●Kazさんのページ

#37. Polish
polish(ポーランド人)はアメリカンジョークではいつも「間抜け」の代名詞として使われます。
これは恐らくアメリカ大陸への移民の時期が遅く、
英語を習得するのが遅かったことが根底にあるのではないかと思われます。
ブリティッシュジョークではこのポーランド人に相当するのがアイルランド人、或いはウエールズ人となります。

#37-1〜1011〜20・21〜3031〜40

37-21 What are doing here?
 O
ne day a Polish guy comes home from work early and when he enters his house, he hears all sorts of strange noises coming from the second floor bedroom.
He rushes upstairs and finds his wife on the bed, totally naked, sweating, and breathing hard.
"What's going on?" asks the husband.
His wife gasps, "I think I'm having a heart attack!"
The man runs downstairs and is about to dial 911 when his 5-year-old daughter runs up to him and says, "Daddy! Uncle Frank is in your closed with no clothes on!"
The husband throws down the phone and bounds back up the stairs to the bedroom.
He rips open the closet door and there he finds his naked brother hiding behind some clothes.
"Frank, what are you doing here?" he cries.
"My wife is having a heart attack and you're running around naked, scaring my daughter!"
 ここで何をしているんだ?
 ある日ポーランド人の男がいつもより早く仕事を終えて家に戻り、玄関の扉を開いて中に入ると二階にある寝室からドタバタいう妙な音が聞こえた。
彼が急いで二階に駆け上がると寝室のベッドの上に、素っ裸になった彼の妻がハアハア息を切らしている姿が目に入った。
「どうしたんだい?」と彼が尋ねると、「心臓発作が起きたみたい…」と妻が答えた。
彼は急いで一階に走り降りると救急車を呼ぶためダイヤル911を回そうとした。
その時、5歳になる彼等の娘が父親のところに走って来て、「パパ、フランク叔父さんが裸で、パパの洋服ダンスに隠れているよ」と言った。
男は受話器をガチャリと元に戻すと、再び二階の寝室に駆け上がり、洋服ダンスの扉を荒々しく開けた。
確かにそこには一糸まとわぬ彼の弟が、洋服の後ろに隠れていた。
「フランク、お前いったいここで何をしているんだ?」と男は声を張り上げた。
「俺の女房が心臓発作を起こしているっていうのに、お前は素っ裸であちこち逃げまくり、うちの娘を驚かせるなんて…」
このポーランド人の夫は、5歳の娘にいわれても、
何故妻と弟のフランクが全裸でいたのかという状況を、全く掴んでいないようです。

37-22 Polish tennis star
 A
Polish tennis star took a wrong turn in Wimbledon club house and he walked through a door marked "WOMEN'S LOCKER ROOM."
"Hey," a female tennis player pointed at the notice, "Can't you read it?"
"Oh, I don't smoke," he replied.
 ポーランド人のテニス選手
 ポーランド人のテニス選手が、ウインブルドンテニス大会の時、間違えて「女子選手ロッカー」と書かれたドアを開けて、中に入ってしまった。
「ちょっと、あんた」と中にいた女子テニス選手が、入口の看板を指差しながら注意した。「あんた、そこに書いてあること読めないの?」
「あぁ、僕、タバコは吸いませんよ」とそのポーランド人は答えた。
このポーランド人選手は英語が読めないので、
看板に「禁煙室」と書かれているんだろうと思って入って来た、と言い張っています。
ホントは字が読めないということなんでしょうね。

37-23 50-feet long box
 A
Polak went to a carpenter and said, "Can you make a box that is two inches high, two inches wide, and fifty feet long?"
"Hmm...50 feet long. That's a long one," mused the carpenter.
"It could be done, I suppose, but what would you want a box like that for?"
"Well, you see," said the Polak, "my neighbor moved away and forgot his garden hose. So he asked me to send it to him."

 50フィートの長い箱
 ポーランド人が大工の所へやってきて「縦・横がそれぞれ2インチ(約5cm)、長さが50フィート(約15m)の箱を作れるか?」と尋ねた。
「え〜、50フィートの長さだって?それは随分長い箱になるなぁ」と大工が思案顔になった。
「多分作れると思うけど、いったい何を入れるためにそんな長い箱を作るんだね?」と聞くと、ポーランド人が答えた。
「実はね、隣の家族が引っ越したんだけど、その時庭用の散水ホースを置き忘れていったんだ。で、その家の主人が、そのホースを新居に送ってくれっていうもんだから…」

15mのゴムホースだから、クルクル丸めれば小さな箱に収まると思うのですが…

37-24 Polish babies have big heads
 W
hy do Polish babies have big heads?
So they don't fall out during the bridal dance.

