●Kazさんのページ

#34. Pearly gates

#34-1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜50

34-31 Resuscitation
 T
here is a knock on St. Peter's door.
He looks out and a man is standing there.
St. Peter is about to begin his interview when the man disappears.
A short time later there's another knock.
St. Peter gets the door, sees the man, opens his mouth to speak, and the man disappears once again.
"Hey, are you playing games with me?" St. Peter calls after him.
"No," the man's distant voice replies anxiously.
"They're trying to resuscitate me."
 救急蘇生処置
 天国の扉をノックする者がいた。
誰かと思ってセント・ピーターが出てみると、一人の
男が立っていた。セント・ピーターがこの男の尋問をしようとした矢先、この男は姿が見えなくなってしまった。
暫くすると再び扉をノックする音が聞こえたので、セント・ピーターが出てみると、先程いなくなった男が再び立っていた。
「お前、俺のことからかっているのか?」とセント・ピーターが言うと、「違うってば!」と答える男の声は、はるか彼方の距離から聞こえた。
「向こうの世界から、救急蘇生処置をして甦らそうとしているみたいなんだ」

34-32 A director of HMO(=Health Maintenance Organization)
 T
hree doctors are waiting in line to get into the pearly gates.
St. Peter walks out and asks the first one, "What have you done to enter Heaven?"
"I am a pediatrician and have brought thousands of the Lord's babies into the world."
"Good enough to enter the gates," replied St. Peter and in he goes.

 The same question is asked of the second doctor.
"I am a general practitioner and go to Third World countries three times a year to cure the poor."
St. Peter is impressed and allows him through the gates.

 The third doctor steps up in line and knowing the question, blurts out, "I am a director of HMO."
St. Peter meditates on this for a while and then says, "Fine, you can enter Heaven... but only for 2 days."

 アメリカ健康保険局(HMO)責任者
 天国の門の前で三人の医者が入国許可待ちをしていた。
門番の番人であるセントピーターが、最初の医者に質問した。
「天国に入るために、地上ではどんなことをしてきたのかね?」
医者は答えた。「私は小児科医で、神が授けた子供を何千人も地球で面倒を看てきたのです」
「それなら、中に入ってよろしい」とセントピーターが言ったので、最初の男は天国に入ることが出来た。

 同じ質問が二番目の医者にされた。
「私は普通の開業医ですが、恵まれない未開発国に年に三度行って貧しい人を助けている」、と二番目の医者が答えたので、セントピーターは感心してこの男も天国に入れた。

 三番目の医者が続いてやって来て、今までの質問を聞いていたので「私はアメリカ健康保険局責任者だった」と聞かれもしないうちに口を開いた。
セントピーターは暫く考えてから、こう言った。
「わかった。君も天国に入ることを許可しよう。ただし滞在期間は2日間だけだぞ」


34-33 Three Couples
 A
straight couple, a lesbian couple, and a gay couple are all killed in a car crash.
They arrive at the gates of Heaven and St. Peter is there.
He says to the straight man, "You were so greedy for flowers. You loved them so much and you even married a woman called Rose. I'm sorry, but I can't let you through."

 He then turned to one of the lesbians.
"You were so greedy for weed. You loved it so much. You even married a woman called Mary Jane. I'm sorry, but I can't let you through."
One of the gay guys quickly said to the other "Let's go, Dick"

 三組のカップル
 男と女のカップル、レズビアンのカップル、ゲイのカップルが自動車衝突事故で命を失い天国の門に到着した。
門番であるセントピーターが最初に男女カップルの男に「お前は花が大好きで、花は何でも貪欲に求め、おまけにローズ(バラ)という名前の女性と結婚した。だから天国には入れてやれない」と告げた。

 続いてレスビアンカップルの一人にこう告げた。
「お前は草が好きで、草は何でも貪欲に求め、おまけにメリージェーン(俗語で大麻、つまり草のこと)という名の女性と結婚した。だから天国には入れてやれない」

 これを聞いていたゲイカップルの一人が相方のゲイに素早く言った。
「ディック、ここには入れそうもないぜ。他の所へ行こう」

最後の Dick は相方男性の名前ですが、dickには男根という意味があり、そういう名前の相手と結婚したので、
セントピーターは自分達のことを入れてくれるわけはない、とこのゲイは判断したのです。
なお Mary Jane は大麻の俗語ですが、他にも大麻は hemp、 grass、 pot 、Buddha stick などとも言います。


34-34 Filling in for St. Peter
 A
famous surgeon died and went to heaven.
At the Pearly Gate he was asked by the gatekeeper.
"Have you ever committed a sin you truly regret?"
"Yes," the surgeon replied.
"When I was a young intern at the hospital of Saint Lucas, we played soccer against the team from the Community Hospital. I scored a goal which was off-side. But the referee did not see it and the goal won us the match. I regret that now."
"Well," said the gatekeeper.
"That is a very minor sin. You may enter."
"Thank you very much, Saint Peter," the surgeon thanked.
"Oh, I'm not Saint Peter," said the gatekeeper.
"He is having his lunchbreak. I am Saint Lucas. I appreciate your goal," he winked.

