●Kazさんのページ

#33. Oriental

#33-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜80
81〜9091〜100

33-71 OKAMA
 I
first came to Japan as an exchange student and studied the Japanese language at a university in Kobe.
One day when I walked to a local shrine, I was asked by a Japanese guy if I made a wish to the deity enshrined in that shrine.
I said, "Yes" and tried to talk to him in Japanese.
I wanted to say in Japanese, "I made a wish at the shrine because I believe Japanese kami(deities) are very kind to foreign people."
As a Japanese language learner, I knew that an honorific word is necessary, such as either a prefix or a suffix with "kami."
But I was stupid enough to add "o" in front of "kami," instead of adding "sama" behind "kami."
Yes, "Kami sama" or "Your Holy Diety" is the right Japanese word.
To make the matters worse, I mistakenly pronounced "Okama" instead of "Okami."
In Japanese "Okama" implies "homosexuals," because "okama" or a "pot" is associated with an arse.
The Japanese guy gaped at me and then gave me a quizzical look.

 オカマ
 僕が交換留学生として初めて日本を訪れ、神戸の大学で日本語を学んでいた時、ある日僕は近所の神社に行った。
すると日本人男性が僕に何か願い事でもしたのかと聞いてきた。僕は「イエス」と答え、「日本の神様は外国人にも親切にしてくれると思いますから」と、日本語で説明しようとした。
僕は日本語を学んでいたので、「神」の後ろか前に敬語をつけなければいけないということは知っていたが、愚かにも「神」の後ろに「様」をつけて「神様」と言う代わりに、「神」の前に「お」をつけてしまった。
おまけに「神」の発音を間違えて「カマ」と言ってしまったのだ!
やっかいなのは日本語で「オカマ」というのは、「お釜」が尻を連想させることから、男性同性愛者のことをほのめかす言葉なのだ。
僕に話しかけた日本人男性は、口をあんぐり開けて、やがて疑り深い目付きで僕のことをじろじろ見回したのだった。


33-72 Adverse effect
 W
hen the Asian Games were held in Inchon, South Korea, the Korean Olympic Organizing Committee created various inconveniences towards rival countries.
They cut off the electricity of the Japanese athletes' dormitories which caused the breakdown of elevators and air conditioners.
Although sweating heavily, the Japanese athletes braced themselves, saying "We never yield to such a dirty trick!"
The Japanese teams beat the Korean teams in all the athletic events.
The Korean committee delivered rotten lunch boxes to the Chinese athletes' dormitories, but they vigorously took part in every event after eating lunch and stood on the winners' podium.
On the contrary, Korean athletes who mistakenly ate these lunch boxes intended for the Chinese athletes suffered from diarrhea and rushed to the rest rooms, dropping out of the events.
An irritating Korean Olympic Organizing Committee member asked the Chinese athletes, "Why on earth are you having such vigor? Our athletes are not able to get to their feet after eating the same lunch boxes."
One Chinese athlete nonchalantly replied "Mou man tai - No problem. That's nothing compared to what we usually eat."

 逆効果
 韓国の仁川でアジア大会が開かれた時、韓国オリンピック組織委員会はライバル国に対して、様々な妨害工作を試みた。
日本に対しては選手村宿舎の電源を切り、エレベーターを動かさずエアコンも使えなくした。
しかし日本選手達は大汗をかきながら「こんな卑劣な小細工に負けてたまるか!」と奮起して韓国チームをことごとく破ってしまった。
また中国選手に対しては腐った弁当を配ったが、弁当を食べた中国選手達は元気に競技に参加し、表彰台を独占してしまった。
一方この腐った弁当を誤って食べてしまった韓国選手は下痢を起こして、競技を棄権するはめになった。
「君達はどうして平気なのだ?同じ弁当を食べてわが国選手は全員倒れたのに」と、韓国選手団役員が忌々しそうに質問すると、中国選手のひとりが事も無げに答えた。
「私達、普段あれ以上の毒を食べているアルよ。無問題(モーマンタイ)アルね。」


33-73 Safety evaluation
 A
purchasing manager of an international airline company met the president of a Chinese parachute company in Beijing.
He asked the president, "What is the safety evaluation of your parachute?"
The Chinese president beat his chest witha big smile, "I guarantee 100%! No one has ever complained that our parachute has malfunctioned."

 安全評価
 国際線航空会社の購買責任者が、北京で中国のパラシュート製造会社の社長と会った。
「貴社のパラシュートの安全評価はどうなっていますか?」と彼が尋ねると、その会社の社長は胸を叩いてニッコリ笑いながら答えた。
「100%保証です!何しろ当社のパラシュートがうまく開かなかったという苦情は、まだ一件も寄せられていませんからね」

そりゃ、パラシュートが開かずドスンと墜落した人からは、苦情が来るわけはないですよね。
死人に口なし。

33-74 Japanese management
 A
n Indian engineer working for a big Japanese electronics company calls for his pay raise, saying "I work three times as hard as an average Japanese engineer. Please increase my salary by three times."
His boss stares at the Indian engineer and says, "I must say a triple hike is an overestimation, but if you tip me off about two lazy Japanese engineers, I'll double your salary and give them the axe."

