●Kazさんのページ

#36. Police & Army

#36-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜50

36-11 Orderly man
 A
retired four-star general ran into his former orderly, also retired, in a Manhattan bar and spent the rest of the evening persuading him to come work for him as his valet.
"Your duties will be exactly the same as they were in the Army -- you'll catch on again fast," the general said.
Next morning promptly at eight o'clock, the ex-orderly entered the ex-general's bedroom, pulled open the drapes, gave the general a gentle shake, strode around the other side of the bed, spanked his employer's wife on her bottom and said, "OK, sweetheart, it' s back to the village."
 当番兵
 4つ星(=大将)クラスの退役将軍が、マンハッタンにあるバーで同じく軍隊を退いた彼の当番兵だった人物に、自分の家で身の回りの面倒をみてくれないかと一晩かけて口説いた。
「軍隊にいた時と全く同じ仕事をしてくれるだけでよいのだ。すぐに慣れると思うから、ぜひ私の所で働いてくれないか?」と将軍は言った。
翌朝8時きっかりに、この元当番兵は元将軍の寝室にやって来て、カーテンを開けると寝ていた将軍をやさしく揺り起こした。
続いてベッドの反対側に歩いて行って、そこに寝ていた将軍の奥さんのお尻をたたくと、「オッケー、可愛い子ちゃん、村へ帰る時間だぞ!」
軍隊時代 、この将軍は駐留していた村の娘をベッドに連れ込み、
翌朝になるとこの忠実な当番兵が「さぁ、村へ帰れ!」と追い出していたのですね。

36-12 Painful Execution
 A
prisoner on death row was feeling extremely anxious the morning of his execution on the electric chair, because he could not withstand pain.
One sympathetic guard tried to reassure him, telling him that electricity would take his life in a wink, and that he would not have time to suffer.
The executioner then came for another prisoner on death row and took him in shackles to the execution room.
After a short while, loud screams and horrible howls were filling up the whole jail.
"What is this, what is going on?" asked the anxious prisoner.
The guard went to check and came back.
"The jail had a power failure during the execution, so they are finishing the job with candles...."
 恐怖の死刑執行
 死刑を言い渡された囚人がいよいよ電気椅子で死刑執行される日になって、極端に怯えてしまった。というのは電気椅子のショックに彼はとても耐えられそうもないと、心配していたからだ。
刑務所の監視人が同情して「電気ショックはほんの一瞬で、瞬きする間にあの世に行ってしまうから、痛みを心配することはないよ」、と安心させてやった。
そこへ死刑執行人がやって来て、彼の前に死刑執行される囚人を足に鎖をつけたままで執行室へ連れて行った。
やがてもの凄い悲鳴が刑務所中に響き渡った。
「な、何なんだ、これは?一体どうなってんだ?」と怯えていた先程の囚人が監視人に尋ねた。
監視人は執行室へ様子を確かめに行って戻って来た。
「電気椅子の死刑執行で電力が容量オーバーして、刑務所の電気回路が断線したままなんだ。で、仕方ないから死刑執行をロウソクで行っているんだそうだ…」
停電になったからロウソウを点けるというのはわかりますけど、
電気椅子に電流が来なくなったからといってロウソクで囚人を焼きますかねぇ…

36-13 Customer is always wrong
 C
rankshaw finished his police training and he was sent to the department store where he used to work.
"Look who's here!" his former colleagues cried.
"Officer Crankshaw! How do you like your new job?" one of them asked.
"Well," Crankshaw said, "The salary is not as good as it was here and it is dangerous. But one thing I love is that the customer is always wrong in the police."
 お客様が常に間違っております
 クランクショーが警察での訓練期間を終えて、デパートの警備に派遣された。
たまたまそのデパートは彼の元の職場だった彼の元の職場仲間は、彼の姿を見ると叫んだ。
「おいおい、誰かと思ったら、クランクショー警察官殿じゃないか!」
一人の元同僚が彼に尋ねた。「どうだい、新しい職場は?」
「そうだね、」と答えるクランクショー。
「給料はここほど良くないし、それに危険な仕事だよね。でもね何が良いって、警察ではいつでもお客様が間違っております、ってことかな。」
Customer is always right. お客様は神様です、がデパート店員の心得です。
警察官の場合、お客様(=犯罪人)は常に悪人ですから、こちらがへり下る必要は全然ない訳です。