 セント・ピーターの代理
 著名な外科医が死亡して天国に昇った。
天国の門で門番が「君は自分で後悔しているような罪を犯したことがあるか?」と尋ねたので、外科医は「はい、私が聖ルカ医科大学で若いインターンだった頃、州立大学とのサッカー大会にルカ医科大選手として出場したことがあります。私はゴールしたのですが実はそれはオフサイドの位置からだったのです。でも審判が見ていなかったので、それが得点となり我がチームは勝利しました。私は今でもそのことを悔いています」と話した。
天国の門番は「それは、それほど大袈裟な罪とは言えない。君は天国に入って構わんだろう」と答えた。
「それは有難うございます、セント・ピーターさん」と、外科医は感謝した。
「あぁ、ちょっと、私はセント・ピーターではないんだ。彼は今昼休みで、僕は門番代理の聖ルカなんだ。君のゴール、とても嬉しかったよ」と、聖ルカは外科医にウインクした。


34-35 Agnostic
 A
Scotsman, an Irishman and a Welshman are queing outside the Pearly Gates awaiting entry to heaven.
St. Peter comes out and enquires after their religion.
"Protestant," says the Scotsman.
"Catholic," says the Irishman.
"Agnostic," says the Welshman.
St . Peter writes down their answers on a clipboard and turns to them again.
"I am now going to give you a little spelling test. If you spell correctly, you will be allowed to get in."
He turns the Scotsman and asks him to spell "arm."
"A-R-M" says the Scotsman and he is allowed through the gates.
"Spell 'Man'." St. Peter sasy to the Ilishman.
"M-A-N" says the Irishman and he is allowed through the gates.
Turning to the Welshman, St Peter says, "Spell Antidisestablishmentarianism."

 懐疑論者
 スコットランド人、アイルランド人、ウエールズ人が天国の門の前で、天国に入れてもらうために並んでいた。
セント・ピーターが現れてそれぞれの宗教を尋ねた。
「プロテスタント」とスコットランド人が答え、「カトリック」とアイルランド人が答えた。
ウエールズ人は「私は懐疑論者(=人間は神の存在を証明することも、反証することもできないと考える立場の人)」だと答えた。
セント・ピーターは三人の答を手にした板に記録すると、彼等に向かって言った。
「これからお前達に簡単な綴りのテストを行う。正しく綴れた者は天国への入国を許可する」そしてスコットランド人に「腕(arm)」の綴りを質問した。
「A-R-M」とスコットランド人が答え、彼は天国の門を通って中へ入ることを許された。
続いてセント・ピーターはアイルランド人に「人間(man)」の綴りを質問した。
「M-A-N」とアイルランド人が答え、天国の門を通って中へ入ることを許された。
セント・ピーターはウエールズ人の方へ向き直るとこう聞いた。「英国国教会反対論(Antidisestablishmentarianism)の綴りは?」

セント・ピーターはウエールズ人が「神の存在は疑問だ」と答えたので、カチンと来て、
とても答えられそうもない難しい綴りを質問したのです。
establishmentは普通名詞は「体制」ですが、固有名詞は「英国国教会」を指します。
それをdis(廃止)することに対して、anti-(反対)に関する考えを持つ人々(-arian)の主義(ism)というのが、Antidisestablishmentarianismの意味です。
ハ〜、こりゃ、何だ?(笑)


34-36 The world started praying God's help
 T
he Pope and Donald Trump both die around the same time.
When Pope finds himself being judged at the Pearly Gates, he is shocked to see Donald Trump next to him.
He is even more shocked when St. Peter demands to know why someone as virtuous as him is going to Hell while an idiot like Trump is going to Heaven.
"Well," says St. Peter, "when you were elected as a Pope, there wasn't much of reaction in the world.
But after Trump was elected as the U.S. President, we couldn't believe how much the world started praying God's help."

