●Kazさんのページ

#33. Oriental

#33-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜70
71〜8081〜9091〜100

33-61 She doesn't like Japanese boys?
 M
rs. Yamada and Mrs. Sugita were waiting to be served at a restaurant.
"How's your daughter Reiko doing?" asked Mrs. Yamada.
"Ah, she spends all her time with Socrates, Aristotle and Plato," replied Mrs. Sugita.
"What's a matter? She doesn't like Japanese boys?"

 日本人の男の子と付き合わないの?
 山田夫人と杉田夫人がレストランで料理が運ばれてくるのを待っていた。
「お嬢さんの玲子さん、どうしていらっしゃるの?」と山田夫人が尋ねると、杉田夫人は「あぁ、娘ったらソクラテス、アリストテレス、プラトンにかかりっきりよ」と答えた。
「え、それって何?お嬢さんは日本人の男の子と付き合わないんですか?」

山田夫人はギリシャの哲学者の名前を、
単なる外国人のボーイフレンドとしか思わなかったのですね。

33-62 Free?? Flea??
 H
iroshi shared a room with an American guy and his dog.
Every month, he puts some flea medicine on his dog.
One day, when he was putting the medicine, he told Hiroshi, "This flea medicine is expensive."
He was confused and asked him, "Expensive? Didn't you just say it was FREE?"

 無料(Free)?ノミ(Flea)?
 (日本人の)裕史(ひろし)はアメリカ人男性と彼の愛犬と、一件の家をシェアして暮らしていた。
毎月アメリカ人男性は愛犬にノミ予防の薬をつけていたが、ある日彼がその薬を犬に塗りながら裕史にこのノミ(Flea)予防薬は値段が高いんだ」と言った。
裕史は戸惑った表情を見せて彼にたずねた。「値段が高い?君はその薬は無料(Free)って言わなかったっけ?」

「RとLの発音が区別出来ない日本人」という、ステレオタイプジョークです。
"This free medicine is expensive."と言われたら、確かに戸惑いますね

33-63 Count the windows
 H
ow can you tell how many Vietnamese live in an apartment house?
Count the windows and multiply by 40.

 窓の数を数えて
 ベトナム人がアパートに何人暮らしているかを調べるにはどうすれば良いですか?
窓の数を数えてそれを40倍すれば、それがそこに住んでいる人数です。

1975年、北ベトナム軍が南ベトナムの首都サイゴンを陥落させ、ベトナム戦争が集結した時、
大量の南ベトナム人が小舟に鈴なりに乗り込み、祖国を捨てて他の国々へ移住しました。
これらのいわゆるボートピープルに対するジョークです。

33-64 Eating whales
 A
n American criticized a Japanese for the Japanese dietary habit of eating whales.
"We should never allow you to eat whales, because they are highly intelle ctual and sensitive. On top of that, they are cute and charming. You shouldn't eat that kind of mammal."
The Japanese nods and replies to him.
"I see. Then we should eat Americans instead."

 鯨肉を食べる
 アメリカ人が鯨肉を食する日本人の食生活を批判した。
「鯨肉は食べるべきではない。鯨は高度な知性と感性を持っており、第一可愛い生き物じゃないか。こういう哺乳類を食べるなんてもってのほかだ!」
日本人が頷きながら言った。
「わかった、そういうことなら代わりにアメリカ人を食べることにしよう」

そこまで言うのなら、知性と感性がなく可愛くない哺乳類であるアメリカ人を、
鯨の代わりに食べてやるぞ、という日本人の皮肉です。

33-65 International conference
 A
businessman is supposed to be the keynote speaker at an international conference.
What would he do if he were late for the conference?
An American would omit some details so that he could finish his speech within the scheduled time.
A German would speak faster than usual so that he could finish his speech.
A French would speak as usual and wouldn't bother the delay to the conference.
An Italian would finish his speech by eliminating his redundant phrases and operatic gestures.
A Japanese cannot be late for the conference.