 日本式経営
 日本の大手エレクトロニクス企業に勤めているインド人の技術者が、給料を上げて欲しいと訴えた。
「私は日本人の同僚三人分は働いています。給料を三倍にして下さい」
日本人のボスは彼をじっと見据えてから言った。
「三倍というのは、ちょっと無理だな。だが君が余計に働いているというその日本人の同僚二人の名前を言ってくれたら、給料を二倍にしてやろう。そしてその二人は首にするから」


33-75 Nuts Return
 T
HAT'S JUST NUTS!
The daughter of Korean Air Lines Co. Chairman Cho Yang Ho ordered a plane back to the gate so she could remove a crew member who improperly served macadamia nuts.
Under the carrier's rules, passengers must be asked first before serving.
And rather than serving the nuts on a dish in small portions like they are told, this junior flight attendant instead presented a large serving inside the bag.
Cho immediately chastised the confused crew-member, screaming at him to bring out the company's in-flight service manual to read the proper nut-handling guidelines, witnesses said.
When he failed to find it, Cho became infuriated and loudly ordered him to get off the plane.
The aircraft had already left the gate at John F. Kennedy International Airport in New York for takeoff.
It took no more than 2 minutes to return to the gate to deplane the crew member.
The flight was 11 minutes late when it arrived in Seoul.

 Nat King Cole sang "MONA LISA is TOO YOUNG."
Mut Heather Cho bawled out "Macadamia nuts are too much."

 ナッツ・リターン
 たかがナッツでねぇ、バッカじゃないの!
大韓航空会長の娘である趙顕娥(Cho Yang Ho)が、機内サービスのマカデミアナッツの出し方が悪いと言って、乗務員を引きずり降ろすために離陸直前の飛行機をゲートまで戻させたんですよ。
大韓航空の機内サービスマニュアルによれば、乗務員はお客に伺ってから飲食物をサービスすることになっており、しかもマカデミアナッツは袋から出して少量をお皿の上に乗せて出すことになっていたのに、会長の娘にサービスした若い男性乗務員は、最初に伺いもたてずに黙って大きな袋入りのナッツを出したそうなんです。
趙さんはすぐにこの乗務員を叱りつけたのだそうですが、訳がわからず困惑する乗務員を見て、「機内食サービスマニュアルをここに持って来なさい!木の実を出す時はどうやって出すか、そこに書いてあることを読んでごらん!」と、怒鳴ったそうです。
この乗務員がマニュアルからその部分を見つけることが出来ないと、怒り狂った趙さんは「あんた、この飛行機から降りなさい!」と大声で叫んだ、とそのシーンを目撃した人は語っているそうです。
その時大韓航空機は既にニューヨークのジョン・エフ・ケネディ国際空港の滑走路を離陸に向けて走っており、この乗務員を降ろすためにわざわざ出発ゲートまで引き返したため、余計な時間が2分かかったそうです。
この飛行機は目的地ソウルへは11分の遅れで到着したそうですけど。。。

 ナットキングコールは"モナリザは若すぎる"と歌ったけど、アホな趙顕娥は"マカデミアナッツは多すぎる"と大声で叱りつけたんですね。

2014年12月5日に実際に起こった話から、管理人が作ったジョークです。
"Nut"(木の実、気違いという二つの意味がある)から、有名なジャズシンガーのナットキングコールのNatを思い浮かべ、
彼の有名な持ち歌である"Mona Lisa"と"Too Young"に引っ掛けて、
この事件の発端となった"Macadamia nuts are too much."につなげました。

33-76 Rust
 A
fter the baby was born, the panicked Japanese father went to see the obstetrician.
"Doctor," he said, "I don't mind telling you, but I'm a little upset because my daughter has red hair. She can't possibly be mine."
"Nonsense," the doctor said.
"Even though you and your wife both have black hair, one of your ancestors may have contributed red hair to the gene pool."
"It isn't possible," the man insisted. "We're pure Asian."
"Well," said the doctor, "let me ask you this. How often do you have sex?"
The man seemed ashamed. "I've been working very hard for the past year. We only made love once or twice a month."
"There you have it!" the doctor said confidently. "It's just rust."

 錆(さび)
 産院で子供が生まれたばかりの日本人の父親が、ひどく当惑した表情で担当の産婦人科医に会いに行った。
「先生、正直申し上げて私はかなり取り乱しています。なぜ私の生まれたばかりの娘は赤毛なのですか?彼女が私の娘だなんてあり得ないですよ!」と訴える日本人に、「その考えはおかしいですな」、と医者が答えた。
「あなたも奥様も髪の毛は黒いかもしれませんが、お二人のどちらかの先祖が赤毛の遺伝子を持っていたのかもしれませんからね」
しかし日本人の父親は言い張った。「それは考えられません。私達夫婦は純粋なアジア人です。(先祖に赤毛がいたなんてことは有りません)」
「そうですか。じゃこういう質問をしましょう」、と医者が話を変える。「あなた方ご夫婦はどの位の頻度でセックスをなさっていますか?」
日本人はちょっと恥ずかしそうな表情になって、「私はこのところ凄く忙しくて、夫婦で交わるのは月に一回か、せいぜい二回ですね」と答えた。
「だからですよ!」と産婦人科医は自信たっぷりに言った。「錆のせいですよ、赤毛は」