36-14 Dear Becky
 A
Marine stationed in Afghanistan recently received a letter from his girl friend back home.
It read as follows:
Dear Ricky, I can no longer continue our relationship. The distance between us is just too great. I must admit that I have cheated on you twice, since you've been gone, and it's not fair to either of us. I'm sorry. Please return the picture of me that I sent to you. Love, Becky.
 The Marine, with hurt feelings, asked his fellow Marines for any snap shots they could spare of their girl friends, sisters, ex-girl friends, aunts, cousins etc. Ricky included all the other pictures of the pretty girls he had collected from his buddies.
There were 57 photos in that envelope.... along with this note:
Dear Becky, I'm so sorry, but I can't quite remember who you are. Please take your picture from the pile, and send the rest back to me. Take Care, Ricky.

 親愛なるベッキー
 アフガニスタンに駐屯しているアメリカの海兵隊員が、つい最近故郷のガールフレンドから手紙を受け取った。
その内容は以下の通りだった。
 親愛なるリッキー。 私達の関係をこれ以上続けるのは無理です。私達二人を隔てる距離はあまりに遠すぎます。あなたがそちらに行ってしまってから、私は二度ほど他の男性と関係を持ったことを白状しなければなりません。そのことを隠しているのはフェアーではないと思ったからです。本当にごめんなさい。どうかあなたに送った私の写真を私に送り返して下さい。 愛するベッキーより

 心が傷ついたリッキーは仲間の海兵隊員達に、彼等のガールフレンドや元ガールフレンド、姉妹、叔母、従兄弟などの女性写真で、余っているものを彼にくれるようにと頼んだ。そして彼は仲間から集めたなんと57名分の可愛い女性の写真全てを封筒に入れて、次の手紙をしたためた。
 親愛なるベッキー。 申し訳ないけれど、君のことをよく覚えていないんだ。同封した写真の中から君の写真を抜き取って、残りを僕に送り返してくれたまえ。さようなら。 リッキー


36-15 Aces High
 A
young American volunteered for military service during World War II.
He had such a high aptitude for aviation that he was sent right to the Pensecola boot camp.
The very first day at Pensecola he soloed and was the best flier on the base.
All they could do was to assign him immediately to an aircraft carrier in the Pacific.
On his first day aboard he took off and single-handedly shot down 6 Japanese Zeroes.
Then climbing up to 20,000 ft. he found 9 more Japanese planes and shot them all down, too.
As his fuel was getting low, he descended, circled the carrier and came in for a perfect landing on the deck.
He threw back the canopy, climbed out and jogged over to the captain.
Saluting smartly he said, "Well sir, how did I do on my very first day?"
The captain turned around, bowed, and replied, "You make one velly impoltant mistake!"

 撃墜王
 第二次世界大戦中、若いアメリカ青年が軍隊に志願した。
彼の飛行機操縦技術は非常に優れていたので、即ペンサコラ(地名)にある空軍新兵訓練基地に配属された。
ペンサコラ基地での最初の日に、彼は教官の助けも借りずに単独飛行を行い、ペンサコラ一のパイロットであることを証明した。
教官達は彼を太平洋の戦場にある米軍航空母艦の戦闘機パイロットとして送り込むことを、即決した。
航空母艦に配属されたその最初の日、彼は戦闘に飛び立ち、誰の手も借りずに日本のゼロ戦を6機撃墜した。
彼はさらに2万フィート(6千メートル)上空まで上昇し、さらに9機の敵機を発見し、これも全て撃ち落としてしまった。
燃料が切れそうになったので、彼は機体を下げて航空母艦の回りをグルっと回ってから完璧に着艦した。
キャノピー(風防)を開けると戦闘機から降りて、駆け足で上官のところに行くと、サッと敬礼して報告した。
「上官殿、初日の戦闘結果はいかがでありましょうか?」
上官はクルリと振り向くなり告げた。「オマエワ、一ツダケ、オオーキナ、間違イヲ犯シタヨ」

