●Kazさんのページ

#36. Police & Army

#36-1〜1011〜20・21〜3031〜4041〜50
36-21 Taliban fighters
 A
Taliban commandant was sitting in a cave when he hears over a dune the voice of one American solider: "One American solider is better then 10 Taliban figh ters" so the Taliban angry sent over ten of his high-ranking soldiers.
After a lot of gun fire and yelling and screams of agony the Taliban heard the voice again.
"One American solider is better then 100 Taliban fighters" So the Talib an sends over 100 of his highest ranked soldiers sure of victory.
After a lot of gun fire and yelling and screams of agony the Taliban heard the voice again.
"One American solider is better then 1000 Taliban fighters"
So the Taliban sent his toughest, meanest, personal guards over the dune.
After hundreds of bullets fired, and explosions and the screaming and crying, it was over.
The Taliban now wondering what happened goes over the dune where he finds a wounded Taliban solider who says, "Don't send anymore men. It's really a trap. There really is two of them!"

 タリバン兵士 (アフガニスタンの反米ゲリラ)
 タリバンの司令官が洞窟の中で座っていた時、はるか向こうの砂丘から、「タリバンの兵士十人なんて、アメリカ軍兵士一人で充分だ」というアメリカ兵士の声が聞こえて来た。
タリバン司令官は怒って、戦闘能力が高い兵士を十人派遣した。
銃声が鳴り響き、ワァーと言う突進する声と、苦しみにもがくタリバン兵士の声が聞こえた。
その後あのアメリカ兵士の声が再び聞こえて来た。「タリバンの兵士百人なんて、アメリカ軍兵士一人で充分だ」
そこでタリバン司令官は戦闘能力が最高クラスの兵士を百人派遣した。
当然自分達の勝利を信じていたが、もの凄い銃声と突撃の叫びとタリバン兵士の断末魔の叫び声の後に、またしてもあの声が聞こえて来た。
「タリバンの兵士千人なんて、アメリカ軍兵士一人で充分だ」
タリバン司令官は意を決して、最強で狡猾極まりない親衛隊兵士一千人を砂丘に向けた。
数百発の銃声とあちこちに上がる爆発音と、ウォーという雄叫びと、ギャーという悲鳴の声が入り混じり、全てが終わった。
結果がどうなったか気になるタリバン司令官は自ら砂丘の方角へ歩いていった。
そこに横たわっていた瀕死のタリバンの兵士が司令官にこう呻いた。
「もうこれ以上兵士を送らないで下さい。こいつは罠です。あいつら一人じゃない、二人なんです…」

それにしてもアメリカ兵士二人に、最強のタリバン親衛隊一千人が壊滅させられてしまうなんて発想は、
アメリカ人が喜びそうなジョークです。

36-22 NO SEX SINCE 1955
 A
crusty old Marine Sergeant Major found himself at a gala event hosted by a local liberal arts college.
There was no shortage of extremely young idealistic women in attendance, one of whom approached the Sergeant Major for conversation.
"Excuse me, Sergeant Major, but you seem to be a very serious man. Is something bothering you?"
"Negative, ma'am. Just serious by nature."
The young lady looked at his awards and decorations and said, "It looks like you have seen a lot of action."
"Yes, ma'am, a lot of action."
The young lady, tiring of trying to start up a conversation, said, "You know, you should lighten up a little. Relax and enjoy yourself."
The Sergeant Major just stared at her in his serious manner.
Finally the young lady said, "You know, I hope you don't take this the wrong way, but when was the last time you had sex?"
"1955, ma'am."
"Well, there you are. You really need to chill out and quit taking everything so seriously! I mean, no sex since 1955!"
She took his hand and led him to a private room where she proceeded to "relax" him several times.
Afterwards, panting for breath, she leaned against his bare chest and said, "Wow, you sure didn't forget much since 1955!"
The Sergeant Major, glancing at his watch, said in his serious voice, "I hope not, it's only 2130 now."

