●Kazさんのページ

#40. Religion

#40-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70

40-1 Counting your rib
 S
ometimes women are overly suspicious of their husbands....
When Adam stayed out very late for a few nights, Eve became upset.
"You're running around with other women," she told her mate.
"Eve, honey, you're being unreasonable," Adam responded.
"You know you're the only woman on earth."
The quarrel continued until Adam fell asleep, only to be awakened by a strange pain in the chest.
It was his darling Eve poking him rather vigorously about the torso.
"What do you think you're doing?" Adam demanded.
"Counting your ribs," said Eve.
 肋骨を数えて
 女性は自分の夫に対して異常に疑り深くなる時がある。
(人類最初の男性である)アダムが数晩続けて夜遅くまで家に戻って来なかった時、その妻イブは心が穏やかでなかった。
「あなたは他の女と遊び歩いているんでしょ!」とイブは夫を問い詰める。
「愛しいイブ、 君は何を訳の分からないことを言っているのだ。この地上には君しか女の人が居ないんだよ」と夫は反論する。
口論が続きうんざりした夫は眠ってしまった。胸に異常な痛みを感じてアダムは夜中に目を覚ました。
妻のイブがかなり強い力でアダムの胴体を突っついている。
「何をしてるんだ?」とアダムは強い口調で妻に問いただすと、「肋骨を数えているのよ」と妻が答えた。
旧約聖書創世記に神は土で男の人間を造り、
その男(アダム)の肋骨から造られたのが女(イブ)であると記されている。
このことが他の女が居るのではないかと疑ったイブが
アダムの肋骨が減っていないか確かめている、という滑稽さの源となっている。

40-2 THE END IS NEAR
 A
priest and pastor from the local parishes are standing by the side of the road holding up a sign that reads, "The End is Near! Turn yourself around now before it's too late!"
They planned to hold up the sign to each passing car.
"Leave us alone you religious nuts!" yelled the first driver as he sped by.
From around the curve they heard screeching tires and a big splash.
"Do you think," said one clergy to the other, "we should just put up a sign that says 'Bridge Out' instead?"
 終わりは近い
 田舎のカトリックの司祭とプロテスタントの牧師が道端で看板を掲げて立っていた。
看板には「終わりは近い。手遅れにならないうちに今この場で向きを変えよ!」と書かれていた。
二人は通り過ぎる車一台一台にこの看板を突きつけようと考えていた。
一台の車が近づいたが「宗教オタク野郎め、いいから俺達のことはほっといてくれ!」と怒鳴って走り去って いった。
その先のカーブからキキキキーとブレーキを踏んでタイヤの擦れる音が聞こえ、続いてドッボーンという大きな水音が聞こえた。
司祭が牧師に尋ねた。「看板の表示を『橋はなくなっている』というように替えようか?」
キリスト教徒への改宗を促す時に、「終末は近い。悔い改めよ」という文句がよく使われます。
皆様も町で一度や二度はこういったポスターを見たことがありませんか?
ここでは「道路が無くなっているので方向転換せよ」と訴えているはずなのに、
看板を持っているのが司祭と牧師 だったため、「終末は近い。悔い改めよ」と解釈され
ドライバーに無視されたというオチなのですが、
どうもこの二人いたずら心が旺盛な様でわざわざこの文句にしたに違いありません。

40-3 Bush
 G
eorge W. Bush, in an airport lobby, noticed a man in a long flowing white robe with a long flowing white beard and flowing white hair.
The man had a staff in one hand and some stone tablets under the other arm.
George W. approached the man and inquired, "Sir, aren't you Moses?"
The man ignored George W. and stared at the ceiling.
George W. positioned himself more directly in the man's view and asked again, "Excuse me, Sir, aren't you Moses?"
The man continued to peruse the ceiling.
George W. tugged at the man's sleeve and asked once again, "Sir, I am the President of the United States. I'm asking if you Moses. Please answer!"
The man finally responded in an irritated voice, "Yes I am!"
George W. asked him why he was so uppity and the man replied, "The last time a bush spoke to me I ended up spending forty years in the wilderness."
 ブッシュ
 第43代アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュが空港で長い白髪と白髭でゆったり とした白い布服を着た男に気がついた。
男は片手で杖をつき、石の板をもう一つの腕の下に抱えこんでいた。
ブッシュ大統領は男に近づき尋ねた。「失礼ですがモーゼさんで はありませんか?」
男はブッシュ大統領を無視して天井をじっと見上げていた。
大統領 は相手が気付くようにと、白髪の男の真ん前に進み出て再び尋ねた。「失礼、あなたは モーゼさんですよね?」
男は天井をじっと見つめたままだった。
ブッシュ大統領は男の 袖を引っ張りもう一度大声で尋ねた。「ねぇ、私はアメリカ合衆国大統領なんですよ! 私があなたはモーゼでしょ、と何回も尋ねているのにどうしてあなたは答えないんですか!」
男はイライラした声でようやっと答えた。「いかにも、わしはモーゼじゃよ。」
ブッシュ大統領はモーゼになぜそんなに自分を無視した態度を取ったのか尋ねた。
モーゼはこう答えた。「はるか昔、ブッシュがわしに話しかけたことがあった。そして結局そのことがこのわしを40年間荒れ野をさまよわせる原因になったのじゃ。誰がもう一度ブッシュになんぞ答えてやるものか!」
これは旧約聖書の出エジプト記の故事来歴を知らないとわからないので解説します。
エジプトに移り住んだイスラエル人レビの息子モーゼは労役に苦しむ同胞を救うように神から告示を受け、
モーゼは全イスラエル人をエジプトから脱出させます。
海辺でエジプト軍に追いつかれた一行は、モーゼの奇跡(=海の水を分けて通路を作る)でシナイの荒れ野にたどりつき、
そこで神の言葉として有名なモーゼの十戒を民に誓わせます。
この神から同胞を救うようにと告示された場面は旧約聖書に次のように記されています。

