●Kazさんのページ

#38. Politician

#38-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜50

38-21 Honestly?
 T
he politician was sitting at his campaign headquarters when the phone rang.
He listened intently, and after a moment his face brightened.
When he hung up, he immediately phoned his mother to tell her the good news.
"Ma!!!," he shouted, "the results are in. I won the election!!!"
"Honestly?" his mother replied.
The politician's smile faded. "Aw hell, ma, why bring that up at a time like this?"
 本当に?
 政治家が自分の選挙本部に座って選挙の結果をじっと待っていると、電話が鳴り響いた。
彼は緊張して受話器に耳をそばだてたが、顔がパっと明るくなった。
受話器を置くやいなやこのよいニュースを伝えようと、彼は自分の母親に電話をかけた。
「ママ!」と政治家は電話口で叫んだ。「結果がわかったよ。僕は当選したよ!」
「本当に(Honestl y)?」と母親が答えると、政治家の顔から笑みが消えた。
「ねぇ、ママ、なんでこんな時にそんな話題を持ち出すの?」
母親は「本当に?間違いないの?」というつもりでHonestly?と尋ねたのですが、
息子の政治家は Honestly?を「正直なやり方で当選したの?」と受け取って、
「せっかく喜んでいるところに、そんな嫌な話題を持ち出さなくてもいいじゃないの」と言っているのです。
Smile fadedと言う表現で、この政治家が清い選挙運動だけでなかったことがわかります。

38-22 Government Work
 O
ne day a boy and his father were at the dining room table working on the boy's Social Studies homework, the chapter about government.
The boy turns to his father and asks, "Dad, how many people work in the U.S. government?"
The father replies without hesitating, "Oh, about half of them."
 政府の仕事
 ある日少年とその父親が食堂のテーブルで、「政府の役割」という少年の社会科の宿題を一緒に解いていた。
少年が父親に「パパ、アメリカ政府で働いている人は何人?」と尋ねると、父親は即座に答えた。「あー、たぶんそこにいる人の半分位だね」
政府の役人は1/2以下で充分用が足りるという皮肉です。

38-23 Not a bad profession
"Politics is not a bad profession. If you succeed there are many rewards. If you disgrace yourself you can always write a book." -- Ronald Reagan
 それほど悪い職業ではない
 政治というのはそれほど悪い職業ではない。成功すれば数多くの栄誉・報酬が得られ、失敗して名を汚した時でもそれをネタに本を書くことができるからだ。
(ロナルド・レーガン)
政治家は成功しても、失敗してもどっちに転んでも金になる、と
レーガン元アメリカ大統領は言っています。

38-24 Cold War
 T
alk After about 15 years of cold war between the two Communist countries, the Soviet Union and China, Leonid Breznev finally decided to break the ice and offered to visit China then under the reign of Mao Ze Dong.
After a red carpet recep tion they finally sat down across the table to discuss the rapprochement.
Here's how the conversation went.
Breznev : Well, as an offer of friendship I'll offer you some commodities you may need.
Mao : Thank you Mr. Breznev. We will gladly accept your offer.
Breznev : What do you request then?
Mao : To begin with we would like a billion U.S. dollar in hard currency.
Breznev : (After quickly consulting with his advisors) By all means.
Mao : A million ton of steel.
Breznev : Hmm….okay.
Mao : A million ton of potatoes.
Breznev : (A little surprised) Potatoes? Well, okay.
Mao : Two million tons of rice.
Breznev : (After consulting his advisors) No, I'm sorry that is impossible.
Mao : Why not?
Breznev : (In a condescending tone) You know, they don't grow rice in Poland, Mr. Mao.
 冷戦下の話し合い
 ソ連・中国の共産主義国家同士で15年に渡って冷戦関係が続き、何とかしなければと思ったソ連のレオニード・ブレジネフが、毛沢東政権下の中国を訪れ打開策を図ることにした。
中国で国賓待遇の歓迎受けたブレジネフは、国交再開のためのテーブルについた。
以下のやりとりは中ソ両首脳で実際に交わされた内容である。
ブレジネフ: さて友情を示すため、我が国は貴国が必要とする物資を提供する準備があるということを伝えたい。
毛沢東  : ブレジネフ同志、感謝する。貴君の申し出を喜んで受け取りたい。
ブレジネフ: で、貴国は何を必要とするのか?
毛沢東  : 始めにアメリカドルを現金で10億ドル、我が国に与えてほしい。
ブレジネフ: (彼の側近と急いで相談してから)結構でしょう。お好きなように。
毛沢東  : 鉄鋼を100万トンお譲りいただきたい。
ブレジネフ: エー?わ、わかった。オッケーだ。
毛沢東  : ジャガイモを100万トン援助して欲しい。
ブレジネフ: (少し驚いて)ジャガイモ?よし、わかった。
毛沢東  : 米を200万トン。
ブレジネフ: (側近と相談して)ダメだ、それは無理だ。
毛沢東  : どうして無理なんですか?
ブレジネフ: (やや卑屈なトーンになって)毛主席、あなたはご存じだと思うが、ポーランドでは米を生産しないのでね。
つまり援助物資はすべて衛星国であるポーランドに調達させ、
ソ連は中国に一銭も援助しないと言っているようなものです。