 1955以来セックスをしていない
 年を取って気難しそうな海兵隊上級曹長が、地元の文化系大学が主催する祝賀パーティに招待された。
パーティ会場には若くはピチピチした美しい女性が、あちこち侍っていてその中の一人が、この上級曹長に話しかけてきた。
「海兵隊員さん、ちっとも楽しんでいないみたいですけど、何か気になることでも有るんですか?」
「いや、お嬢さん、別に不満はないよ。ただ私は生まれつき真面目なだけさ」と曹長が答えた。
若い女性が曹長の服を見ると沢山の勲章が着けてあるので、「素晴らしい戦歴をお持ちですね」と言うと、「ええ、お嬢さん、あっちこっちで戦いましたよ」と曹長が答えた。
彼女はこのクソ真面目な曹長と話を続けることにうんざりして、「ねぇ、もうちょっと明るく振る舞えないの?もっとリラックスしましょうよ」と言うと、曹長は彼女の顔を生真面 目そうにじっと眺めただけだった。
場が持たなくなった若い女性は、思い切ってこう話しかけた。「ねぇ、誤解したり気分を悪くされると困るんだけど、あなたが最後にセックスしたのはいつのこと?」
「1955だね、お嬢さん」
「あー、やっぱりね。少し落ち着いてね。何でもクソ真面目に考え過ぎよ!1955年以来セックスを全くしていないなんて…」
彼女は曹長の手を握ると、パーティ会場の裏にある「個室」に連れて行って、このクソ真面 目曹長を「リラックス」させる行為に及んだ。
数回の行為で彼女はハァハァ息をはずませ、彼の胸に身体を乗せたまま「うわぁ、1955年以来というのに、あなた、やり方をちっとも忘れていないのね」と言った。
曹長は腕時計を見ながら、相変わらず生真面目な言い方で答えた。「忘れていないと思うね。だって今は21時30分じゃないか」

海兵隊上級曹長が1955と言ったのは、1955年ではなく19時55分、即ち午後7時55分という意味だったのです。
つまりその日その時間に曹長はセックスをしていて、同情してくれた若い女性の誘いに乗って、
個室で再び数回セックスをして終わったのが21時30分 だったということです。

36-23 New recruit
 A
s the family gathered for a big dinner together, the youngest son announced that he had just signed up at an army recruiter's office.
There were audible gasps around the table, then some laughter, as his older brothers shared their disbelief that he could handle this new situation.
"Oh, come on, quit joking," snickered one.
"You didn't really do that, did you?"
"You would never get through basic training," scoffed another.
The new recruit looked to his mother for help, but she was just gazing at him.
When she finally spoke, she simply asked, "Do you really plan to make your own bed every morning?"

 新兵応募
 一家揃って夕食の時、一家で一番若い男の子が軍隊の新兵応募事務所に行って、入隊の手続きをしてきたと皆の前で発表した。
テーブルの周りの家族全員が一瞬息を呑んで、やがてプーっと全員で笑い出した。
彼の兄は他の家族同様、弟の取った行動が信じられないといった口調で、「おいおい、悪い冗談だろ?」とクスクス笑った。
「お前に軍隊生活なんて務まるわけがないだろう」
別の兄は「お前は基礎訓練だって無事終えることは疑わしいぜ」と鼻先で笑った。
新兵に応募した末っ子は母親に助けを求める目付きをしたが、母親はじっと彼のことを見つめたままだった。
最後にポツリとひとこと末っ子に言い聞かせた。「大体、あなた毎朝自分のベッドをきちんと畳めるの?」


36-24 Smoking Dope
 T
wo young guys were picked up by the cops for smoking dope and appeared in court on Friday before the judge.
The judge said, "You seem like nice young men, and I'd like to give you a second chance rather than jail time. I want you to go out this weekend and try to show others the evils of drug use and get them to give up drugs forever. I'll see you back in court Monday."
On Monday, the two guys were in court, and the judge said to the first one, "How did you do over the weekend?"
"Well, your honor, I persuaded 17 people to give up drugs for ever."
"17 people? That's wonderful. What did you tell them?"
"I used a diagram, your honor. I drew two circles and told them the big circle is your brain before drugs, and the small circle is your brain after drugs."
"That's admirable," said the judge. "And you, how did you do?" the judge said to the second boy.
"Well, your honor, I persuaded 156 people to give up drugs forever."
"156 people! That's amazing! How did you manage to do that!"
"Well, I used a similar approach. I drew a large and a small circle. I said, pointing to the small circle, 'This is your asshole before prison.'"