Exodus 3 (The Old Tastament)
He(= Moses) led his flock beyond the wilderness, and came to Horeb, the mountain of God.
There the angel of the Lord appeared to him in a flame of fire out of the bush;
he looked, and the bush was blazing, yet it was not consumed.....
God called to him out of the bush, "Moses, Moses! Here I am.....
I will send you to Pharaoh to bring my people, the Israelites, out of Egypt."
出エジプト記3節(旧約聖書)
モーゼは羊の群を荒れ野に導き神の山ホレブにやって来た。
すると神の使いである天使が燃えさかる柴(Bush)の炎の中からモーゼの前に現れた。
よく見ると火で燃えていたのに柴は焼け尽きなかった。(...中略)
神は柴の中から彼を呼び、「モーゼ、モーゼ!私はここに居る」と仰せられた。(...中略)
「汝をファラオ(=エジプト王)のもとへ遣わそう。そして私の民、イスラエル人をエジプトから連れ出せ!」

つまりあの時Bush(柴)が(=Bushの炎の中から神が)私に話しかけなければ、
その後イスラエルの民を率いて荒野をさまよい、数々の苦労をせずに済んだのだ。
だから二度とBushが呼びかけたって返事なんかするもんか!というのが、このジョークのオチです。

40-4 Cock
 T
he priest in a small village was very fond of the chickens he kept in the hen house out back of the parish rectory.
He had a prized cock rooster and about ten hens.
One Saturday night the rooster was missing and the priest suspected that it had something to do with the cock fights which occurred in the village.
So he decided to speak about it at church the next morning.
At Mass, he asked the congregation, "Has anybody got a cock?"
All the men stood up.
"No, No," he said, "that wasn't what I meant. Has anybody seen a cock?"
All the women stood up.
"No, No," he said, "that wasn't what I meant. Has anybody seen a cock that doesn't belong to them?"
Half the women stood up.
"No, No," he said, "that wasn't what I meant. Has anybody seen my cock?"
ALL the altar boys stood up.
 おんどり
 小さな村の神父は鶏が好きで自宅の裏に鶏小屋を作って鶏を飼っていた。
彼は品評会で優勝したおんどり1羽とめんどり10羽をつがわせていたのだが、ある土曜日の夜この自慢のおんどりが行方不明になった。
神父は村で行われた闘鶏に、誰かが神父のおんどりを無断で連れて行ったのではないかと疑って、日曜日のミサで問いただしてみようと決心した。
翌朝のミサで神父は教会に集まった人々にこう尋ねた。
「誰かおんどりを持って行ったかね?」(『ペニスを持っている人はいるかね?』)参列した男性全員が立ち上がった。
「いや、いやそういう意味じゃなくて、私の言いたかったことは」と神父は 質問を改める。
「誰か自分の持ち物でないおんどりを見た人はいるかね?」(『自分の 夫以外のペニスを見たことがある人はいるかね?』)
参列した女性の半分が立ち上がった。
「いや、いや、そういう意味じゃなくて、私のおんどりを見た人はいないか?と聞いているんだよ」(『私のペニスを見た人はいないか?と聞いているんだよ』)
聖歌隊の少年全員が一斉に立ち上がった。
Cockには、1・おんどり 2・ペニス(男性器)という両方の意味があります。
『』の解釈が2・に関連しており、
最後に『私のペニスを見た人は?』で聖歌隊の少年全員が立ち上がるところがこのジョークのミソです。
2002年にアメリカのカトリック教会が、聖歌隊の少年に対する神父の性的陵辱(abuse)を認め、
謝罪したことは記憶に新しいと思います。
女性と接するのを禁じられている神父は、
小児愛でその歪んだ性的欲望を満たしているケースが多々あったということです。