38-25 Roosters & Politicians
 F
armer John was in the fertilized egg business.
He had several hundred young layers (hens) called pullets and ten roosters whose job was to fertilize the eggs.
The farmer kept records and any rooster that didn't perform went into the soup pot and was replaced.
That took an awful lot of his time, so he bought a set of tiny bells and attached them to his roosters.
Each bell had a different tone so John could tell from a distance which rooster was performing.
Now he could sit on the porch and fill out an efficiency report simply by listening to the bells.
The farmer's favorite rooster was old Butch and a very fine speci men he was, too.
But on this particular morning John noticed old Butch's bell hadn't rung at all!
John went to investigate.
The other roosters were chasing pullets, bells a-ringing.
The pullets, hearing the roosters coming, would run for cover.
But to Farmer John's amazement, old Butch had his bell in his beak so it couldn't ring.
He'd sneak upon a pullet, do his job and walk on to the next one.
John was so proud of old Butch, he entered him in the Renfrew County Fair, and he became an overnight sensation among the judges.
The result...The judges not only awarded old Butch the No Bell Piece Prize but they also awarded him the Pullet Surprise as well.
Clearly, old Butch was a politician in the making: who else but a politician could figure out how to win two of the most highly coveted awards on our planet by being the best at sneaking up on the po pulace and screwing them when they weren't paying attention.
 雄鳥と政治家
 農夫のジョンは養鶏業を営んでいた。
彼は"若雌鳥"(pullet)と呼ばれる数百羽の雌鳥と、雌鳥に有精卵を産ませるために十羽の雄鳥を飼っていた。
ジョンは雄鳥の生殖記録をこまめに記録して、働きの悪い雄鳥はスープの出汁にしてしまい、新しい雄鳥を補充していた。
この記録をつける仕事は非常に手間暇がかかるので、ジョンは小さな鈴を買ってきて全ての雄鳥の首にこの鈴を着けた。
この鈴は一個一個違った音を出すので、ジョンはいちいち養鶏場に見に行かなくても、家の前で椅子に座って鈴の音を聞きながら、どの雄鳥がせっせと生殖行為に励んでいるかを記録することが出来るようになった。
ジョンのお気に入りの働き者は「年寄りブッチ」という名の血統も優れた雄鳥だった。
ある朝ジョンは「年寄りブッチ」の鈴の音が全く聞こえないことに驚いて、養鶏場まで様子を見に行った。
他の雄鳥たちは若い雌鳥を追いかけて、異なったベルの音がリンリン鳴り響いていた。
若い雌鳥達は鈴の音で雄鳥が迫って来るのを察知して、必死に逃げ回っていた。
ジョンが驚いたのは次の光景だった。
「年寄りブッチ」は首に付けた鈴を嘴で挟んで音が鳴らないようにして、雌鳥の後ろへ近付き一気に目的を達し、それが終わるとまた音を立てずに別の雌鳥に襲いかかることを繰り返していた。
ジョンは非常に満足して、「年寄りブッチ」を地区の農産物展に出場させることにした。
ブッチのこの賢さには審査員も驚き、ブッチに「No Bell Piece Prize」(鈴を鳴らさずにセックスをする賞)だけでなく、「Pullet Surprise」(若い雌鳥を驚かす賞)を同時に授与する結果となった。
明らかにブッチはこれから出世しようとしている政治家と同じ素質を持っている。なぜなら政治家以外に一体誰が、この地球上で最も高く評価されている二つの賞を同時に獲得することが可能であろうか?、と思われるからである。
即ち、こっそりと国民に忍び寄り、彼等が気がつかないうちに彼等を騙してしまうことで、ノーベル 平和賞(Nobel Peace Prize)とピューリッツア賞(Pulitzer Prize)を同時に獲得出来る人種は、政治家以外にいないからである。
「No Bell Piece Prize」と「Nobel Peace Prize」、「Pullet Surprise」と「Pulitzer Prize」が掛詞になっています。