 世界中が神の助けを求めて祈りだした
 ローマ法皇とドナルドトランプがほぼ同時期に死亡した。
天国の門に並んだローマ法皇は自分の直ぐ後ろにドナルドトランプがいるのでショックを受けた。
もっとショックだったのは天国の番人であるセント・ピーターが、自分の様に徳が高い人物を地獄に行けと命じ、トランプのような馬鹿者を天国に行けと命じたことだった。
「実はな」、とセント・ピーターがローマ法皇に説明した。「あなたが法皇として選ばれた時、世界中からの反応は殆どなかった。ところがトランプがアメリカ大統領に選ばれたら直ぐに、信じられないほど多くの世界中の人が、世界中が神の助けを求めて祈りだしたんじゃ。その結果がこれじゃよ」


34-37 You ate your entree with salad fork
 A
Catholic, a Jew, and a Protestant are lined up at the pearly gates.
The Catholic asks to get in and St. Peter says, "Nope, sorry."
"Why not?" says the Catholic, "I've been good."
"Well, you ate meat on a Friday in Lent, so I can't let you in."
The Jew walks up and again St. Peter says no.
The Jew wants an explanation so St. Peter replies, "You once ate pork. Sorry, you have to go to the other place."
Then the Protestant goes up and asks to be let in and St. Peter again says no.
"Why not?" asks the Protestant, "What did I do wrong?"
"Well," says St. Peter, "you once ate your entree with the salad fork."

 メイン料理をサラダ用フォークで食べた
 カトリック教徒、ユダヤ教徒、新教徒三人が天国の門の前で並んでいた。
カトリック教徒がセント・ピーターに中に入れてくれるように頼むと、「だめだよ」と言われた。
「何故ですか?私はずっと善人だったでしょ」と抗議すると、セント・ピーターに「お前は断食節の金曜日に肉を食べたことを忘れたのか?お前は天国には入れない!」言われた。
ユダヤ教徒が歩いてセント・ピーターに近づくと、「だめだよ」と同じことを言われた。
ユダヤ教徒がその理由を質問すると、セント・ピーターは「お前は豚肉を食べたじゃないか。気の毒だがお前は、別の世界に行ってもらおう」と答えた。
次に新教徒がやって来てセント・ピーターに天国の中に入れてくれるように頼むと、「だめだよ」とまた同じことを言われた。
「どうしてダメなんですか?私がどんな悪いことをしたというのですか?」と新教徒が食い下がる。
「それはだな、お前はメイン料理をサラダ用フォークで食べたことが、あっただろう?」

新教徒に対してはいささか難癖をつけていますけど、要は誰も天国に入れてやらないということです。


34-38 Idiot went to heaven
 T
hree men, a philosopher, a mathematician and an idiot, were out riding in the car when it crashed into a tree.
Before anyone knows it, the three men found themselves standing before the Pearly Gates of Heaven, where St. Peter and the Devil were standing nearby.
"Gentlemen," the Devil started, "Due to the fact that Heaven is now overcrowded, St. Peter has agreed to limit the number of people entering Heaven.
If anyone of you can ask me a question which I don't know or cannot answer, then you're worthy enough to go to Heaven; if not, then you'll come with me to Hell."

 The philosopher then stepped up, "OK, give me the most comprehensive report on Socrates' Socrates' teachings."
With a snap of his finger, a stack of paper appeared next to the Devil.
The philosopher read it and concluded it was correct.
"Then, go to Hell!"
With another snap of his finger, the philsopher disappeared.

 The mathematician then asked, "Give me the most complicated formula ever theorized!"
With a snap of his finger, another stack of paper appeared next to the Devil.
The mathematician read it and reluctantly agreed it was correct.
"Then, go to Hell!"
With another snap of his finger, the mathematician disappeared too.

 The idiot then stepped forward and said,"Bring me a chair!"
The Devil brought forward a chair.
"Drill 7 holes on the seat."
The Devil did just that.
The idiot then sat on the chair and let out a very loud fart.
Standing up, he asked, "Which hole did my fart come out from?"
The Devil inspected the seat and said, "The third hole from the right."
"Wrong," said the idiot, "it's from my asshole."
And the idiot went to heaven.

 馬鹿な男が天国に入れた
 哲学者、数学家そして馬鹿な男の三人が車に乗っていたが、車が木に衝突して何もわからないうちに天国の門の前に送られた。
セントピーターと悪魔が入り口で彼等を迎えた。
「紳士諸君」と、悪魔が口を開いた。
「天国は人口過多になっているので、セントピーターは天国に入れる人数を制限することを私と同意した。君達のうち誰かが私が知らないことや、答えることが出来ない質問をすることが出来たら、天国に入ることが出来る。私が答えられる質問しか出来なかったら、私と一緒に地獄へ行くこととなる」と言った。

 哲学者が前に一歩進み出て、「よろしい、私に『ソクラテスによるソクラテスの教えに』に関する包括的報告をよこしたまえ」と言った。
悪魔が指をピシッと鳴らすと、彼の横に山積みの紙が現れた。哲学者がそれを読んで、「正しい」と答えた。
「それなら、地獄へ行け!」と悪魔がもう一度指をピシッと鳴らすと、哲学者はその場から消えてしまった。