セックスが頻繁でないので男性器が錆びついて、その結果
黒髪のアジア人夫婦からも赤毛の子が生まれるというのは、滅茶苦茶な論理です。

33-77 Cotton in your ears
 C
heng and Lee had jobs at a cotton mill in California.
One morning the foreman came along and saw Cheng reading a letter to his coworker.
"Hey," cried the foreman, "what kind of horseplay are you two guys up to?"
"Lee got a letter from his American girlfriend," explained Cheng, "but he can't read English. So I'm reading the letter for him."
"How come you've got the cotton in your ears?"
"Lee doesn't want me to hear what his girlfriend wrote to him."

 耳綿
 チェンとリーという二人の中国人がカリフォルニアの紡績工場で働いていた。
ある朝この工場の職長が出社してくると、チェンがリーのために手紙を読んでいた。
「おい、二人で何をバカ騒ぎしているんだ?」と職長が聞くと、チェンが「リーがアメリカ人の女友達から手紙をもらったんですが、リーは英語が読めないんです。だから僕が代読してやっているんです」と説明した。
「じゃ、なんでお前は耳に綿を詰めて読んでいるんだ?」職長がいぶかしげに尋ねた。
「リーは女友達が言っていることを、僕に聞かれたくないんだそうです」

声は聞こえなくたって、読んでいる本人には手紙の内容はわかってしまいますよね。

33-78 Subscribe to a newspaper
 A
Mongolian postman delivered only one envelope to a nomad who lived in a yurt on a prairie - far, far away from Ulan Bator.
After wading through long, long bumpy roads and endless plains, the postman was so exhausted that he called the nomad bad names.
"Why do you live in such a backland? It takes me thousands of hours to deliver only one letter to you!"
"So what? You want me to subscribe to a newspaper so that you can deliver it every day?"

 新聞を購読するぞ
 モンゴルの郵便局員が、ウランバートルから遙か離れた大草原の奥にいる遊牧民にようやく手紙を届けた。
難路・悪路を踏み越えて「全く、なんでこんな遠くて行きづらいとこに住んでいるんだ。手紙一つ届けるのに、こんなに苦労するなんて・・」と郵便局員が文句を言うと、遊牧民は「そんなこと言っていいのか?それなら俺は新聞を購読するぞ。毎日届けてもらうからな」、と言い返した。


33-79 Vox Dei
 T
he presidents of America, Russia and Mongolia met God and asked for his prophecy about their countries' futures.
The American president asked God, "By the time when can we annihilate the notorious terrorists Al Quaeda?"
God replied, "In 10 years."
The American president bemoaned, "Oh my GOD! By that time I will have served out my term!"

 Then the Russian president asked God when they can settle the Chechyna insurgence and God replied it would be settled in 50 years.
"In 50 years? I can't live for more 50 years," the Russian president got frustrated.

 Finally the Mongolian president asked God if the poverty in Mongolia could be solved.
God paused for a morment and said, "Well, I am not sure if I can exist by the time the destitute situation in Mongolia will be improved."

 神の声
 アメリカ、ロシア、モンゴルの大統領が揃って神様に会って、それぞれの国の将来について尋ねた。
アメリカ大統領が「わが国はいつ、アルカイダを殲滅出来ますか?」と聞くと、神は「10年後である」と答えたので、アメリカ大統領は「えー、その時私は大統領任期が終わってしまっているじゃないか!」と嘆いた。

 次にロシアの大統領が「わが国はいつチェチェン問題を解決出来ますか?」と聞くと、神は「50年後である」と答えた。
ロシアの大統領は「そんな先まで私は生きていない!」と口惜しがった。

 最後にモンゴルの大統領が「わが国は、いつになったら貧困問題を解決できますか?」と聞くと、神は暫し考えてから答えた。
「残念だが、その時まで神が存在するかどうかわからない」


33-80 'Th' sound
 A
diligent Chinese immigrant was hired as an assistant teacher at an elementary school in San Francisco.
But the problem was that his pronunciation “th” sounded just “t.”
So when he tried to teach arithmetic by asking what 1/3 and 1/3 was, pupils at his class unanimously replied, “A pile of shit!”

 ‘Th’の発音
 勤勉な中国人移民男性が、サンフランシスコの小学校の補助教員として採用された。
しかし彼の英語の"TH"の発音は、"T"としか聞こえないのが難点だった。
だから彼が生徒に算数を教える時「1/3+1/3はいくつになるか?」と質問すると、生徒達は一斉に“ウンコの山!”と答えてしまうのが常だった。

1/3は英語で one-third ですので、1/3+1/3は “One-third plus one-third”となりますが、
この中国人補助教員の発音だと”One-turd plus one-turd”(一個の糞プラス一個の糞)と聞こえてしまうから、
答えは“ウンコの山”となるわけです。

#33-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜8081〜9091〜100


*  
*