38-26 The heaviest element known to science
 A
major research institution has recently announced the discovery of the heaviest element yet known to science.
The new element has been named Governmentium(Gv)- it has one neutron, 25 assistant neutrons, 88 deputy neutrons, and 198 assistant deputy neutrons, giving it an atomic mass of 312.
These 312 particles are held together by forces called morons, which are surrounded by vast quantities of lepton-like particles called peons.
Since Governmentium has no electrons, it is inert; however, it can be detected, because it impedes every action with which it comes into contact.
A minute amount of Governmentium can cause an action that would normally take less than a second to take over four days to complete.
Governmentium has a normal half-life of 4 years.
It does not decay, but instead undergoes a reorganization in which a portion of the assistant neutrons and deputy neutrons exchange places.
In fact, Governmentium's mass will actually increase over time, since each re-organization will cause more morons to become neutrons, forming isodopes.
This characteristic of moron promotion leads some scientists to believe that Governmentium is formed whenever morons reach a critical concentration.
This hypothetical quantity is referred to as critical morass.
When catalyzed with money, Governmentium becomes Administratium - an element that radiates just as much energy as Governmentium since it has half as many peons but twice as many morons.
 科学史上最も重苦しい物質
 最近著名な科学研究所が、科学史上最も重い物質を発見したと発表した。
その物質は政府元素(=ガバネンティウムGv)と名付けられ、中性子一個と、補助中性子25個、代理中性子88個、代理補助中性子198個から成り立ち、その結果元素の質量は312となっている。
312の微粒子はモロン(=大馬鹿野郎)と呼ばれる力で互いに結ばれ、ピーオン(=下っ端労働者)と呼ばれるレプトン(=陽電子)状の非常に質量の大きな物質で囲まれている。
ガバメンティウム自身は電子を持たないので活動はしないが、ガバメンティウムと接触する全ての物質の動きを邪魔するため、その動きは察知することが出来る。
通常の元素なら一秒程度しかかからないはずの、ほんのわずかなガバメンティウムの動きでさえも、最低4日はかかるほど動きは鈍い。
ガバメンティウムの半減期は通常4年であるが、半減期を過ぎてもその元素は朽ちることなく逆に、補助中性子と代理中性子がその地位を交換するという組織変更を行いその存続期間を延長する。
ガバメンティウムは減ることなく実際は増殖し続け、さらに多くのモロン(=大馬鹿野郎)を必要とする結果、モロンがイソドープ(=さらなる間抜け)を形成することになる。
このモロンからイソドープへの進化過程が、モロンの危機的飽和状態を生じさせることになると、一部の科学者達は信じている。
この理論的飽和数量はクリティカル・モラス(=どうしようもない阿呆状態)と喩えられている。
さらにお金を触媒に使うことにより、このガバメンティウムは行政元素(=アドミニストゥラティウム)に変化する。
このアドミニストゥラティウム(=行政府)はガバメンティウム(=官庁)に比べピーオン(=下っ端)は半分であるが、モロン(=大馬鹿野郎)の数は2倍なため、ガバメンティウムと同じだけの悪影響を四方にもたらすのである。

38-27 How Government Works
 O
nce upon a time the government had a vast scrap yard in the middle of a desert.
Congress said, "Someone may steal from it at night."
So they created a night watchman position and hired a person for the job.
Then Congress said, "How does the watchman do his job without instruction?"
So they created a Planning Department and hired two people, one person to write the instructions, and one person to instruct the watchman.
Then Congress said, "How will we know the night watchman is doing the tasks correctly?"
So they created a Quality Control department and hired two people.
One to do the studies and one to write the reports to the Congress.