英文のvery がvellyに、importantがimpoltantになっているのに気が付きましたか?
LとRの発音が区別出来ない上官とは、日本人なのです。
つまりこのアメリカ人の撃墜王(エース)は、敵の航空母艦に着艦してしまったのです。

36-16 Cop on Horseback
 A
cop on horseback is at a traffic light, and next to him is a kid on his bike .
The cop says to the kid, "Nice bike you got there. Santa bring that to you?"
The kid says, "Yeah."
The cop says, "Tell Santa next year to put a taillight on that bike."
The kid says, "Nice horse you got there. Did Santa bring that to you?"
The cop says, "Yeah."
The kid says, "Well, tell Santa next year to put the dick underneath the horse, instead of on top."

 騎馬警官
 交通信号の場所にいる騎馬警官の横に自転車に乗った子供が止まった。
警官は子供に向かって、「素敵な自転車だね。サンタが君にくれたのかい?」と声をかけた。
「そうだよ」と子供が答えたので、「じゃ、来年はテールライト(自転車の後ろにつけるライト)を運んでもらうようサンタに頼むと良いね」と言った。
子供は彼に向かって、「素敵な馬に乗っているね。サンタがあなたにくれたの?」と言った。
警官が「そうだよ」と答えると、子供はこう言った。「じゃ、来年は馬の上じゃなくて下にdickをつけてもらうように、サンタに頼んだら?」

Dickには(1)penisオチンチン、(2) cop 警官(=policeman)という二通りの意味があります。
警官に「来年はサンタにテールライトをもらったら」と言われたので、
この子は「来年はサンタにたのんで、dickを馬の上(警官)じゃなくて馬の下(オチンチン)に付けてもらったら?」と言い返しました。
ませたガキです。

36-17 May I park here?
"May I park here?" I asked a policeman.
"No!" replied the policeman.
"But officer, what about all those other cars?" I pouted.
"They didn't ask," replied the policeman.

 駐車しても良いですか?
「ここに駐車しても良いですか?」と私が警察官に尋ねると、「ダメ!」と警察官が答えた。
「お巡りさん、それじゃここに駐車している他の車はどうして良いわけなんです か?」と私は口をとがらせると、警察官は「この人たちは私に尋ねなかったらからね」、と答えた。

黙って駐車すれば見逃すけれど、『駐車しても良いか』と聞かれれば
『規則だからダメ』と言うしかないね、と言っています。

36-18 Cessna
 Y
ou've all heard of the Air Force's ultra-high-security, super-secret base in Nevada, known simply as "Area 51?"
Well, late one afternoon, the Air Force folks out at Area 51 were very surprised to see a Cessna landing at their "secret " base.
They immediately impounded the aircraft and hauled the pilot into an interrogation room.
The pilot's story was that he took off from Vegas, got lost, and spotted the Base just as he was about to run out of fuel.
The Air Force started a full FBI background check on the pilot and held him overnight during the investigation.
By the next day, they were finally convinced that the pilot really was lost and wasn't a spy.
They gassed up his airplane, gave him a terrifying "you-did-not-see-a-base" briefing, complete with threats of spending the rest of his life in prison, told him Vegas was that-a-way on such-and-such a heading, and sent him on his way.
The next day, to the total disbelief of the Air Force, the same Cessna showed up again.
Once again, the MP's surrounded the plane...only this time there were two people in the plane.
The same pilot jumped out and said, "Do anything you want to me, but my wife is in the plane and you have to tell her where I was last night!"