 次に数学者が「今まで理論化された中でも、最も複雑な公式を見せてくれ」と言った。
悪魔が指をピシッと鳴らすとまたしても山積みの紙が現れ、数学者がそれを読んで不承不承それが正しいことを認めた。
「それなら、地獄へ行け!」と悪魔がもう一度指をピシッと鳴らすと、哲学者はその場から消えてしまった。

 最後に馬鹿な男が前に進み出て、「椅子をひとつ持ってきてくれ」と言った。
悪魔が椅子を用意すると、「座るところに7つの穴を開けろ」と言った。
悪魔は言われた通りのことをすると、馬鹿な男は穴の開いた椅子にすわると、大きな音を立ててオナラをした。
そして立ち上がるなりこの男は悪魔に尋ねた。「どの穴(hole)から僕のオナラは漏れたと思うか?」
悪魔は椅子を綿密に調べると、「右から三番目の穴から漏れた」と答えた。
「ブー、違うよ」と男は言った。「オナラが漏れたのは、僕の肛門(asshole)からだよ−」
そしてこの馬鹿な男は天国に入ることを許された。

最後の一人は馬鹿な男(idot)ではなく、頓知の才がありますよね。


34-39 Erich Honecker
 R
uthless GDR (German Democratic Republic = East Germany) leader Erich Honecker died in 1994 and came to St. Peter at the Pearly Gates.
Peter said, "Well, Erich, you are in a wrong place. You're supposed to go to hell."
Some weeks later several devils came to St. Peter in heaven.
St. Peter said, "Oh, this is heaven. It's not the place for devils."
The devils begged, "Please help us. We are refugees from Honecker in hell."

 エリック・ホーネッカー
 GDR(ドイツ民主共和国=東ドイツ)の冷酷無比な指導者エリック・ホーネッカーが、1994年に死んで天国の門に居るセント・ピーターの前に現れた。
セント・ピーターは「エリック、君は来る場所を間違えている。君は地獄行きとなっている」と追い返した。
数週間後悪魔が何人かセント・ピーターの前に現れた。
セント・ピーターは「ここは天国だよ。悪魔の来る場所じゃない」と言った。
悪魔達は「頼む、助けて下さい。私達は地獄に居るホーネッカーの所から逃げて来たんです」と、懇願した。

悪魔も恐れて逃げるほど、エリック・ホーネッカーは恐ろしい人物だということです。


34-40 IQ
 E
instein dies and goes to the pearly gates of heaven only to be informed that his room is not yet ready.
"I hope you will not mind waiting in a dormitory. We are very sorry, but it's the best we can do and you will have to share the room with others" he is told by the doorman.
Einstein says that this is no problem at all and that there is no need to make such a great fuss.
So the doorman leads him to the dorm.
They enter and Albert is introduced to all of the present inhabitants.
"See, here is your first room mate. He has an IQ of 180!"
"That's wonderful!" says Albert.
"We can discuss mathematics!"
"And here is your second room mate. His IQ is 150!"
"That's wonderful!" says Albert.
"We can discuss physics!"
"And here is your third room mate. His IQ is 100!"
"That's wonderful! We can discuss the latest plays at the theater!"
Just then another man moves out to capture Albert's hand and shake it.
"I'm your last room mate and I'm sorry, but my IQ is only 80."
Albert smiles back at him and says, "So, where do you think interest rates are headed?"

 知能指数
 アインシュタインが死んで天国へ昇ると、彼が入るべき部屋が未だ決まっていないと天国の門で告げられた。
「あなたの部屋が決まるまで、しばし寮に滞在して、他の人と一緒の部屋を使っていただけませんか?申し訳ないけれどこれが現時点で出来る最上の解決策なんです」と、門番に言われたアインシュタインは、「問題ありませんよ。そんなこと位で大騒ぎする必要はありませんからね」と答えた。
そこで門番は彼を寮に案内して、現在寮に入っている人々をアルバート(アインシュタイン)に紹介した。
「いいですか、この男の人が最初のルームメイトで、彼の知能指数は180ですよ」
「それは素晴らしい!私と一緒に数学の話が出来そうだ」と、アルバートは言った。
「二番目のルームメートは知能指数150です」と次の男性を紹介されると、アルバートは「素晴らしい。私と一緒に物理学の話が出来そうだ」と言った。
「三番目のルームメートの知能指数は100です」と言われたアルバートは、「素晴らしい。私と一緒に最新の芝居の話が出
来そうだ」と言った。
そこにもう一人の男性が現れ、アルバートの手を握って強く握手し、「僕が最後のルームメートだけど、申し訳ないが知能指数は80なんだよ」と言った。
アルバートは彼に向かってニッコリ微笑むと、「ところで、銀行金利はどの辺まで行きそうだと思いますか?」とその男に語りかけた。

銀行員は知能指数80でも務まるということですね。


#34-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜50
*  
*