun in Japan!"
And on the back of the card showing the scantily clad geisha, which he mistakenly sent to his wife, he wrote, "Here's a picture of the slope I went down on Thursday!"

 富士山をスキーで滑る
 向上心旺盛なアメリカ人のスキーヤーが、世界中の主立った山はすべてスキーで滑ってやろうと決心し、十年がかりで世界の主な山々に登り、頂上からスキーで滑り降りるという冒険を続けてきた。
最後に彼は日本の富士山をスキーで滑ろうと思い、妻に暫しの別れを告げると、「日が昇る国」へと旅立った。
運命の日はやって来た。その日は晴天でスキーヤーは富士山の頂上に登り、一気に麓に向けてスキーで滑り降りた。
結果は大成功!彼は妻にこの喜びを富士山の絵葉書に書いて知らせようと思った。
売店で絵葉書を買う時に、彼は気まぐれで、昔の大学時代のルームメイトに、スケスケの着物で写っている日本の芸者の絵葉書も送ってやろうと考えた。
ドジなことにこのスキーヤーは二枚の絵葉書を、間違った相手に送ってしまった(!)
富士山の絵葉書の裏には、彼の大学時代のルームメートの宛名を書いて、「日本で楽しんでいるよ!」と記した。
そしてスケスケの着物を着た芸者の絵葉書の裏には、彼の妻の住所を書いて、「木曜日にたっぷり味わったスロープの写真だよ」と記して送ってしまったのだ。


33-36 Liars
 J
apanese are liars.
They say their economy has been sluggish for many years, but a bunch of Japanese tourists are always seen in Hawaii.
They say a Ninja no longer exists, but there is a Ninja named Ichiro in Seattle.
 嘘つき
 日本人は嘘つきだ。
日本は長い間不況に悩まされていると言うが、ハワイには日本人観光客があふれんばかりに来ている。
忍者はもう存在しないと言うが、イチローという名の忍者がシアトルに居る。

33-37 Communication problem
 T
here was a Vietnamese woman married to an American gentleman and they lived n Honolulu.
The poor lady was not very good at English and she managed to communicate with her husband.
The real problem arose whenever she had to shop for groceries.
One day, she went to the butcher and wanted to buy pork legs.
She didn't know how to put forward her request, and in desperation, lifted up her skirt and pointed at her thighs.
The butcher got the message and the lady went home with pork legs.
The next day, she needed to get chicken breasts.
Again, she didn't know how to say, and so she unbuttoned her blouse to show the butcher her breast.
The lady got what she wanted.
The third day, the poor lady needed to buy sausages.
Unable to find a way to communicate this, she brought her husband to the store.
Hey, what were you thinking about?
Her husband speaks English!!
 コミュニケーションに問題あり
 アメリカ人紳士と結婚したベトナム人女性が、ホノルルに住むことになった。
気の毒なことに彼女は英語があまり話せなくて、夫とは何とか意志の疏通が出来たが、近所の商店で買い物をする時はコミュニケーション能力が、大いに問題となった。
彼女はある日肉屋に行って豚の股肉を買おうと思ったが、英語で何と言ったらよいのか分からず、自分のスカートをたくしあげて、太股を指差して訴えた。
肉屋の主人が彼女のメッセージを理解したので、彼女は豚の股肉を買って家に戻ることが出来た。
翌日彼女は鶏の胸肉を買おうと思ったが、やはり単語がわからずブラウスのボタンを外して肉屋の主人に自分の胸を見せて、何が欲しいかを訴えた。
この日も彼女は欲しいものを持って家に帰ることが出来た。
三日目、この気の毒な女性はソーセージを買いたかったが、彼女の身体でどうやって表現したらよいか途方に暮れて、家に戻り自分の旦那を肉屋まで引っ張って連れてきた。
え、あなた何を想像しているんですか?
彼女の夫は英語を喋れるんですよ!
豚の股肉、鶏の胸肉を女性の身体部分で理解させたから、
ソーセージに似た男性身体部分を使って説明したと想像させておき、
「あんたも好きねぇ〜、彼女の旦那は英語が喋れるんだからジェスチャーで示す必要はないでしょ!」と、
外しているわけです。

33-38 Diplomat wants water
 A
n Arab diplomat visiting the U.S. for the first time was being wined and dined by the State Department.
The Grand Emir was unused to the salt in American foods (French fries, cheeses, salami, anchovies etc.) and was constantly sending his manservant Abdul to fetch him a glass of water.
Time and again, Abdul would scamper off and return with a glass of water, but then came the time when he returned empty-handed.
"Abdul, you son of an ugly camel, where is my water? " demanded the Grand Emir.
"A thousand pardons, I-I, Illustrious One," stammered the wretched Abdul, "white man sits on well."
 水を欲しがる外交官
 アラブの外交官が初めてアメリカ合衆国を訪れ、アメリカ国務省で飲食接待を受けた。
このアラブの首長はフレンチフライ、チーズ、サラミ、アンチョビなど、しょっぱいアメリカ料理に慣れていなかったので、自分の召使いのアブドゥルに命じてその都度、水をコップに入れて運ばせていた。
次の料理が来たのでアブドゥルは慌てて水を取りに、走って行った。しかし今回は両手に何も持たずに戻ってきたので、アラブ首長は、「アブドゥル、この馬鹿者!水をなぜ運んでこないのだ?」と怒鳴りつけた。
「偉大な、し、し、首長様、申し訳ございません」と、どもりながら哀れっぽい声でアブドゥルが弁明した。
「白人が井戸の上に座りっぱなしなものですから…」
今までアブドゥルが運んできた水は、水洗トイレの便器から汲み上げたものだったのです。

33-39 Screw
When a nation screws another nation, it is called diplomacy.
When a government screw people, it is called policy.
When people screw a government, it is called a crime.
When a leader screws people, it is called a vision.
When people screw a leader, it is called a commotion.
When a leader screws another leader, it is called a conspiracy.
When people screw other people, it is called a deal.
 忽悠 (フーヨー:中国語でうまいことを言って騙すこと)
国家が国家を忽悠する、これを「外交」という。
政府が国民を忽悠する、これを「政策」という。
国民が政府を忽悠する、これを「犯罪」という。
指導者が国民を忽悠する、これを「方針」という。
国民が指導者を忽悠する、これを「騒動」という。
指導者が指導者を忽悠する、これを「策謀」という。
国民が国民を忽悠する、これを「商売」という。

33-40 Hoolay
 A
Chinese man started farting like crazy while he was screwing a prostitute.
She got angry and finally shouted, "Hey, Stop farting. Why are you doing that?"
The Chinese replied, "My prick has good time, my ass shouts Hoolay!"
 ヤッホー!
 中国人の男が売春婦とセックス中に、狂ったようにオナラをし出した。
売春婦はカンカンになって「ねぇ、オナラするよやめてよ!一体なんのつもりなのよ!」と叫んだ。
中国人が答えた。「私のオチンチン、トテモ喜ぶ。だから私の尻もヤッホーと叫ぶネ」

#33-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100


*  
*