●Kazさんのページ

#39. Prostitute

#39-1〜1011〜20・21〜30
31〜40

39-21 I'll rip out the partition
 A
whorehouse madam decides to divide her reception area in half so she'll have another bedroom.
A carpenter puts up a wall and tells her, "That'll be 1500 bucks, Miss."
She takes him by the hand, leads him into the new bedroom, takes off all of her clothes, and lies on the floor.
"I don't have any cash, so I thought you might like to take it out in trade," she says.
The carpenter gets down on the floor and puts his middle finger in her asshole and his thumb in her snatch and says, "All right, lady. Give me my 1500 bucks or I'll rip out the partition."
 仕切りをぶち壊すぞ
 売春宿のマダムが入口の受け付け場所を半分の広さにして、残り半分でもう一部屋商売用の部屋を増やそうと考えた。
大工を呼んできて真ん中を壁で仕切り、寝室を一部屋増やす工事をさせた。
「マダム、工事料金は1500ドルです」と、仕事を終えた大工が言った。
マダムは大工の手を握って、出来たばかりの新しい寝室に彼を連れて行くと、彼女が着ていた服を全て脱ぎ捨てて床の上に大の字になった。
「現金がないので、その代わりに私の身体で支払うけど、どう?」
大工は床にかがみ込むと、人差し指をマダムの肛門に突っ込み、親指を彼女の膣に突っ込んで脅した。
「いいかい、マダム、1500ドル支払ってくれないと、あんたの大事な部分の仕切りをぶち壊すからな!」

39-22 Seniority
 A
fancy car pulls up to the whorehouse, and a man gets out, marches up to the madam of the house.
"I am the president of the Teamsters Union. Money doesn't matter, but my lady has to be a union employee."
The House madam says "Who ever has heard of a union whore house?"
The man gets very angry, shouting "Scabs! " Then he starts to walk out.
Just one the man gets back into his car and drives across town to the targeted house.
Then the man gets out of the car, marches up to the madam of the house and says "I'm the president of the Teamsters union. I can afford any whore I want. But she can't be a Scab. She's got to be union."
The madam says "Everyone one of my ladies is in a union."
"Well," the man says, "I am impressed. I think I'll start with that 18 year old blonde over there."
"Like Hell you will!" the house madam shouts, "You'll take that 81 year old dried up momma. She has SENIORITY !!"
 優先順位
 高級車が売春宿の前に止まって、一人の男が降りて来た。
宿のマダムのところにやって来て、「俺はチームスターユニオンの委員長だ。金に糸目はつけないが、僕の相手をする女性は労働組合員でないと困るぞ」
マダムが「労働組合がある売春宿なんて、今まで聞いたことないね!」とあしらうと、男はひどく立腹して「労働者の裏切り者め!」と叫んで外へ出て行った。
ところがそこの売春婦の一人が、彼に「私の姉さんの店は組合組織があるのよ」とささやいたので、彼は再び車に乗ると町を横切って彼女に教えられた目的の売春宿に向かった。
そこで男は車から降りると、その店のマダムに「俺はチームスターユニオンの委員長だから、どんなに高い娼婦でも払えるが、非組合員の娼婦はお断りだぜ」と言った。
マダムが「この店の娼婦はすべて組合員よ」と答えたので、「それは素晴らしい!」と男は誉めておいてから、「じゃ、あそこにいる18歳のブロンドをお願いするよ」とマダムに頼んだ。
「なんてことしようとするの!」とマダムは怒鳴りつけた。「あそこにいる81歳のおばあちゃんのほうが、組合員としての優先順位をもっているのだから、あなたの相手はあのおばあちゃんですよ!」
チームスターはアメリカ最大のトラック運転手達の労働組合で、
過去に大きな争議を起こしたり、マフィアとの癒着が噂されたりした政治的影響力が大きな労働組合です。
Scabの正確な意味は「ストライキの時に参加しない、いわゆるスト破り労働者」のことですが、
ここでは「労働者の裏切り者」と訳しました。