 ポーランド人の赤ん坊は頭が大きい
 何故ポーランド人の赤ん坊は頭が大きいのでしょうか?
結婚式のダンスの時、花嫁のお腹から落っこちて来ないためです。

ポーランドでは出来ちゃった結婚ばかりで、結婚式の時に花嫁は臨月だということです。

37-25 Polish suicide
 D
id you hear about the Polack who was found unconscious in his jail cell with 12 bumps on his head?
He tried to kill himself by hanging with a rubber band.

 ポーランド人の自殺
 刑務所の自室で頭に12箇所打撲傷を負って、人事不省になって発見されたというポーランド人の話を聞きましたか?
彼は自殺しようとして、ゴム紐を首吊り用に使ってしまったようです。


37-26 IQ
 W
hat do you call a Polack with a 175 I.Q.?
A village.

 知能指数
 知能指数175のポーランド人を何と呼ぶか?  
村全体


37-27 Muffler
 W
hat did the Polack do when was told that his car needed a new muffler?
He went home and started knitting one.

 マフラー
 ポーランド人が彼の車に新しいマフラーが必要だと言われた時どうしましたか?
家に戻って早速毛糸でマフラーを編み始めました。


37-28 Different answer
 O
ne day while walking down the street, a Pole stops to ask a man what time it is.
"It's three o'clock," is the polite reply.
"Thank you," says the Pole.
"It's funny, but I've been asking that question all day long and every time I get a different answer."

 答えが毎回違う
 ある日ポーランド人が街の中を歩きながら、すれ違う人に時刻を聞いた。
「今3時ですよ」と親切な答えが返ってきた。
「どうも、ありがとう」と言いながらポーランド人は考え込んだ。「おかしいなぁ、一日中同じ質問をしているのだけど、毎回聞く度に答えが違うんだよなぁ…」


37-29 He sent his kid to India
 A
Polack read in the newspaper that it takes 10 dollars a year to support a kid in India.
He sent his kid to India.

 自分の子供をインドへ送った
 あるポーランド人が、インドでは子供一人を養うのに年間10ドルしかかからないという新聞を読んで、自分の子供をインドへ送ったそうです。


37-30 Ghengis Khan
 A
fter centuries of occupation by so many nations including Mongolian invasion, Russian yoke and the notorious Nazis' holocaust, Poland had gone through times as bad as anywhere in Europe.
When his last light bulb burned out, old Stefan knew he'd have to stand in line for two hours at the store.
So he went up into his attic and started rummaging around for an old oil lamp he vaguely remembered from decades ago.
He found the old brass lamp in a corner and started to polish it and suddenly a Genie appeared in cloud of smoke.
"Hello, Master" said the Genie stretching, "for releasing me I will grant you three wishes."
Stefan was astounded but said to the Genie.
"I want Ghengis Khan resurrected. I want him to re-unite his Mongol hordes, march to the Polish border and then he has no argument with the Poles and marches back home."
"Done!" thunders the Genie.
"Your second wish?"
"Ok. I want Ghengis Khan marches back home through Germany."
"Hmmm, if you want. Granted. Your third wish?"
Stefan has a gentle smile, but there's no humor in his eyes and said, "I want Ghengis Khan passes through Russia on his way home from Germany."

 ジンギス汗
 ポーランドは(ジンギス汗とその末裔による)モンゴルの侵略や、ロシアの頸木と言われたほどの搾取、そして悪名高きナチスの大虐殺など、何世紀にも渡って、ヨーロッパ諸国でこんなに酷い経験をした国はないほど、他国に蹂躙され続けてきた。
年老いたポーランド人ステファンは、自宅の最後の電球が切れたが、新しい電球を手にいれるためには店の前で2時間行列待ちしなければならないことを知っていたので、彼は十年以上前に古い石油ランプをしまったことをボンヤリ思い出し、さっそく屋根裏部屋をがさごそ探して、古い真鍮のランプが部屋の片隅に置かれているのを見つけた。
彼が埃だらけのそのランプを磨いていると、突然ポっと煙が立ってランプの精が現れた。
大きく手足を伸ばしながら、ランプの精は「こんにちは、ご主人様。ランプの中から出していただいたお礼に三つの願いを叶えて差し上げましょう」と言った。
ステファンはびっくりしたが、ランプの精にこう言った。
「ジンギス汗を生き返らせてほしい。そしてモンゴルの騎馬軍を再編成して、ポーランド国境まで進攻させてほしい。ただしポーランドとは争いを起こさず、そこから引き返してほしい」
「実現させよう!」とランプの精は大声で言った。
「二番目の願いは?」と聞かれたステファンは、「うん、そのジンギス汗の軍隊は、ドイツを通ってモンゴルへ戻ってほしい」と付け加えた。
「ウーン、それがお望みならば、叶えよう。で、三番目の願いは?」とランプの精が聞いたので、ステファンは微笑みを唇に浮かべたが、冗談でない証拠に目は笑わぬままこう答えた。「ジンギス汗がドイツからモンゴルに戻る際に、ロシアを通過させてほしい」

#37-1〜1011〜20・21〜30・31〜40


*  
*