40-5 100 nuns
 T
he nuns at the local convent had their daily session.
The Mother Superior walked out in front of the 100 nuns with a very serious frown on her face.
She began to speak. "There had been a sinful deed committed here, yesterday."
99 nuns: Oh, no!
1 nun: Hee, hee, hee.
Mother Superior: Today I found a pair of a man's underwear.
99 nuns: Oh, no!
1 nun: Hee, hee, hee.
Mother Superior: And I also found a condom.
99 nuns: Oh, no!
1 nun: Hee, hee, hee.
Mother Superior: And it has been used!
99 nuns: Oh, no!
1 nun: Hee, hee, hee.
Mother Superior: And there was a hole in it!
1 nun: Oh, No!
99 nuns: Hee, hee, hee, hee, hee, hee!
 百人の尼僧
 とある修道女院で毎日のお祈りの時間に、額に険しい皺をよせた女子修道院長が百人の尼僧の前に歩み出て話を始めた。
「昨日この修道院で罪深い行為が行われました。」
99人の尼僧:まさか!
1 人の尼僧:ヘヘヘ・・・。
修道院長  :私は今日、男の下着を見つけました。
99人の尼僧:まさか
1 人の尼僧:ヘヘヘ・・・。
修道院長  :私はコンドームも見つけました。
99人の尼僧:まさか!
1 人の尼僧:ヘヘヘ・・・。
修道院長  :しかもそのコンドームは使用されていました。
99人の尼僧:まさか!
1 人の尼僧:ヘヘヘ・・・。
修道院長  :しかしそのコンドームは穴が空いていました。
1 人の尼僧:まさか!
99人の尼僧:ヘヘヘ・・・。

40-6 Free drink
 A
priest, a pastor, and a rabbi are walking down the street on a hot day and are quite thirsty.
They pass a busy bar and want to go in and get a drink but have no money.
But the priest comes up with an idea that he thinks might work, so he goes in alone, telling to others that if his idea works they can all get free drinks.
He orders his drink, and when he's finished with it, the bartender gives him his tab.
The priest says, "But son,... I already paid for the drink! "
The bartender says, "I'm terribly sorry father, but it's really busy in here and I must have forgotten."
The priest goes out and tells the pastor and the rabbi what happened, so the pastor goes in next.
The pastor orders his drink and then informs the bartender that he already had paid when the bartender asks him for the money.
Again the bartender apologizes.
Finally the rabbi goes in and orders his drink.
Again the bartender gives him the tab and the rabbi tells him, "Son, I paid you when I ordered the drink."
"I'm terribly sorry rabbi," says the bartender, "I don't know what's wrong with me, but you're the third man of the cloth that I've done this to."
"I'm sorry son," says the rabbi, "but I'm in a terrible hurry,... Just give me my change for the $20 I gave you, and I'll be on my way!"
 ただ酒(ざけ)
 (キリスト教旧教の)神父と(キリスト教新教の)牧師と(ユダヤ教律法学者の)ラビが一緒に道路を歩いていたが、とても暑い日だったので三人とも喉が渇いていた。
にぎわっている酒場を通り過ぎる時、中に入って一杯飲みたいと思ったがあいにく誰もお金を持っていなかった。
神父がひょっとするとただで酒が飲めるかもしれないアイデアを思いついて、自分がまず試してみるから上手くいったら続いて見ろと言って一人で酒場に入って行った。
神父は飲み物を注文し、飲み終わるとバーテンが請求書を持って来たのでこう言った。「おやおや息子よ、代金は支払い済みだよ」バーテンは恐縮して謝る。「神父様、大変申し訳ありません。今日はとても忙しいものですからきっと代金をいただいたことを忘れてしまったに違いありません」神父は酒場の外に出ると牧師とラビに事の顛末を話し、次は牧師が入ってみることにした。
牧師は酒を注文し、バーテンが代金を請求すると「既に支払ったはずだが」と告げた。バーテンは再び謝るはめになった。
最後にラビが中に入り酒を注文する。
バーテンが請求書を渡すとラビはこう言った。「息子よ、私は飲み物を注文した時に代金は支払ったぞ」
「ラビ、それは大変失礼しました。私は今日はどうかしているみたいです。聖職者に同じミスばかりしていて、あなたで三人目です」とバーテンが謝る。
「すまんがな、」とラビが続ける。「わしはひどく急いでおるんでな、さっき払った20ドルのお釣りをくれんかな。そうしたらすぐ出かけるからのう」
バーテンを騙してただ酒を飲むだけだって聖職者としてあるまじき行為なのに、
その上払ってもいない代金のお釣りまでくすねようとするなんて・・・。
さすがユダヤ人です。