39-23 I worked very hard to swim
 T
he newlyweds go on a honeymoon to Jamaica.
While sitting poolside, the husband suddenly jumps in the water and starts swimming laps. He swims very fast with a beautiful stroke.
The wife says, "Honey, that's wonderful! Where did you learn to swim like that?"
The husband replies humbly, "That was in the past, honey. I worked very hard to swim like that, because I was an Olympic swimmer."
The wife smiles with respect.
Pretty soon she jumps into the pool and starts swimming lap after lap.
Everyone is watching in amazement and when she finishes , the husband asks her the same question. "Where did you learn to swim like th at?"
She also says, "That's in the past, honey. I worked very hard to swim like that, because I was a streetwalker in Venice."
 泳ぐことは一生懸命練習した
 結婚したてのカップルが、ジャマイカに新婚旅行にやって来た。
二人はプールサイドに腰掛けていたが、夫が突然プールに飛び込みスイスイとプールを往復し始めた。鮮やかな泳ぎ方で、その泳ぎの速さは素人離れしていた。
妻が「あなたの泳ぎって、素晴らしいわ!どこでその泳ぎ方を覚えたの?」と聞くと、夫は「ハニー、昔の話になるけど僕は泳ぐことは一生懸命練習したんだ。
なぜって僕はオリンピック競泳選手だったから」と、慎み深く答えた。
妻は尊敬の眼差しを浴びせながら、夫にニッコリと微笑んだ。
その直後に彼女もプールに飛び込み何回も何回もプールを往復したので、彼女がプールから上がると、回りに居た人々は驚きの目を持って彼女の泳ぎを見つめた。
夫は妻が自分に聞いてきた質問を、同じ様に妻に投げかけた。「どこでその泳ぎ方を覚えたの?」
彼女は夫と同じ様な答え方をした。「ハニー、昔の話になるけど、私、泳ぐことは一生懸命練習したの。
なぜって私、(水の都イタリアの)ベニスで娼婦をしていたから」

39-24 Close enough
 A
tired-looking old prostitute walked into a bar with a pigeon on her head and shouted, "Whoever can guess the weight of this bird can fuck me!"
Way in the back of the bar, a drunk yelled, "One thousand pounds!"
"Close enough," she an swered cheerfully.
 殆ど正解よ
 頭の上に鳩を乗せた年寄りの売春婦が、疲れた表情でバーに入って来ると、「この鳥の体重を当てることが出来たら、私は寝てあげるよ」と言った。
バーのずっと後ろのほうから酔っ払いが叫んだ。「千ポンド(約450kg)だな!」
年取った売春婦は嬉しそうに「殆ど正解よ!」と答えた。
男とどうしても寝たい老売春婦は、
答えがどれほど違っていようと(=鳩一羽が450kgもある訳ないでしょ?)OKを出すつもりなのです。

39-25 Price list
 A
prostitute has a price list; $10 to do it on grass, $20 to do it in the car, $30 to do it in bed.
One morning a Mexican came in and gave her $10.
She escorted him to the backyard and they did it on the grass.
Later in the day a Canadian came in and gave her $20.
She took him to her car and they did it on the backseat.
In the evening a black guy came in and handed her $30.
The prostitute tried to take him to her bedroom, but the black guy shook his head and said, "No, you don't understand. I want it three times on the grass."
 価格表
 ある娼婦は自分を売る時の価格表を持っていた。
10ドルだと草の上で、20ドルだと車のなかで、30ドルだとベッドの中で彼女とセックスが出来るというものだ。
ある朝メキシコ人が訪れ彼女に10ドルを渡した。
彼女は男を家の裏庭に案内し、草の上で事を行った。
その日遅くカナダ人がやって来て、彼女に20ドルを渡した。
彼女は自分の車にこの男を連れて行き、後部座席で事を行った。
夜になって黒人がやって来て30ドルを彼女に渡したので、娼婦が彼を寝室に連れて行こうとすると、黒人は首を振って彼女に言った。
「違うってば、僕は草の上でいいんだよ。ただし3回したいんだから」

39-26 Trick or threat
 A
hooker was standing on the corner on Halloween night when a guy strolled by.
She said, "Want a party?"
The guy asked how much.
"My Halloween special is $50," she replied.
"That's too much," the guy said.
The hooker took a whistle out of her pocket and blew it.
Immediately a huge goon who looked like a pro football lineman came around the corner and beat the guy nearly senseless.
Lying in the gutter, the guy groaned, "Why did you do that?"
The hooker said, "I told you tonight is special. Either trick or threat."
 遊んでくれないなら痛い目に遭うよ
 ハロウイーン祭りの夜、娼婦が街角に立って客引きをしていた。
男が一人近づいて来たので娼婦は「遊んでいかない?」と声をかけた。
「幾らで?」と男が聞くので、「今晩のハロウイーンスペシャルは50ドルよ」と娼婦が答えた。
「それは高すぎるよ」と男が言うと、娼婦はポケットから笛を出すと、ピーっと吹いた。
するとアメリカンフットボールのラインマンのように筋骨隆々とした暴力団風の大男が、すぐ横の角から飛び出してきて、娼婦の申し出を断った男を殆ど意識がなくなるまで殴りつけた。
溝の中で苦痛にうめきながら「一体、どういうことなんだ」と男は尋ねた。
「今晩はハロウィーンスペシャルだって、言ったでしょ。『遊んでくれないなら、痛い目に遭うよ』って!」
Trick or threat(いたずらか、脅迫か)は、
ハロウィーンで子供達が近所の家を回ってキャンデーをもらう時の、
"Trick or treat?"(何かくれないなら、悪戯しちゃうよ)と言う、
きまり文句を文字っているのです。

39-27 Rent
 A
man decided to spend the night with a prostitute.
When it was over she told him to pay $500.
He said he would send it to her in an envelope marked "Rent for Apartment."
The next day, however, he regretted that he spent the night with her and sent only $250.
When she wrote him a letter asking why he didn't pay full price, he wrote her a memo saying:
1. I thought the apartment had not been used before.
2. It did not have adequate heating.
3. It was too large to properly furnish.

