●Kazさんのページ

#36. Police & Army

#36-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜50

36-31 It belongs to the guy behind me
 T
he sergeant put his troops through a drill, at the end of which they lined up three rows.
Walking down the line, the sergeant stopped in front of each soldier, whacked him on the chest with his baton, and barked, "Did that hurt, soldier?"
"No, sir," answered the private.
"Why not?" yelled the sergeant.
"Because I'm a United States Marine, sir!" came the reply.
Continuing on, the sergeant saw a huge penis sticking out of the line and proceeded to whack it with his baton.
"Did that hurt, soldier?" he barked.
"No, sir," answered the private.
"And why not?"
"Because it belongs to the guy behind me, sir!"

 こいつは私の後列の男の持ち物であります
 軍曹が自分の部隊の新兵達を訓練していた。
訓練の終わりに兵達を三列に並ばせ、列の脇を歩きながら一人一人の兵士の前で足を止め、その男の胸を指揮棒でピシャリと叩いて「貴様、これが痛いか?」と大声でわめく。
「いいえ、痛くありません、上官殿!」と新兵が答えるので、「なぜ痛くないのだ!」と軍曹は噛みつかんばかりの怒声を浴びせる。
「ハ、上官殿、自分はアメリカ合衆国の海兵隊員でありますから、痛くありません!」と答えが戻ってくる。
これを一人一人繰り返していると、列の間から大きなペニスが突き出しているのが目に入った。
軍曹はそのペニスの前まで歩いて近付くと、その逸物を指揮棒で思い切り叩いた。
「貴様、これが痛いか?」と大声で聞くと、新兵は「いいえ、痛くありません、上官殿!」と答えたので、「なぜ痛くないのだ!」と軍曹は叫んだ。
「ハ、上官殿、こいつは私の後列の男の持ち物だからであります!」


36-32 Change our underwear
 T
he soldiers had been in the field for two weeks when the sergeant said, "Boys, I've got good news and bad news. The good news is that today we're going to change our underwear."
The troops start cheering wildly.
"Now the bad news," continued the sergeant.
"Smith, you change yours with Jones. Todd, you change yours with Murphy! And…."

 下着の交換
 二週間も戦線に張り付きっぱなしの兵士達に、軍曹が「良い知らせと悪い知らせがある。良い知らせとは、今日、我々は下着を交換出来ることになった」と言った。
兵士達は声を上げて大喜びした。
「さて、悪い知らせだが」と軍曹は続けた。「スミス、君は君の下着をジョーンズと交換しろ。トッド、君はマーフィと下着交換だ。次は…」


36-33 Simpletons
 T
ony and Jim have been conscripted into the U.S. parachute regiment.
As they prepare for their first jump, the instructor explains that it's very simple.
"You jump from the aircraft, count to twenty, and press the button on the left hand side of your pack. The parachute then opens. If it should fail to open, count again to twenty and press the button on the right hand side of your pack. The reserve chute will certainly open. When you land, a car will be waiting to take you back to base."
Tony and Jim jump, count to twenty and press the buttons on the left hand side of their packs.
Their chutes fail to open.
They count again to twenty and press the buttons on the right hand side of their packs.
The reserves fail to open.
Tony then shouts over to Jim; "You'll see, when we land there won't even be a car waiting for us."

 間抜け達
 トニーとジムが米軍パラシュート部隊に徴兵入隊した。
最初のパラシュート降下訓練の時、教官が「この訓練は非常に簡単だ」と、次の通り説明した。
「飛行機から飛び降りたら数を20数えろ。そして装置の左についているボタンを押せ。そうすればパラシュートが開く。もしそれでパラシュートが開かなかったら、もう20数えてから右についているボタンを押せ。予備のパラシュートが間違いなく開く。お前達が着地したら、そこにはお前達を基地まで連れ戻すために、車が迎えに来る」
そこでトニーとジムは飛行機から飛び降りた。
そして数を20数えて左のボタンを押したが、パラシュートは開かなかった。
二人はもう20数えてから右のボタンを押した。しかし予備のパラシュートも開かなかった。
トニーはジムに向かって怒鳴った。「なぁ、見たか?この調子なら着地しても車は迎えに来ないぞ」

二つのパラシュートが開かず落下しているのに、
無事着地して迎えの車が来るかどうかを心配している二人は、本当に間抜け達ですね。

36-34 Sergeant
 T
he army sergeant called for his morning formation and lined up all the troops.
"Listen up, men," said the sergeant.
"Johnson, report to Personnel to sign some papers. The rest of you men report to the motor pool for maintenance. Oh, by the way, Rudkin, your mother died. Report to the commander."

 Later that day, the captain called the sergeant into his office.
"Hey, Serge, that was a pretty cold way to inform Rudkin that his mother died. Could you be a bit more tactful next time?"
"Yes, sir," answered the sergeant.