 マリファナ吸飲
 マリファナ吸飲で警察に捕まった二人の若い青年が、裁判を受けるために金曜日に法廷に出頭した。
裁判長はこう言った。「君たち二人共前途有望な青年なので、この先刑務所で過ごすよりも有意義な人生を過ごすためのチャンスを一度だけ与えよう。今週末町の人々にいかに麻薬を吸うことがいかに良くないかを示し、麻薬を吸うことを止めるように多くの人々を説得してみなさい。結果は月曜日に聞こう。」
月曜日にこの二人の青年が裁判所に再び現れたので裁判長が最初の青年に言った。「週末の成果を聞かせてほしい」
「はい、裁判長閣下。私は17人の人間に今後麻薬は一切口にするな、と説得しました。」
「17人だって?それは素晴らしい!どうやって彼等を説得したのかね?」
「裁判長閣下、私は略図を使って説明したのです。二つの円を描いて、大きな円は麻薬を吸う前の脳細胞、小さな円は麻薬を吸った後の脳細胞だ、と言ったんです」、と青年が答えたので裁判長は、「お見事!」と誉めて、横にいた二番目の青年に「さて、君はどうだったかね?」と尋ねた。
「裁判長閣下、私は156人の人間に麻薬を止めさせました。」
「156人?凄い人数だね。一体どうやって説得したのかね?」
青年は答えた。「ええ、同じようなやり方ですよ。大きな円と小さな円を二つ書いて、小さい円を指さしながら『こいつは麻薬で捕まって刑務所に入れられるまえのあんたの肛門の大きさだ』、と言ったんですよ」

二番目の青年は、
「刑務所に入れられると刑務所仲間に強姦されて肛門がこんなに大きくなってしまうんだ」と、
恐怖感を与えて麻薬を止めるよう説得したのです。

36-25 Women's Battalion
S
ir, Would you command Pakistani Women's Battalion?
Salaam!
Russian Army (ロシア軍)
US Army (アメリカ軍)
North Korean Army (北朝鮮軍)
Pakistani Army (パキスタン軍)

 パキスタン女性兵士軍団
 閣下、パキスタン女性兵士軍団を指揮していただけますか?
神の栄光あれ!


36-26 Don't say to a cop
 D
o not to say the following comments to a cop when he pulls you over.
1. Hey, you must have been doing 125 to keep up with me, good job.
2. Hey, is that a 9mm? That's nothing compared to this 44 magnum.
3. I was going to be a cop, but I decided to finish high school instead.
4. Is it true that people become cops because they are too dumb to work at McDonalds?
5. You know I am a tax payer. I pay your salary.

 警官に言ってはいけないこと
 あなたが運転中に警官から交通違反の疑いで車を止めるように指示された時、以下のようなことを言ってはいけませんよ。
1.へぇ、君は僕の車に追いつくために時速125マイル(=約200km)で走ってきたんだ。大したものじゃないか。
2.え、その拳銃は9mm口径かい?この44mmマグナム拳銃に比べればどうってことないじゃないか。
3.僕は警官になろうかなぁとも考えたんだけど、まぁ高校を卒業する方を優先したんだ。
4.警官っていうのは、マクドナルドで働けない位鈍い奴しかならないって、ホントかい?
5.僕は税金払っているんだぜ。つまり僕が君の給料を払っているようなものだろ?


36-27 Please show the I.D
 T
his guy walked into a little corner store with a shot gun and demanded all the cash from the cash drawer.
After the cashier put the cash in a bag, the robber saw a bottle of scotch that he wanted behind the counter on the shelf.
He told the cashier to put it in the bag as well, but the cashier refused and said "Because I don't believe you are over 21."
The robber said he was, but the clerk still refused to give the scotch to him because he didn't believe him.
At this point the robber took his drivers license out of his wallet and gave it to the clerk.
The clerk looked it over, and agreed that the man was in fact over 21 and he put the scotch in the bag.
The robber then ran from the store with his loot.
The cashier promptly called the police and gave the name and address of the robber that he got off of the license.
They arrested the robber two hours later. (This is a true story.)

 身分証明書を見せて下さい
 ショットガンを持った男が町の小売商店に強盗に押し入ると、現金出納レジに入っている全額を寄こせと店員を脅した。
レジ係の店員が現金を全部袋に詰めて強盗に差し出すと、強盗はレジ係の後ろの棚に置かれているウイスキーのボトルをチラと見て、「そのウイスキーのボトルも、袋に詰めろ」と命じた。
しかしレジ係は「あなたは21歳以上とは思えませんので、法律により酒類を渡すことは出来ません」と拒んだ。
強盗は「俺は21歳以上だぜ」と言ったが、店員は「証拠を見るまでは信じられませんね」とスコッチウイスキーのボトルを渡すことを拒み続けた。
仕方ないので強盗は自分の財布の中から運転免許証を取り出すと、店員に渡した。
店員はそれをじっと見てから「間違いないです。あなたは21歳以上だ」と言って、スコッチウイスキーのボトルを現金を詰めた袋に入れた。
強盗は戦利品をかかえてこの店から走り去ったが、この店員は直ぐに強盗の運転免許証に書かれていた氏名と住所を警察に通報し、警察は2時間後にこの強盗を逮捕したそうです。
これは実話です。