40-7 Priests only gave us candy
 N
uns ran an orphanage for girls in a rural part of Georgia.
One day, the Mother Superior called in 3 teenage girls who were about to leave and seek their way in life.
"You have led a very sheltered life and you are going into an extremely sinful world." she said.
"I must warn you that men will take advantage of you. They'll do anything to get their way. They'll take you to restaurants, buy you drinks and dinner, then back to their apartments and motels where they'll undress you, do terrible things, give you twenty or thirty dollars and kick you out."
"Excuse me, Mother." one of the girls asked.
"You mean men will take advantage of us and give us cash?"
"Yes child, why do you ask?"
"Because the priests only givee us candy!"
 神父様達はキャンディーをくれただけよ
 ジョージアの片田舎で尼僧達が孤児院を運営していた。
ある日修道院長がまもなく孤児院を離れて自活しよとしている10代の女の子3人を呼んだ。
「あなた方は今まで外から隔離された孤児院で大切に守られて生活されていました。しかし これからあなた方が出ていく社会は恐るべき罪に満ちた世界です」と修道院長は娘達に警告する。
「男達はあなた方を隙あれば陥れようと、鵜の目鷹の目になっています。あなた方をものにするためなら男は何でもやりかねません。例えばレストランに誘って、食事をご馳走してお酒を飲ませます。そして彼のアパートやモーテルなど、女性を裸に出来る場所にへ連れ込んで、とんでもない猥褻な行為をします。用が済むとそして20ドルか30ドルをあなたに掴ませて、そこからポィっと追い出してしまうのです。」
「修道院長様、ちょっと伺いたいのですが」と一人の娘が尋ねる。
「男というものは私達を誘惑して一緒に寝るとお金をくれるものなんですか?」
「そうですよ、いとしい娘よ。でも何故そんなことを尋ねるの?」
「だって神父様は一緒に寝ても、キャンディーしかくれなかったんですもの」

40-8 Christmas tree and Catholic father
 W
hat do a Christmas tree and a Catholic father have in common?
They both have balls just for decoration.
 クリスマスツリーとカトリック神父
 クリスマスツリーとカトリック神父との共通点は何ですか?
どちらも飾り用のボールを持っている点です。
ballはクリスマスツリーの場合は電球という意味で、神父の場合は睾丸という意味で使われています。

40-9 Smoking
 S
am and Mike are walking from religious service.
Sam wonders whether it would be all right to smoke while praying.
Mike replies, "Why don't you ask Father Smith?"
So Sam goes up to Father Smith and asks, "Father, may I smoke while I pray?"
But Father says, "No, my son, you may not. That's utter disrespect to our religion."
Sam goes back to his friend and tells him what the good Father told him.
Mike says, "I'm not surprised. You asked the wrong question. Let me try."
And so Mike goes up to Father Smith and asks, "Father, may I pray while I smoke?"
To which Father Smith eagerly replies, "By all means, my son. By all means."
 喫煙
 サムとマイクは礼拝を終えて帰り道を歩いていた。
サムは「お祈りの最中に煙草を吸うことは構わないのかなぁ」と疑問を声に出した。
マイクが「スミス神父に聞いてみればいいじゃないか」と言ったので、サムはスミス神父の所へ戻って、「神父様、お祈りの最中に煙草を吸って良いものでしょうか?」と尋ねた。
神父様は、「息子よ、それは許されない。それは神の教えへの冒涜することになるからじゃ」と答えた。
サムはマイクに神父の言ったことを話した。
「そりゃ、そうなるだろうよ。君の質問の仕方が間違っているんだよ。僕がやってみるからね」と、今度はマイクがスミス神父の所に行ってこう質問した。
「神父様、喫煙中にお祈りすることは許されるでしょうか?」スミス神父は熱心に肯いた。
「もちろんじゃとも、息子よ、もちろんじゃよ」

40-10 Tiny pinhole
 O
ne day at a convent, three nuns were talking about a particular priest.
The first nun said, "I saw a porno magazine on his desk. He must jerk off with that sort."
All the nuns giggled.
The second nun said, "Well, I happened to find out where he keeps his condoms, and the other day I sneaked in and put a tiny pinhole in the tip of each one."
The third nun fainted.
 小さな穴
 ある日修道院で三人の尼さんがある神父についてお喋りをしていた。
最初の尼さんが「神父様の机の上にポルノ雑誌が置いてあったわ。きっとそれを見ながら自慰をしているに違いないわ。」
三人の尼さん達はクククと笑った。
二番目の尼さんは「たまたま私は彼が隠していたコンドームを見つけてしまってね、彼がいない時にこっそり部屋に入って隠してあったコンドームすべての先端に小さな穴を開けておいたのよ。」
それを聞いて、三番目の尼さんは卒倒した。

#40-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70


*  
*