 A few weeks later, the captain called the sergeant in again, saying, "Serge, I just got a telegram that Private Fogle's mother died. You'd better go tell him and send him in to see me. This time, you know, be more tactful. Right?"
"Yes, sir," answered the sergeant.

 So he called for his morning formation.
"Okay, men, fall in and listen up. Everybody with a mother, take two steps forward. Not so fast, Fogle!"

 軍曹
 軍曹が今朝も部下を一列に並べて命令していた。
「よく聞け、ジョンソン、お前は人事部に出頭して必要書類にサインを貰って来い。残りは全員で車両倉庫に行って車両整備にかかれ。それからラドキン、お前の母親は死んだ。司令部へ出頭しろ」

 その日の午後、大尉が軍曹を自分の部屋に呼び出した。
「なぁ、軍曹、お前が今朝ラドキンに母親の死を伝える言い方は、ちょっと冷た過ぎなかったか?次にこういうことが起こった時は、もう少し相手に配慮した言い方をしろ」と大尉に言われた軍曹は、「はい、かしこまりました!」と返事した。

 数週間後大尉が軍曹を呼び出し、「軍曹、実は新兵のフォーグルの母親が死んだという電報が届いたんだ。奴の所に行ってそのことを伝え、わしの所に出頭するよう命じろ。ただし、わかっているだろうが、今度はもっと相手の気持ちを慮った言い方をしろよ」と言った。
「わかっております!」と軍曹は答えた。

 いつもの朝の訓練で部下を一列に並べた後、軍曹は「よろしい、休め。よく聞け。母親がいる者全員、二歩前へ出ろ!あ、フォーグル、お前はそんなにすぐ前に出なくてよろしい!」


36-35 I’ll never stand in line again
 "Well," snarled the tough old sergeant to the bewildered private.
"I suppose after you get discharged from the Army, you'll just be waiting for me to die so you can come and spit on my grave."
"Not me, Serge!" the private replied.
"Once I get out of the Army, I'll never stand in line again!"

 列に並ぶことなどしません
 古参で頑固な鬼軍曹が、当惑顔の新兵に吠えるような声で叫んだ。
「いいか、お前は除隊したら、俺が戦死したという知らせをいずれ聞くことになるだろう。その時は俺の墓に唾をかけたって構わんぞ!」
「軍曹、私はそんなことしません」と、その新兵は答えた。
「私は軍隊を離れたら、列に並ぶことなどしませんよ」

この鬼軍曹は、それほど新兵達に嫌われているということです。

36-36 Go on
 A
thief broke into the local police station and stole all the toilets and urinals, leaving no clues.
A spokesperson was quoted as saying, "We have absolutely nothing to go on."

 オシッコする
 泥棒が地方警察署に盗みに入り、手がかりを全く残さずにトイレットの便器をすべて持ち去ってしまった。
警察担当者は次の様にコメントした。「全く持って窮余している。泥棒の手がかりもないしオシッコすることも出来ないし・・・」

To goというのはスラングで"小便に行く"という意味です。
ここで nothing to go onというのは
(1)泥棒を追いつめる手がかりがない、(2)小便をしようにも行くばしょがない、と二つの意味にかけています。

36-37 Draft dodger
 A
young man is having a physical examination at a military hospital, but he doesn't want to get into the army.
So when the medical officer says "Sit down on this chair," he replies
"Chair? What chair?"
The doctor says, "Here, please sit down. Now look at the eye chart."
The young man says, "Chart? What chart?"
The eye doctor tells him "Your eyes are very bad. We can't enroll you in the army."
The young man is very happy and decides to go to a movie.

 When the lights come on in the theater, he sees that eye doctor sitting next to him!
The medical officer stares at him quizzically and says, "If I'm not mistaken, you'rethe guy…."
The young man promptly interrupts the doctor's question by saying "Excuse me, ma'am, What time does this bus arrive in New York?"

 徴兵忌避者
 若者が徴兵身体検査を受けていたが、彼は兵役に就きたくなかったので、軍医が「この椅子にかけたまえ」と言った時、「椅子?椅子ってどこにあるんですか?」と答えた。
「ここにあるだろう。さぁ座って視力検査表を見て」と軍医に言われると、「検査表?それどこに有るんですか?」と若者は聞いた。
軍医は「君は目が相当悪いようだな。兵隊には向かないな」と彼に告げた。
若者は大喜びで、これから映画に行こうと思った。

 映画館の灯りがついて彼の隣の席を見ると、なんと先程の軍の眼医者が隣に座っていた。
軍医は彼のことを疑わしそうな目付きで見つめると、「君は確か、さっき・・」と言いかけた。
若者は咄嗟にこう口走り、質問を遮った。「失礼、奥様。このバスがニューヨークに着くのは何時でしょうか?」


36-38 Laziest man
 A
Sergeant was addressing a squad of 25 and said:
"I have a nice easy job for the laziest man here. Put up your hand if you are the laziest."
24 men raised their hands and the sergeant asked the other man "why didn't you raise your hand?"
The man replied: "Too much trouble raising the hand, Serge."