 国際会議
 国際会議で基調演説をすることになっていたビジネスマンが、会議に遅刻した時はどうするだろうか?
アメリカ人なら、細かい部分を省略して予定された時間内で演説を終了させる。
ドイツ人なら、いつもより速く喋って、予定通り演説を終了させる。
フランス人なら、いつもと同じ調子で演説し、会議が遅れることなど気にしない。
イタリア人なら、冗長な言い回しや、大げさな身振りをはしょることで演説を終了させる。
日本人なら、会議に遅刻することなどなど最初からあり得ない。


33-66 Discipline
 A
frustrated Japanese father vented, "When I was a youngster, I was disciplined by being sent to my room without supper. But in my son's room, he has his own color TV, telephone, computer, and CD player. I can't discipline my son in his room."
"So what do you do?" asked his friend.
"I send him to MY room!" exclaimed the father.

 躾ける
 ストレスが昂じた日本人の父親が、怒りをぶちまけた。
「私が子供の時代は、食事なしで自分の部屋に閉じ込められることで躾けられた。だが私の息子の部屋にはカラーテレビや、電話、コンピューター、そしてCDプレーヤーまであるので、彼の部屋で息子を躾けることは出来ないんだ」
「で、君はどうやって息子を躾けているんだ?」と、父親の友人が彼に尋ねた。
「息子を私の部屋に閉じ込めておくんだ!」

父親の部屋には、何も置かれていないのですね。(笑)

33-67 Pay for smelling
 A
hmed lives next to an Indian curry restaurant in Mumbai and every day his poor family eat only their home-made naan while sniffing that spicy curry smell that the curry restaurant gave off all day.
One day the owner of the restaurant knocks on the door of the Ahmed's shabby cottage and demands that Ahmed should pay for the curry.
"Why? We have never asked the delivery service of your curry," Ahmed says.
"Yes, but your family is smelling our curry every single day. You have to pay for smelling."
"You charge curry aroma? That's unscrupulous!" Ahmed protests, but the owner is adamant.
"Okay," Ahmed shrugs and he fetches a piggy bank from the inside room.
He pushes it to the owner of the curry restaurant and shakes it wildly- JINGLE! JANGLE! "Get lost!" yells Ahmed, "We
only smell your curry and you only listen to the sound of money."


 匂い嗅ぎ料
 アーメッドは(インド)ムンバイのカレーレストランの隣に住んでいた。
彼の家族は貧しいので毎日隣のレストランから一日中匂ってくるスパイシーなカレーの匂いを嗅ぎながら、家で作ったナンを食べて食事としていた。
ある日隣のレストランのオーナーが、アーメッドのあばら屋の都を叩いて、「カレー代金を払ってもらいたいんだがね」と言ってきた。
「え、どうして?うちはお宅からカレーの出前なんて取ったことはありませんよ」とアーメッドが聞くと、オーナーは「そりゃそうだが、あんたの家族は毎日うちのカレーの匂いを嗅いでいるよね。匂い嗅ぎ料をもらわなくっちゃ」と答えた。
「カレーの匂いだけで料金を取るっていうの?そりゃあんまりでしょ」とアーメッドは抗議したが、オーナーは頑として譲らない。
「わかったよ」とアーメッドは肩をすくめて、奥の部屋に入って貯金箱を持ってきた。
その貯金箱をカレーレストランオーナーの目の前に突き出し、ジャラジャラと音を立てて振った。
「とっとと失せろ!俺の家族はカレーの匂いを嗅いだだけだ。だからあんたもお金の音を聞くだけで充分だろ!」

これは落語の「うなぎ屋」の鰻を、インドのカレーに置き換えて英語のジョークにしたものです。
インド人もビックリのパクリです。(笑)

33-68 Paint an elephant pink
 A
n Arab king had a party at his gorgeous palace and invited foreign ambassadors.
He said, "I will sell the crude oil of my country to only one of you who brings a pink elephant."
An American ambassador called the U.S. president to dispatch an army to find a pink elephant in Africa.
A Japanese ambassador sent a telegram to the Prime Minister of Japan, "Please order our scientists to upbreed a pink elephant."
A Chinese ambassador whispered to his subordinate, "Paintan elephant pink!"