 セスナ機
 あなた方は空軍のネバダ州にある警戒厳重な最高機密基地、「エリア51」とだけ知られている場所のことを知っているだろうか?
ある日の午後遅く、エリア51に勤務している空軍の連中は、彼等の秘密の基地に一台のセスナが着陸した事に大変驚かされた。
彼らはすぐにこの飛行機を押収し、操縦していたパイロットを引きずり下ろすと、尋問室へ放り込んだ。
セスナのパイロットが言うには、彼はラスベガスから飛び立ち進路に迷 い、燃料切れになる寸前にこの基地を見つけ、緊急着陸したと言う事だった。
空軍はFBIにこの男の完全な身辺調査をさせ、その間一晩彼を拘束した。
次の日までには空軍関係者はこのパイロットが本当に迷っただけでスパイでは無い、と納得した。
そして彼の飛行機に燃料を給油し、「お前は一切何も見なかったんだ。いいな!」ということをこの男に無理矢理約束させた。
さらに「このことを喋ると一生牢屋暮らしだぞ」と脅し、ラスベガスの方向はあっちで、こういうに飛び方で行くんだと説明し、ようやく彼を釈放した。
次の日、空軍にとっては完全な驚きだが、同じセスナがまた現れた。
もう一度、軍警察(MP)は飛行機を取り囲むと、今度は飛行機に二人の人間が乗っていた。
昨日と同じパイロットが飛び出して来て言った。
「俺に何をしてもいい、 だけどうちの女房に俺が昨日の夜どこにいたかを説明してくれ!」

空軍の脅しよりも、一晩家に戻らなかったことを奥方に責められる方が辛かったのです。

36-19 Classism
 D
uring training exercises, a lieutenant, who was driving down a muddy back road, encountered another jeep stuck in the mud with a red-faced colonel at the wheel.
"Your jeep stuck, sir?" asked the lieutenant as he pulled alongside.
"Nope," replied the colonel, coming over and handing him the keys, "Yours is."

 階級差別
 演習訓練中ある中尉が運転するジープが、泥道で動けなくなっている一台のジープに遭遇した。
泥道に突っ込んだジープは怒りで顔を真っ赤にした大佐がハンドルを握っていた。
中尉はその横に自分のジープを停めると、「閣下、閣下のジープが動けなくなってしまったのですね?」と尋ねた。
「違う!」と答えた大佐は、自分の車から降りて中尉のジープまで歩いてくると、自分の車の鍵を中尉に渡して「お前のジープが動けなくなったんだ!」と言った。

軍隊の序列は星の数(階級章)。
上の人(大佐)に「お前のはあっちの動けなくなっ ている車だ」と言われたら、
下の人(中尉)は自分の車を明け渡すしかありませんね。

36-20 New hat has been ruined
 T
he police officer didn't know how to tell the awful news to the woman.
When she answered the doorbell, he said, "Mrs. Daniel, I'm Officer Smith. And you know that new hat you bought your husband?"
"Yes?" she said.
"Well, it's been ruined."
"Ruined how?"
The officer replied, "A safe from the 5th floor fell on it."

 新しい帽子が駄目になりました
 警察官はどうやってこの恐ろしいニュースをその女性に伝えてよいか、悩んでいた。
ドアベルを押すと「どなた?」と彼女が答えたので、「ダニエル夫人、私は警察官のスミスです。あなたが御主人にプレゼントなさった新しい帽子を覚えていらっしゃいますか?」
「えぇ」とダニエル夫人は答えた。
「実は、その新しい帽子が駄目になりました」とスミスが言うと、「駄目になったって、どうやって?」と彼女が聞いてきた。
スミス は「その帽子の上に、5階から金庫が落ちて来たんです」と答えた。

つまりその帽子を被っていた彼女の夫も、5階から落ちてきた金庫の下になり、
潰されて死んでしまったということです。

#36-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜50


*  
*