 一番の怠け者
 軍曹が25人の小隊部員に命令した。
「この中で一番怠け者な兵士に、簡単で楽な仕事を与えようと思う。吾こそ一番の怠け者と思う物は手を挙げよ!」
24人の兵士が手を挙げたので、軍曹は残りの1人の兵士に尋ねた。
「なぜお前は手を挙げなかったんだ?」
その兵士は「だって、手を挙げるのもかったるかったからですよ、軍曹殿」と答えた。


36-39 GI Insurance
 S
ergeant Jones was assigned to the induction center where he advised new recruits about their GI insurance.
It wasn't long before Captain Smith noticed that Jones was having a staggeringly high success-rate, selling insurance to nearly 100% of the recruits he advised.
Rather than ask about this, the Captain stood in the back of the room and listened to Jones' sales pitch.

 Jones explained the basics of the GI Insurance to the new recruits, and then said:
"If you have GI Insurance and go into battle and are killed, the government has to pay $200,000 to your beneficiaries. If you don't have GI insurance, and you go into battle and get killed, the government only has to pay a maximum of $6000. Now," he concluded, "which group do you think they are going to send into battle first?"

 兵士保険
 ジョーンズ軍曹は徴兵事務所に配置され、そこで新兵達に兵士保険について説明する任務に就いた。
上司であるスミス大尉は、すぐにジョーンズが驚くべき確率−ほぼ100%−で、兵士保険加入勧誘に成功していることに気付いた。
そこで大尉はどうやってそんなことが出来るのかと直接彼に聞くより、実際にジョーンズの勧誘方法をこっそり後ろに隠れて聞いてみることにした。

 ジョーンズは兵士保険の基本的しくみについて一般的説明をした後に、新兵達にこう言った。
「兵士保険に加入して戦場で戦死した場合は、政府は20万ドルを君の保険金受取人に払う。もし兵士保険に加入せずに戦場で戦死した場合は、最大でも6,000ドルしか払われない。さて、そこでだ」と、ジョーンズは最後の殺し文句に入る。
「君は政府が、どっちの兵士を先に戦場に回そうとすると思うかね?兵士保険に入っている兵士?入っていない兵士?」

保険に入っている兵士が戦場で死ねば、政府はより高い補償をしなければならずコストが高くなるので、
当然保険に入っていない兵士の方を優先して戦場に回すだろうということは、想像に難くありません。
兵士にしてみれば、保険に入れば戦場に回されるのは後回しになるので、生き延びる確率が高くなることもすぐに理解できます。
かくしてジョーンズ軍曹は、抜群の新兵保険勧誘実績を上げることが出来たのです。

36-40 Game warden
 A
game warden was driving down the road when he came upon a boy carrying a wild turkey under his arm.
He stopped his car and asked the boy, "Where did you get that turkey?"
The boy replied, "What turkey?"
The game warden said, "That turkey you're carrying under your arm."
The boy looks down and said, "Well, this turkey is roosted under my arm!"
The game warden said, "Now look, you know turkey season is closed, so whatever you do to that turkey, I'm going to do to you. If you break his leg, I'm gonna break your leg. If you break his wing, I'll break your arm. Whatever you do to him, I'll do to you. So, what are you gonna do with him?"
The little boy thought for a moment and said, "I guess I'll just kiss his ass and let him go!"

 密猟監視人
 密猟監視人が車を走らせていると、野生の七面鳥を手で抱えて歩いている一人の少年に遭遇した。
彼は車を停めるとその少年に尋ねた。
「その七面鳥をどこで捕まえた?」
「え、七面鳥?」と少年がとぼけるので、監視人は「お前が脇の下に抱えているその七面鳥のことだよ」と言った。
少年は脇の下をチラリと見ると、「この七面鳥は僕の腕を止まり木にしているだけだよ」と言い返した。
監視人は「いいか、七面鳥狩猟シーズンはもう終わったんだ。お前がその七面鳥にすることと、同じことを俺がお前にしてやる。もしお前が七面鳥の足を折ったら、俺はお前の足を折る。もしお前が七面鳥の羽を折ったら、俺はお前の手を折る。いいか、お前が七面鳥にやることと、おなじことをお前にやるからな。さぁ、お前は何をするつもりだ?」と言った。
少年は少し考えてから返事をした。
「僕はこの鳥のお尻にキスして、放してやろうと思ってるんだけど」

この少年は「だからあんたも僕のお尻にキスして、そのまま放免してくれよな」、と監視人に言っているのです。

#36-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜50


*  
*