 象をピンク色に塗れ
 アラブの王様が彼の豪華な宮殿でパーティを催し、各国大使を招待した。
王様は「私の目の前にピンクの象を連れてきた者にだけ、わが国の原油を売ろう」と言った。
アメリカ大使は本国の大統領にピンクの象を探すために、アフリカに軍隊を派遣するように電話をかけた。
日本大使は本国の首相に「ピンクの象を品種改良で生み出すよう科学者に命じてほしい」と電報を打った。
中国大使は部下に小声で指示した。「象をピンク色に塗れ!」


33-69 Chinese language school
 A
Japanese gentleman dropped in a Chinese language school in Tokyo downtown area and asked a female receptionist sitting at the front desk.
"How much does it cost if you teach me a single Chinese phrase?"
"Sorry, we usually have a series of Chinese conversation lesson and we don't teach mere single Chinese phrase. But, just for our reference, please tell me the Chinese phrase you are particularly interested in?" she replied with curiosity.
"'Don't cut into the line' in Chinese," the gentleman instantly said.
"Is that the only one phrase you want to know?" she asked.
"Honestly, I have a few more Chinese phrases that I really want to know. Mind you, I only want to know these phrases to convey my intentions to Chinese people. I don't want to communicate with them," he asserted.
The receptionist stared at him quizzically and said, "Please let me know."
"Okay, here you are; Don't spit! Obey the traffic signal! Ride your bicycle in the left lane! Don't litter cigarette butts! No smoking! Don't throw trash! Flush the toilet when you're through! Use toilet paper! Don't talk loudly in a train! Shut up! Get lost!...."

 中国語会話学校
 東京の繁華街にある中国語会話学校に、日本人の紳士が一人やって来て受付の机に座っている女性に、「中国語をひと言だけ教えてもらうと、いくらかかりますか?」と尋ねた。
「申し訳ありませんが、ここでは中国語会話をコースで教えているので、単語を一つだけ教えるというようなことは出来ません。参考のために、どんな言葉を知りたいのか聞かせていただけますか?」と受付女性が尋ねた。
「中国語で『割り込むな!』ですよ」と、紳士は即答した。
「お知りになりたい言葉はそれだけですか?」と受付女性が聞くと、「本当はもう少しあるんだ。でも私はそれらの言葉を中国人に中国語で伝えたいだけで、別に彼らと会話をしようと思っているわけではないということは、わかって欲しいんだ」と、紳士はズバリと言った。
受付女性は不可解な表情を浮かべながら、「仰ってみてください」と言った。
「オッケー。こういった言葉だよ。『唾を吐くな!』、『信号を守れ!』、『自転車は左側通行だぞ!』、『煙草の吸い殻を放り捨てるな!』、『禁煙だぞ!』、『ゴミを捨てるな』、『トイレを使ったら、水で流せ!』、『トイレットペーパーをちゃんと使え!』、『電車の中では大声で喋るな!』、『黙れ!』、『とっとと消え失せろ!』・・・・」


33-70 O-new
 A
In Japan, we use a JANGLISH word "O-new" for a specific new personal item.
This adjective is a combination of the Japanese honorific "o" and the English adjective "new."
The Japanese "O" is used to emphasize politeness or gratitude; e.g. "o-motenashi" or very polite entertainment, "o-tosan" or my beloved father.
Thus this coined word means "significantly new."
We say, "I like these pair of shoes very much. I wear them today for the first time. So these shoes are O-new.

 おニュー
 日本では新品で、思い入れがある自分自身の持ち物のことを説明する時、「おニュー」という独特の和製英語表現を使う。
この「おニュー」という形容詞は日本語の「お」と英語の"new"が掛け合わされたもので、丁寧語である「お」を使うと礼儀正しさや感謝の気持ちがこもる。
たとえば「おもてなし」は、丁寧にもてなすことであり、「お父さん」は「大好きな父親」というニュアンスになる。
だから「おニュー」からは「自分にとって特別な意味を持つ新しいもの」という語感がつたわる。
例えばこんな感じで使う。
「私はこの靴がとても気に入っているの。履くのは今日が初めてなので、おニューなのよ」

#33-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜7071〜8081〜9091〜100


*  
*