36-28 White-collar crime
 A
stockbroker was nervous about being in prison because his cell mate looked like a real thug.
"Don't worry," the gruff-looking fellow said, "I'm in here for a white-collar crime, too."
"Well, that's a relief," said the stockbroker, sighing. "I was sent to prison for fraud and insider trading."
"Oh, nothing fancy like that for me." The convict grinned.
"I just killed a couple of priests."

 ホワイトカラー犯罪
 株式仲買人は刑務所で同部屋となった、見るからに悪人面をした男に恐れをなしてオドオドしていた。
「心配するなって、俺もホワイトカラー犯罪(white-collar crime)でここに入れられたんだから」、と凶暴そうな男は彼に言った。
「あぁ良かった」と株式仲買人は安堵のため息をもらして、「僕は詐欺とインサイダー取引の罪で、この刑務所入りとなったんですよ」と言った。
悪人面した男が「そいつは俺のケースみたいに派手じゃないな」、と歯をむき出しながらニヤニヤ笑った。
「俺は(白襟の服を着ている)神父を何人か殺したんだけどね」

White-collar crimeとは白い襟を着ている男(=ワイシャツで仕事をするビジネスマン)が行う犯罪という意味で、
通常は詐欺・インサイダー取引・横領などの罪で殺人・強盗などの荒っぽい犯罪とは一線を画します。
けれどこの同部屋の凶暴男がwhite-collar crimeと嘘ぶいているのは、神父殺人のことなのです。

36-29 Video race
 K
owalski and Kulinski were watching horse race video.
As the race was about to begin, Kowalski said, "I'll bet you $10 that No. 7 wins the race."
"You've got a deal," said Kulinski, shaking the other's hand.
No.7 did win, but when Kulinski offered $10 bill, Kowalski refused it, saying "You don't have to pay me.
I watched this video yesterday."
"So did I," said Kulinski, "and I didn't think the same horse could win two days in a row."

 ビデオ再生レース
 コワルスキーとクリンスキーがビデオデッキで競馬を見ていた。
レーススタート直前にコワルスキーが「10ドル賭けないか?俺は7番の馬が勝つと思う」と、提案した。
「その賭けに乗った!」とクリンスキーはコワルスキーの手を握って言った。
レースは7番の馬が勝った。負けたクリンスキーが掛け金の10ドルを支払おうとすると、コワルスキーは受取を拒んで「僕に払う必要はないんだよ。実は僕はこのビデオを昨日見ていたんだ」、と言った。
「実は僕もそうなんだ」、とクリンスキーが答えた。「だけど、まさか同じ馬が二日続けて勝つとは思わなかったものだから(7番の負けに賭けたんだよ)…」

ビデオの結果を知っていて、翌日同じビデオを見たら
勝負が変わると思っているんですから、ノー天気もいいところですね。

36-30 If I ever needed help
 W
hile taking a routine vandalism report at an elementary school, I was interrupted by a little girl about 6 years old.
Looking up and down at my uniform, she asked, "Are you a cop?"
"Yes," I answered and continued writing the report.
"My mother said if I ever needed help I should ask the police. Is that right?"
"Yes, that's right," I told her.
"Well, then," she said as she extended her foot toward me, "would you please tie my shoe?

 助けが必要になったら
 小学校が落書きのいたずらで困っているという連絡を受けて、構内を調べていた私に6歳位の少女が近付いてきて、私の制服を上から下まで見つめて「あなた、警察官でしょ?」と尋ねた。
「そうですよ」と私が答え、なにかいたずらの件で報告してくれるのかと期待していると、「助けが必要になったら、いつでも警察官にお願いしなさいって、ママがいつも私に言うんだけど、それって正しいことかしら?」
「そう、正しいことですよ」と私が彼女に答えた。
「じゃぁ、お願い!」と彼女は片足を私の前に出して言った。「靴紐、結んでちょうだい!」

#36-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜50


*  
*