 A few days later the prostitute sent him another letter saying:
1. You should have known the apartment had been rented previously.
2. The apartment did have adequate heating. You just didn't know how to turn it on.
3. The apartment was the perfect size. You just didn't have large enough furniture to fill it.

 家賃
 ある男が売春婦と一晩を過ごそうと決心した。
その行為が終わると売春婦は代金として500ドル要求したので、彼は「アパートの家賃」と書いた封筒にお金を入れて彼女に送金すると約束した。しかし翌日男は彼女と一晩過ごしたことを後悔し、彼女には250ドルしか送らなかった。
売春婦からなぜ要求した500ドルを払ってくれないのか、と抗議の手紙をもらった男は以下の減額理由を書いたメモを彼女に送った。
1.アパートは新築ではなく、以前から誰かが使っていました。
2.このアパートには充分な暖房装置が付いていませんでした。
3.家具を置こうとしても広すぎるアパートでした。

 数日後、売春婦がこの男に次の手紙を送った。
1.このアパートは以前から使用していたことを、あなたは知っていたはずです。
2.アパートは適切な暖房装置が備えてありました。あなたがどうやってそれを暖かくするかを知らなかっただけです。
3.アパートの広さは完璧なサイズでした。あなたがそれに相応しい大きな家具を持ち込まなかっただけです。


39-28 Psalm
 A
be is in New York on business.
On his 3rd night, he goes back to his hotel room feeling quite miserable.
Although his business goes well, he's feeling very lonely - he's missing his wife.
He casually picks up the Bible from his bedside table and opens it.
On the first page, he finds hand-written notes.
"If you're sick, read Psalm 18. If you're troubled, read Psalm 45. If you're lonely, read Psalm 92."
That's it! He stops there, immediately turns to Psalm 92 and starts to read.
When he gets to the end of the Psalm, he finds someone has written: "If you're still lonely, why don't you call Fifi on 202-333-1234."
 賛美歌
 商用でニューヨークに来ていたエイブは、三日目に宿泊しているホテルに戻ると惨めな気持ちになった。
仕事はうまく行っているが、妻と会えない寂しさでたまらなくなったエイブは、ベッド脇のテーブルに置かれた聖書を手にとって、一頁目をめくった。
そこには手書きで次の一節が書かれていた。
「病気になったら賛美歌18番を読みなさい。揉め事に巻き込まれたのなら賛美歌45番を、寂しくなったら賛美歌92番を読みなさい」
これだ!と閃いたエイブは直ぐに賛美歌92番のページをめくり、92番の歌詞を読み始めた。
歌詞の終わりには、誰かが次のメモを書き込んでいた。
「これでもまだ寂しいようだったら、202-333-1234のフィフィまで、お電話ちょうだいね!」

39-29 Business sucks
 T
wo car salesmen were sitting at the bar.
One complained to the other, "Boy, business sucks. If I don't sell more cars this month, I'm going to lose my fucking ass! "
Too late - he noticed a beautiful blonde, sitting two stools away.
Immediately, he offered apologies for his use of bad language.
"That's okay," the blonde replied, "I have a very similar problem ... If I don't sell more ass this month, I'm going to lose my fucking car!"

 不景気なので
 自動車セールスマンが二人、バーで座って飲んでいた。
一人が「不景気なので収入がガタ落ちさ。今月もう二台車が売れなければ、すこぶるセクシーな俺の彼女(
my fucking ass)を手放さなければならなくなるかもな」と、もう一人に愚痴った時、椅子席二つ先に座っていたブロンドの美女にその言葉を聞かれてしまった。
慌ててその男は下品な言い方(fucking ass)を女性に詫びると、ブロンド女性は「気にしなくて結構よ」と答えた。
「私も不景気で同じ様な状況だから。もし今月私の身体(ass)があまり売れなければ、あの自家用車(my fucking car)を手放さなければならなくなるかもネ」

Fuckingは強調するためですが、もともとfuck(性交)から派生した言葉ですから上品ではありません。
Assは女性の肉体を意味しています

39-30 Most awful four-letter word; NEXT
 A
guy angrily came out of a whorehouse.
His friend asked him, "What's wrong?"
"Oh, I was having a wonderful time," the first guy said, "but that damn whore uttered the most awful four-letter word."
"What was that?"
"Next!"

 もっとも忌々しい四文字単語:NEXT(はい、お次!)
 一人の男がカンカンに怒って売春宿から出てきたので、彼の友人が「何が気に障ったんだい?」と尋ねた。
「最初は、すごく気持ちよかったんだ。だけどあの売女が、もっとも忌々しい四文字単語を俺に言ったんだ」
「一体、その四文字単語って何?」
「はい、お次(NEXT)!」

#39-1〜1011〜20・21〜30・31〜40


*  
*