 Then Congress said, "How are these people going to get paid?"
So they created the following positions, a time keeper, and a payroll officer, then hired two people.
Then Congress said, "Who will be accountable for all of these people?"
So they created an Administrative Section and hired three people, an Administrative Officer, Assistant Administrative Officer, and a Legal Secretary.

 Then Congress said, "We have had this command in operation for one year and we are $18,000 over budget, we must cutback overall cost."
So they laid off the night watchman.

 お役所仕事とは
 ある時、政府は砂漠のど真ん中に広大な鉄屑置き場を作った。
議会が「夜中に誰かが鉄屑を盗むかもしれない」と注文をつけたので、政府は夜間警備員を一人雇うことにした。
すると議会が「その警備員は警備マニュアルなしで、どうやって任務を果たすのか?」と質問したので、政府は計画部署を設立し、マニュアルを作成する人間と警備員にそのマニュアルを教えるために、二人の人間を雇った。
また議会が「警備員が夜間にマニュアル通りきちんと行っているか、どうやってチェックできるのか?」と言うので、政府は品質管理部署を設置し、二人の人間を雇った。
一人は警備員の勤務状況をチェックし、もう一人はその結果を報告書にまとめて議会に送るために。

 さらに「これらの必要人員への給与はどうやって支払われるのか?」と議会に質問され、政府は勤務時間管理者、給与事務担当者という役職を作り、新たに二名の人間を雇用した。
そして「これだけ人間が増えたのだから、監督責任が必要だ」という議会の要求に応え、政府は新たに管理部署を設立し、行政監督官、行政副監督官、司法秘書の三人を雇用した。

 ここに至り議会は「この任務遂行のために、年間約18,000ドルの予算が必要となるが、経費削減をあらゆる角度から見直す必要がある」と警告した。
そこで政府は最初に決めた夜間警備員を廃止することにした。


38-28 Potholes
Q: What's the difference between politicians and potholes?
A: People don't usually run over the same pothole more than once.

 地面の窪み
 政治家と地面の窪みの違いは何か?
人は通常同じ地面の窪みに二度はまることはない。


38-29 Promised land
 5000 years ago, Moses said, "Pick up your shovels, mount your asses and camels, and I will lead you to the Promised Land."

 When Welfare was introduced into the U.S. in the 20th century, Roosevelt said, "Lay down your shovels, sit on your asses, and light up a Camel. This is the Promised Land."

 Today, the government has stolen your shovel, taxed your assets, raised the price of Camels and mortgaged the Promised Land to China.

 約束の土地
 5000年前にモーゼは「シャベルを手に取り、ロバ(ass)と駱駝(camel)にまたがりなさい。そうすれば私があなた方を約束の地に連れて行こう」と説いた。

 20世紀アメリカに福祉政策が導入された時、ルーズベルト大統領は「シャベルを置いて、自分の尻(ass)の上に腰掛け、camel煙草に火をつけなさい。これが約束の地なのです」と言った。

 現在では政府があなたのシャベルを盗み、あなたの財産(assets)に課税し、camel煙草の値段を上げ、約束の地であるアメリカを中国の抵当に入れてしまった。


38-30 White House Visitors
 What do you call someone in the White House who is honest, ethical, intellectual, law abiding, and truthful ?
A tourist
.

 ホワイトハウス見学者
 ホワイトハウスの中で正直で倫理を守り、知性が有って、法を守り、信頼出来る人のことを何と呼ぶか?
ホワイトハウス見学者。

#38-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜50


*  
*